ロボコップVSターミネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロボコップVSターミネーター』は、ロボコップを主人公とした漫画作品。

元は、『ロボコップ3』の上映にあわせて作られた作品だが、その後、様々なものが作られた。ストーリーは『ロボコップ2』の後の話であり、『ロボコップ3』とは少し矛盾するものとなっている。

物語[編集]

第1章
スカイネットが目覚めてしまった世界。スカイネットは、その能力を完全なものとするため、自我を持った機械であるロボコップを自身の一部としようと計画する。多くのT-シリーズが彼を襲い、ついにその物量の前に、彼は力尽きてしまう。
第2章
第1章の続編(パターン1)。
 スカイネットの一部となってしまったロボコップは、スカイネットの自我の中でスカイネットに挑み、勝利する。スカイネットの自我となったロボコップは、ターミネーターの動きを止めることに成功するが、1体の暴走したT-800だけがその命令を聞かず、自我の下に彼を攻撃してきた。
第3章
第1章の続編(パターン2)。
 スカイネットの一部となってしまったロボコップは、スカイネットの自我の中でスカイネットに挑み、敗北する。ロボコップの自我はスカイネットにより眠らされていたが、1体のT-800の暴走によりスカイネットは攻撃を受け、彼は再び目覚める。
第4章
第3章の続編。
T-800の協力もあって再び元の体に戻ったロボコップは、T-800との共闘により、スカイネットに挑む。
第5章
第1章の続編(パターン3)。
スカイネットの一部となってしまったロボコップは、スカイネットの自我の中でスカイネットに挑み、敗北する。ロボコップの自我はスカイネットにより眠らされていたが、数年の時をかけて目覚める。その頃、暴走したT-800を捕らえたことからその構造を知り、次々とT-シリーズを捕らえていく人類がスカイネットと長い戦争をしていた。
第6章
第5章の続編。
人類とスカイネットの戦争を見たロボコップは、一つの決断を下す。「人類もスカイネットも同じ…ならば、いっそ、ともに滅ぼしてしまおう」と。
第7章
第1章の続編(パターン4)。
スカイネットの一部となってしまったロボコップは、スカイネットの自我の中でスカイネットに挑み、相打ちとなってしまう。スカイネットとロボコップは眠り、自我を持ったロボットはいなくなったかと思われた。しかし、暴走したT-800が回線をつなぎ直したため、新たなスカイネットとなった。
第8章
第7章の続編。
人類は最期の希望として、ロボコップの復活を計画する。
第9章
第6章の続編。
スカイネットを滅ぼすことに成功したロボコップは、人類へと牙を向ける。だが、人類には最期の砦として、T-800が残っていた。

登場人物[編集]

ゲーム版[編集]

1994年スーパーファミコンメガドライブ向けとして、ゲーム化されている。発売はヴァージンゲームズ