T-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

T-X(正式名称:TERMINATRIX)は、映画『ターミネーター3』に登場する架空のアンドロイドで、クリスタナ・ローケンが演じた。

設定[編集]

サラ・コナー及びジョン・コナーに対する2度の暗殺作戦の失敗を憂慮したスカイネットにより、2032年に開発された初の対ターミネーター用ターミネーターである。

容姿は類まれな美貌とプロポーションを持っており、完璧な美しさを求めて造形された。

ジョン・コナーが最優先ターゲットである事は変わらないものの、鹵獲されてCPUを人間の味方をするように書き換えられた「裏切り者」のターミネーター(T-800系列)や、「審判の日」以後に抵抗軍に加わる22人の重要人物を全員抹殺する目的でも開発されており、ターミネーターシリーズの中でも最強の性能を誇る。

『ターミネーター2』に登場したT-1000と同じく、金属骨格の上を流体多結晶合金(液体金属)で覆っているため、触れてデータを読み取った人物に変身できる。しかしT-1000には骨格が存在せず、人間以外の姿(全身を平面化して床に変形する等)に変身できたのに対し、本モデルには骨格が存在するため、変身可能という特徴は引き継いでいるが、顔や容姿を変更するなどの変身はできるものの、骨格の形を逸脱するような形態には変形できない。

従って隠密性はT-1000に遠く及ばないが、元々対ターミネーター用機種であるため潜入用としての機能は重視されておらず、その反面、骨格内部に高度なコンピュータを有しているため、T-800系列やT-1000よりも知能は高い。なお、T-1000同様、コピーした人物は殺害するようプログラムされているが、その際、変身を第1目的とし殺害はその次としているため、コピーは行ったが殺害されていない人物(特にケイト・ブリュースター)も数人存在する。

流体多結晶合金は改良が加えられ、T-1000のように衝撃によって変身機能に一時的な混乱を起こすことは無くなったが、劇中では極端な低温や高温の環境にさらされていないため、これらの耐環境性能については未知数である。ただし、T-Xの骨格については高温でも簡単には溶かせない事が、T3の小説版にてT-850がジョンに告げている。

また、T-Xの骨格の材質は可鍛性セラミクスチタニウム装甲であるごとがT3の小説版にて記述されている。

武器を現地調達していたT-800系列やT-1000に対し、プラズマ砲や火炎放射器、回転鋸などの強力な武器が内蔵されており、戦闘能力比では「ターミネーターを狩るためのターミネーター」という立場に相応しい。ただし劇中では(おそらく遭遇した警官を殺害して奪ったと思われる)拳銃を使って標的を抹殺するシーンもある。また、T-Xのプラズマ砲は非常に強力(T-850のパワーセルを破損させている、鉄を瞬時に溶かす程のエネルギーを発射できる)である。劇中ではプラズマ砲や火炎放射器などの重火器は右腕を変形させ、エンジンカッターなどは左腕を変形させて使用している。

さらに、指先に装備されているデータ転送用ポイント・ドリルを使用し他のマシンのプログラムを書き換え、それを自在にリモート・コントロールできるナノテクノロジー・トランスジェクターを内蔵している。視界外のコントロール対象物を操作する時は、通信衛星のダウンリンクを経由し超高周波で操作を行う。 携帯電話などの通信機器を使用し、離れた位置にあるコンピューターのデータベースにアクセスする事も可能[1]

動力源はT-800系統のパワーセルとは異なりプラズマ原子炉を保有してるため、その他部品が致命的な破損をしない限り、半永久的に行動できる。また、プラズマ原子炉はパワーセルを再充電する能力がある事が、小説版T3にて解説されている

また、基本ソフトウェアも改良されており、T-800系列の赤色ベースから青色ベースとなっており、色の認識や内蔵するCPUに対するGUI画面でも強調の意味で赤文字を使うことがある。

T-800系列やT-1000よりも耐久性が増加しており、相当な威力を持つ重火器でも破壊することは困難であり[2]、RPG-7の直撃を受けてプラズマ砲は破損したが、骨格自体は全くの無傷であった。ただし関節部分の強度は若干低い(ラストシーンで自ら脚を外した、T-850に腕の関節を外された等)。

サイズのスリム化は図られているものの、金属骨格の上に流体多結晶合金が覆われているため、金属の塊となってしまった事による重量増加は避けられず、その容姿に似合わない重量(設定では約150Kg)はレクサス・SC430のサスペンションを深く軋ませるという描写が見られる。また耐久性を強化しているためか、内蔵武器のパーツに鋼鉄を使用している為、磁石(粒子加速器)に張り付くという問題も抱えている。なお、T-800系列は骨格がチタン合金であるため、その他の部品の影響で引っ張られることはあるが、磁石に張り付く事はまず無い。

