キングダム・カム (コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キングダム・カム』(Kingdom Come) はマーク・ウェイド原作、アレックス・ロス作画による、4巻のアメリカン・コミックスである。1996年にDCコミックからミニシリーズとして出版され、後に1冊にまとめられた。

あらすじ[編集]

スーパーマンを始めとするスーパーヒーローたちの引退から10年、新世代のヒーローたちが能力を持て余し、街を蹂躙する日々が続いていた。そんなヒーローたちを見かね、スーパーマン率いるジャスティス・リーグがついに復活し、新世代たちを鎮圧し、教育しようとする。そんなスーパーマンに対し、ゴッサムの治安を影で守っていたバットマンは協力を拒否するのであった。

登場人物[編集]

ジャスティス・リーグ[編集]

スーパーマン(クラーク・ケント)Superman
人間に絶望し、世捨て人になり一人畑を耕して暮らしている。ワンダーウーマンの説得により、旧世代ヒーロー(ジャスティス・リーグ)の代表として戦線に復帰する。少し白髪まじりになっている。
ワンダーウーマン(ダイアナ)Wonder Woman
故郷のアマゾンからは追放されている身。全く年齢を感じさせない外見をしている。かつての戦友スーパーマンと恋仲になり…
レッド・ロビン(ディック・グレイソンRed Robin
バットマンと袂を分かち、スーパーマンの側につく。
フラッシュ(バリー・アレン)Flash
グリーンランタン(アラン・スコット)Alan Scott
パワー・ウーマン
ホークマン(カーター・ホル)Hawkman

アウトサイダー[編集]

バットマン(ブルース・ウェイン) Batman
ベインとの戦いで脊椎を損傷しており、自分で開発した外骨格を装着している。バットマンとしては引退の身だが、量産したロボットを操ってゴッサムの治安を監視している。スーパーマンにリーグ復帰を誘われるが拒否し、逆にルーサーと手を組む。
スーパーマンとは本質的に相容れないことを自覚しているが、2人の友情は厚い。
グリーンアロー(オリバー・クイーン) Green Arrow
マーシャン・マンハンター(ジョン・ジョーンズ)Martian Manhunter

人類解放戦線[編集]

レックス・ルーサー Lex Luthor
キャプテン・マーベル(ビリー・バットソン)Captain Marvel (DC Comics)
ルーサーに操られ、スーパーマンと死闘を繰り広げる。
キャットウーマン(セリーナ・カイル)Catwoman
リドラー(エドワード・ニグマ)Riddler

ローグ・メタヒューマン[編集]

プラスチックマン(イール・オブライエン)Plastic Man