ヤング・ジャスティス (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤング・ジャスティス
ジャンル ヒーロー、アクション
アニメ
原作 DCコミック「Young Justice
総監督 ブランドン・ヴィエッティ
グレッグ・ワイズマン
脚本 グレッグ・ワイズマン他
キャラクターデザイン フィル・ボーラッサ
音楽 クリストファー・カーター他
アニメーション制作 ワーナー・ブラザーズ・アニメーション
製作 ワーナー・ブラザーズ・アニメーション
DCエンタティメント
放送局 日本の旗カートゥーン・ネットワーク
放送期間 日本の旗2013年 -
話数 シーズン1:26
テンプレート - ノート

ヤング・ジャスティス(Young Justice)は、DCコミック社の同題のアメリカン・コミックスを原作とするアメリカのテレビアニメ、及び作品中に登場する架空のスーパーヒーローチームの名称。

概要[編集]

制作を担当するのは、『ザ・バットマン』や『DCユニバースOVA』等、多くのヒーローアニメを手がけてきたアニメーター兼演出家のブランドン・ヴィエッティと、『ガーゴイルズ』のクリエイターであり、『スペクタキュラー・スパイダーマン』等に携わってきた脚本家のグレッグ・ワイズマン。

ストーリー[編集]

さまざまな特殊能力を持ったティーンエイジャーの若きヒーローたちの活躍を描く物語。

登場人物[編集]

ヒーロー[編集]

ヤング・ジャスティス[編集]

アクアラッド、ロビン、キッド・フラッシュ、スーパーボーイは第1話「インディペンデンス・デイ」から登場、ミス・マーシャンは第2話「チーム誕生」からチームに加入している(ただし、事件解決後)。アルテミス以降は、順次参加。

