ジョナ・ヘックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナ・ヘックス
Jonah Hex
出版の情報
出版者 DCコミック
初登場 All-Star Western #10
(1972年2月 - 3月)
クリエイター ジョン・アルバノ
トニー・デズニガ
作中の情報
本名 Jonah Woodson Hex
所属チーム アパッチナバホ族
アメリカ連合国軍
カイオワ族
Black Lantern Corps
著名な別名 The Mark of the Demon
Hex

ジョナ・ウッドソン・ヘックスJonah Woodson Hex)は、DCコミック西部劇作品に登場するアンチヒーロージョン・アルバノトニー・デズニガによって創造された。顔面右部分に大きな醜い傷を持つガンマンバウンティハンターとして知られる。

出版史[編集]

ジョナ・ヘックスはAll-Star Western第10号で初登場し、同誌がWeird Western Talesへと改題し、物語がScalphunterにスポットが移る第38号(1977年)までの間メインキャラクターを務めた。同年には自身を主役としたJonah Hex誌が刊行され、マイケル・フライシャーをメインライターに迎えて92号まで続いた。

Jonah Hex誌は1985年のCrisis on Infinite Earthsの間にキャンセルされたが、同年にはフライシャーによる新シリーズHexがスタートし、18号まで続いた。同誌はジョナ・ヘックスがタイムトラベルし、21世紀の荒廃した世界を舞台に活躍するという終末ものとなっている。

Vertigoレーベルからは、"Two-Gun Mojo"(全5号、1993年)、"Riders of the Worm and Such"(全5号、1995年)、"Shadows West"(全3号、1999年)の3つテーマのミニシリーズが出版された。それらはすべてジョー・R・ランスデイルが原作、ティム・トルーマンが作画した。

2005年11月、DCコミックはジャスティン・グレイジミー・パルミオッティによる新シリーズJonah Hexを開始した。

2010年には映画公開に合わせてグレイとパルミオッティによるグラフィックノベルJonah Hex: No Way Backが発売される。

キャラクター経歴[編集]

能力[編集]

ヘックスはマーク・オブ・ザ・デーモンの異名を持つガンマンであり、ほとんど百発百中に近い射撃能力を持つ。また、戦術に長けた戦闘兵としての一面を持つ。

登場作品[編集]

主要シリーズ[編集]

  • Jonah Hex (Vol. 1 1-92号; 1977–1985年)
  • Jonah Hex Spectacular (1号; 1978年秋)
  • Hex (1-18号; 1985–1987年)
  • Jonah Hex: Two Gun Mojo (1-5号; 1993年)
  • Jonah Hex: Riders of the Worm and Such (1-5号; 1995年)
  • Jonah Hex: Shadows West (1-3号; 1999年)
  • Jonah Hex (Vol. 2 1号-継続中; 2005年–現在)

他メディアでの登場[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]