キャットウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バットマン > キャットウーマン

キャットウーマンCatwoman)はDCコミックアメリカンコミック、『バットマン』等のDCコミック社のコミック、及び派生作品に登場するキャラクター。

人物[編集]

原作コミック[編集]

セリーナ・カイル[編集]

本名、セリーナ・カイル(Selina Kyle)。猫のコスチュームに身を包んだ女怪盗。ゴッサム・シティの荒廃した東地区の守護者を自認する。義賊であり人を殺さないのが信条。バットマンとの共闘も多い。近年はショートカットの黒髪で、スーツは黒いレザー、暗視ゴーグルを装備する。マグダレーナ(通称マギー)という妹がいる。

旧設定[編集]

初出は1940年。『ディティクティブコミック』誌に次ぐバットマンの看板雑誌『バットマン』1号より登場。初期はザ・キャットと呼称。飛行機事故で記憶を失った乗務員とされたが、バットマンをごまかすための嘘とされ、暴力を振るう夫から逃げ出し、自分の宝石を取り戻そうとしたのが出自である。更生しバットマンに協力したり、また怪盗に戻ったりを繰り返した。

パラレルワールドである「アース2」では、ブルースと結婚する。娘ヘレナ (Herena Wayne)を産むが後に死亡。他に「アースB」では殺人を行ってしまったキャットウーマンも描かれた。

当初はただのドレスを着ていたが、猫型の顔を隠すマスク、耳の付いたフードやブーツにマントをまとうようになる。緑のコスチュームであったが1980年代終わりごろから紫のタイツになる。

1960年代実写版はジュリー・ニューマー、後に黒人のアーサー・キットが演じた。スーツは黒である。日本における放映版では、ミス・キャットとされていた。ニューマーがスケジュールの都合で出演できなかった1966年の映画では、リー・メリウェザーが演じている。

現在の設定[編集]

1986年のバットマン誕生譚のリメイク、『イヤーワン』より設定が変更された。元売春婦として描写され、バットマンの存在を知った彼女は、自らも猫をモチーフにしたコスチュームを着用、キャットウーマンを名乗るようになる。マフィアのボス、カーマイン・ファルコーネの娘である可能性も示唆されるが真相は不明。友人に『イヤーワン』でつるんでいた売春婦ホリー・ロビンソンがいる。

1992年の映画、『バットマン リターンズ』の成功により、個人タイトル『キャットウーマン』誌が与えられた。ここで出自が詳細に描写され、売春婦設定はそぐわないとして変更された。

猫好きだった母親は自殺し、暴力的な父親もアルコール中毒で死亡し、孤児院に送られる。13歳の時に院の責任者の横領を発見し、バッグに詰められ川に流されるが脱出。ゴッサム東のドヤ街にたどり着いた。地区の女ボスに盗みを仕込まれるが、友人シルヴィアを連れ逃亡。シルヴィアは売春婦となり疎遠になった。泥棒として活動するセリーナ・カイルはバットマンとも関わりのあった格闘家、アームレス・マスターに師事。この後、ギャングの下請けとして用心棒をしていたとされた。『イヤーワン』劇中での、ボンデージ姿で男を痛めつける描写に別の意味を与えたのである。

亡命した女の子を養子にしたり、一時バットマンを務めたアズラエルと強敵ベーンとの戦いを助けたり、政府の諜報機関で嫌々ながら仕事をこなすなどした。この時期DCコミック社の古いヒーロー、ワイルドキャットに教えを受ける。ニューヨークで脅迫などして某社の副社長に上り詰め市長の座を狙うが、フラッシュの敵であるトリックスターに正体をばらされ失脚する。

No Man's Land』の時期にゴッサムに戻り、バットマンを助ける。その後、暗殺者デスストロークに殺されたものと思われていたが、その行方を追っていた探偵スラム・ブラッドレイと古い友人ホリーと共に、バットマンのように東地区イーストエンドの自警行為を行うようになる。

Hush』の時期はバットマンの正体を知り、恋愛関係にあったが結局身を引いた。この時期のセリーナ・カイルの改心は、魔術師ザターナによる洗脳の影響だと知り、彼女は不安定となる。売春婦になったかつての友人シルヴィアはセリーナ・カイルを憎んでおり、彼女から情報を得た脅迫者はホリー達を狙ってくる。怒りに燃えたセリーナ・カイルは黒幕のブラックマスクを殺害してしまう。