アクアラッド / カルダー
本名:カルダー・ラム
- 松田健一郎 / 英 - カリー・ペイトン
海底人であるアクアマンのサイドキックでチームのリーダー。アトランティス人。16歳。
魔法と科学を合わせた戦闘技術を習得しており、水を自在に操れる。身体能力も地上人を上回るが、乾燥や高熱にだけは弱い。首筋にはエラ、指の股には水かきがある。
冷静な知性や謙虚な人柄を持ち、チーム内では最も精神的に成熟している。第4話「降下地点」にて、的確な判断力・実行力を皆に認められ、チームのリーダーとなる。
『ティーン・タイタンズ』に登場するアクアラッドは、彼ではなくガースである。
ロビン 
声 - 小野塚貴志[1] / 英 - ジェシー・マッカートニー
本名:ディック・グレイソン
バットマンのサイドキック。13歳。
優れた戦闘能力も持ち、ハイテクガジェツトを駆使して戦う。コンピュータのハッキングなどメカにも強い天才。チームの中で最年少だが、実戦経験が豊富なメンバー。ゴッサム・アカデミーに通っている。
当初はリーダーを目指していたが、ワンマンなために周囲の賛同が得られなかった。しかし、後にアクアラッドが不在の時には、臨時リーダーを任されており、精神的にも成長している。
原作コミック『ヤング・ジャスティス』に登場するロビンは、ディック(初代)ではなくティム・ドレイク(3代目)である(本作シーズン2に登場)。
キッド・フラッシュ
本名:ウォーリー・ウェスト
声 - 前野智昭 / 英 - ジェイソン・スピサック
フラッシュの甥で彼のサイドキックである。15歳(高校生)。ロビンとは気が合い、親友の間柄になる。
超高速で走ることができる能力を持つが、完全にコントロールはできていない。女の子の前で格好をつけたがる軟派なタイプだが、さほどモテていない。
ウォーリーは、アニメ版『ジャスティス・リーグ』ではフラッシュとして登場している。
スーパーボーイ
本名:コナー・ケント
声 - 新垣樽助 / 英 - ノーラン・ノース
元はカドモスの「プロジェクトKr」(小文字のkrはクリプトンの意味)において生み出されたスーパーマンのクローン。生後16週目(肉体年齢は16歳)。
スーパーマンの能力を全ては使うことはできないが、スーパーマンと同等の並外れた怪力や頑丈さを誇る。
コナーという名前は、第10話「ターゲット」で学校に通う(人間社会を学習する)ことになり、メーガンから名付けられた。ケントという苗字はマーシャン・マンハンターから贈られたが、コナーとメーガンはケント・ネルソン(ドクター・フェイト)由来のものと思っている。
実はスーパーマンのDNAにレックス・ルーサーのDNAを混ぜて生み出されており、空を飛ぶことやヒートビジョンを使うことができなかったのは、人間の遺伝子が邪魔をしていたからであった。ルーサーから渡された「シールド」というシールを腕に張る(ニコチンパッチのように使用する)ことで地球人のDNAを抑え、クリプトン星人由来の力を使えるようになった。
スーパーマンに対しては父親に対する感情のような物を抱いており、彼に認められたいと思っている。
第11話「アイスヴィランの計画」でベルレーヴ刑務所に潜入した時に、メーガンと恋仲になる。
ミス・マーシャン / メーガン
本名:メガン・モズ / 地球名:メーガン・モールス
声 - 北原知奈 / 英 -ダニカ・マッケラー
マーシャン・マンハンターの姪であり、彼のサイドキックである火星人の少女。48歳(地球年齢では16歳)。
変身能力や空を飛ぶことができることに加え、テレパシーやテレキネシスなどの超能力を持つ。地球人と火に弱い。
口癖は「そうだわ、メーガン!」であるが、第21話「メーガンの秘密」で由来が判明。『そうだわメーガン!』という、過去のコメディドラマに出てくる女子高校生の主人公「メーガン」の口癖がオリジナルであり、彼女とドラマに心酔するメガン・モズは、地球での姿を彼女そっくりにしていた。
緑色火星人のふりをしているが、実際は白色火星人であり、本体は、より一層人間ばなれした姿をしている。
第11話「アイスヴィランの計画」でベルレーヴ刑務所に潜入した時に、スーパーボーイと恋仲になる。
アルテミス
声 - 中嶋ヒロ / 英 -ステファニー・ルムラン
グリーンアローの新たなサイドキックとなった少女。15歳。ロビンと同じくスーパーパワーは持たないが、卓越した格闘術と弓術を持っている。
第6話「新たなチームメイト」でグリーンアローの姪として紹介され、チームに加わる。
本人は乗り気でなかったが、母の願いでゴッサム・アカデミーに通うことになる(バットマンの計らいである)。
その後、グリーンアローの姪ではないことが判明。実はヴィランであるスポーツマスターの娘であり、リーグ・オブ・シャドウズのチェシャの妹である。
ザターナ
本名:ザターナ・ザターラ
声 - / 英 - レイシー・シャベール
ジャスティス・リーグのメンバーであるザターラの娘。父親と同じく魔法を使える。
父親のザターラがドクター・フェイトとなった後、正式にチームに加わった。
ロケット
本名:ラクエル・アービン
声 - / 英 - キティデニス・ブッテ
アイコンの相棒の少女。第25話「スパイの正体」でアイコンがリーグの正式メンバーとなった後、ヤングチームに加わる。

ジャスティス・リーグ[編集]

