TOK715

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TOK715は、テレビドラマ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』に登場する架空ガイノイドで、サマー・グローが演じた。

設定[編集]

2027年にスカイネットによって開発されたターミネーター。人間名は「キャメロン・フィリップス」。スカイネットへ捕らえられた抵抗軍兵士アリソン・ヤングをモデルにして作られ、彼女になりすまして抵抗軍へ潜入することを任務としていたが、未来のジョン・コナーに捕らえられ、過去の彼を守るようチップを書き換えられた。ターミネーターシリーズで初めての、少女型リプログラムド・ターミネーターである。

過去へ送り込まれてジョンの前に初めて現れたときは、彼の学校の同級生として登場した。従来のターミネーターシリーズと同様、金属骨格を成体細胞で覆った構造になっているが、従来の機種と大きく異なる最大の特徴は、人間のように自然な経口飲食が可能という点である。その他、ある程度は自分の意思で行動しているような描写も存在し、泣くことや涙を流すことも可能である。

未来のジョンとはベッドで共に横になって話をするほどの間柄であったが、過去へ送り込まれた後はジョンの妹として振る舞い、彼を守るために一緒に通学している。女の子らしい可愛い服を着ることもあれば、賊に奪われたお気に入りのジャケットを取り戻したこともある。また、買い物や洗濯、食事を作るなど日常的なことも行うほか、バレエに興味を持っている。

戦闘では、コナー親子を狙うT-888とも何度も激突して互角の戦いを繰り広げているが、T-888より小柄なために格闘戦で苦戦することもある。人間の感情をある程度は理解できていることがうかがえるなど、より人間的な描写も存在しているが、これはターミネーターシリーズでは初めてのことである。また、T-800系列とは異なる知覚ソフトウェアが組み込まれており、視界は赤の濃淡ではなく可視光線の映像で映るが、赤外線カメラへの切り替えも可能である。複雑なバーコードも画像として記憶し、それをペン1つで手書きで再現できる。

一度だけマシンと誤認して人間を殺害したこともあるが、その時の発言は「I'm mistake」(日本語吹き替えでは『・・・間違えた』)の一言だけだった。

能力・弱点[編集]

基本的に戦闘能力は高めで、少女型で小柄な体系ながらもかなりの怪力で俊敏な動きを生かした、銃撃戦なども得意とする。また、これまでのターミネーターのような力任せの攻撃だけではなく、徒手格闘による打撃も使いこなす。T-888シリーズとは何度も激突しており、すでに複数を破壊している。

度重なる格闘の結果、左腕のメカニズムが不調をきたし、誤動作から強い握力で鳥を握り殺してしまったことがあり、キャメロンが密かに隠し持っていた部品の一部を使い、ジョンが修理したこともある。

英語のほか日本語も含め、様々な言語を話せる。アリソンからは音楽の才能を受け継ぎ、スカイネット側に所属していた時には音楽を使った何らかの実験に従事していた。

他のターミネーターシリーズと同様に入水すると自重で沈んでしまい、泳げないという弱点を持つ(作中“マウス・トラップ”でも本人が「私は泳げないの」と言っている)。また、高圧電流など想定外の強い衝撃を受けると一時的に機能停止に陥り、再起動に120秒間かかってしまう。そのため、自動車に仕掛けられた爆弾の爆発に遭った際にはジョン抹殺のプログラムが再起動してしまい、コナー親子を再度付け狙った。しかし、ジョンに一度抜かれたチップを再び装着されて再起動した後、彼抹殺のプログラムを自分の「意思」で放棄し、再プログラムが作動したわけではないが、ジョンを守ろうとしている。その際にはアリソンの記憶と混同し、彼女として人間の少女のように行動したことがあった。

T-800・T-850・T-888などの従来型と同様、頭皮を剥がして内部のチップを外されると、完全な機能停止状態に陥ってしまう。