MAJOR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MAJOR
ジャンル 野球漫画
学園漫画
スポーツ漫画
少年漫画
漫画
作者 満田拓也
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
発表期間 1994年33号 - 2010年32号
巻数 全78巻
話数 全747話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

MAJOR』(メジャー)は、満田拓也による日本漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ。原作のサブタイトルは「DRAMATIC BASEBALL COMIC」。テレビアニメ版のタイトルは『メジャー』とカタカナ表記される。また、各種関連商品では「MAJOR DREAM」と表記される。

概要[編集]

週刊少年サンデー』(小学館)1994年33号より2010年32号まで連載。全747話。第41回(平成7年度)小学館漫画賞少年部門、第2回(2011年)サムライジャパン野球文学賞ベストナイン受賞。2001年に『GS美神 極楽大作戦!!』の39巻を抜き少年サンデーコミックス最多巻数を記録した全78巻の作品となった。2010年32号で最終回を迎え、16年にわたる連載が終了した。

テレビアニメは2004年から放送が開始され、2010年に第6シリーズまでの全シリーズの本放送が終了した。2008年冬には劇場版が公開された。

5歳から物語が始まり、最終話の時点で34歳になる設定のため、実質的に主人公・茂野吾郎の半生記を描いた作品となっている。なお成長に応じて吾郎の所属チームは変遷するが、吾郎がその情熱でチームメイトの心を動かし、チームが一丸となって前進していくのが本作の基本的なスタイルと言える。「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それによって主人公や家族が不幸になる事はないというサンデーの独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの一つであるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。

桑田真澄井川慶岩村明憲田中将大ら、現役・元プロ野球選手にもファンが多い[1]

構成[編集]

本作は内容から以下のように分けることが出来る。本稿および関連項目においては、便宜的にこれを用いる。

  1. 幼稚園編(アニメでは保育園) - 単行本1巻第1話〜3巻第6話
  2. リトルリーグ編 - 単行本3巻第7話 - 14巻第5話
  3. 三船東中学校編 - 単行本14巻6話 - 24巻第2話
  4. 海堂学園高校編 - 単行本24巻第3話 - 33巻第2話
  5. 聖秀学院高校編 - 単行本33巻第3話 - 47巻第7話
  6. マイナーリーグ編 - 単行本47巻第8話 - 54巻第2話
  7. W杯編 - 単行本54巻第3話 - 65巻第10話
  8. メジャーリーグ編 - 単行本66巻第1話 - 78巻第6話
  9. 日本プロ野球編 - 単行本78巻第7話 - 78巻第10話(最終話)

作中において、幼稚園編とリトルリーグ編の間には3年、リトルリーグ編と中学編の間には4年の空白がそれぞれある。これらの空白期間を除けば、作中で1年から1年半経つと作品の舞台が変わり、新編へと移っているのが特徴である。リトルリーグ編から急に中学編へ飛んだことについて作者は、「この漫画は三船リトルの物語ではなく、吾郎の物語だから」とコメントしている[2]。 また、メジャーリーグ編終盤で吾郎が清水にプロポーズしてから8年の月日が経っている。 さらに、吾郎と薫の娘いずみ誕生とワールドチャンピオン制覇から7年の月日が経過している。

登場人物[編集]

現実との関わり[編集]

プロ野球球団[編集]

本作では実在するプロ野球球団をモデルとした球団が登場する。ストーリーと大きく関わりがあるのは次の2球団である。

横浜マリンスターズ
吾郎の実父・本田茂治や義父・茂野英毅、眉村健らが所属。アニメでは横浜ブルーオーシャンズ。モデルは横浜ベイスターズ。ベイスターズと同じくチームカラーは青。アニメ版ではデザインが異なるが、原作ではユニフォームもほぼ同じで本拠地もベイスターズと同じく横浜スタジアムである。
成績はあまり良くない球団として描かれており、眉村が入団した年(マイナーリーグ編時)はリーグ最下位であった。舞台として横浜を選んだ理由について作者は、「交通の便も良く、東京と違って海や山が出てきてもおかしくないから」とコメントしている[2]
東京シャイアンズ(巨仁)
ジョー・ギブソン、佐藤寿也、イ・スンナム、松居らが所属。アニメでは東京ウォリアーズで、チームカラーは赤。モデルは読売ジャイアンツ
原作ではユニフォームも現実の巨人軍とほぼ同じ。ジョー・ギブソンが「金がいいから来た」と来日会見で言っていたり、吾郎のドラフト指名打診時の金額提示に対し茂野英毅が「さすが金持ち球団」と発言したりするなど、金銭勝負に強いイメージもそのままである。

プロ野球選手[編集]

ワールドカップ編には実在のプロ野球選手をモデルとした登場人物が多数登場する。このことについて作者は、作品の性質上現実に活躍する選手を無視できなかったとコメントしている[2]。実在の選手をモデルとした登場人物についてくわしくは、MAJORの登場人物#W杯日本代表を参照。

終盤のストーリーの年譜[編集]

