ルトガー・ハウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルトガー・ハウアー
Rutger Hauer
Rutger Hauer
2010年
本名 Rutger Oelsen Hauer
生年月日 1944年1月23日(70歳)
出生地 ユトレヒト州ブルーケレン
国籍 オランダの旗 オランダ
ジャンル 俳優
活動内容 1973年:映画デビュー
主な作品
ブレードランナー
ヒッチャー

ルトガー・ハウアーRutger Hauer, 1944年1月23日 - )は、オランダ出身の俳優

来歴・人物[編集]

両親は演劇学校の教師である。両親が不在のことが多かったため、彼と妹たちは乳母に育てられた。アムステルダムで育ち、15歳のとき家出して海に行き、貨物船に乗りデッキを磨いて一年を過ごす。家に戻った彼は、3年間、電気技師や大工として働きながら夜間学校の演劇クラスに通った[1]。実験的演劇集団に参加して5年後、1969年にテレビドラマシリーズ『Floris』の主役に選ばれた。これは『アイバンホー』に似た中世アクションドラマで、彼は向こう見ずな冒険家を演じた。

ポール・バーホーベン監督に『危険な愛』(1973年)の主役を任されたのをきっかけに、ハウアーの経歴は方向を変えた。この映画は本国だけでなく2年以内に外国でもヒットした。南アフリカ共和国を舞台にアパルトヘイトに焦点を当てたアクションメロドラマ『ケープタウン』(1974年)で英語圏でデビューし、マイケル・ケインシドニー・ポワチエと共演したが、ハリウッドの目を彼に向けさせるほどの役ではなかった。それから数年間はヨーロッパでの映画制作に戻った。この期間、『娼婦ケティ』(1975年)と『女王陛下の戦士』(1977年)と『SPETTERS/スペッターズ』(1980年)でバーホーベンと仕事をした。偶然にも『女王陛下の戦士』と『SPETTERS/スペッターズ』でハウアーは、仲間の国際的オランダ人俳優ジェローン・クラッベと共演している。

シルヴェスター・スタローン主演の『ナイトホークス』(1981年)で、ついにアメリカで本格的デビューを果たす。冷血なテロリスト役で強い印象を残し、翌年、リドリー・スコットSF映画ブレードランナー』(1982年)でハリソン・フォードと対決するレプリカント(アンドロイド)のリーダーという大役を得た。

ニコラス・ローグの『錆びた黄金』(1981年)ではジーン・ハックマンの娘役テレサ・ラッセルに求愛するプレイボーイを演じた。サム・ペキンパーの『バイオレント・サタデー』(1983年)ではジョン・ハートを相手に事件記者を演じた。リチャード・ドナーの中世ロマンス『レディホーク』(1985年)ではミシェル・ファイファーの恋人の騎士を演じた。ハウアーは観客に強烈な印象を与え続けた。特に印象に残る役として『ヒッチャー』(1986年)の謎のヒッチハイカーが挙げられる。ひとりで自動車旅行をしている主役のC・トーマス・ハウエルを殺すためしつこく付きまとう。簡単に死なない点もレプリカントの片鱗をうかがわさせる。名声の頂点では、旧友バーホーベンの『ロボコップ』にロボコップとして出演すると発表されることさえあった。

イタリア人監督エルマンノ・オルミは『聖なる酔っぱらいの伝説』(1988年)で、ハウアーの優しく神秘的で情熱的な面を掘り下げた。教会で借りた無証書借金を返そうとする間にパリで酒で死んだ、失われた魂の物語である。『座頭市血煙り街道』(1967年)をベースにしたアクション映画『ブラインド・フューリー』(1989年)でフィリップ・ノイスもハウアーの精神的な資質を利用しようとしたが、映画は成功しなかった。世紀末後の世界を舞台とした『サルート・オブ・ザ・ジャガー』(1989年)でジョアン・チェンの相手役としてSF映画に戻り、かつてのチャンピオンを演じた。ハウアーとチェンは、さらに2つのSF映画『ウェドロック』と『アウターゴールド』で共演した。1990年代までにハウアーは、映画での役と同様に、ギネスビールのコマーシャルでのユーモラスな登場でも知られるようになった。地球温暖化のため水没したロンドンを舞台にした『スプリット・セカンド』(1992年)に出演。『New World Disorder』(1999年)ではタラ・フィッツジェラルドの相手役を務めた。これらの低予算映画の合間に、カイリー・ミノーグの『On a Night Like This』のミュージックビデオに出演した。

