ロボコップ (架空のサイボーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロボコップは、映画ロボコップ』シリーズに登場するサイボーグの名前。一般に「ロボコップ」といった場合、映画の登場人物であるアレックス・マーフィー巡査遺体から作られたサイボーグのことを指すが、作中では固有名詞というよりも、「商品名」のような扱いである。

俳優ピーター・ウェラー(映画『ロボコップ』『ロボコップ2』)、ロバート・ジョン・バーク(映画『ロボコップ3』)、ジョエル・キナマン2014年リメイクかつリブート映画『ロボコップ』)、リチャード・エデン1994年版テレビシリーズ『ロボコップ・ニューバトル』『ロボコップ ザ・シリーズ』)、ペイジ・フレッチャー2001年版テレビシリーズ『ロボコップ プライム・ディレクティヴ』)。日本語吹き替えの声優テレビアニメ版『ロボコップ THE ANIMATION』の声優については、各作品項目を参照。

本項では上記の映画を始めとする各種の作品群に登場するロボコップの他、同機の後継機として開発されたロボコップ2号リメイクかつリブート映画『ロボコップ』に登場するロボコップについても記述する。

概要[編集]

ロボコップは全身が機械部品のみで構成されているわけではなく、一度死亡した人間の遺体からまだ細胞を迎えていない臓器を生体部品として再利用したサイボーグである。必ずしも人間としては認められていないことから人権も保有しておらず、表向きはロボコップを製作したコングロマリット企業「オムニ社」の開発したロボットの新製品として扱われている。また、「一度死亡した人間の皮膚を利用する」というコンセプトなどから、同型のロボコップは量産されていない特注品[1]である。基本的には、都市の治安維持と警察企業(作中では警察も営利経営である)の機能強化や、同警察企業の親会社であるオムニ社のイメージアップを狙った宣伝用機材であった。

法的にも、一度死亡した人間の臓器だけが部分的に機械装置の補助で生きている状態に過ぎない事が作中の描写から散見される。相当な範囲の箇所が機械装置によって代替されてはいるものの、思考の基本部分はアイルランド系の血を引くアレックス・マーフィー巡査のそれであり、これに機械的な補助が加えられ、射撃や怪力などの面では超人的な能力を発揮する。

ロボコップが見たり聞いたりしたことは即座に電子情報(メモリー)として機械的に保存され、何時でも再生が可能となっている。そのため、ロボコップの証言は裁判では証拠として扱われる。内蔵された声紋分析ソフトなどを通じて証言の真偽をパーセントで判断ができるために、基本的にはロボコップに嘘は通用しない。また、腕部のニードル型の端子を用いて外部データバンクにアクセスし、情報を参照することも可能となっている。ただし、電子情報ゆえに高圧電流の負荷に弱い面も持っている。

肉体(生体部分)としては顔面の表皮や顔の骨格の一部が流用されている他に、が金属製の頭部に容器に入れて収められている。消化器官の一部にもアレックス・マーフィー自身のそれが流用されているが、そのほとんどは省略化されており、脳や顔面など僅かな生体部分に栄養供給を行う程度でしかなく、ベビーフードのような非常に消化の良い食品しか口にしかできない。なお、ロボコップ専用のフードディスペンサーもデトロイト市警察に配備されたことが作中で描かれているが、一般の入りのベビーフードでも特に問題は発生しないようである。

一度は記憶を消されてロボコップとして蘇生したアレックス・マーフィーの意識は、物語の途中で復活する。それ以降は人間的な反応も見せるようになったが、直接のマーフィーの死因となった脳の損傷部分がコンピュータによって代行されてもいるため、度々この部分のプログラムが書き換えられて人間性を喪失している。このコンピュータはコマンドラインインタプリタで動作しており、自然言語で作成された優先コマンドをコード入力することによってロボコップの行動を制限させることが可能で、法の遵守から「犯罪者の逮捕」や「弱者の保護」といったおよそ警官らしいものから、製作元であるオムニ社幹部の命令を優先させたりといった「オムニ社にとっては都合の良い」指令も組み込まれている。通常ロボコップはインプットされた指令にのみ忠実に対応するが、マーフィーが自らの正義感と照合してそれを拒否した場合は、強靭な意志によって書き換えてしまうことがある(前述の電子情報が高圧電力に弱いことを逆手に取り、それを利用することもある)。

