ミスター・フリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バットマン > ミスター・フリーズ

ミスター・フリーズ(Mr. Freeze)は、アメリカンコミック『バットマン』に登場する悪役の一人。本名はヴィクター・フリーズ(Victor Fries)。

人物[編集]

原作コミック[編集]

1959年に初登場。摂氏零度以下でしか生きられない身体を持ち、筋力増強も兼ねる冷凍スーツに常に身を包む。何でも凍らせてしまう冷凍銃を武器とする。全ての生けるもの、幸せなものを凍らせるというのが信条で「心まで凍った男」を自称する。スーツの燃料にダイヤモンドを使うため、ダイヤ絡みの犯罪が多い。一時、悪魔ネロン(Neron)と契約し、生身での冷凍化能力を身に着けたこともある。
その出自は1990年代のアニメシリーズで初めて詳細に描写された(後述)。これが好評だったため、コミックにおいてもその出自、性格が取り入れられた。
幼少期のヴィクターは凍った動物に興味を示す子供だった。悪趣味だと思った両親は、彼を全寮制学校に入れ矯正しようとした。ヴィクターは当時の関心に従い、低温科学の研究者の道を選んだ。またこの学校で、後の妻ノーラとも出会う。
結婚後、企業で働いていたが、ノーラが難病にかかってしまう。病気の進行を止めるべく、会社の冷凍保存装置を使い、実験をかねて彼女を冷凍保存した。だが経営者フェリス・ボイルはその維持費を問題視し、実験を止めるように命令する。逆らうヴィクターは化学薬品の乗ったテーブルに突き飛ばされ、新陳代謝が変わり常温では死ぬ体になってしまった。冷凍スーツと冷凍銃で武装したヴィクターは、ミスター・フリーズを名乗ってボイルへの復讐を誓う。だが、介入したバットマンらと争う内、冷凍光線がノーラの保存装置に直撃し破壊されてしまう。それ以来、フリーズはバットマンと彼の守るゴッサム・シティに冷たい憎悪を燃やしている。
彼の行動原理は全て妻のためであり、犯罪も治療研究費用を稼ぐためである。そのため他の狂った悪党達とは殆ど組まない。好戦的なギャングのボス、ブラックマスクの元で刺客を務めたくらいである。
だが最近、不死身の魔人として知られるラーズ・アル・グールの娘、ナイッサ・アル・グールと組んだ。不死身の秘密である秘泉ラザラス・ピットを妻のために使わせるという条件である。だがこの泉は、浸かれば細胞が活性化するが、副作用も多い。既に死んだ者などは、復活しても人格が破綻してしまうのである。ノーラは復活するも、皮肉にも冷気とは相容れない炎を自由に扱う凶暴な能力者、ラザーラ(Lazara)となってしまった。彼女はフリーズを憎んで逃亡してしまい、フリーズは必死にその行方を探している。
登場当初はミスター・ゼロ(Mr.Zero)と呼ばれていた。後の1960年代の実写TVシリーズより、ミスター・フリーズに変更される。

実写TVドラマ[編集]

冷凍スーツを着て、冷凍銃で犯罪を行う、単なる悪の科学者だった。本作では、身体の変異が起こった事故はバットマンのせいだということになっている。登場するたび演者が変わり都合三人が演じている。

映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』[編集]

出自、性格ともほぼ同じである。妻の冷凍保存実験中の事故で冷凍プールに落ちたのが発端。アイスクリーム工場に居を構え、アイスホッケーのような動きの配下(アクションフィギュアではフロストバイトという名称がつけられている)を多く従える。その拠点に妻を冷凍保存しており、治療研究資金を得るため、大規模冷凍装置を製作してゴッサムを脅迫するのが目的だった。
演じる俳優はアーノルド・シュワルツェネッガーである。吹き替え版の声優は、DVD版では大友龍三郎。テレビ朝日版ではシュワルツェネッガーを多く担当する玄田哲章
彼を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーは本作では主人公役どころかむしろ敵役であるが、敵役でありながら、クレジットタイトルではオープニングクレジットでは出演者の中で一番最初に名前が登場する・エンディングクレジットでは出演者の中で一番上に名前が載るなど出演者の名前が載る位置に恵まれている。
物語の途中でゴッサムに現れた悪女、ポイズン・アイビーに騙されて、妻をバットマンに殺されたと信じ込む。その後は復讐のため、問答無用でゴッサムを凍らせていく。最後はバットマンが妻を救っていたことを感謝し、素直に収監を受け入れた。
スーツは、どのメディアで描写されたものよりゴージャスである。アップ撮影用のものは各所に発光装置が仕込まれかなりの重量のものだった。また設定上は背中に翼が生えグライダーとなるなど、多機能でもあった。
映画自体が、明るいムードを目指したためか、割とジョークを口にする。演じたアーノルド・シュワルツェネッガーのキャラクターもあってか、さほど冷たい感じのしないキャラクターに仕上がっている。

テレビアニメ[編集]

『バットマン』シリーズ[編集]

