ジョージ・リーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・リーヴス
George Reeves
ジョージ・リーヴスGeorge Reeves
本名 George Keefer Brewer
別名 George Bessolo, Sgt. George Reeves
生年月日 1914年1月5日
没年月日 1959年6月16日(満45歳没)
出生地 アイオワ州ウールストック
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
活動期間 1933年 - 1959年
配偶者 エラノラ・ニードルズ (1940年 - 1949年)

ジョージ・リーヴス(George Reeves、1914年1月5日 - 1959年6月16日)は、アメリカ合衆国俳優

生涯[編集]

アイオワ州ウールストックにて、ジョージ・キーファー・ブリューワーGeorge Keefer Brewer)として生まれる。両親の別居後、母親と共にイリノイ州ゲイルズバーグへ移る。

パサデナ・プレイハウスで演技を学んでいた時にエラノラ・ニードルズと出会い、1940年9月22日に結婚(1949年に離婚)。舞台俳優としてキャリアをスタートし、1939年公開の『風と共に去りぬ』で映画デビュー。1943年にアメリカ軍に召集され、第二次世界大戦に出征。

1951年放送のテレビシリーズ『スーパーマンの冒険』でスーパーマン役を演じ、ブレイクする。1958年に放送終了したが、スーパーマンのイメージが強過ぎて他の役が得られずスランプに陥る。

1959年6月16日、ロサンゼルス市内の自宅の寝室で自宅でルガーによる射殺死体となっているところを発見された。ソーシャライトのレオノア・レモンとの結婚3日前のことだった。リーヴスの死は自殺と見なす説が有力であるが、他殺説もある。

映画化[編集]

2006年に『ハリウッドランド』として公開。リーヴス役はベン・アフレックが演じ、ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]