特殊なチタン製の合金防弾ゴムによって強固な防弾機能を備えた身体は、拳銃弾丸程度ではほとんどダメージを受けない。そのために犯罪捜査逮捕では、わざと犯罪者から見える位置に移動して撃たれることで犯罪者の位置をレーダーセンサーで確認し、殆ど目視せずに射撃することが可能である。射撃の正確さも相当なもので、狙撃銃で狙われた際にはスコープを撃ち抜き、狙撃者の目に弾丸を命中させるという離れ業を実行したことがある[2]。その反面、身軽ではないために対物用の重火器で攻撃されたり[3]、高速機動を得意とする敵[4]と対峙したりした場合に致命的な損傷を被っている。また、使用する火器は主に対人装備でもあることから、強固な装甲を持った敵[5]を相手には苦戦を強いられる。

ただ、マーフィーが危機的な状況に諦めない生存欲求を持つ優秀な人物であったことに加えて周囲からの信頼が厚かったこともあり、劣勢に苦しめられてなおロボコップは周囲にも助けられて雪辱を果たしている。

武装[編集]

オート9
ロボコップの標準装備の拳銃。通常は右大腿部に格納されており、戦闘時にはロボコップのレーダーで感知して取り出すことが出来る。セミオート及びフルオートの切り替えが可能。作中では強固なロングバレルに頑丈かつ確実な動作性で、ロボコップの能力も相まって正確無比な命中率を誇る。
この銃は全くの架空銃ではなく、ベレッタ社の3点バーストでの射撃が可能な拳銃のM93Rに大型のスタビライザーを取り付けたものである(作中の小道具も実銃の外観をそのように改造して使用している)。なお、作中ではほとんど弾倉を再装填せずに射撃しているが、2作目の『ロボコップ2』では弾倉を再装填するシーンを確認することができる。
ちなみに、一部の作品ではロック機構によって「ロボコップ以外の者が引き金を引いても、発砲することが出来ないようになっている」という設定もあり、現在のところ、この銃をロボコップ以外の登場人物が利用した描写はなく(ロック機構がないと思われる別に製造したもう1つの本銃を使用している人物は存在したが)、ハンドガン系統の武器でロボコップがこれ以外の銃を利用した描写はない。
ロボコップがこの銃を収納する際、西部劇のようにガンスピンを行うという生前のアレックス・マーフィー巡査のクセを見せたため、同僚の女性アン・ルイス巡査がロボコップの正体に気付く要因となった。
コブラ・アサルト・キャノン
クラレンス一味に「ロボコップの破壊」を指示したオムニ社のリチャード・ジョーンズが、彼らに与えた強力で対戦車ライフルのような外観を持つ大型の銃器。爆発する弾頭連射可能となっており、照準器電子制御のハイテク兵器である。
廃工場での死闘の末にロボコップが奪い、オムニ社の玄関を警備していた重武装マシン「ED-209」の撃破に利用した。この銃も上記の銃と同様、アンチマテリアルライフルバレットM82A1が元になっており、2km程度の遠距離や航空機内のハイジャック犯の狙撃に使用される[6]
パウザ・P50
映画『ロボコップ2』に登場。オムニ社でお披露目となったロボコップ2号(ケイン)の暴走時に、ロボコップが狙撃に使用した。使用している弾丸は、コブラ・アサルト・キャノンと同じく12.7x99mm NATO弾
ガンアーム
映画『ロボコップ3』で登場した新装備。着脱可能になった左腕を外して装着される強化アタッチメント。上部にアサルトライフル、下部に火炎放射器、さらに中心部には、数発のスマート弾を配置した多連装の小火器となっている。特にスマート弾の破壊力は高く、見た目は人間そっくりだが中身は無口無表情な忍者アンドロイド「オートモ」の頭部を吹き飛ばした他、リハッブ(治安維持部隊)の最新鋭の装甲車を一撃で破壊し、リハッブと市民反乱軍の戦いを形勢逆転させた。
