ニック・フューリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・フューリー
Nick Fury
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Sgt. Fury and His Howling Commandos #1 (1963年5月)
クリエイター スタン・リー
ジャック・カービー
作中の情報
本名 Nicholas Joseph Fury
所属チーム シークレット・ウォーリアーズ
S.H.I.E.L.D.
アメリカ陸軍
C.I.A.
Howling Commandos
能力 インフィニティ・フォーミュラによる老化抑制
長年の戦闘経験
あらゆる武術や武器の扱い

ニコラス・ジョセフ・"ニック"・フューリー大佐Colonel Nicholas Joseph "Nick" Fury)は、マーベル・コミックの世界に登場する架空の兵士、スパイスタン・リージャック・カービーによって創造された。

概要[編集]

初登場は『Sgt. Fury and his Howling Commandos』第1号(1963年5月)で、エリート米軍部隊員として登場した。この作品は、スタン・リーとジャック・カービーによるもので、第二次世界大戦を舞台としている。

次にフューリーは、『ファンタスティック・フォー』第21号(1963年12月)に登場、現代に活躍するCIAエージェントとなっていた。さらに『ストレンジ・テイルズ』第135号(1965年8月)では、架空のスパイ組織S.H.I.E.L.D.(シールド)のエージェントという設定で登場し、ジェームズ・ボンドのような冷戦スパイとなった。以後は同組織の長官として登場することが多い。また、インフィニティ・フォーミュラによって老化を抑えているという設定により、数十年にわたって若々しい姿を保っていた。

外見は隻眼の白人男性であり、左目にアイパッチをしているのが特徴。頭部は白髪が目立つ。1996年、X-メンのクロスオーバー作品「オンスロート」に関連し、パニッシャーに射殺された(後任のS.H.I.E.L.D.長官は複数存在し、黒人もいる)。そのため、以後の#他のメディアでは黒人として登場する場合がある。

また、マーベル・コミックの並行世界(出版物)だけでなく、それを原作とした映画、テレビシリーズ、コンピュータゲームにも登場する。1998年にはテレビ映画『Nick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D.』が作られ、デビッド・ハッセルホフがフューリーを演じた。さらに2008年の『アイアンマン』を始めとするマーベル・シネマティック・ユニバースを舞台とした映画ではサミュエル・L・ジャクソン演じるフューリーが登場する[1][2]アルティメット・マーベル版のニック・フューリーはサミュエル・L・ジャクソンをモデルとしているが、これは映画版の配役が決まる以前からそうであった[3]

出版史[編集]

Sgt. Fury and his Howling Commandos[編集]

『Sgt. Fury and his Howling Commandos』は、ニック・フューリーが初めて登場した、第二次世界大戦をテーマとしたシリーズである。彼はエリート部隊の一員という設定であった。このシリーズは合計167号(1963年5月-1981年12月)まで続いた。

ハウリング・コマンド第3号(1963年9月)では、当時OSS職員だったリード・リチャーズに遭う。また、第13号(1964年12月)では、キャプテン・アメリカやバッキーと共闘した。

ストレンジ・テイルズとソロ・シリーズ[編集]

『ストレンジ・テイルズ(Strange Tales)』第135号(1965年8月)でニック・フューリーはジェームズ・ボンド風の冷戦スパイになり、マーベルは秘密組織S.H.I.E.L.D.とその敵のHYDRA(ヒドラ)の設定を導入した[4]

経歴[編集]

父親のジャック・フューリーはアメリカ人であったが、第一次世界大戦の間はイギリス陸軍航空隊員であった。1916年に参加し、フランスに配属された。戦後、ジャックはニューヨークへ戻って一般女性と結婚し、長男のニック、次男のジェイコブ、長女のドーンを設けた。

能力・装備[編集]

ニック・フューリーはスターンバーグ博士によって作られた「インフィニティ・フォーミュラ」という血清によって老化が大幅に遅らせられている。1940年代に初めて血清を打ち、以後数年間毎年続けた。

フューリーは武器の有無問わず戦闘の専門家で、元ヘビー級のボクサーであり、テコンドーの黒帯と柔術の茶帯を持っている。キャプテン・アメリカとのスパーリングによる訓練もしていた。

第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争に参加し、その経験から時折「軍事アドバイザー」と しても活動する。他に落下傘兵、レンジャー、解体専門家、船や航空機の操縦、およびグリーンベレーとして訓練経験もある。

フューリーはS.H.I.E.L.D.の技術者によって設計された様々な武器を持っている。9層のケブラーとベータ・クロスで作られたS.H.I.E.L.D.のユニフォームを着ている。

異なる世界観での作品(出版物)[編集]

マーベル・ゾンビーズ
この世界では、ヒーローやヴィランがゾンビ化している。フューリーはゾンビに対抗するため、レジスタンスを組織化したが、最後はゾンビ化したファンタスティック・フォーに食い殺された。
死の直前、ゾンビが並行世界に逃亡するのを防ぐため、ソーに「トニー・スタークが作ったテレポーターを破壊するよう」に命じ、間接的に多くの世界を守った[5]
トランスフォーマー
第3号(1985年)では、ダム・ダム・デュガンと共に登場した。
アルティメット・ニック・フューリー
アルティメット・マーベルの世界では、サミュエル・L・ジャクソンをモデルとした、スキンヘッドのアフリカ系アメリカ人ニック・フューリー将軍として登場する[6]
Deadpool Merc with a Mouth
第7号では、デッドプールが未開拓の宇宙を訪問したところ、そこで保安官をしているニック・フューリーに遭遇する[7]