21世紀に入ってからは大作で小さな役を演じている。『コンフェッション』(2002年)、『シン・シティ』(2005年)、『バットマン ビギンズ』(2005年)など。

プライベート[編集]

ハウアーは環境保護論者としても活動している。ポール・ワトソン(初期のグリーンピースに一時期所属しており、その後シーシェパードを設立して代表者になった、現在国際指名手配中の環境保護テロリスト)がノルウェーの非合法な捕鯨船を沈めたことで1994年に有罪判決を受けたとき、釈放のために戦った[1]。また、ルトガー・ハウアー・スターフィッシュ・ファウンデーションというエイズ研究所を設立した[1][2]

1985年に2番目の妻 Ineke と結婚し、ひとりの娘をもうけた[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1973 ルトガー・ハウアー/危険な愛
Turks fruit
エリック
1974 ルトガー・ハウアーの ダンデライオン
Pusteblume
リック
1975 ケープタウン
The Wilby Conspiracy
Blane Van Niekirk
娼婦ケティ
Keetje Tippel
ヒューゴ
コールド・ブラッド
Das Amulett des Todes
クリス
ルトガー・ハウアーの キャンサー/カニ座の女
Het jaar van de kreeft
ピエール
1977 女王陛下の戦士
Soldaat van Oranje
エリック・ランソホフ
1978 ルトガー・ハウアー&シルビア・クリステルの ミステリーズ
Mysteries
ヨハン
1979 アンダーカバー刑事(コップ)
Grijpstra & De Gier
Rinus de Gier
1980 SPETTERS/スペッターズ
Spetters
Gerrit Witkamp
1981 ナイトホークス
Nighthawks
ウルフガー
ココ・シャネル
Chanel Solitaire
エチエンヌ・ド・バルサン
1982 ブレードランナー
Blade Runner
ロイ・バティー
1983 錆びた黄金
Eureka
クロード
バイオレント・サタデー
The Osterman Weekend
ジョン・タナー
1984 孤高の戦士
A Breed Apart
ジム・マルデン
1985 レディホーク
Ladyhawke
エチエンヌ・ナバール
グレート・ウォリアーズ/欲望の剣
Flesh + Blood
マーティン
1986 ヒッチャー
The Hitcher
ジョイ・ライダー
WANTED/ウォンテッド
Wanted : Dead or Alive
ニック・ランダル
1987 脱走戦線
Escape from Sobibor
サシャ テレビ映画
1988 聖なる酔っぱらいの伝説
La leggenda del santo bevitore
アンドレアス
1989 ワンナイト・オブ・ブロードウェイ
Bloodhounds of Broadway
ブレイン
ブラインド・フューリー
Blind Fury
ニック・パーカー
ムーンリットナイト
In una notte di chiaro di luna
ジョン
サルート・オブ・ザ・ジャガー
The Blood of Heroes
サロー
1991 ウェドロック
Wedlock
フランク・ウォーレン
ミッドナイト25時/殺しの訪問者
Past Midnight
ベン・ジョーダン
1992 スプリット・セカンド
Split Second
ハーレイ・ストーン
デザート・ソルジャー
Beyond Justice
トム・バートン
バッフィ/ザ・バンパイア・キラー
Buffy the Vampire Slayer
ロトス(バンパイアの王)
1993 ルトガー・ハウアー 処刑脱獄
Arctic Blue
ベン・コーベット 出演・製作総指揮
ビジター/欲望の死角
Blind Side
ジャック・シェル テレビ映画
デスクルーズ/欲望の嵐
Voyage
モーガン テレビ映画
1994 サバイビング・ゲーム
Surviving the Game
トマス・バーンズ
ラストフライト
Amelia Earhart: The Final Flight
レフッド・ノーナン テレビ映画
ノストラダムス
Nostradamus
謎の僧侶
誘惑
The Beans of Egypt, Maine
ルーベン・ビーン
ファーザーランド〜生きていたヒトラー〜
Fatherland
