バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バットマン > バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン


バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』 (Batman:The Dark Knight Strikes Again) はフランク・ミラー原作・作画、リン・ヴァリーのカラーリングによる3巻のアメリカン・コミックスである。2001年11月から2002年6月にわたり、DCコミックのミニシリーズとして出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。『バットマン:ダークナイト・リターンズ』から15年の月日を隔てて出版された正式な続編。

概要[編集]

平和と繁栄の絶頂期にあったアメリカは実は密かに犯罪者によって影で支配されていた。そんな政府に対し、地下に潜入していたバットマンと仲間のスーパーヒーローたちはテロを開始する。

ヒーローVS悪役、という、前作よりオーソドックスなプロットを取りながら、各所に現代社会への皮肉が込められている(一部、9-11の影響も見られる)。さらにバットマンがエゴイストであるが社会に惑わされない人物として描かれているのに対し、スーパーマンは自信過剰な理想主義者として描かれている。スーパーマンとワンダーウーマンの一人娘、ラーラも本作から登場。

あらすじ[編集]

1[編集]

バットマンスーパーマンとの対決から3年、アメリカ合衆国はリカルド大統領の下で警察国家としてかつて無い繁栄を誇っていた。そんな中、研究所に幽閉されていたアトムことレイ・パーマーが、バットマンの片腕キャットガールによって救出される。バットマンの強引なやり口にスーパーマンは強く反発する。直後、大統領のメッセージ映像がモザイク化した事件が報道される。大統領はレックス・ルーサーが作り上げたコンピュータ画像だったのだ。さらにキャットガール率いるレジスタンス集団バットボーイズによって、発電所からフラッシュことバリー・アレンも救出される。

ルーサーはワンダーウーマンキャプテン・マーベルと合流していたスーパーマンにバットマンらの捕縛を命じる。ルーサーは電子生命体ブレイニアックと共に、縮小化されたスーパーマンの故郷の一都市、キャンダーを人質にとっていた。すぐさまバットケイブに向かうスーパーマン。しかし、バットマンの警備は万全だった。フラッシュ、グリーンアロー、アトムがスーパーマンをダウンさせる。バットマンは彼を散々叩きのめしてバットケイブから追い出した。

2[編集]

スーパーヒーローのテロ行為によって、ヒーローを支持する集団スーパーチックスが世間に出現しだした。ヒーローを支持するか、しないかの問題は既に社会現象になっていた。バットマンはキャリーと共にルーサーを襲撃し、揺さぶりをかける。同じ頃、バットマンに追い出され、絶望の淵にあったスーパーマンはワンダーウーマンによって力を取り戻す。そんな2人にルーサーからスーパーマンの住む都市、メトロポリスが宇宙人の侵略を受けているとの情報が入る。バットマンはそんなメトロポリスを尻目にエロンゲイテッド・マンを呼び戻し、アーカム・アサイラムからプラスチックマンを救出する。宇宙人と一人戦っていたスーパーマンは宇宙人の正体がブレイニアックである事を見抜いたが、ブレイニアックから脅迫され、戦いを放棄してしまう。

その頃、ジョーカーを名乗る者によってヒーローが殺害される事件が起こる。クエスチョンが再起を呼びかけたマーシャン・マンハンターも偽ジョーカーによって殺害される。メトロポリスではブレイニアックの思惑通りスーパーマンが痛めつけられていたが、スーパーマンの娘、ラーラによってブレイニアックは撃退された。ヒーローを支持する集団の決起を恐れたルーサーたちは警官隊によってスーパーチックスに弾圧を加えようとするが、バットマンたちによって追い返された。バットマンは市民に団結を呼びかけるのだった。

3[編集]

ルーサーの軍勢と戦うバットマンたち。それを外宇宙で見ていた一人の元ヒーローも助力に向かう決意を固めた。姿を変え異星人と家庭を持っていたグリーンランタンことハル・ジョーダンである。

一方、キャプテン・マーベルがその身を犠牲にしたにも関わらず、メトロポリスはルーサーの手で壊滅した。失意のスーパーマンの前に幻影のバットマンが現れた。アトムが脳内に埋め込んだ装置によるものだ。バットマンは「自分の命令を聞け、戦え、隷属するな」とスーパーマンを叱咤する。