スーパーマン
本名:クラーク・ケントカル・エル
声 - 花田光[2] / 英 - ノーラン・ノース
ジャスティス・リーグのリーダーであるクリプトン星人。クローンであるスーパーボーイに対しては、複雑な感情を抱いており、なかなか彼を認めることができない。
バットマン
本名:ブルース・ウェイン
声 - 加瀬康之[3] / 英 - ブルース・グリーンウッド
リーグの中心メンバー。ヤング・ジャスティスに任務を与える役は、主に彼が務めている。
フラッシュ
本名:バリー・アレン
声 - / 英 - ケビン・マイケル・リチャードソンジェームズ・アーノルド・テイラー
超高速で行動できるスピードスター。キッドフラッシュの伯父。
グリーンアロー
山野井仁- / 英 - アラン・テュディック
弓矢の達人。スピーディ(レッドアロー)の師匠であり、アルテミスの師匠。
マーシャン・マンハンター
本名:ジョン・ジョンズ / 地球名:ジョン・ジョーンズ
声 - / 英 - ブルース・グリーンウッド
変身能力や透明化能力を持つ、火星人。メーガンの伯父。
アクアマン
声 - / 英 - フィル・ラマール
アクアラッドの師匠。水陸両棲の海底人の国家アトランティスの王。
ワンダーウーマン
本名:ダイアナ・プリンス
声 - / 英 - マギー・Q
怪力や飛行能力を有するスーパーヒロイン。
レッドトルネード
本名:ジョン・スミス
声 - / 英 - ジェフ・ベネット
ヤング・ジャスティスの基地「マウント・ジャスティス」の管理人として、サポートを務める。風を操る能力を持つ。
実は悪の科学者であるT.O.モローによってリーグに潜入するために作られたアンドロイドであるが、「人間の心」ではレッドボルケーノを裏切り、ヤング・ジャスティスと協力し、彼を倒して火山噴火を阻止した。その後はリーグに復帰した。
キャプテン・マーベル
本名:ビリー・バットソン
声 - / 英 - チャド・ロウロブ・ロウ、ロバート・オチョア(ビリー)
本当の姿は10歳の少年。呪文を唱えると、スーパーパワーを持った大人のヒーローに変身する。
行方不明となったレッドトルネードに代わり、「マウント・ジャスティス」の管理人としてサポートを務めた。
ブラックカナリー
声 - / 英 - ヴァネッサ・マーシャル
ヤング・ジャスティスの訓練教官となったスーパーヒロイン。格闘技と、口から発する「キャナリー・クライ」が武器。
ドクター・フェイト / ザターラ
声 - / 英 - ノーラン・ノース
ザターナの父親。
「仕組まれたカオス」で、ザターナがクラリオンを倒すためドクター・フェイトになったが、彼女に代わりザターラがフェイトとなった。
スピーディ / レッドアロー
声 - 私市淳 / 英 - クリスピン・フリーマン
グリーンアローの養子で、彼の元サイドキック。「インディペンデンス・デイ」では自分を一人前として扱わない彼に反発し、「レッドアロー」と名乗り、彼のもとを離れた。 ロビンたちにチームに入るように誘われるが、拒否して独自で活動を始めた。
その後リーグの正式メンバーとなるが、実はヴァンダル・サベージがリーグにスパイとして送り込んだ存在だった。カドモスで作られた、スピーディ(ロイ・ハーパー)のクローンである。
アイコン
第25話「スパイの正体」から加入。相棒のロケットは、ヤングジャスティスのメンバーとなった。
プラスチックマン
「スパイの正体」から加入。ゴムのような弾力性を持つヒーロー。
アトム
「スパイの正体」から加入。体を小さくすることができる能力を持つヒーロー。

その他のヒーロー[編集]

ガーディアン / ジム・ハーパー
声 - / 英 - クリスピン・フリーマン
ジーノモーフによる洗脳により、カドモスで警備責任者として働かせられていたヒーロー。ライトにより、デスモンズ博士に代わり、カドモスの新しい所長となる。素顔はレッドアローに似ており、本人の言によると、レッドアローは甥であるため。
ケント・ネルソン
声 - / 英 - エドワード・アズナー
先代のドクター・フェイトであった元ヒーロー。引退後は運命の塔でヘルメットを管理していたが、それを狙ったクラリオンと戦いで命を落とし、彼の精神は運命のヘルメットに入ることになった。「仕組まれたカオス」ではナブーにより、ヘルメットから解放されたことが判明した。

ヴィラン(敵)[編集]

ライト[編集]

