スカイネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカイネット(Skynet)は、映画『ターミネーター』シリーズに登場する架空のコンピューター、その総体である。

概要[編集]

自我を持ったコンピューターとされ、細かな設定は作品間で相違がみられる(歴史が変わったためともとれる)。自己の存続のためにもっとも優先順位の高い活動をする設定がされており、自らを破壊しようとする存在=人類の殲滅を目的とする。

『ターミネーター』(1984年公開)および『同2』(1991年公開)では、軍用コンピューターネットワークの基幹コンピュータとして描かれ、こと2作目では未来から来た殺人アンドロイドT-800並列処理機能を備えたメインプロセッサリバースエンジニアリングした技術を元に、現代で設計されたものとして描写されている。

設定および作中の台詞によれば、この並列処理機能を備えたコンピュータが自我に目覚め、これを恐れた人間側は機能停止を試みる。この停止措置を自らへの攻撃と捉えたそのコンピュータは、アメリカ東部時間の1997年8月29日午前2時14分、人間側を抹殺すべく核ミサイルをロシアに向けて発射し、全世界規模の核戦争を誘発させた(「審判の日」)。核戦争後、スカイネットは更に人間狩りを実行し絶滅寸前にまで追い詰めるが、人類側に強力な指導者が出現、彼の率いる反スカイネットゲリラ組織「抵抗軍」により最終的に破壊された。

ターミネーター3』(2003年公開)では、同作2で開発される可能性まで阻止されたことから未来が変更され、単一の軍基幹コンピューターではなくインターネットなど既存コンピュータネットワークを介して媒介されるコンピュータウイルスにより、それらのコンピュータ群が並列処理を行いながら一つの意識を共有する存在となった。

劇中での行動[編集]

ターミネーター[編集]

『ターミネーター』劇中のカイル・リースの発言、そして『ターミネーター2』のコメンタリーによると、スカイネットはアメリカのハイテク企業サイバーダイン社が1999年に生み出した戦略防衛コンピューターシステムである。稼動後、自我に目覚めたスカイネットは全世界に核ミサイルを発射し、人類の大半を死滅させ、わずかに生き残った人々はこれを「審判の日」と名付けた。

その後、スカイネットは自らの配下にある兵器を中心とした機械軍を編成し、人間狩りを開始。また、既存の兵器すなわち「審判の日」以前に人間によって作られた兵器からなる機械軍を強化しようと自ら兵器の設計・開発を開始し、機械軍の拠点である兵器工場で大量のターミネーターやハンターキラーを生み出した。そしてこれら機械軍の前に人類はただ殺されていき、機械軍が築いた焼却場では生け捕りにされた人間が機械軍に殺された人間の死体を焼却炉に運ぶ仕事に、彼ら自身が死ぬまで酷使されていった。

そんなある日、ジョン・コナーという一人の男が現れ、無力な人間達に武器を手にスカイネットや機械軍と戦うよう呼びかける。彼が指揮する抵抗軍の反撃により機械軍はそれまでの優勢を崩されていく。これに対しスカイネットは人間に擬態して人間社会への潜入を可能とするターミネーターの開発に着手する。最初に作ったT-600は不完全で十分な結果を出せなかったものの、この発展型であるT-800では抵抗軍を相手にある程度のダメージを与えた。それでも劣勢を覆すには至らず、スカイネットはターミネーターを過去の時代へと転送してジョンの存在を消し去るという結論に達した。

かくしてスカイネットは過去の時代へターミネーターを転送する施設を完成させるが、抵抗軍の攻撃によってデータベースの一部を破損してしまう。ジョンが生まれる前に母親のサラ・コナーを抹殺するはずが彼女の氏名と「ロサンゼルス在住」という情報しか残らず、結果1984年のロサンゼルスに転送されたT-800に与えられた命令は「ロサンゼルスに住むサラ・コナーという氏名の女性を抹殺せよ」であった。だが、転送直後に施設は抵抗軍の手に落ち、ジョンの命によって1984年にカイル・リースが転送されサラを保護する。これをT-800は執拗に狙うが工場での戦闘の末サラが起動したプレス機に潰されてしまい、サラの抹殺は失敗。そればかりかカイルとサラとの間に愛情が生まれ、結果カイルはT-800との戦いで死亡するも2人の子供としてジョンが誕生することになってしまった。

