スーパーマンIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーパーマンIII/電子の要塞
Superman Ⅲ
監督 リチャード・レスター
脚本 デイヴィッド・ニューマン
レスリー・ニューマン
原作 キャラクター創造
ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
製作 ピエール・スペングラー
製作総指揮 イリヤ・サルキンド
出演者 クリストファー・リーヴ
音楽 ケン・ソーン
撮影 ロバート・ペインター
編集 ジョン・ヴィクター・スミス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年6月17日
日本の旗 1983年7月9日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $59,950,623[1]
前作 スーパーマンII/冒険篇
次作 スーパーマンIV/最強の敵
テンプレートを表示

スーパーマンIII/電子の要塞』(Superman III)は、アメリカン・コミック作品『スーパーマン』を原作とするアメリカの映画作品。

概要[編集]

1978年から続く映画シリーズの3作目。悪役をレックス・ルーサー一味から大会社を経営するウェブスター兄妹に、ヒロイン役をロイス・レーンからラナ・ラング[2]に置き換えた作品。

元々ナンバリング・タイトルではなかった(本来の題名は『スーパーマンvs.スーパーマン』)という経緯のある本作は、多分に番外篇的な要素を含んでいる。本来スラップスティックなコメディ活劇をお得意とするリチャード・レスターが、『II』の途中参加を経て今作では本格的にメガホンを取った。有名コメディアンのリチャード・プライヤーもメインキャストに起用され、コメディ要素が大幅に増加。前2作のセルフ・パロディと呼べる作品に仕上がった。

悪の人格のスーパーマンのスーツは全体に浅黒く、リーヴも無精髭を生やして、いかにもやさぐれたイメージになっている。善悪2人「スーパーマン対クラーク・ケント」の対決ではリーヴが2役を演じ、スタンドインや合成によって当時の映像技術で可能な限りの演出をみせてくれる。

ストーリー[編集]

スーパーマンことクラーク・ケントは高校の同窓会に取材も兼ねて出席するため、地球での故郷スモールビルに里帰りした。そこで再会した旧友ラナ・ラングが離婚を経ていたことを知り、何かと力になってあげていた。その頃、コンピューター会社にプログラマーとして勤務する男ガス・ゴーマンは、社員に支払われなかった給料の端数分を自分に振り込ませるプログラムを思い付き、それを実行してしまう。その手口は当初成功するが、社長のロス・ウェブスターに見破られてしまい、ゴーマンはウェブスターの命令には逆らえない立場に落ちてしまった。コーヒー相場を牛耳って大儲けを企むウェブスターは、ゴーマンに命じて気象衛星を操り、自社の意向に従わないコロンビア共和国の上空で気候変動を起こそうとする。しかし、その悪事にスーパーマンの妨害が入った。怒ったウェブスターはスーパーマンの弱点を探らせ、それがクリプトナイトと呼ばれる隕石にあると知る。ウェブスターから成分不明の部分をタールに置き換えて再現されたクリプトナイトを送られたスーパーマンは、その影響を受けて隠されていた悪の人格が現れる。しかしラナの息子・リッキー少年の訴えを聞いたことで、本来持っていた正義の人格(クラーク・ケントの姿)がそこから分離し、善悪二人のスーパーマンの戦いとなる。正義の人格が悪を制し、元の正義スーパーマンに変身した頃、ウェブスターはスーパーマンを迎撃すべく、スーパー・コンピュータを構築していた。スーパーマンは里帰りの途中で収めた火災事故の現場となった工場が持っていた、ある物質でスーパー・コンピュータの破壊を試みる。

キャラクター[編集]

ガス・ゴーマンリチャード・プライヤー
何をやっても失敗続きで36週連続で失業していた男。だが、ふとしたことで天才的なコンピュータ操作の才があることが発覚。社員に支払われなかった給料の端数分1/2セントを全て自分の口座に振り込ませるプログラムを組んだことで、社長のウェブスターに目を付けられ、悪事に加担させられてしまう。その報酬として自分の設計した「最強のコンピュータ」を望む。腕と口は立つが、悪になりきれない小市民。

ロス・ウェブスターロバート・ヴォーン
100社を超える関連支社を持つ貿易業の社長。だが、裏では金と権力にものを言わせ、市場の独占を企んでいる。ガスの類稀なるコンピュータ技術の才能を見抜き、彼にハッキングさせて世界中の貿易を牛耳ろうとする。

ヴェラ・ウェブスター(アニー・ロス)
ロスの姉で参謀役。老け顔で、ガスにはロスの母親だと思われた。本人も気にしている様子で、人前では自分はロスの「年の離れた妹」と自称する。送電線から電気を奪い処々を停電させながら自発動したスーパー・コンピュータに巻き込まれ、体を機械で覆われて兄やローレライにも攻撃をかけるが、スーパーマンに阻止される。そしてスーパー・コンピュータの崩壊で元の体に戻る。

ローレライ(パメラ・スティーヴンソン)
ロス・ウェブスターの雇った心霊栄養学の専門家。いかにもセクシー脳天気な態度を取っているが、それは芝居で、実際にはかなりのキレ者。悪に染まったスーパーマンをおびき出す役を買って出たりと積極的。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
スーパーマン/クラーク・ケント クリストファー・リーヴ ささきいさお
ガス・ゴーマン リチャード・プライアー 樋浦勉
ラナ・ラング アネット・オトゥール 鈴木弘子
ロイス・レーン マーゴット・キダー 平野文
ペリー・ホワイト ジャッキー・クーパー 近石真介
ジミー・オルセン マーク・マクルーア 古谷徹
ロス・ウェブスター ロバート・ヴォーン 矢島正明
ヴェラ・ウェブスター アニー・ロス 来宮良子
ローレライ パメラ・スティーヴンソン 松金よね子
ブラッド ギャヴァン・オハーリヒー  堀勝之祐※追加収録(?)
  • 日本語版:初回放送1985年テレビ朝日『日曜洋画劇場
  • Blu-rayスーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー及び単品Blu-rayスーパーマン 電子の要塞に吹き替え版が収録。
  • 2014年8月30日WOWOWで放送された際にカット部分を同一声優で追加録音したものが放送された。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Superman III”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月18日閲覧。
  2. ^ ただしラナはスーパー・コンピュータの起こした停電の影響を受けた他は事件に巻き込まれず。またロイス本人も最初と最後のシーンには登場する。

外部リンク[編集]