クサヴィアー・マルヒ テレビ映画
1995 処刑ドクター
Blood of the Innocent
レム博士
MR.STITCH/悪魔の種子
Mr. Stitch
ウェイクマン博士 テレビ映画
出演・製作総指揮
1996 アウターゴールド
Precious Find
Armond Crille
オメガ・ドーム
Omega Doom
オメガ・ドーム
1997 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
Knockin' on Heaven's Door
カーチス
ブラスト/沈黙のテロリスト
Blast
レオ
ザ・サバイバル
The Call of the Wild: Dog of the Yukon
ジョン・ソーントン テレビ映画
敵対水域
Hostile Waters
ブリタノフ船長 テレビ映画
ヘモグロビン
Bleeders
マーロウ
地獄のサイバーウェポン/レッドライン
Deathline
ジョン・アンダーソン・ウェイド
ルビーの指輪
The Ruby Ring
パトリック・コリンズ テレビ映画
1998 ボーン・ダディ
Bone Daddy
パルマー
2000 ワイルダー
Wilder
サム・デニス・チャーニー
2001 フライング・ヴァイラス
Flying Virus
エゼキアル
2002 法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件
I banchieri di Dio
マルチンクス大司教
ディープ・コア2002
Scorcher
ネルソン大統領
ソード オブ・ザ ファンタジー 勇者と聖なる剣
Warrior Angels
Grekkor
コンフェッション
Confessions of a Dangerous Mind
キーラー
2004 ヴェネツィア・コード
Tempesta
Van Beuningen
死霊伝説 セーラムズ・ロット
'Salem's Lot
カート・バロウ テレビ映画
2005 シン・シティ
Sin City
ロアーク枢機卿
バットマン ビギンズ
Batman Begins
アール
ミラーウォーズ
Zerkalnie voyni: Otrazhenie pervoye
謎の男
ポセイドン・アドベンチャー
The Poseidon Adventure
オーガスト・シュミット テレビ映画
2006 ミノタウロス
Minotaur
Cyrnan
2007 GOAL!2
Goal:II Living the Dream
ルティ・ファン・デル・メルベ
75 ~セブンティファイブ~
7eventy 5ive
ジョン・クリトン
理想の彼女と3日間で恋に落ちる方法
Moving McAllister
マックスウェル・マカリスター
2009 バルバロッサ 帝国の野望
Barbarossa
フェデリコ・バルバロッサ
2011 コマンド・フォース
Pyataya kazn
Khant
ホーボー・ウィズ・ショットガン
Hobo with a Shotgun
ホーボー
ブリューゲルの動く絵
The Mill and the Cross
ピーテル・ブリューゲル
ザ・ライト -エクソシストの真実-
The Rite
イシュトヴァン・コヴァック
楽園からの旅人
Il villaggio di cartone
Il sacrestano
誘拐 狙われたハイネケン
De Heineken ontvoering
アルフレッド・ハイネケン
2012 ダリオ・アルジェントのドラキュラ
Dracula 3D
ヴァン・ヘルシング

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1998 エクスカリバー 聖剣伝説
Merlin
King Vortigern ミニシリーズ
2000 ラストキングダム 10番目の王国
The 10th Kingdom
ハンツマン ミニシリーズ
2003 エイリアス
Alias
アンソニー・ガイガー 1エピソード
ヤング・スーパーマン
Smallville
モーガン・エッジ 2エピソード

参照[編集]

  1. ^ a b c d IMDb biography for Rutger Hauer”. Internet Movie Database. 2008年5月30日閲覧。
  2. ^ Rutger Hauer Starfish Association. Accessed 2008-05-30.

外部リンク[編集]