ラーズ・アル・グール
声 - / 英 - オデッド・フェール
ライトのリーダー。
ブレイン
声 - / 英 - ノーラン・ノース
ライトのメンバー。
ムッシュ・マーラー
声 - / 英 - ディー・ブラッドリー・ベイカー
ブレインの部下である高い知能を持つゴリラ。
クラリオン
声 - / 英 - トム・アドコックス=ヘルナンデス
ライトのメンバー。
レックス・ルーサー
声 - / 英 - マーク・ロルストン
レックス・コープ社のCEO。「ターゲット」では南北に分かれて対立するアジアの国リレージアの和平会談での調停役を務めていた。
プロジェクトKrの新理事長となっているが、実はカドモスの設立者でスーパーマンのクローンを作らせた張本人。
ヴァンダル・サベージ
「走れ!キッド」ではヴァーディゴ伯爵に協力し、時間稼ぎのため、キッド・フラッシュを足止めした。

インジャスティスリーグ[編集]

ジョーカー
声 - / 英 - ブレント・スパイナー
バットマンの宿敵。
ヴォータン
声 - / 英 - ブルース・グリーンウッド
アトミックスカル
声 - / 英
ヴァーティゴ伯爵
声 - / 英 - スティーヴン・ブルーム
ジョーカーらとともにインジャスティスリーグを結成するが、リーグとヤング・ジャスティスに敗れベルレーブ刑務所に送られる。
「走れ!キッド」ではブラタボー家の人間であるため外交特権により、釈放され母国ブラタバの国王になるため、姪のペルティーダ女王の心臓移植を妨害しようとしたが、
キッド・フラッシュに阻止される。再びベルレーブ刑務所に収監されることとなった。
ウルトラ・ヒューマナイト
声 - / 英 - ディー・ブラッドリー・ベイカー
白いゴリラ。
ブラックアダム
声 - / 英
ポイズン・アイビー
声 - / 英 - アリッサ・ミラノ
植物を操る能力を持つ。

リーグ・オブ・シャドウズ[編集]

センセイ
声 - / 英 - キーオン・ヤング
リーグ・オブ・シャドウズの上位メンバー。
チェシャ / ジェイド
声 - / 英 - ケリー・ヒュー
リーグ・オブ・シャドウズのメンバー。「ターゲット」ではレックス・ルーサー暗殺を謀るが失敗。「謎の襲撃者」ではアルテミスの回想で実は彼女の姉であることが明らかになった。

その他のヴィラン[編集]

