ロボコップ (2014年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボコップ
RoboCop
監督 ジョゼ・パジーリャ
脚本 ジョシュア・ゼトゥマー英語版
原作 1987年版脚本
エドワード・ニューマイヤー英語版
マイケル・マイナー
製作 マーク・エイブラハム英語版
エリック・ニューマン英語版
ブラッド・フィッシャー
製作総指揮 ビル・カラッロ
ロジャー・バーンボーム
出演者 ジョエル・キナマン
ゲイリー・オールドマン
マイケル・キートン
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ペドロ・ブロンフマン
主題歌 ザ・クラッシュアイ・フォウト・ザ・ロウ
撮影 ルラ・カルヴァーリョ
編集 ダニエル・レゼンデ
ピーター・マクナルティ
製作会社 ストライク・エンターテインメント英語版
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー / コロンビア映画
日本の旗ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年2月12日
日本の旗 2014年3月14日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ロボコップ』(RoboCop)は、ジョゼ・パジーリャ監督による2014年アメリカ合衆国SFアクション映画である。1987年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画『ロボコップ』のリメイクかつリブートで、通算では4作目である[1][2]タイトルロールジョエル・キナマンが演じる。

2005年スクリーン・ジェムズにより初めてリメイクが発表されたが中止となった。その後MGMにより企画が進められ、ダーレン・アロノフスキーが監督、デヴィッド・セルフ英語版が脚本に起用され、2010年公開が予定された。その後度重なる製作延期の末、2011年にパジーリャが新たに契約を交わした。2012年3月、MGMは2013年8月公開を発表したが、後に2014年2月に変更された。主要キャストは2012年3月から7月頃に決定した。主要撮影は2012年9月にカナダのトロント[3]バンクーバー[4]ハミルトン、さらにアメリカ合衆国のデトロイトで行われた。

あらすじ[編集]

2028年。デトロイトに本拠を置く巨大企業『オムニコープ社』は軍事用ロボットを海外で採用させ莫大な利益を得ていたが、アメリカ本国でだけは販路拡大を阻まれ、苦戦を強いられていた。ロボット配備を規制する『ドレイファス法』と、それを支持する多くの議員。何より、心を持たず命の尊さを解さないロボットに人間の生殺を任せることに、世論の根強い反発があるためであった。国内にも販路を拡げたいオムニコープは、パット・ノヴァック司会のTV番組等を利用して世論誘導に努めるが、なかなか上手くいかない。この状況を打破すべく、CEOのレイモンド・セラーズはサイボーグ技術の権威であるデネット・ノートン博士に協力を求め、『ロボコップ』計画を立ち上げる。機械のボディに人間の頭脳を融合させた『ロボコップ』を造り出し、警官として活躍させることで、心無きゆえに嫌われてきたロボットを「人々に愛される」製品に変えようというのであった。

被験者として選ばれたのはアレックス・マーフィ刑事。彼は相棒のジャック・ルイス刑事と共に武器の密輸組織の内偵を進めていたが、汚職刑事のタレ込みから組織の仕掛けた爆弾によって極度の重傷を負っていた。彼の妻クララの同意を得たノートン博士は、アレックスの身体のほとんどを機械に改造し、ロボコップとして蘇らせる。当初は変わり果てた自分の姿に絶望し死を望むアレックスだったが、妻と息子のために生きろというノートン博士の説得を受け、ロボコップとしての活動に同意するのだった。しかし、性能テストを開始して早々にロボコップは問題を露呈。情報経路が複雑な上に感情ゆえの迷いを持つロボコップは、通常のロボットより遥かに判断が遅く、社の求める性能を満たせない。ノートン博士ら技術陣は火器管制プログラムを強化しドーパミンの分泌を制御するなどして性能アップに努めるが、その結果アレックスは感情を失い、妻や子供、ルイスを見ても機械的な対応しか出来ない文字通りのロボットと化してしまう。