ストーリーは茂野吾郎に主眼が置かれており、基本的にその他の登場人物や集団は主人公とかかわる範囲外でのスポットを当てられることはほとんどない(群像劇とは異なる)。この作風が最後まで一貫したため、吾郎の物語は視点がぶれることなく完結した。メジャーリーグ編終盤に8年の月日が流れ、さらにその後に7年の月日が経過することで、物語の終わりに吾郎は二児の父親となる。連載期間16年の長編ドラマは吾郎の成長を描きながら終局へ向かった。

空白年間のストーリー及び、MAJORの世界の年譜
19 - 20歳‐吾郎はメジャー1年目を終えて帰国後、清水薫にプロポーズ(結婚した具体的な時期は不明)。
空白年間
24 - 25歳‐この年、吾郎はメジャー6年目を終え、FAを行使せずにインディアナ・ホーネッツと3年契約を結ぶ。
25 - 26歳‐メジャー7年目のスプリングキャンプで、吾郎はホーネッツで優勝したいために3年契約したことを同僚に語る。血行障害を再発し、クローザーに転向。
26 - 27歳‐吾郎メジャー8年目にセーブ王獲得。FAを取得した日本の佐藤寿也と眉村健は、翌年からメジャーリーグへ挑戦、キーンはホーネッツからレイダースへ移籍、ギブソンはレイダースの監督に就任する。
27 - 28歳‐吾郎メジャー9年目にセーブ王獲得。
27~28歳‐この年、ホーネッツはワールドシリーズでレイダースを破って優勝。吾郎と薫の娘・いずみ誕生。ホーネッツとの3年契約がこの年をもって終わるが、去就は不明。アニメ(OVA)ではメジャーリーグ引退までホーネッツに在籍したことになっている。
空白年間
31 - 32歳‐吾郎と薫の息子・大吾誕生。
32 - 33歳‐吾郎、投手としてメジャーリーグ引退(夏に球団から解雇される)
33 - 34歳‐吾郎、家族と共に帰国する。
34 - 35歳‐春、いずみは小学1年生。大吾は3歳。吾郎は打者として再起するべくトレーニングに励む。11月、吾郎は日本プロ野球のトライアウトを受ける。
35 - 36歳‐吾郎は育成枠として春季キャンプとオープン戦に参加。春、打者として公式戦に出場。

ジャイロボールについて[編集]

  • 作品内でジャイロボールは「変化球ではなくストレート」として扱われているが事実と異なる。さらに実際のジャイロボールはマグヌス効果による揚力が発生しないため、フォークボールに似た放物線の軌道を描く。詳しくはジャイロボール(フォーシームジャイロ)を参照。

アニメ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

i-MODE用ゲームコンテンツ「メジャードリーム」
2007年7月21日に株式会社T2iエンターテイメントより、ドラマティック・ベースボール・ゲームサイトと銘打って「メジャードリーム」がリリースされた。webによる対戦カードゲーム「ドリームメーカー」と、iアプリによるリアルタイム通信対戦ゲーム「ドリームステージ」が楽しめる。また、待受け画面等のダウンロードもできる。開発と運営は、株式会社アールフォース・エンターテインメント。
Wii用ソフト「メジャーWii 投げろ!ジャイロボール」
2008年2月7日にタカラトミーより発売。7,140円(税込)。開発元は六面堂。アニメ第3シリーズがベース。1試合2時間以上と非常にリアリティな時間の試合が楽しめる。なお、試合中にいきなりミニゲームが始まるなど、意表をついた仕様でもある。
Wii用ソフト「メジャーWii パーフェクトクローザー」
2008年12月11日にタカラトミーより発売。7,140円(税込)。開発元はドリームファクトリー。アニメ第4シリーズがベースで「投げろ!ジャイロボール」の続編にあたる。「打者と審判が背を向ける」「捕手しかボールを拾わなくなる」(基本的に守備はフルオートで投手、捕手以外動けず、捕手、投手、遊撃手の3人しかゴロを捕球できない。一、二、三塁手はベースカバーとフライの捕球しかできない)、「吾郎やバッターの首が反転する」、「野球のルールにそぐわない判定がなされる」、「試合展開、結果を無視してストーリーが進行する(特に最終戦では9回終了時点で点差が付いていても延長戦に突入し、試合に負けても、勝って優勝を決めたということにされてしまう)」などのバグ、ルールの誤解などのシステム上の問題、不具合がいくつも見られ[3]、『ファミ通』のクロスレビューでも低評価を受け(15/40点、最低点は12点)[4]クソゲーオブザイヤー2008では大賞となった。[5]
ニンテンドーDS用ソフト「メジャーDS ドリームベースボール」
2008年7月31日にタカラトミーより発売。5,040円(税込)。開発元はアメディオ。アニメ第3シリーズおよび第4シリーズがベース。
GREE用アプリ「メジャードリーム ~熱闘!直球バトル~」
2012年11月8日にグリーと小学館集英社プロダクション、gumiによりサービス開始。基本プレイ無料アイテム課金制。テレビアニメを基にしており、プレイヤーは、夢の野球チームを目指す球団のゼネラルマネージャーとして、ガチャやスカウトで集めた選手カードの育成・編成を行いながら自分だけのドリームチームを作り上げ、ライバルチームとの試合を勝ち抜いて最強の球団を目指していくソーシャルゲーム。