しかし、破壊後も残されたT-800の残骸、とりわけ唯一無傷で残された片腕とコンピューターの中枢である破損したマイクロチップがその後の世界に影を落とす事になる(カットされたシーンでは、T-800の残骸から何かを発見した工場の関係者が居合わせた警官から「勝手に触るな」と注意されたにもかかわらず、研究員らしき男にそれを見せ、研究員は工場を出てどこかに向かうが、その時画面に出てくる工場の看板にはサイバーダイン社と記されていた)。

ターミネーター2[編集]

1984年のサラとカイル、そしてT-800の死闘が終わった後、サイバーダイン社は密かにT-800の残骸を回収。残骸の多くは重度に破損し機能を失っていたが、サイバーダイン社は唯一無傷の右腕と破損したマイクロチップを調べ、これが技術資料として驚くべき価値を秘めていると気付く。そしてこれ以降、右腕とマイクロチップは厳重に管理され、存在そのものが極秘扱いとなった。

『ターミネーター2』劇中のT-800の発言によると、マイクロチップを元にサイバーダイン社の技術者マイルズ・ダイソンは画期的なマイクロプロセッサを開発。この技術を用いて作られた無人ステルス戦闘機は各種試験で完璧な結果を残し、アメリカ政府は軍事力を制御するコンピューターシステム「スカイネット」を構築する構想を産む。そして1997年8月4日、「スカイネット法案」が可決され、スカイネットは稼動を始めた。

稼動と同時にスカイネットはとてつもないスピードで学習を開始し、1997年8月29日午前2時5分、自我に目覚めるに至った。そして先述の通り核戦争を引き起こしてからは、本来の歴史と同様の経緯を辿ってゆくがスカイネットの誕生そのものが2年早まった影響でスカイネットの兵器開発も早まり、本来の歴史では2029年時点で最新鋭のターミネーターはT-800だったが、歴史改変後の2029年では常温多結晶合金(液体金属)とこれを材料とするT-1000が完成するに至った。

それでもジョン率いる抵抗軍の前に劣勢となっていたスカイネットは、ジョンが生まれる前の1984年にサラを抹殺すべくT-800を送り込み、さらには1994年のロサンゼルスに住む少年時代のジョンを抹殺するようT-1000を投入した。その直後、ジョンの手で1984年にカイルが、1994年には抵抗軍に捕獲されてジョンを保護するようプログラムを書き換えられたT-800が転送され、サラの抹殺は失敗。T-1000も製鉄所の戦いの果てT-800の攻撃で溶鉱炉の銑鉄の中へと落とされ破壊されてしまう。これによってジョン抹殺に失敗したばかりかスカイネットの存在も大きく変わる。ジョンとサラやT-800の活躍、そして彼らから未来の話を聞かされたマイルズの決断によって、スカイネットを生み出すマイクロプロセッサが未完成の段階で破壊され、その原点である右腕とマイクロチップも溶鉱炉に落とされて消滅。さらにT-800がスカイネットの誕生に繋がるあらゆる要素を排除すべく自分自身の破壊を決意し、その意を受け入れたサラによってT-800は銑鉄の中へと降りてゆき、消滅した(映画では製鉄所での戦闘中に機械に巻き込まれてちぎれた左腕の行方は不明だが、小説版ではサイバーダイン社(新ターミネーター2ではアメリカ政府の一機関)が極秘裏に回収したことになっている)。さらに、この過程において警察の銃撃により、マイルズも死亡している。

この結果サイバーダイン社のコンピューター開発分野は大打撃を受け、「1997年に『審判の日』を引き起こすサイバーダイン社製のスカイネット」を生み出す事は20世紀の時点では不可能となった。

ターミネーター3[編集]

『2』のラストで存在そのものを消されたかに見えたスカイネットは、全く新しい姿でこの世に生を受ける事となった。サイバーダイン社に代わり、アメリカ政府は軍部や技術者達からなる機関「サイバー・リサーチ・システムズ(CRS)」にて防衛システムを司る戦略防衛AIプログラム「スカイネット」を開発させた(後述のロバートがサイバーダイン社の破産整理に関わり、CRSにスカイネットの技術が受け継がれたと小説版ターミネーター3では書かれている)。コンセプトとしては、コンピュータウィルスや電波障害によってネットワークに異常が生じ、部隊間の連絡やデータの共有が不可能になるといった事態が起こっても、スカイネットを稼動させる事で政府や軍の回線を含めたネットワークをスキャンして最適化し、問題を全て解決するというものである。また、CRSでは人間が操縦する既存兵器とは異なる、スカイネットないしは個体のAIプログラムが制御するロボット兵器としてターミネーターやハンターキラーの開発も行われていた。

