ダークナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダークナイト
The Dark Knight
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン
原案 デヴィッド・S・ゴイヤー
クリストファー・ノーラン
原作 ボブ・ケイン
製作 クリストファー・ノーラン
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
ケビン・デ・ラ・ノイ
トーマス・タル
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
ヒース・レジャー
ゲイリー・オールドマン
アーロン・エッカート
マギー・ギレンホール
モーガン・フリーマン
音楽 ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
シンコピー・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年7月18日
日本の旗 2008年8月9日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $185,000,000[1]
興行収入 $1,001,921,825[1] 世界の旗
$533,345,358[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
16億円[2]日本の旗
前作 バットマン ビギンズ
次作 ダークナイト ライジング
テンプレートを表示

ダークナイト』(原題: The Dark Knight)は、2008年アメリカイギリス共作映画。ボブ・ケインによるアメリカン・コミックスバットマン』を原作とした、クリストファー・ノーラン監督による『バットマン ビギンズ』から再スタートした「ダークナイト」三部作の第2作目。1989年から続く実写映画版としては第6作目となる。

第81回アカデミー賞助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞ノミネート。うち助演男優賞、音響編集賞受賞。

概要[編集]

前作『バットマン ビギンズ』に引き続き、コミックス版シリーズの連作『バットマン:ダークナイト・リターンズ』から継承されるシリアスな作風である。本作のタイトルからは主人公であるバットマンの名が外されており、原題も『The Dark Knight』である。映画ロゴなどでは本作がバットマンシリーズである事が強調されている。

今作の主な悪役は、原作シリーズで最凶の敵と言われるジョーカーと、トゥーフェイス。公開時のポスターはバットマンではなくジョーカーだけが描かれており、ジョーカーの存在をクローズアップさせている。

監督のノーランによると、本作は「ブルース・ウェインの挫折と敗北の物語」だという。

作品の評価は高く、興行的にも世界的にも成功を収め、後に「ダークナイト」三部作の完結編として『ダークナイト ライジング』が製作された。

ストーリー[編集]

ゴッサム・シティバットマンが登場してから9ヶ月。口の裂けた顔にピエロのようなメイクを施したジョーカーと名乗る正体不明の犯罪者が現れた。神出鬼没のその男は、その日も白昼堂々とマフィア傘下の銀行で強盗をやってのけると姿をくらました。

一方、バットマンことブルース・ウェインは、ゴッサム市警のジム・ゴードン、新任の熱血地方検事ハービー・デントと協力し、放射線で印をつけた紙幣を用いてマフィアの資金洗浄を一斉に摘発するという大胆な手段にうってでる。内通者の存在により一時失敗も危ぶまれたが、三人の尽力で最終的に作戦は成功し、マフィアは資金源を断たれRICO法の適用によってボスたちを除くそのほとんどが投獄されることとなった。

ハービーの正義の信念が本物であることを感じたブルースは、自分と違って素顔を晒し、法に則って堂々と悪と戦う彼こそが、ゴッサムの求める真のヒーローであると確信し、バットマンを引退しようと考え始める。幼馴染であるレイチェル・ドーズに未だ想いを寄せるブルースは、自分がバットマンでなくなる日こそ彼女と結ばれる時であると信じていたが、レイチェルの気持ちはブルースと現恋人であるハービーとの間で揺れ動いていた。

追い詰められたマフィアたちは、突如現れたジョーカーの「全資産の半分を条件にバットマンを殺害する」という提案をついに受け入れることを決定する。警官や市民を次々と殺害し、劇場型犯罪や予想のできない残酷な奇策でバットマンを心理的に追い詰めていく愉快犯としてふるまうジョーカー。バットマンを自分と同じ狂人だと語り、その信念を気休めに過ぎないと笑い飛ばすジョーカーは「心から人間を自分の様にする」ため犯罪をゴッサム・シティで続ける。

武装・ビークル[編集]

バットスーツをチタン入り繊維とケブラー板にして防刃・防弾効果が若干下がったものの、敏捷性が高まり、より隠密行動がうまく行えるようになった。 前腕部防具の籠手の刃物は発射が可能になり、ハンググライダーとなるマントは、背中に格納することができるようになった。頭部のマスクはスーツに固定されなくなり、携帯電話から発信される信号を、高周波ジェネレーター経由でリアルタイムで映像に受信変換して移すレンズが内蔵された。ベルトの背部には、対象に付着させ時限方式や遠隔操作で起爆させる小型爆弾「スティッキー・ボム」を撃ち出す「スティッキーボム・ガン」を分割して装着出来る。新たに腕力補助強化装置として「ニューマチックマングラー」も登場。装着した際には、敵が持つ銃の銃身を片手で捻じ曲げてみせた。