ルールなどについての補足[編集]

リトルリーグ
  • 現実のリトルリーグトーナメント戦では、1人の投手は6イニングまでしか投げられない。さらに、次の試合では、前の試合で1イニングを超えて投げた投手は出場できない。
  • リトルリーグでは、投手が投げたボールがホームベースの上を通過するまで、ランナーは離塁できないルールであるため、投球モーション中の盗塁はできない。
  • 横浜リトル戦で、吾郎が放った打球がワンバウンドで外野ポールに当たった後もプレーが続けられているが、通常ポールはフェンス外に立てられており、フェンスの高さより上部のポールに打球が当たれば「明らかにプレイングフィールドの外へ出た=スタンドに入った」ことになるので、ルール上はボールが当たった時点でボールデッド(バウンドした打球がスタンドに入った時と同じ扱いになりプレーは止まる)になり、打者には2個の塁(いわゆるエンタイトル二塁打)が与えられる。
高校野球
  • 聖秀学院対久里山戦で、9回に聖秀の田代が打った大飛球を外野手が捕球した後スタンドに落ちたプレーを本塁打としているが、ルール上は捕球後に野手がスタンドに落ちても打者はアウトである。
  • 現実の日本の高校野球においては、大会中に選手の背番号が変更されることは許されていないため、アニメ版もこれにならい、第3シリーズ第10話よりオープニングの吾郎の背番号が1から10に変更された。
プロ野球・メジャー
  • メジャーに上がってからキーンが付けている背番号は1だが、捕手はプロテクターで見にくくなるため、背番号1は禁止されている[6]

テーマの類似した作品[編集]

球道くん
その他の類似作品
競技は違うものの、同誌でかつて連載されていた、村枝賢一の『俺たちのフィールド』にも主人公の生い立ちから後に仲間となるライバルの存在までオーバーラップする点が幾つかある。同じく同誌の人気連載だった『がんばれ元気』も『MAJOR』『俺たちのフィールド』と同様の骨子を持っており、これらの流れは『がんばれ元気』に源流がある。その他、『ボクらの甲子園』など過去のスポーツ漫画との類似も見られる。
2009年3月23日放映の『カンブリア宮殿』において明かされた逸話では、編集担当によると「父親を早く殺してしまえ」というアドバイスがされたという。また、父親ではないが、あだち充の野球漫画『タッチ』では、物語序盤で双子の兄弟の片方(弟)が亡くなることが、物語におけるテーマとなっている。総じて、『少年サンデー』のスポーツ漫画では、重要人物が初期設定または物語の途中で死亡する展開が多いと言える。満田の次回作『BUYUDEN』でもヒロインの父がボクシングの試合中に命を落としている。

その他[編集]

描き下ろしイラスト
ヤクルトスワローズの情報無料雑誌『ondo』のvol.5の8ページ - 9ページでの「message to swallows MY OPINION」の第1回目で満田拓也がゲスト対談し、9ページにヤクルトのストライプのユニフォーム(背番号は56)を着た吾郎が描き下ろし掲載された事がある。
ミズノとの契約
スポーツメーカーのミズノが2005年3月から1年間、吾郎に対し独占的に野球用具を提供する契約を結んでいる。金額は未公表。漫画では吾郎のグラブやバットが全てミズノ製として使用されており、脇役にもミズノ製の道具が使われている。尚、この契約はミズノが出版元の小学館に契約金を支払い、作者の満田拓也にその一部が渡されている。
W杯
作中でメジャーリーガーが出場する世界大会としてw杯が春に開催しているが、その後で現実でも2006年春にワールド・ベースボール・クラシック第1回大会が開催された(W杯編開始時点ではWBC開催が決定していなかった)。そのため、本作のW杯と現実のWBCやIBAFワールドカップとはルールなどが若干異なる。WBCの日本優勝が決定したときのWEBサンデー上での作者のコメントによると、あくまで『MAJOR』はフィクションであるので、実際の結果が漫画に影響を及ぼすことはないとしている。ただし、W杯会場の決勝トーナメントは第1回WBC準決勝・決勝の球場となったペトコ・パークがモデル。また、WBCの連投制限ルールも作中に取り入れられている。
連載600回記念
連載600回記念の際、メジャーリーガーの井川慶岩村明憲桑田真澄からお祝いのコメントが来ていた。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『CIRCUSMAX2009年4月号』、ベストセラーズ、2009年3月、 57頁。
  2. ^ a b c キャラクター名鑑の作者インタビューより →#関連書籍
  3. ^ 後ろを向いてバットを振る!! お粗末野球ゲームにネット騒然(J-CASTニュース、2008年12月19日)
  4. ^ 『週刊ファミ通』2008年12月19日号(No.1044)43ページより
  5. ^ http://koty.sakura.ne.jp/index.php?2008%C7%AF%20%C2%E7%BE%DE
  6. ^ ただし過去には、横浜大洋ホエールズ時代の谷繁元信が捕手で背番号1をつけていた実例もある。

外部リンク[編集]