完成したロボコップは期待通りの性能を発揮。お披露目の場で指名手配犯を逮捕したのを皮切りに次々と凶悪犯を捕らえ、市民から熱烈な支持を得ていく。世論は徐々にドレイファス法の撤廃へと傾き、事態はセラーズの思惑通りに推移するように見えたが、捜査の最中にロボコップ=アレックスがクララと再会した事から変化が起こり始める。アレックスの脳内でドーパミンが復活し、感情が蘇る。自らの意思でプログラムを書き換えたアレックスは独自の捜査を推し進め、かつて自分を殺そうとした武器密輸組織を駆逐、遂には警察内部の汚職をも暴き出すに至った。

ロボコップが人々の喝采を浴びる状況とは裏腹に、頭を抱えるオムニコープ重役たち。そもそもロボコップは反ドレイファス法の広告塔に過ぎず、ロボットの販売が自由化された後に持て余すことになることは自明。ましてプログラムの制御を離れ、社に都合の悪い汚職まで暴きかねなくなった今、彼はもはや邪魔者でしかない。セラーズはロボコップを停止させ、彼の家族ともども闇に葬る策を講じ始める。間一髪、ノートン博士の助けでラボを脱出したアレックスは、家族を守るためオムニコープに決死の反攻を開始。それぞれの思惑を巻き込み、事態はオムニ本社ビルの死闘へとなだれ込んでいく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アレクサンダー・"アレックス"・マーフィ / ロボコップ ジョエル・キナマン 中尾一貴
デネット・ノートン博士 ゲイリー・オールドマン 安原義人
レイモンド・"レイ"・セラーズ マイケル・キートン 牛山茂
パトリック・"パット"・ノヴァック サミュエル・L・ジャクソン 玄田哲章
クララ・マーフィ アビー・コーニッシュ たなか久美
マトックス ジャッキー・アール・ヘイリー 竹田雅則
ジャック・ルイス マイケル・ケネス・ウィリアムズ英語版
リズ・クライン ジェニファー・イーリー
トーマス・"トム"・ポープ ジェイ・バルチェル
キム エイミー・ガルシア英語版[5]
デイビッド・マーフィ ジョン・ポール・ラッタン英語版 志摩淳
アントワーヌ・バロン パトリック・ガロウ 木下浩之
カレン・ディーン マリアンヌ・ジャン=バプティスト 小宮和枝
デュラント市長 ダグラス・アーバンスキー英語版
ドレイファス上院議員 ザック・グルニエ英語版

製作[編集]

企画[編集]

スクリーン・ジェムズは2005年末に『ロボコップ』の新作を取り組んでいる事を初めて発表しが、詳細は明かされなかった。2006年11月、Bloody Disgusting は『ロボコップ』のリメイクが中止された事を報じた[6]

2008年3月、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)のプレスリリースにて[7]、『ロボコップ』の新作が企画される可能性について言及された。2008年6月のライセンシング・インターナショナル・エキスポにてMGMは「RoboCop coming 2010」と書かれたポスターを展示した[8]。スタジオはダーレン・アロノフスキーと共に監督をする可能性について話し合った[9]。2008年のコミコン・インターナショナルでアロノフスキーは「2010年の『ロボコップ』」を監督し、デヴィッド・セルフ英語版が脚本を執筆する事を明かした[10]。後に公開日は2011年に変更された[11]

2009年7月のコミコン・インターナショナルにて、MGMは監督(この時点では恐らくアロノフスキー)とのスケジュールの競合により公開日が2010年夏以降に延期される事を発表した[12]。2010年1月5日、『ロボコップ』のリメイクは未だ保留中であり、アロノフスキーは、また監督として参加中である事が報じられた。MGM幹部のメアリー・ペアレントジェームズ・キャメロンの映画『アバター』の大成功を知り、『ロボコップ』の新作を3D映画にするこを望んだ。しかしながらMGMは財政難であり、またスタジオとアロノフスキーの創造性の違いの為に企画は保留された[13](ちなみに本作は中国でのみ3D映画として公開された[14])。