One Year Later』で再登場するが、既にイーストエンドを離れていた。イレーナ・ドノヴァン(Irena Dubrovna)と名を変え、父親の分からない娘ヘレナを生む。その間、ホリーがキャットウーマンを引き継いでいた。狂信的映画マニアフィルムフリークと重力を操るアングルマンにより正体がばれ、ヘレナが誘拐される。セリーナ・カイルはキャットウーマンとして復帰、ヘレナを奪回し、ザターラに彼らの記憶を消すよう頼んだ。テッド・グラント(ワイルドキャットの本名)の知らせで、ホリーがブラックマスク殺害犯として逮捕されたことを知り、救助のためゴッサムに戻った。

エルスワールド(番外編)[編集]

パラレルワールド・番外編として描かれた作品にもセリーナ・カイルは登場する。『ダークナイトリターンズ』では売春婦の元締め。ジョーカーに利用され、ボロボロにされる。ブルースの葬儀でスーパーマンに食って掛かっていた。ヒーロー達の老年期を描いたキングダム・カムではリドラーと共に、超能力者たちを危険視する人類悪役同盟側で登場。

ホリー・ロビンソン[編集]

二人目のキャットウーマン。セリーナ・カイルがいない時期に代役を務めた。レズビアンでカロンという恋人がいる。

セリーナ・カイルと別れたあと、彼女の妹マギーの修道院に身を寄せていた。売春婦に戻ったのち、キャットウーマンと再会、イーストエンドで彼女の助手を務める。ブラックマスクに差し向けられた刺客により瀕死の重傷を負い、セリーナ・カイルの意向で、テッド・グラントの元で修行する。その後セリーナ・カイルがシティから姿を消したため、キャットウーマンを引き継いだ。

実写テレビシリーズ[編集]

『(怪鳥人間)バットマン』(1966年)[編集]

日本語版ではミス・キャットと呼ばれ、シーズン1~2ではジュリー・ニューマー、シーズン3ではアーサー・キットが演じた。同じくネコ耳を付けたキャットウーマンの子分プシーキャット(Pussycat)は、レスリー・ゴーアが演じた。

実写映画[編集]

『バットマン オリジナル・ムービー』(1966)[編集]

後掲のテレビオリジナルシリーズ『(怪鳥人間)バットマン』の映画版でも、日本語版では同様にミスキャットと呼ばれ、リー・メリウェザーが演じた。

『バットマン リターンズ』[編集]

ミシェル・ファイファーが演じた。ティム・バートンの作家性の強い本作では大胆に設定が変更されている。

ゴッサムの実業家、マックス・シュレックの秘書としてセリーナ・カイルが登場。自分に自信がなく、常におどおどしている。だがシュレックのシティを支配しようとする野望を知ってしまい、口封じのためにビルから突き落とされてしまう。運良く一命を取りとめた彼女は、ネコの神秘的なパワーと感応し、キャットウーマンとなって復讐を誓う。バットマンを倒そうとするも、正体であるブルースとは互いに惹かれあっていく。

自ら革ジャンを加工して作成したツギハギだらけの黒革のボンデージ風コスチュームに身を包み、長いムチをふるう。日本語版は、田島令子(DVD)、藤田淑子(TV)が演じた。

『バットマン フォーエヴァー』[編集]

バットマンとチェイス博士の会話に僅かに登場。特徴は『リターンズ』のものが述べられている。

『キャットウーマン』[編集]

ハル・ベリーが演じた。キャラクター設定だけを借りた別物であり、バットマンシリーズとの接点はない。しかし、出自や性格に関しては『バットマン リターンズ』のものをベースにしていると思われる。

大手化粧品会社「ヘデア・ビューティー」に務めるグラフィックデザイナー、ペイシェンス・フィリップスPatience Phillips)として登場。内気でシャイな性格。同社の新商品である若返りクリーム「ビューリン」の恐るべき副作用の秘密を知ってしまい、口封じのために殺されてしまう。しかし、エジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって復活。ネコのパワーを身につけたキャットウーマンとなり、復讐を誓う。

『ダークナイト ライジング』[編集]

アン・ハサウェイが演じた。コミックと同様にセリーナ・カイルとして登場。出生については特に語られていないが、暗い過去が示唆されている。また、作中セリーナ・カイルは一度も自らを「キャットウーマン」とは名乗っていない。コスチュームの特徴から、新聞などのメディアがそう名付けた。

