クリストファー・リーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストファー・リーヴ
Christopher Reeve
Christopher Reeve
生年月日 1952年9月25日
没年月日 2004年10月10日(満52歳没)
出生地 ニューヨーク
民族 イングランド系アメリカ人
職業 俳優
主な作品
スーパーマン
スーパーマンII
スーパーマンIII
スーパーマンIV
ある日どこかで
デストラップ・死の罠
日の名残り

クリストファー・リーヴChristopher Reeve, 1952年9月25日 - 2004年10月10日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督

来歴[編集]

ニューヨークで、小説家で大学教授のフランクリン・リーヴとジャーナリスト、バーバラ・ジョンソンの間に生まれた。1974年にコーネル大学を文学士として卒業した後、ジョン・ハウスマンの指導するジュリアード音楽院に入学した[1]

1978年のリチャード・ドナー監督作品『スーパーマン』に抜擢されるまで、舞台やテレビの昼メロ『Love of Life』に出演したりした。『スーパーマン』は続編が3作製作された。1980年に、タイムトラベル・ロマンス作品『ある日どこかで』でジェーン・シーモアと共演した。

1995年5月27日、バージニア州シャーロッツヴィルで乗馬競争中に落馬脊髄損傷を起こし首から下が麻痺した。映画出演からほとんど引退し、リハビリテーションに専念する。また、妻のディナとともに「クリストファー・アンド・ディナ・リーヴ麻痺資源センター」をニュージャージー州ショート・ヒルに開設し、身体の麻痺に苦しむ人たちに、より独立して生きることを教えることに専念した。

1997年にエミー賞を、翌年にはグラミー賞を受賞。芸能活動を再開し、1999年にはテレビ映画『裏窓』(アルフレッド・ヒッチコックの『裏窓』のリメイク)を製作、車椅子に乗った主人公を演じた。2003年に、連続テレビ番組『ヤング・スーパーマン』に、若きクラーク・ケントに素姓の手掛かりを与えるスワン博士役で出演した。

2004年にはアテネオリンピックのコマーシャルに出演したが、10月9日に自宅で心不全を起こし昏睡状態となり、10日にニューヨーク州のノーザン・ウェストチェスター病院で死去した。52歳。彼の訃報に際して、『スーパーマン』シリーズで共演したジーン・ハックマンマーゴット・キダースザンナ・ヨークらが哀悼のコメントを出した[2][3][4][5]。なお、スーパーマンの父ジョー=エルを演じたマーロン・ブランドも彼に先立つ事、2004年7月1日に死去している。

「ヒーローとは何か?」というインタビューについて、スーパーマンの映画撮影中は「先のことを考えずに勇気ある行動をとる人のこと」と答えていたが、事故を起こした後は「どんな障害にあっても努力を惜しまず、耐え抜く強さを身につけていったごく普通の人」と答えている。

出演映画[編集]

著書[編集]

  • 『車椅子のヒーロー あの名俳優クリストファー・リーブが綴る「障害」との闘い』 - Still Me (1998)
1998年11月 出版:徳間書店 訳:布施由紀子 ISBN 978-4198609092
  • 『あなたは生きているだけで意味がある』 - Nothing Is Impossible (2002)
2003年11月 出版:PHP研究所 訳:東本貢司 ISBN 978-4569632599

脚注[編集]

外部リンク[編集]