2011年3月2日、降板したアロノフスキーに代わり、『エリート・スクワッド』や『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE英語版』で成功を収めたブラジルのジョゼ・パジーリャが監督に抜擢された事を発表した[15]

2011年3月11日、『The A.V. Club』のショーン・オニールは新規精鋭脚本家のジョシュア・ゼトゥマー英語版が脚本を執筆すると述べた。ゼトゥマーは様々なプロジェクトに参加していたが中止となり、また『007 慰めの報酬』にも取り組んでいた[16]

プリプロダクション[編集]

2011年4月12日、MGMがアレックス・マーフィ役としてトム・クルーズジョニー・デップキアヌ・リーブスといったAリスト俳優達を探しているという噂が流れた[17]マイケル・ファスベンダー[18]マティアス・スーナールツ[19]ラッセル・クロウ[20]タイトルロールに考慮された。2012年3月3日、ジョエル・キナマンが主演を務める事が明かされ[21]、同年3月9日、2013年8月9日公開が発表された[22]

2012年6月13日、ヒュー・ローリーがオムニ社のCEO役になると報じられた[23]。この計画が失敗すると[24]クライヴ・オーウェンが候補に挙がり、2012年8月、最終的にマイケル・キートンに決定した[25]

当初はエドワード・ノートンショーン・ペンガエル・ガルシア・ベルナルレベッカ・ホールがそれぞれデネット・ノートン博士、ノヴァック、ジャック・ルイス、クララ・マーフィ役として考慮されていた[26]。最終的にゲイリー・オールドマン[27]サミュエル・L・ジャクソン[28]マイケル・ケネス・ウィリアムズ英語版[29]アビー・コーニッシュ[30]がそれらの役柄に決定した。

2012年7月、ジャッキー・アール・ヘイリーが「キナマンのロボコップを訓練する軍人のマトックス」を演じる契約を交わした[31]。2012年7月25日、ジェイ・バルチェルがオムニ社のマーケティング担当のポープ役として契約した事が明かされた[32]

ロブ・ボッティンによるロボコップのオリジナルの衣裳は再想像された。画像公開直後の反応は不評であり[33][34][35][36]クリストファー・ノーランの『ダークナイト』でクリスチャン・ベールが身につけるバットマンのスーツと比較された[33][37][38][39]

パジーリャと同じくブラジル出身の映画監督であるフェルナンド・メイレレスは、パジーリャが「人生で最悪の経験」、「10個アイデアを出したら9個が却下される」と話していた事を明かした[40]

撮影[編集]

撮影は2012年9月より始まり[41]トロント[42]オンタリオ州のその他の土地で行われた[43]。市内はデトロイトとして撮られ、その中にはトロント大学も含まれた[44]。2012年9月24日から5夜かけてハミルトンでの撮影が始まった。毎日午後6時から午後7時までは道が封鎖された。MGMのスポークスマンは一部がデトロイトでも撮影されることを明かした[45]

音楽[編集]

パジーリャの映画『エリート・スクワッド』でも音楽を作曲したペドロ・ブロンフマンが本作でも雇われた[46]

マーケティング[編集]

ラフ予告とサミュエル・L・ジャクソンマイケル・キートンのキャラクターが登場する映像は2013年のコミコン・インターナショナルで初公開された。パジーリャによると、劇場予告編は『エリジウム』に付けられる予定であったが、2013年9月5日にオンラインで公開された。また『リディック: ギャラクシー・バトル』にも付属された。Appleの予告編サイトでも視聴可能である[47]

評価[編集]

本作への批評家の評価は賛否両論となっている。映画批評集積サイトRotten Tomatoesには66件のレビューがあり、批評家支持率は53%、平均点は10点満点で5.7点となっている。批評を総括すると「思っていたよりもずっと良い出来栄えだったが、原作より良い訳ではない」となる[48]。また、Metacriticには12件のレビューがあり、加重平均値は53/100となっている[49]