他のメディア[編集]

アニメ作品[編集]

マーベル・アニメイテッド・ユニバース[編集]

オリジナル通り、白人男性として登場する。

スパイダーマン
ゲスト出演する。声は当初フィリップ・アボットが担当していたが、後にジャック・エンジェルに変更した。日本語版は大川透
スパイダーマン・アンリミテッド
第1話「もうひとつの世界 パート1」で登場する。声優はマーク・ギボン

そのほかのアニメ作品[編集]

黒人男性として登場。

アイアンマン ザ・アドベンチャーズ
CGアニメ。第16話「孤独なヒーロー」で初登場し、ディーン・レッドマンが声優を務めた。
アベンジャーズ 地球最強のヒーロー
第1話から、主要な人物として登場する。第2次大戦には父のジャックが参戦し、彼がキャプテンアメリカとも共闘していた。
アルティメット・スパイダーマン
第1話でスパイダーマンをS.H.I.E.L.D.の若手ヒーローチームにスカウトし、上司となる。
Ultimate Avengers(2006年)、Ultimate Avengers 2
OVA作品。アルティメット・ニック・フュリーが登場、アンドレ・ウェアが声優を務めた[8]

テレビ映画[編集]

Nick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D.(1998年)
フォックス放送のテレビ映画。デビッド・ハッセルホフがフューリーを演じた。

映画(マーベル・シネマティック・ユニバース)[編集]

一連の映画では、黒人男性として登場。サミュエル・L・ジャクソンは、『アベンジャーズ』を含む合計9作品に、ニック・フューリー役で出演する契約を交わしている[9]

アイアンマン(2008年)
エンドクレジット後にサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーがトニー・スタークの家に現れ、アベンジャーズ結成の話を持ちかける。
アイアンマン2(2010年)
ジャクソン演じるニック・フューリーが登場し、ナターシャ・ロマノフやフィル・コールソンを部下に率いている。
マークIIと対決した後のトニーの前に現れ、イワン・ヴァンコの情報を提供し、パラジウム中毒を一時的に抑える薬を与えた。

なお、『インクレディブル・ハルク』(2008年)では、名前のみの登場に留まっている(オープニング・クレジットに出てくる公文書で、ニック・フューリーの名前が確認できる)。

マイティ・ソー
エンドクレジット後に登場する。
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
メインとなる時間軸から見て未来で登場。冷凍睡眠の眠りから覚めたスティーブと出会う。
アベンジャーズ
主要人物の一人として登場。

コンピュータゲーム[編集]

パニッシャー(1993年)
2Pキャラクターとしてフューリー(白人男性)が使用可能。
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds(2011年)
クリムゾン・ヴァイパーのエンディングに登場し、彼女をS.H.I.E.L.D.にスカウトしようとする。
『パニッシャー』とは容貌が大幅に異なり、アルティメット・マーベル版と同様の黒人男性として描写されている。

パロディ[編集]

ブラインド・フューリー
ルトガー・ハウアーの主演映画。主人公は、ニック・フューリーと同姓同名である。

コレクテッド・エディション[編集]

  • Marvel Masterworks: Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. Vol. 1 (Strange Tales #135-153, Tales of Suspense #78, Fantastic Four #21)
  • Marvel Masterworks: Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. Vol. 2 (Strange Tales #154-168, Nick Fury, Agent of S.H.I.E.L.D. #1-3)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 1 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #1-13)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 2 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #14-23, Annual #1)
  • Marvel Masterworks: Sgt. Fury Vol. 3 (Sgt. Fury and his Howling Commandos #24-32, 'Annual #2)
  • Secret Warriors Vol. 1: Nick Fury Agent of Nothing (Secret Warriors #1-6)

出典[編集]

  1. ^ Sara Wayland (2010年4月19日). “Samuel L. Jackson Talks IRON MAN 2, NICK FURY, CAPTAIN AMERICA, THOR and THE AVENGERS”. Collider. 2010年4月23日閲覧。
  2. ^ Kit, Borys (2009年2月25日). “Jackson's Fury in flurry of Marvel films”. The Hollywood Reporter. オリジナル2009年2月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090226213213/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i57845f198f95ed93c4667e6a026a4c6b 2010年1月25日閲覧。 
  3. ^ Samuel L. Jackson's Official Site - August 2005 Interview
  4. ^ Cronin, Brian (2010年4月15日). “A Year of Cool Comics – Day 105”. Comic Book Resources CSBG Archive. 2010年9月29日閲覧。
  5. ^ Marvel Zombies: Dead Days
  6. ^ Samuel L. Jackson”. Copyright Kamal Larsuel, 2005. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月20日閲覧。
  7. ^ Deadpool Merc with a Mouth #7
  8. ^ http://www.imdb.com/name/nm0912107/
  9. ^ Samuel L. Jackson Signs 9 Picture Deal With Marvel - Marvel”. Garrulousness.com. 2010年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]