新たなビークルとして、「タンブラー」の車輪部分をベースに分離変形した脱出用ユニット「バットポッド」が登場。エンジンをタイヤに内蔵しており、車軸ごと回転して真横へスライドするなど通常のオートバイには不可能な機動が可能。前輪部分には、装甲車すらたやすく吹き飛ばせる威力を有する80mmブラスト砲、マシンガン、ワイヤー付きロケットアンカーなどを備える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD・BD TV
ブルース・ウェイン/バットマン クリスチャン・ベール 檀臣幸 藤真秀
ジョーカー ヒース・レジャー 藤原啓治 大塚芳忠[3][4]
ハービー・デント/トゥーフェイス アーロン・エッカート 木下浩之 井上和彦
レイチェル・ドーズ マギー・ギレンホール 本田貴子 岡寛恵
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン 小川真司 糸博
“ジム”ジェームズ・ゴードン ゲイリー・オールドマン 納谷六朗 立木文彦
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン 池田勝 坂口芳貞
バーバラ・ゴードン メリンダ・マックグロウ 鵜飼るみ子 山像かおり
“ジミー”ジェームズ・ゴードン・Jr ネイサン・ギャンブル 武田華 小林由美子
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル 上田燿司 江原正士
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン 石住昭彦 楠見尚己
サリロ判事 ニディア・ロドリゲス・テラチナ
アンナ・ラミレス刑事 モニーク・ガブリエラ・カーネン 朴璐美 東條加那子
ジェラルド・スティーブンズ刑事 キース・ザラバッカ 大林隆介 金尾哲夫
マイケル・ワーツ刑事 ロン・ディーン 遠藤純一 楠見尚己
コールマン・リース ジョシュア・ハート 遊佐浩二 村治学
マイク・エンゲル アンソニー・マイケル・ホール 樫井笙人 内田直哉
サルバトーレ・マローニ エリック・ロバーツ 山野井仁 佐々木勝彦
ラウ チン・ハン 伊丸岡篤 横堀悦夫
ギャンボル マイケル・ジェイ・ホワイト 楠大典 大友龍三郎
チェチェン人ボス リッチー・コスター 土田大 斎藤志郎
ジョナサン・クレイン/スケアクロウ キリアン・マーフィー 遊佐浩二 諏訪部順一
銀行支店長 ウィリアム・フィクナー 伊丸岡篤 横島亘
ドーピー マイケル・ストヤノフ 遠藤大輔 青山穣
グランピー ダニー・ゴールドリング 石住昭彦 志村知幸
ハッピー ウィリアム・スマイリー 加藤拓二
チャクルズ マシュー・オニール 竹田雅則
ロッシ マイケル・ヴィオー 間宮康弘
ナターシャ ベアトリス・ローゼン たなか久美
フリール裁判長 パトリック・クリア 石住昭彦 長克巳
ラウの部下 エディソン・チャン
  • DVD・Blu-ray版
その他:長嶝高士新田万紀子田坂浩樹、間宮康弘、原田晃金光宣明赤池裕美子千々和竜策石上裕一
翻訳:久保喜昭[5]
  • TV:テレビ朝日「日曜洋画劇場」放映版。2012年6月24日放送(関東地区視聴率11.4%)。
その他:桜井ひとみかぬか光明下山吉光織田芙実岡田恵中尾一貴逢笠恵祐徳本恭敏坂詰貴之原田晃仲野裕
翻訳:久保喜昭、演出:鍛治谷功、制作:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

監督のクリストファー・ノーランや主演のクリスチャン・ベールら前作の主要キャストはほぼ続投。レイチェル役のみケイティ・ホームズからマギー・ギレンホールへと変更になった。本作も前作同様に豪華スターでジョーカー役のヒース・レジャーアーロン・エッカートエリック・ロバーツがキャスティングされた。ジョーカーを演じたヒース・レジャーは2008年1月22日に本作の完成を待たずに急逝した。今作は彼と撮影中に亡くなった特殊効果技師のコンウェイ・ウィックリフ (Conway Wickliffe) に捧げられている。トゥーフェイスの登場は公開まで伏せられ、公開に当たってもジョーカーの登場を中心とした宣伝をしていた。

監督のノーランは本作品を監督するにあたってマイケル・マン監督作『ヒート』を参考にしたと語っており、そのことは全編にわたって漂う都市と犯罪の雰囲気や、バットマンとジョーカーという対立する二人が、互いのなかに自分に似た面を感じ取っているという構図などから見て取れる。また、『ヒート』で 重要な役を演じたウィリアム・フィクナーが本作の冒頭に出演している。ウィリアム・フィクナーは当初はハービー・デント/トゥーフェイスを演じることになっていた。


特殊効果(フィジカル・エフェクト)を指揮したのは前作同様クリス・コーブルド。80年代から007シリーズでも知られる英国の特技監督で、『007 サンダーボール作戦』のラストと同じ航空機によるピックアップをナイトシーンで達成している。

IMAX[編集]