トリビア[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ March 2013 ROBOCOP Reboot Enlists Composer Pedro Bromfman”. 2013年11月20日閲覧。
  2. ^ December 2012 ‘RoboCop’ Reboot to be Distributed by Sony”. 2013年11月20日閲覧。
  3. ^ ROBOCOP Remake Set Image Reveals New Armor”. Collider. 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ RoboCop: set video with Gary Oldman”. Vancity Filming. 2013年5月3日閲覧。
  5. ^ Han, Angie. “Remake Bits: ‘Robocop’, ‘Carrie’, ‘Evil Dead’, ‘The Flamingo Kid’, ‘Jar City’, ‘A Bittersweet Life’”. /Film. 2013年11月20日閲覧。
  6. ^ FREEZE! 'RoboCop' Remake Puts Hands in the Air”. Bloody Disgusting (2006年11月28日). 2008年6月18日閲覧。
  7. ^ Movies - News - MGM lines up 'Robocop', 'Red Dawn' remakes - Digital Spy”. Digital Spy (2008年5月19日). 2009年4月17日閲覧。
  8. ^ G.I. Joe and RoboCop Displays at the Expo”. Superhero Hype! (2008年6月10日). 2008年6月18日閲覧。
  9. ^ Jay A. Fernandez (2008年7月9日). “MGM likes 'Dawn' at the 'Cabin'”. The Hollywood Reporter. オリジナル2008年7月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080710131402/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i2a7c68761043a405a4f5c48c0666d28e 2008年7月9日閲覧。 
  10. ^ Comic Con Rumour Control: Aronosky on RoboCop...”. Film Junk (2008年7月25日). 2009年7月24日閲覧。
  11. ^ Aronofsky's Robocop Delayed Until 2011”. Film Junk (2009年5月12日). 2009年7月8日閲覧。
  12. ^ MGM Looking For A New RoboCop Director? Searchlight Wants Aronofsky’s Black Swan”. Slash Film (2009年7月15日). 2009年7月24日閲覧。
  13. ^ Morris, Clint (2010年1月5日). “Robocop Frozen”. Moviehole. http://www.moviehole.net/201022681-robocop-frozen 2010年3月26日閲覧。 
  14. ^ 森安健 (2014年4月9日). “ハリウッド映画、3D公開の中国で不信感 「料金つり上げ」”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0803G_Z00C14A4EAF000/ 2014年4月9日閲覧。 
  15. ^ Jose Padilha in Talks to Direct Robocop Remake” (2011年3月2日). 2013年11月20日閲覧。
  16. ^ O'Neal, Sean (2011年3月11日). “RoboCop remake has a writer, is still actually happening”. The A.V. Club. The Onion. 2013年11月20日閲覧。
  17. ^ ‘RoboCop’ Reboot Eyeing Cruise, Depp, and Reeves”. Screen Rant (2011年4月12日). 2012年2月10日閲覧。
  18. ^ Michael Fassbender Wanted For ‘RoboCop’ Remake”. Screenrant.com (2011年9月23日). 2012年9月17日閲覧。
  19. ^ Matthias Schoenaerts bedankt voor hoofdrol in ‘Robocop’ - Het Nieuwsblad” (Dutch). Nieuwsblad.be. 2012年9月17日閲覧。
  20. ^ Russell Crowe Being Considered For ‘RoboCop’ Reboot [Updated]”. Screenrant.com (2012年2月2日). 2012年9月17日閲覧。
  21. ^ Silas Lesnick (2011-06-16) LX11: RoboCop Promo Art and Sales Sheet” (2011年6月20日). 2013年11月20日閲覧。
  22. ^ Lesnick, Silas (2012年3月9日). “RoboCop Gets a Release Date”. Superhero Hype. 2013年11月20日閲覧。
  23. ^ Doty, Meriah (2012年6月13日). “Hugh Laurie signs on for juicy ‘Robocop’ role”. Yahoo Movies. 2013年11月20日閲覧。
  24. ^ ROBOCOP Remake Won’t Star Hugh Laurie”. Collider (2012年8月24日). 2012年9月17日閲覧。
  25. ^ Foreman, Liza (2012年8月29日). “Michael Keaton cast as "RoboCop" CEO in remake - Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com. 2012年9月17日閲覧。