前述のように初めて出自を示したシリーズ。ゴスコープ社の科学者だったフリーズが、妻ノーラの冷凍実験をボイルに反対されて事故が起きるという設定はそのままである。初登場エピソードでは収監された後、氷で出来たノーラの人形を、月明かりの中で静かに眺めるシーンは好評で、エミー賞を受賞している。
ノーラは爆発に巻き込まれ死亡したとされ、墓まで立てられていた。だが生きていたことが判明し、フリーズは彼女の冷凍カプセルを強奪、北極に隠していた。
長編『サブゼロ 凍りついた愛』では、潜水艦の急な浮上でカプセルが傷つき、これ以上の冷凍保存が出来なくなってしまう。病気を治すべく、医者や、完璧に適合するドナー、バットガールことバーバラを誘拐するが、バットマンらの妨害で失敗してしまう。だがノーラはバットマンの会社であるウェイン産業の病院で治療を受け、快方に向かった。
デザインは禿げた頭に赤いゴーグル、身体を包む冷凍スーツというもの。『The New Batman Adventures』の時期には黒いシャープな冷凍スーツに切れ長の黒い目とデザインが変更された。これには理由があり、頭部以外の身体が壊死してしまい、サイボーグとなっていたのである。このため折角回復したノーラを迎えに行けず、彼女は治療に当たった医者と再婚してしまっていた。
その後、アニメのコミック版で最後のエピソードが描かれている。ノーラの新たな夫がフリーズに対しロボットを製作して対抗するというものである。最後、フリーズは頭部だけで北極に残された。
登場するときは常に妻絡みのエピソードである。作品の性質上、簡単には明るい結末を迎えられないため、作中最も悲劇的なキャラクターとなってしまった。
原語版はマイケル・アンサラ。日本語吹替は池田勝。穏やかなヴィクターと冷徹なフリーズを見事に演じ分けている。

『バットマン・ザ・フューチャー』[編集]

上記作の30年後である本作では、頭部のみだが当時のままで登場した。体質変化は彼の老化をも遅らせていたらしく、本人曰く不死であるという。
本作の悪役の一人、ブルース(かつてのバットマン)の企業を買収したデレク・パワーズの体質治療のエピソードに登場する。女性科学者、ステファニー博士が身体のクローンに記憶を転写することを提案し、その実験台として選ばれたのが頭部のみのフリーズであった。
再生したヴィクターは善人に戻り、法外な手段で手に入れた金を銀行に預けていた結果、5億ドルもの大金となっておりノーラの名を付けた財団を立ち上げ、自分が殺害した人々への補償などを考えるなどする。だが結局、それまでの記憶がDNAを変化させ、元の体質に戻ってしまう。ステファニーは貴重なサンプルとして解剖しようとし、ヴィクターは激怒、秘匿していた冷凍スーツを着用し、ミスター・フリーズとして復活した。パワーズを人工皮膚ごと氷付けにし、ステファニーを凍結死させる。研究所ごと破壊しようとするが、研究所を破壊し自身を氷付けにされた怒りによりパワーズは放射能人間であるブライトに変身しフリーズを背後から不意打ちし手からの放射能により被爆させ致命傷を負わせる。制止に入った新バットマンがブライトにより危機に陥り、フリーズはバットマンを救うため最大出力の冷凍光線でブライトを吹き飛ばす。
崩壊する研究所からの脱出を勧めるバットマンをフリーズは拒んだ。追い求めた妻は去り、永遠の命を持ったものの頭部のみ、復活したものの裏切られる。自分を案じるのはお前(バットマン)だけだと言い残し、最後まで自分に優しくしてくれたバットマンを氷壁により阻み彼は氷壁の向こう、崩れ落ちる瓦礫の中に消えていった。
新型のスーツは以前以上に鈍重そうな印象を与えるものの、前作のような冷凍光線銃が必要なく、両手の部分からそのまま冷凍光線を発射しパワーズを人工皮膚ごと凍らせ、人間を一撃で凍死させ、新型バットスーツすらも凍らせてしまう。地表を凍らせ、その上をアイススケートのように滑走移動する事で補っている。また腕を地面に叩き付ける事で地面からいきなり氷壁を作り出したりと、かなり精密な氷操作が可能になっている模様。

『ザ・バットマン』[編集]

製作陣を変更した新シリーズで、設定なども変更された。銀行を襲った泥棒がバットマンに追跡され冷凍科学の研究室に衝突。感電死したが冷凍人間として復活したものである。生身で冷凍化能力を持ち、それを防ぐためにスーツを着用するという、上記の設定とは逆のものになっている。
原語版の声優はクランシー・ブラウン
日本語吹替は映画『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(TV放映版)でフリーズを吹き替えた玄田哲章
玄田は旧アニメシリーズのバットマン役でもあり、奇しくも新旧バットマン対決といった形になった。

『バットマン:アーカム・ビギンズ』[編集]

超低温兵器の研究を企業ゴッスコープでする間、妻ノーラのハンチントン病の治療法の研究を自分で極秘に進める。しかし研究はとん挫。雇い主…フェリス・ボイルが銃を誤射したおかげで特殊薬品が爆発。ビクターは薬品の爆発で低温となった研究室にある部品で自身専用の「スーツ」を製作、脱出。フェリスに