アサルトライフルに関しては、バナナ状の弾倉による給弾であることが画面から確認できるものの、スマート弾と火炎放射器の装弾数(タンク容量)と再装填は不明な点が多い。なお、アサルトライフル部分のバレルキャリコM100から流用されている模様。
フライトパック(試作品)
映画『ロボコップ3』で登場した新装備。正確には、武装ではなく移動手段。ロボコップのメンテナンスも行っているマリー・ラザルス博士によって開発された。元はオムニ社に反発する市民反乱軍がデトロイト市警察の武器庫から盗んだものであったが、かなり無理矢理に実用化(試験運用はおろか、テストさえまだであった模様)までこぎつけた。
F-117ジェットエンジンを搭載。背面、肩、腕に連結し、ロボコップの飛行を可能にした。ロボコップ用の予備バッテリーも内蔵しており、エネルギー切れの際は緊急措置としてここからの充電も可能となっている。これによって歩行自動車オートバイでの移動しかできなかったロボコップの機動力を飛躍的に高め、上空から敵を制圧することも可能になった。なお、基本的に騒音対策は行われていないため、味方や相手の注意を強く引くことになる。
制御系はロボコップの射撃用ヘッドマウントディスプレイアビオニクスとして流用され、脳直結の操作系を持つことから、ロボコップ専用の装備となっている。また、後部の噴炎は相当な高熱となって周囲を焼き焦がすことから、攻撃目的にも利用可能である。最大飛行可能速度、高度、飛行可能時間、重量等は不明であるが、少なくとも一般的な高層ビルの高層階程度までは航行可能であることが作中の描写から確認できる。
データスパイク
右手の甲に内蔵。本来はオムニ社や警察署のコンピュータ端末にアクセスし、「データの取り込み」や「データ書き換え」などを行う際の接続端子として装備されたが、1作目の『ロボコップ』の物語後半では刺突用武器としても使用している。先端部は尖った円錐状をしており、これをコンピュータの専用接続ポートへ挿入して接続中に回転させることで、何らかの機能切り替え操作を行っていることが窺える。
パック(小型吸着爆弾)
投擲後に磁力で吸着させる爆発物手榴弾程度の威力だが、破裂に伴う破片の爆散で死傷させるようなものではなく、爆発力で対象を吹き飛ばしたり熱で焼き切ったりするようなものらしい。オート9とは反対側の大腿部に3個収納されており、起爆にはオート9による射撃を必要とする。
タグガン
左大腿部に収納されている小型の拳銃型追跡タグ発射装置。標的に撃ち着けることで、相手の行動や居場所を即時に追うことができる。逃走する車はもちろん、殺傷能力がないので人体にも使用可能(なるべくケガをさせないように、脂肪の多い箇所や臀部を狙うことが多い)。ロボコップだけでなく、通常の警官も同型のものを装備している。
スパイク
足の裏からアスファルトコンクリートにも撃ち込める強固なスパイクが射出される。ロボコップの重量とパワーも手伝い大きなアンカーの役割をし、自動車やクルーザーの進行さえ止めてしまう。

上記の他、スターリングMk.6の銃身を捻じ曲げるほどの腕力を備えているが、直接的な攻撃力だけでなくロボコップ自身の攻撃補助システムも秀逸である。拳銃の弾を跳弾させる、目視せずに背面の敵を射撃する、遠方の音声を指向性マイクで聞き取る、暗視透視に似た視界モードに切り替えることができるなど、本体側の性能も極めて高く戦闘に関するあらゆる補助機能が盛り込まれている。