  26. ^ Edward Norton, Sean Penn & More Wanted For ‘RoboCop’ Reboot”. Screenrant.com (2012年4月13日). 2012年9月17日閲覧。
  27. ^ Gary Oldman Joins ‘Robocop’ Remake”. Screenrant.com (2012年5月24日). 2012年9月17日閲覧。
  28. ^ Samuel L. Jackson Joining ‘Robocop’ Remake”. Screenrant.com (2012年6月7日). 2012年9月17日閲覧。
  29. ^ ‘Boardwalk Empire’s’ Michael Kenneth Williams Boards ‘RoboCop’”. Screenrant.com (2012年8月7日). 2012年9月17日閲覧。
  30. ^ Wales, George. “Abbie Cornish set for RoboCop remake”. TotalFilm.com. 2012年9月17日閲覧。
  31. ^ Jackie Earle Haley Will Train Joel Kinnaman's RoboCop, Jay Baruchel Circling”. CinemaBlend.com (2012年7月20日). 2012年9月17日閲覧。
  32. ^ Jay Baruchel Confirmed For Robocop Remake”. We Got This Covered (2012年7月25日). 2012年9月17日閲覧。
  33. ^ a b Granados, Matt (2012年9月18日). “Pics – Joel Kinnaman Tries On The 'RoboCop' Suit”. Latino Review. 2013年1月24日閲覧。
  34. ^ Lynch, Alex (2012年9月15日). “First Look At Joel Kinnaman In Full Costume On The Set Of ROBOCOP”. www.comicbookmovie.com. 2013年1月24日閲覧。
  35. ^ Rosen, Christopher (2012年9月17日). “'Robocop' Suit: First Look At Remake Divides Fans (PHOTO)”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2012/09/17/robocop-suit-photo_n_1889729.html 2013年1月24日閲覧。 
  36. ^ Giroux, Jack (2012年9月16日). “Should the New 'Robocop' Look the Same as the Old 'Robocop'?”. Film School Rejects. 2013年1月24日閲覧。
  37. ^ Abramovitch, Seth (2012年9月15日). “'RoboCop' Reboot: First Look at Suit Hits the Web: Photos from the first day of shooting show an all-black suit that's more exo-skeleton than cyborg”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/robocop-reboot-first-look-suit-370617 2013年1月24日閲覧。 
  38. ^ Aidoo, Jeffrey (2012年10月8日). “New RoboCop set photos featuring Joel Kinnaman and Michael Keaton”. Flickeringmyth.com. 2013年1月24日閲覧。
  39. ^ Davis, Lauren (2012年9月15日). “First photos of RoboCop's suit reveal Batman-like body armor”. io9. 2013年1月24日閲覧。
  40. ^ José Padilha diz que filmar 'Robocop' está sendo pior experiência de sua vida” (Portuguese). Folha de S. Paulo (2012年8月27日). 2013年9月18日閲覧。
  41. ^ Wilson, Stacey (2012年6月21日). “Emmys 2012: Joel Kinnaman on Going From 'The Killing' Detective to 'RoboCop'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/emmys-killing-joel-kinnaman-robocop-339409 2012年6月24日閲覧。 
  42. ^ First Look at the New RoboCop!”. ComingSoon.net. 2012年9月17日閲覧。
  43. ^ IMDB's filming locations for Robocop (2014)”. 2013年11月20日閲覧。
  44. ^ Photos of the new RoboCop being filmed in Toronto”. 2013年11月20日閲覧。
  45. ^ 'RoboCop' remake filming partially in Detroit, MGM confirms”. 2013年11月20日閲覧。
  46. ^ Pedro Bromfman to Score ‘RoboCop’ Remake”. 2013年11月20日閲覧。
  47. ^ RoboCop - Movie Trailers - iTunes”. Apple Inc.. 2013年9月11日閲覧。
  48. ^ RoboCop (2014)”. 2014年2月12日閲覧。
  49. ^ RoboCop”. 2014年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]