マーク・デズモンド
声 - / 英 - レネ・オーバージョノー
カドモス遺伝子研究所の所長であるマッド・サイエンティスト。
ベイン
声 - / 英 - ダニー・トレホ
カリブ海のサンタ・プリスカ島の支配者。「降下地点」に登場。マンモスに敗れてコブラの教団に島を明け渡すが、一時休戦でヤング・ジャスティスに協力して島を取り戻した。
コブラ
声 - / 英 - アーノルド・ヴォスルー
カルト教団のリーダー。「降下地点」に登場。ベインからサンタ・プリスカ島を奪うが、ヤング・ジャスティスに敗れ、ベルレーヴ刑務所に送られる。
マンモス / バラン
コブラの教団のメンバー。シマーの双子の兄。「降下地点」に登場。コブラが敗れた後、ベルレーヴ刑務所に送られる。
シマー / セリンダ
コブラの右腕。マンモスの双子の妹。「降下地点」に登場。コブラが敗れた後、ベルレーヴ刑務所に送られる。
スポーツマスター
声 - / 英 - カリー・ペイトン
バットマン:ブレイブ&ボールドにも登場するヴィラン。実はアルテミスとチェシャの父親。
プロフェッサー・アイボ
声 - / 英 - ピーター・マクニコル
能力コピーアンドロイド「アマゾ」を作ったマッドサイエンティスト。
アマゾ
声 - / 英 - ピーター・マクニコル
プロフェッサー・アイボによって作られたアンドロイド。ジャスティスリーグの能力をコピーすることができる。
アブラカタブラ
声 - / 英 - ジェフ・ベネット
「信じる心」に登場。運命のヘルメットを手に入れようとするクラリオンに協力してケント・ネルソンを誘拐するが、ヤング・ジャスティスに敗れる。
ブラックマンタ
声 - / 英 - カリー・ペイトン
アクアマンの敵。「陸と海」ではアクアマンの留守を狙い、謎の巨大ヒトデを奪うためにアトランティスの王宮を襲撃する。
サイモン
声 - / 英 - アラン・テュディック
「奪われた記憶」に登場。テレパシー能力を持つ。ヤング・ジャスティスのメンバーの記憶を奪うが、ミス・マーシャンとスーパーボーイの連携に敗れる。
「メーガンの秘密」ではビアリアの独裁者クイーンビーの指示で、クラックの大統領を操り、ビアリアとの統合を図るが、ミス・マーシャンに敗れる。
アイスクルシニア
声 - / 英 - ジェームズ・レマー
冷凍能力を持つアイスヴィラン。アイスクルJr.の父親。「アイスヴィランの計画」でキャプテン・コールドと協力し、脱獄を計るが失敗。
アイスクルJr.
声 - / 英 - ユーリ・ローエンタール
冷凍能力を持つアイスヴィラン。アイスクルシニアの息子。グリーンアローとスピーディに敗れ、ベルレーヴ刑務所に送られる。
ミスター・フリーズ
本名:ビクター・フライドポテト
声 - / 英 - キース・サラバージャ
冷凍銃を武器とするアイスヴィラン。暖かい場所でも生存するため、ヘルメットと極低温スーツを身に着けている。ゴッサムシティを襲撃するが、バットマンとロビンに敗れ、ベルレーヴ刑務所に送られる。「アイスヴィランの計画」ではアイスクルシニアらの脱獄計画に加わるが、スーパーボーイにヘルメットを破壊され、失敗に終わる。
キャプテン・コールド
本名:レナード・スナート
声 - / 英 - アラン・テュディック
冷凍銃を武器とするアイスヴィラン。セントラルシティの宝石店を襲うが、フラッシュとキッドフラッシュに敗れ、ベルレーヴ刑務所に送られる。
キラー・フロスト / クリスタル・フロスト
声 - / 英 - サラ・シャヒ
氷を操る能力を持つアイスヴィラン。アクアマンとアクアラッドに敗れ、ベルレーヴ刑務所に送られる。
テロツインズ
声 - / 英 - ユーリ・ローウェンタール(トミー)、ダニカ・マッケ(タペンス)
双子のヴィランのトミーとタペンス。「アイスヴィランの計画」でスーパーボーイとミス・マーシャンは任務で彼らになりすまし、ベルレーヴ刑務所に潜入した。
ヒューゴ・ストレンジ
声 - / 英 - エイドリアン・パスダー
ベルレーヴ刑務所の精神科医。アイシクルシニアたちの脱獄計画失敗後、ベルレーヴ刑務所の新しい所長となる。
T.O.モロー
声 - / 英 -
レッドトルネードの生みの親である悪の科学者。ジャスティス・リーグに潜入させるためレッドトルネードら三体のアンドロイドを作った。新たに作成したレッドボルケーノによって破壊されたことで、アンドロイドであったことが判明する。本当の彼は年老いており、昏睡状態にある。
ミスター・ツイスター
レッドトルネードと同じく風を操る能力を持つロボット。「ハッピー・ハーバーへようこそ」ではロビンたちはレッドトルネードと勘違いした。T.O.モローが作り、彼の助手であるブルームウェル・スティックが操作していた。
レッドトペード
レッドトルネードと同じくジャスティス・リーグにヒーロとして潜入させるためT.O.モローに作られたアンドロイド。水を操る能力を持つ。自分のことを人間と思い込むようプログラムしたが、不完全であったため失敗作とされた。
レッドインフェルノ
レッドトルネードと同じくジャスティス・リーグにヒーロとして潜入させるためT.O.モローに作られたアンドロイド。火を操る能力を持つ。元の名をファイアー・ブラントという。ヒーローとして完璧でありすぎたため、失敗作とされた。
レッドボルケーノ
T.O.モローが作成した他の三体とは違い、初めからヒーロたちを破壊するため作られたアンドロイド。火山を操る能力を持つ。レッドトルネードら三体に加え、T.O.モローの記憶を持つ。
ハーム / ビリー・ヘイズ
声 - / ベン・ディスキン
純粋な心の持ち主でなければ扱えないベオウルフの剣を保持するため、最愛の妹グレタを殺害し、純粋な悪となった。
アルテミスとザターラを襲うが、グレタの亡霊が現れ、罪悪感が呼び起されたため剣に拒絶され、彼女たちに倒された。
パラサイト