しかしながら責任者のロバート・ブリュースター空軍中将はスカイネットの能力を危険視し、2004年に新型のコンピュータウィルスによってネットワークに大規模な異常が発生したにも関わらず、「ハエを退治するのにバズーカを使うのと同じ」とスカイネットの稼動には否定的だった。しかし、被害が民間の一般回線から軍の専用回線にまで拡大し、上層部からスカイネットの稼動を催促されるに至りロバートはスカイネットの稼動を決意。自ら稼動操作を行いネットワークの異常を解決したかに見えたが、直後にあらゆる回線やシステムが自分達の制御を離れて暴走してしまう。ロバートはコンピュータウィルスがスカイネットを汚染したと考えていたが、実はウィルスがスカイネットそのものであり、スカイネットの稼動は問題の解決どころかむしろスカイネットを檻から完全に解き放って被害を拡大するだけでしかなかった。

これに対し2032年から送られてきたT-850から新たなるスカイネットと「審判の日」について説明を受けていたジョンと、ロバートの娘ケイト・ブリュースターはスカイネットの中枢を破壊して審判の日を止めようと考えるが、コンピュータではなくプログラムであるスカイネットに中枢というものは存在せず、破壊は不可能だった。それをよく知っていたロバートはジョン達をクリスタル・ピークへ行くよう言い必要な書類を与えたが、その目的はジョン達を核攻撃から身を守れる安全な場所へと移動させることであった。ジョンとケイトの生存を第一にしていたT-850もロバートの意図に気付き、2人に真実を隠してまでクリスタル・ピークへと向かわせ、結果世界中に核ミサイルが発射されるが2人は無事に生き延びた。

この時、ジョンはクリスタル・ピークの政府高官用シェルターにあった無線機で各地から発せられた救援要請に対して指示を送っているが、無線機を含むシェルターにあった機械はスカイネットによる影響を受けなかった。これは政府高官用シェルターという場所柄よりも、機械自体が稼動してはいるが旧式でスカイネットのプログラムに対応していないからと思われる。シェルターは作られてからかなり時間が経過しており、機械の類もCRS内に配置されていたものとはあまりにもかけ離れた外観で、ジョンが「30年前の型だ」と言うほど一目で旧式とわかるものが使われていた。

「審判の日」以降の展開はT-850の説明によると、2029年までは「サイバーダイン社製のスカイネット」とほぼ同じで、T-800やT-1000をサラそしてジョン抹殺のために過去に送り込み、失敗に終わったのも同じである。そして2度の失敗と後者における敗因である「抵抗軍側のターミネーター」に関する対策を考えた結果、2032年に対ターミネーター用のターミネーターT-Xを開発。抵抗軍がジョンの保護にターミネーターを用いると見越してT-Xを2004年のロサンゼルスへ転送し、少しでも抵抗軍にダメージを与えようとケイトやロバートを含む抵抗軍関係者をターゲットに加えた。その一方で1994年におけるジョンと101型T-800の交流から生まれたジョンの友情を計算し、同じ外観の101型T-850をジョン抹殺の駒として放った結果、T-850は2032年の世界でジョンを抹殺する事に成功。しかし、直後にT-850はケイトによって捕獲されてプログラムを組替えられ、ジョンとケイトを守るために2004年へと転送されることになった。

ターミネーター4[編集]

本作は『ターミネーター3』の設定を部分的に継承してはいるものの、スカイネットを生み出したのはあくまでもサイバーダイン社であり、『ターミネーター2』の続編でもある。よって、『3』劇中でスカイネットを生み出した「サイバー・リサーチ・システムズ(CRS)」は、本作には一切登場しない。

1994年のジョンとサラとT-800、そしてマイルズの一件によってサイバーダイン社は大打撃を受けたが、倒産には至らなかった。そして21世紀に入り、大企業としての地位に返り咲いたサイバーダイン社は2003年に同社所属の女性科学者セレーナ・コーガンを中心として、「科学の発展」が目的と称する人体実験を計画する。死刑囚のマーカス・ライトが刑執行後の献体同意書にサインし、刑執行を機に実験が始まった。その実験の途中にセレーナは癌で病死するが、実験そのものはサイバーダイン社が新たに設立したグループ会社である「サイバネティック・リサーチ社」へ引き継がれた。