容姿は端麗、体型は男性をひきつけるセクシーグラマーな女怪盗。主に貴金属や時計など高価な物を狙う。普段はゴッサムシティ裏通りのアパートにてスリ仲間の女性・ジェン(演:ジュノー・テンプル)と共に住んでいる。何度も窃盗未遂で捕まった犯罪歴は残っているものの、盗みの腕は凄腕であり、戦闘に関してもしなやかな動きと足技で大の男相手でも充分に渡り合える実力を持つ。

気まぐれで人を小馬鹿にしたような露悪的な言動が目立ち、必要とあれば殺人も辞さない。しかし金持ちからは金品を盗んでも一般人や子供には一切危害を加えないことを信念としており、相手の男に迫られたスリ仲間やリンゴを盗んで襲われかけた少年を助けるような人の良い一面も持っている。

肩にかかるストレートの長髪が特徴で、普段の服装は黒を基調にまとめている。怪盗としての活動時は、体のラインが分かる薄い装甲の戦闘服にアイマスクをしており、バイザーを持ち上げるとネコ耳のように見える。また仮面舞踏会の際は頭部にネコ耳の髪飾りをつけている。

闇にまぎれるよう黒一色で固めたボディスーツは一体型に見えるが、上下セパレート。腰には盗み道具の入ったユーティリティー・ベルトを装着。太ももまでのロングブーツには高いピンヒールがあり、一見非効率的だが、戦闘時には有力な武器と化す。盗み以外にもマーシャルアーツ射撃の達人。

自身へ常に付きまとう犯罪歴を抹消する特殊なソフトウェア「クリーン・スレートプログラム」と引き換えに、ジョン・ダゲットの依頼を受けてブルース・ウェインの指紋を盗む為、メイドに成り済ましてウェイン邸へと潜入。その際にブルースと初めて出会うが、その時は彼の母親の形見である真珠のネックレスを奪って逃走した。その後仮面舞踏会で再会し、「嵐が来るわ」と警告。バットマンに復帰させるきっかけを作り、その後行動を共にするようになる。当初はバットマンと折り合いがつかず一度は裏切るが、根っからの悪人でないことを見抜かれており次第に絆を深めていった。バットマンからバットポッドを借り受け搭乗する。

衣装のデザインや、鞭や猫爪を使用しないなど、従来のキャットウーマンのイメージと異なる部分が多いが、基本設定はほぼ共通している。

テレビアニメ[編集]

『バットマン』シリーズ[編集]

表の顔は動物の権利保護運動家としてセリーナ・カイルが登場。環境破壊などを行う企業などから金品を盗む。初期は灰色のコスチュームで、映画のイメージからか金髪。デザイン変更後は黒のコスチュームに黒のショートカット。日本語版は高島雅羅が演じた。

『ザ・バットマン』[編集]

現在の原作に合わせた黒のコスチュームとゴーグル姿。本名セリーナ・カイル。吹替は映画『キャットウーマン』と同じく本田貴子。原語版はジーナ・ガーションが演じる。

ドラマ『ゴッサム・シティ・エンジェル』[編集]

バットマンに登場する女性キャラクターをメインに製作された実写ドラマ。ヒーローの一人であるハントレスの母親としてゲスト出演。

ゲーム[編集]

Catwoman[編集]

2004年7月20日にエレクトロニック・アーツUKとArgonaut Gamesが開発した、PlayStation 2Xboxにて発売されたアクションアドベンチャーゲーム。日本国内ではPlayStation 2版がエレクトロニック・アーツより、発売される予定だったが、キャンセルとなっている。

1999年12月にはゲームボーイカラーでも横スクロール型のアクションゲームで発売されている。

バットマン アーカム・シティ[編集]

2011年11月23日にワーナー エンターテイメント ジャパンよりPlayStation 3Xbox 360、Windowsにて発売されたアクションゲーム。前作バットマン アーカム・アサイラムの続編。今作よりキャットウーマンが登場し、彼女をプレイアブルキャラクターとして操作することが可能となった。広大で精密に表現されたアーカムシティをキャットウーマンとして縦横無尽に駆け回ることができる。彼女の住むアパートメントの周りには常に猫がうろついている。