キャットガールは予知能力を持つ少女をスカウトしようとしたが、彼女から最悪の幻視を聞かされる。二週間前、跡形もなく焼き払ったはずの偽ジョーカーが再び現れるというものだ。

ヒーローとルーサー軍の全面戦争が起こる。ラーラとアトムはキャンダーの奪還を成し遂げ、スーパーマンは人間の乗る戦闘機をためらいも無く撃墜する。バットマンはルーサーに囚われ拷問されていたが、到着したグリーンランタンにより、地球の全てはヒーロー達の手に取り戻された。ルーサーは父であるホークマンを殺された恨みに燃える鳥人によって遂に死んだ。

全てが終わったかに見えたその時、キャットガールが偽ジョーカーに襲われる。偽ジョーカーの正体は初代ロビンディック・グレイソンだった。ブルースに首にされた腹いせに、不死身の肉体を手に入れ帰って来たのだ。バットマンは基地自体を崩壊させ、ディックを消し去った。

圧政者のいなくなった世界をどうするのか?思案するスーパーマン、激論を交わすグリーンアローとクエスチョン、映像の後ろにピースサインで写りこむフラッシュ。そしてバットマンとキャットガール、重傷の二人は楽しげに言葉を交し合っていた。

登場人物[編集]

バットマン(ブルース・ウェイン)
老齢ながら鍛えなおした強固な肉体と様々な科学機器を武器に戦うヒーロー。社会の本質を誰よりも鋭く見極め、圧制へのテロリズムを開始する。
スーパーマン(クラーク・ケント)
政府に表向き恭順し、正道での問題解決を望む、迷える高潔なヒーロー。
レックス・ルーサー Lex Luthor
スーパーマンの宿敵。様々なヒーローを捕縛し、スーパーマンを傀儡とした。CGの大統領などで平和な世界を演出する影の支配者。
ブレイニアック Brainiac
スーパーマンの宿敵の一人。電子情報生命体。ルーサーに協力し、ネットワークを影から支配する。
キャットガール(キャリー・ケリー) Carrie Kelley
前作に登場したロビン役を務めた少女の成長した姿。ヒョウのコスチュームに身を包み、レジスタンスを率いる。
フラッシュ(バリー・アレン)
地上最速の男。光よりも早く動ける彼もルーサーによって妻を人質にされ、発電所をその能力で動かす重労務につかされていた。
アトム(レイ・パーマー) Ray Palmer
体のサイズを自由に変化できる科学者。変化能力を奪われた上で縮小され、研究所の冷蔵室のシャーレに実験生物と共に閉じ込められていた。
グリーンアロー(オリバー・クイーン) Green Arrow
ニヒルな弓矢使いのヒーロー。ブルースとは旧友。かつて富豪だったが現在は共産主義者
ワンダーウーマン(ダイアナ) Wonder Woman
アマゾンの女神。不老不死の肉体を持つ。かつての恋人、スーパーマンを鼓舞する。
キャプテン・マーベル(ビリー・バットソン) Captain Marvel
スーパーマンに匹敵する能力を持ちながら、地上での憑り代を死なせたことからレックスに恭順する一人。
エロンゲイテッド・マン(ラルフ・ディブニー) Elongated Man
体を自由に伸ばせるヒーロー。享楽家だがブルースの要請に応えレジスタンスに参加する。
プラスチックマン(イール・オブライエン)
何にでも変形できる破滅型ヒーロー。刑務所に特殊合金で幽閉されていた。
クエスチョン(ビック・セージ) Question
顔を持たないヒーロー。ニヒリスト。密かにブルースの元で動く。
マーシャン・マンハンター(ジョン・ジョーンズ) Martian Manhunter
火星人のヒーロー。強力なテレパスであるが故に、その力を失っていた。
ラーラ
スーパーマンとダイアナの子。誇り高きアマゾンの血と超能力を受け継いでいるが、地球人にとっては高飛車なエリート思想の持ち主。
偽ジョーカー
活動し始めたヒーローを惨殺して廻る謎のヴィラン。首を切られても蘇る。
グリーンランタン(ハル・ジョーダン) Hal Jordan
かつてのヒーロー。その力は大宇宙の警備のために与えられた強大なもの。どこかに姿を消していた。
ジミー・オルセンJimmy Olsen
かつてのスーパーマンの友人。政府の不正を暴こうと苦闘する。