映画本編152分のうち、合計約30分のシーンが高精細な大型IMAXカメラで撮影された。これは劇映画では初の使用となる[6]。そのためIMAXシアターで公開されたバージョンではシーンによって画面アスペクト比が異なり、通常のシネマスコープサイズに加えて正方形に近いIMAXフォーマットの映像が混在する形で上映された。

Blu-ray Discソフトではシネマスコープサイズと16:9の映像が混在して収録されており、IMAX撮影のシーンは16:9に切り替わる[7]DVD版では通常の劇場公開版と同様となり、全編シネマスコープサイズに統一されている(IMAX撮影シーンは上下がマスクされ、アスペクト比は変化しない)。

IMAX撮影の画質の高さを認めたノーラン監督は、次作『インセプション』でも幾つかのシーンで65mmパナビジョンやビスタビジョンなど大面積フィルムによる撮影を敢行した。[8]

音楽[編集]

シンセとオーケストラのほか、エレクトリック・チェロ、パーカッションに和太鼓も導入した音楽はメロディック、シンボリックなテーマ曲は拒否され「英雄不在」が聴覚面にも徹底されている。

ただしジョーカーについては「誰もが嫌う曲」を目指しテーマ曲が作曲されている。作曲を担当したのは、前作に引き続きハンス・ジマージェームズ・ニュートン・ハワード。オープニングで使われた9分14秒の曲には、1つのテンポと2つの音で構成されている[9]

興行収入[編集]

アメリカでは2008年7月18日に4366館で公開された。『スパイダーマン3』のオープニング興収を越え、1億5830万ドル(約169億円)で初登場1位を記録[10]。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の公開16日目で3億ドル突破の記録を公開10日間で破り[11]、『シュレック2』の公開43日で4億ドル突破を18日目で更新した[12]

その後も興行収入ランキング上位を保ち、6週間で5億ドルを突破[13]。最終的に、全米での興行収入は5億3334万ドルを記録し、公開時は『タイタニック』に次ぐ、全米興行収入歴代2位を記録した。わずか1年後『アバター』に抜かれるが、2014年現在でも4位となっている(3位は『アベンジャーズ[1])。

日本では2008年8月2日、3日に先行上映を行った後、8月9日から本公開された。週末動員数ランキングでは『崖の上のポニョ』に次いで初登場2位[14]。最終的な興行収入は16億円を記録した[15]

世界興行収入は最終的に10億192万ドルとなり、公開当時は歴代4位を記録した(2012年現在は12位)[16]

受賞[編集]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ダークナイト ブルーレイ(2枚組、2008年12月10日発売)
  • ダークナイト 特別版(DVD2枚組、2008年12月10日発売)
  • 【初回限定生産】ダークナイト BATPODプレミアムBOX ブルーレイ(2枚組、2008年12月10日発売)
  • 【初回限定生産】ダークナイト BATPODプレミアムBOX DVD(2枚組、2008年12月10日発売)
  • ダークナイト DVD(1枚組、2009年6月10日発売)
  • <数量限定生産> ダークナイト Blu-ray FR4ME(フレーム)仕様(2枚組、2014年12月17日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d The Dark Knight (2008)”. Box Office Mojo. 2010年3月5日閲覧。
  2. ^ 2008年(平成20年)興収10億円以上番組
  3. ^ 大塚は本作を鑑賞した時からヒース扮するジョーカーの吹替を熱望していた。日曜洋画劇場 - アフレコ現場から
  4. ^ 「生きていて良かった!」ベテラン声優・大塚芳忠が念願のジョーカー役に”. 2012年6月7日閲覧。
  5. ^ ソフト/地上波とも同じ台本に基づく。制作中の脚本変更により公開版と辻褄が合わなくなった「5人が死んだ。うち2人は警官」(終了間際バットマンとゴードンが対話する場面)という台詞はそのまま訳している。
  6. ^ http://proportal.system5.jp/news/archives/202
  7. ^ “買っとけ! Blu-ray 第254回:IMAXカメラによる圧倒的な映像の迫力 バットマンに迫る最大の敵。「ダークナイト」”. AV Watch (Impress Watch). (2008年12月17日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081217/buyd254.htm 2012年10月12日閲覧。 
  8. ^ 機材が大掛かりで機動性も劣る上、高額となるIMAXカメラについては、本作およびシリーズ3作目の『ダークナイト ライジング』でもスタント撮影中のカメラ破損が伝えられている。
  9. ^ http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d0000062opd.html
  10. ^ 『ダークナイト』歴代オープニング記録更新 『スパイダーマン3』破る3日間1億5830万ドル
  11. ^ 史上最短3億ドル突破『ダークナイト』新記録連発
  12. ^ 『ダークナイト』史上最速で4億ドル突破
  13. ^ 『ダークナイト』全米興収5億ドル突破
  14. ^ [http://eiga.com/ranking/20080812/ 全国週末興行成績:2008年8月9日〜2008年8月10日 (全国動員集計)興行通信社提供
  15. ^ 2008年(平成20年)興収10億円以上番組
  16. ^ [1]

外部リンク[編集]