ロボコップ2号[編集]

初代ロボコップの後継機として、2号機が開発されたことがある。いずれも機械の性能面では初代ロボコップを上回っている。

ロボコップ2
映画『ロボコップ2』に登場。旧態化して力不足と評価されたロボコップの後継機として、オムニ社により開発された。制御装置の核として搭載されている以外の全てが機械になっているのが特徴。ただし、使われているのは確信犯的に麻薬を蔓延させようとしていた凶悪犯ケインの脳であり、これは後に暴走を促すことになる。
本機以前にもアレックス・マーフィー巡査と同様に殉職した警官の脳を使ったサイボーグが複数開発されたようだが、どれも失敗に終わったために最後まで「2」のナンバーが与えられることのなかった「失敗作」達が登場している。「失敗作」達は肉体を奪われて機械化されたことに精神的に耐えられず、動作しなかったり発狂して暴れたり始動直後に自殺するなど、散々な結果で終わっている。
なお、犯罪者の脳を使ったのは、心理学者の女性ジュリエット・ファックス博士の発案による。ファックス博士は「麻薬依存者であれば、麻薬を報酬にして簡単に制御することが可能で、力を求める傾向の強い犯罪者の方が強靭な生存欲求によって正気を保つことができる」と考えていた。しかし、ケインが倫理意識に欠如し過ぎた犯罪者ゆえに狡猾かつ凶暴であることに加え、薬物依存症で己の快楽のためなら後先を考えない性格から、些細なことをきっかけに暴走を起こしてしまう。さらには、開発に関わったファックス博士が自身の手で重傷を負ったケインの生命維持装置を停止させたため、彼はファックス博士のことも激しく憎んでいる。
デザインは初代ロボコップとは掛け離れており、非人型。幾つもの巨大なアームを持っており、関節部や駆動系が剥き出しとなった姿は昆虫的ですらある。武装面では初代ロボコップを圧倒しており、高速ミニガン機関砲・小型ロケット砲の他、救助装備としても格闘兵器としても利用可能なパンチングアーム・エンジンカッターバーナー・プラズマトーチなどを装備。暗所では投光器を用いる。これらに加え、高所からの落下やガス爆発をものともしない強固な装甲フレームや、装甲車すら圧倒する強力なパワーを持っている。また、脚部には可動式のダガーナイフ状の爪が装備されており、地面に突き刺すことで転倒時なども素早い復帰が可能となっている。さらに、頭部に装備されている開閉式のディスプレイではケインの凶暴な「素顔」を映し出し、彼の本性を露呈した。
最終的にはロボコップや警官隊との激しい銃撃戦の末、新型の麻薬「ヌーク」を渡されておとなしくなった隙に核である脳をロボコップに引きずり出されて破壊され、機能を停止した。この暴走の全責任はファックス博士に押し付けられた上に、オムニ社も失墜を余儀なくされ映画『ロボコップ3』では売却されてしまっている。
ロボケーブル
『ロボコップ2』とはパラレルワールドに相当するテレビシリーズ『ロボコップ プライム・ディレクティヴ』に登場。警官時代のアレックス・マーフィー巡査の元パートナー、ジョン・ケーブル巡査の遺体から開発された。外見はロボコップと同型だが、ボディの色がメタリックブラック、ゴーグルはビームスプリッター。複数の標的を同時に捉えることができる上、相手の動きを予測して射撃することが可能。生前のジョンのガンプレイスタイルを受け継ぎ、両方の腿部にオート9が装備されている。

2014年版の映画に登場するロボコップ[編集]

改訂には、『ターミネーター』シリーズや『アイアンマン』シリーズなどのプロダクトデザインを担当したスタッフが関わっている[7]