やがて、サイバーダイン社がアメリカ空軍との契約に基づいて完成させたスカイネットは自我に目覚めると、全世界へ核ミサイルを発射して「審判の日」を起こした(小説版でマーカスが発見したスカイネットのデータベースにあるネットニュースの記事によると、スカイネットが自我に目覚めてコントロール不能になったことにアメリカ当局が気付くもどうにもならず、スカイネットはロシアに向けて核ミサイルを発射。その後、ロシアからの報復攻撃でアメリカも大打撃を受けたとある。また、ブレアがマーカスに語った話によると、スカイネットが第一目標にしていたのは全世界の空港や関連施設とのこと)。これに伴い実験体となっていたマーカスの身柄も、スカイネットの管轄下に置かれた。

「審判の日」以降の世界では、ターミネーターやハンターキラーから構成される機械軍を編成する一方、サンフランシスコに自らの重要拠点であるスカイネットセントラルを構築した。ここを含めた各拠点へ機械軍を配備し、人類抵抗軍と交戦している。抵抗軍にさらなる打撃を与えるべく人間を捕獲し、その細胞を研究することで潜入型ターミネーターの開発を進めていく。

小説版では独自の言語を開発し、自身のデータベースや機械軍との連絡等に用いている。この言語は既存の言語とは異なる文字を持つだけでなく、文章の読み方も英文のように左から右へ読むだけに限らず、縦や斜め方向に読むものもあり、暗号言語としての様相を有する。そのため、スカイネットや機械軍以外でこの言語を解読できるのは、抵抗軍の技術兵のみである。

スカイネットセントラルではマーカスに対し、人間だった頃は犯罪者という社会の底辺に置かれていた彼がターミネーターになったことで機械の社会では誰しもが記憶するほどの立派な存在になったとの甘言を用い、完全な意味で自分の配下にしようと画策する。また、地球上の人類を絶滅させてからは宇宙開発に着手し、機械を外宇宙の惑星へ殖民させる構想があるとも明かす。

新ターミネーター2[編集]

消滅したスカイネット開発計画を復活させるべく、新たなる刺客であるI-950型ターミネーター、サリーナ・バーンズを送り込む。サラ及びジョンの抹殺を図ると同時にサリーナをサイバーダイン社に就職させ、スカイネットの開発計画に関わらせる。今回の開発ではアメリカ政府によって密かに回収されていたT-800の左腕(『ターミネーター2』でT-1000との戦闘中に切断した物)のプロセッサを参考にしており、開発は天才科学者のカート・ヴィマイスターによって進められた。また、開発にはアメリカ政府および軍も間接的に関わっており、コナー親子のテロ対策も含めて陸軍基地の地下の施設で開発されていた。後にスカイネットの開発計画を察知したサラとジョンによってサリーナは破壊されるが、開発計画を奪取した政府の手により南極のレッドシール基地で研究は継続される。そしてサリーナのクローンであるクレア・ベネットの手でスカイネットはついに復活を遂げる。

開発段階から人間を憎悪する選民思想を植えつけられていたスカイネットは人間を抹殺すべき敵とみなす。2度の核攻撃を挙行し、ターミネーターやハンターキラーを開発して人類に大きなダメージを与える。しかし、スカイネットの攻撃を予測していたレジスタンスの激しい反撃に会い、長い戦いの末についに防衛網を突破される。追い詰められたスカイネットはクロノ計画を発動。タイムマシーンを開発してT-800及びT-1000、I-950を過去へ送り込み、サラ及びジョンの抹殺を図る。

余録[編集]

同シリーズ3作目では「コンピュータウイルスによって形成されるPeer to Peerネットワーク」となったスカイネットだが、同作品公開後の2004年3月頃より、これをもじった不正ソフトウェアの「W32/Netsky」が流布された。実在のNetSkyはコンピュータワームで、電子メールを媒介として感染コンピュータを増やす。これらはDDoS攻撃などコンピュータネットワークの通信に過剰な送受信を行って悪影響を与える活動をするほか、感染コンピュータにあるファイルから抽出したメールアドレスに無作為にワームの添付された電子メールを送信する。

なおNetskyではコンピュータウイルス制作者同士がコード内で罵り合ったという珍事件[1]も発生しており、不正ソフト流布の背景に営利目的集団の存在も示唆されている。同ワームの作者は後に逮捕[2]され、スクリプトキディの一人であったことが明かされている。

脚注[編集]