相手の能力を奪うことができるヴィラン。

その他の人物[編集]

バーバラ・ゴードン
声 - / アリソン・ストーナー
「謎の襲撃者」に登場。ディック・グレイソン(ロビン)のゴッサムアカデミーでの同級生。
ガース
声 - / 英 - ユーリ・ローエンタール
アトランティスの魔術学校に通うアトランティス人。カルダーがアクアラッドを名乗る前にオーシャンマスターとの戦いで彼とともにアクアマンを支援した。
ティーン・タイタンズに登場するアクアラッドはカルダーではなく彼である。
ガーフィールド・ローガン
声 - / 英 - ローガン·グローブ
ビアリアとクラックの国境に元女優の母親マリーと住む少年。ビアリアの独裁者クイーンビーのジェット機による攻撃で負傷し、輸血が必要になり、メーガンが自分を変化させてガーフィールドと同じ血液型になり、彼女の輸血により一命を取り留めるが、眼の色が青から緑に変化した。
マッチ
英 - ノーラン・ノース
「もう一人のクローン」に登場。スーパーマンのクローン。スーパーボーイよりも先に作られたクローンで彼の兄とも呼べる存在。
スーパーボーイとは違い、スーパーマンと同じ能力を全て使えるクリプトン星人のDNAのみで構成された完全なクローンで、
クリプトン星人のDNAに空白部分があり、制御できない程に攻撃的であったため失敗作としてポットで冷凍されていた。

スタッフ[編集]

メインスタッフ[編集]

  • 制作プロデューサー - ブランドン・ヴィエッティ、グレッグ・ワイズマン
  • リード・キャラクターデザイン - フィル・ボーラッサ
  • アニメーション・タイミングディレクター - ジェームズ・ティム・ウォーカー
  • エフェクトアニメーション - マシュー・ジラルディ
  • 色彩設計 - ジェームズ・ピーターズ
  • 編集 - ジョアンナ・レイエス
  • キャスティング / 音声監督 - ジェイミー・トマソン
  • 音楽 - クリストファー・カーター、マイケル・マッキション、ロリータ・リトマニス
  • ラインプロデューサー - デビッド・ウィルコックス
  • エグゼクティブ・プロデューサー - サム・レジスター
  • アニメーション制作 - ワーナー・ブラザーズ・アニメーション
  • アニメーション協力 - ロット・アニメーション、ムア・アニメーション
  • 製作 - ワーナー・ブラザーズ・アニメーション、DCエンタティメント