デザインは2パターン用意され、初登場時は原典と同様に銀色や青みを帯びた灰色と表されたボディとして登場する(重役によるデザイン提案時には原典版のものも挙げられて好評であったが、受け狙いで変形など無駄な機能を追加されていたため、CEOが却下する)が、物語中盤以降は人間的な感情による躊躇が攻撃の遅れにつながると判断され、全身の大半がで占められたデザインへ変更される。黒いボディへの換装以降は、それまで普段はマーフィーの意志で行動できていたのに対し、戦闘モードになると脳に埋め込まれたソフトウェアが勝手に動作して情報処理を担うようになるため、その際のマーフィーは「乗客」と化して攻撃力は大幅に増大するが、冷酷で容赦がなくなってしまう。しかし、物語終盤には最初のデザインに戻される。

遺体の一部を再利用する形であった原典とは異なり、マーフィー自身は(少なくとも対外的には)あくまで生存している人間として認知されており(改造のきっかけとなった事件についても「殺人未遂」となっている)、義手や義足の延長としての義体の位置づけに近い。ヘルメットも自動的に着脱可能となり、危険を検知すると自動で下がる仕組みになっている。

マーフィーに残された身体の部位がおよび顔面・心臓・右だけで、出動時以外は頭部および臓器のみとなってメンテナンスや血液の交換、投薬などが行われる。当初より生身の頃の記憶を維持しているため、最初の改造が完了した時点では感情の表現も可能であった[8]が、途中で投薬などにより抑えられることもあった。また、過去のテレビドラマ版やテレビアニメ版の要素も導入され、バイクに乗ってのカーチェイスや単体での身軽なアクションも行えるようになっている[8]

主武装は、失神レベルから最大20万ボルトの電撃弾で標的を抹殺可能な切り替え式のカートリッジ式テーザーガンと、50口径のベオウルフ弾を使用して3点バーストとフルオートに切替可能な改良型マシンガン

脚注[編集]

  1. ^ あくまでも生体部分での話である。なお、を損傷した際には日本から予備の脚を取り寄せていた。
  2. ^ 1作目の『ロボコップ』では強力な攻撃を受けた場合に照準がズレる事があったが、その後にベビーフードの瓶を銃撃することで照準補正を行っている。
  3. ^ 2作目の『ロボコップ2』では、麻薬密売組織の幹部ケインのアジトを単独で急襲した際、ブローニングM2重機関銃の射撃で右手を手首からもぎ取られた。3作目の『ロボコップ3』でもリハッブ隊へ反旗を翻した際にM203グレネードランチャーから発射された40mmグレネード弾を胸部へ直撃されて機能が大幅に低下し、本格的に修理を必要とした。
  4. ^ 『ロボコップ3』でサイボーグのオートモと戦った際に、自身よりも遥かに運動性の高いオートモに翻弄された。
  5. ^ 『ロボコップ』に登場した警備ロボット「ED-209英語版」や『ロボコップ2』のロボコップ2号が挙げられる。ただし、ロボコップのボディーサイズは体重を除けば全て一般的な人間のそれであるので、人間用の携帯可能な重火器も運用可能である。詳細は#武装を参照。
  6. ^ 劇中ではクラレンス達が抱えて撃っているが、本来は反動が大き過ぎて接地して固定させないと使えない代物である。劇中のコブラ砲はウレタン等で軽く作られており、クラレンス役のカートウッド・スミスは「いかにも重そうに芝居しなければいけなかった」と語っている(ULTIMATE EDITION メイキングコメントより)。
  7. ^ 新『ロボコップ』は来年3月に日本公開!
  8. ^ a b 注目映画紹介:「ロボコップ」 以前の記憶も持ち、オリジナルよりもヒューマンな仕上がり

関連項目[編集]

  • 宇宙刑事ギャバン - 日本の特撮テレビドラマ。これに登場するギャバンがロボコップの外見のモデルとなった。