日本語版スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

シーズン1(米:2011年 - 2012年、日:2013年 - 2014年)
No. タイトル 原題 脚本 ディレクター
1 インディペンデンス・デイ Independence Day グレッグ・ワイズマン ジェイ・オリヴァ
2 チーム誕生 Fireworks サム・リュー
3 ハッピー・ハーバーへようこそ Welcome to Happy Harbor ケヴィン・ホップス ジェイ・オリヴァ
4 降下地点 Drop-Zone アンドリュー・R・ロビンソン クリストファー・バークレー
5 学習能力 Schooled ニコール・ダバック マイケル・チャン
6 新たなチームメイト Infiltrator ジョン・ワイズマン ジェイ・オリヴァ
7 信じる心 Denial トーマス・パグスリー マイケル・チャン
8 陸と海 Downtime ケヴィン・ホップス ジェイ・オリヴァ
9 奪われた記憶 Bereft ニコール・ダバック マイケル・チャン
10 ターゲット Targets アンドリュー・R・ロビンソン クリストファー・バークレー
11 アイスヴィランの計画 Terrors グレッグ・ワイズマン ジェイ・オリヴァ
12 謎の襲撃者 Homefront ジョン・ワイズマン マイケル・チャン
13 リーダーの素質 Alpha Male トーマス・パグスリー ジェイ・オリヴァ
14 現れた真の敵 Revelation ケヴィン・ホップス マイケル・チャン
15 人間の心 Humanity グレッグ・ワイズマン マット・ヤングバーグ
16 最後の希望 Failsafe ニコール・ダバック ジェイ・オリヴァ
17 フォーエバー・ピープル Disordered アンドリュー・R・ロビンソン マイケル・チャン
18 シークレット Secrets ピーター・デイビッド ジェイ・オリヴァ
19 仕組まれたカオス Misplaced グレッグ・ワイズマン マイケル・チャン
20 走れ!キッド Coldhearted ジョン・ワイズマン ヴィクター・クック
21 メーガンの秘密 Image ニコール・ダバック ジェイ・オリヴァ
22 もう一人のクローン Agendas ケヴィン・ホップス マイケル・チャン
23 2人の弓使い Insecurity ピーター・デイビッド ジェイ・オリヴァ
24 サーカス潜入捜査 Performance ジョン・ワイズマン マイケル・チャン
25 スパイの正体 Usual Suspects ケヴィン・ホップス ジェイ・オリヴァ
ティム・ダイヴァー
26 ライトの真実 Auld Acquaintance グレッグ・ワイズマン マイケル・チャン
ローレン・モンゴメリー
シーズン2(米:2012年 - 2013年、日:2014年)
No. タイトル 原題 脚本 ディレクター
27 5年後… Happy New Year グレッグ・ワイズマン ティム・ダイヴァー
28 地球人 Earthlings ニコール・ダバック ダグ・マーフィー
29 孤立 Alienated ケヴィン・ホップス メル・ツワイヤー
30 救済 Salvage グレッグ・ワイズマン ティム・ダイヴァー
31 行方不明 Beneath ブランドン・ヴィエッティ ダグ・マーフィー
32 Bloodlines ピーター・デイビッド メル・ツワイヤー
33 Depths ケヴィン・ホップス
ポール・ジアコッポ
ティム・ダイヴァー
34 Satisfaction グレッグ・ワイズマン ダグ・マーフィー
35 Darkest ジョン・ワイズマン メル・ツワイヤー
36 Before the Dawn ケヴィン・ホップス ティム・ダイヴァー
37 Cornered ニコール・ダバック ダグ・マーフィー
38 True Colors ポール・ジアコッポ メル・ツワイヤー
39 The Fix グレッグ・ワイズマン ティム・ダイヴァー
40 Runaways ケヴィン・ホップス ダグ・マーフィー
41 War ジョン・ワイズマン メル・ツワイヤー
42 Complications ケヴィン・ホップス ティム・ダイヴァー
43 The Hunt ブランドン・ヴィエッティ ダグ・マーフィー
44 Intervention ピーター・デイビッド メル・ツワイヤー
45 Summit グレッグ・ワイズマン ティム・ダイヴァー
46 Endgame ケヴィン・ホップス ダグ・マーフィー

ゲーム[編集]

Young Justice Legacy
アニメをベースとした2013年9月10日発売のゲーム。ジャンルはアクションRPG。PS3/Xbox360/Wii/DSでのマルチプラットフォーム。日本では未発売。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ティーン・タイタンズ』など他作品でもロビンを演じている。
  2. ^ スーパーマン』など他作品でもスーパーマンを演じてる。
  3. ^ ザ・バットマン』など他作品でもバットマンを演じてる。