血液などのDNA情報を舌で読み取ることが可能であり、特定の人物の抹殺にも威力を発揮する。

歩行スピードは車に追いつくほどのスピードを出す。時速は80キロメートル。

変身形態[編集]

身長は179cm、ほっそりした体型だが無駄な肉が全く付いていないほど引き締まっている。触れてデータをコピーした人物であれば誰にでも自在に変身することが可能。ただし、前述のとおり骨格が存在するため、人間の形以外には変身出来ない。

裸体
ビバリーヒルズにて未来から登場した時の姿。セクシーボディーとブロンドの長い髪の毛が印象的。
錆色の服装
劇中で最も多く登場するのがこの姿。通りすがりの女性(キャロリン・ヘネシー)が任務の目的に適切な身長、体形だったため、彼女を殺して錆色の革ジャケットとパンツ、その下に下着も身に着けた[3]。髪もシニヨンに纏め、より女性らしい雰囲気を醸し出している。
通りすがりの女性の服をコピーし、その女性を殺害し、車を奪い、任務を開始する。
スコット
ケイトの婚約者であるスコットを殺害し、さらに彼女を殺害しようとして変身した姿。この姿で警察の車に乗り、その中で警官二人を殺害してケイトの元へ向かい、そこで彼女に近付きながら、上記の姿に戻る。それに驚いてその場を動けなかった彼女をプラズマ砲で吹き飛ばそうとしたが、T-850にRPG-7を打ち込まれて自分が吹き飛ばされ、阻止された。この時、おそらくプラズマ砲が破損してしまったと思われる(その後、これに代わって火炎放射器に換装している)。ちなみに、変身の仕方が、一端液体金属を外して骨組みになり、その直後にまた液体金属を被せ、上記の姿になった。
CRSの女性職員の制服姿
T-1を起動させるためにCRSに侵入した時の姿。服装を変化させただけなので、顔は錆色の服装の時と変わらない。そのため女性職員は殺していないと思われる。この姿でT-1が保管されている地下室に行き、ナノテクノロジートランスジェクターでコンピューターに命令を下した。なお、この際、T-Xがスカイネットと交信する描写はなく、T-Xの行動がスカイネットに何らかの影響を及ぼしたかは不明である。
ケイト・ブリュースター
T-1を起動させた後、彼女の父のロバートに近付くために変身した。薄紫のシャツに黒のスキニーパンツ、野暮ったいジャケットとかなり地味な服装。いきなり彼女に変身できたのは、序盤で彼女を車から投げ飛ばし、ブーツの踵で彼女の喉を踏みつけたときにデータをコピーしたため。しかし、本物のケイトはT-850と共にすぐ近くで行動していたため、あっさりとバレた。
骨格姿
表面の液体金属を除いたときがT-Xの本来の姿である。コンパクトで丸みを帯びた女性の人間に近いフォルムの金属ボディーでシルバー色に頭蓋骨に光る細い目があるのが特徴。口や頭部、間接部分など一部青色に光る部分が存在する。また、口にある歯は産業用ダイヤモンドより硬い。痩せ気味で口は割と大きめ。スコットから元の姿に戻る際に一旦液体金属を剥がしたときの姿であり、ジョンにCRS内部にある強磁場発生装置を作動させられて、液体金属が溶け出して骨格が剥き出しになったときの姿。また、クリスタルピークの核シェルターにてヘリで突っ込み、ケイトとジョンを追い詰めようとした直後、T-850の乗る2機目のヘリで押しつぶされて引きずられ、表面の液体金属が剥がれた時に見られる。この時、瓦礫に足が下敷きになり、自ら(任務続行の為)両足を切り離し失った。激しく吠えながらジョンやケイトに襲いかかろうとするが、T-850に食い止められ、(ただし、T3小説版では内蔵の金属カッターを使い攻撃を加え、T-850の機能を一時的に停止させる描写が有る)口に水素電池をはめられ爆発四散した(この時、同時にT-850も爆発により、表面の皮膚は破壊されるが頭蓋装甲の金属骨格部分は残り、二個あるバッテリーをすべて失ったため機能停止した)。ちなみに、直前に液体金属が顔に戻り、以前の顔に戻ろうとしていたが、このときは色が肌色でなく元の銀色だった。
ドレス姿
漫画版のみに登場。
ボディーラインにフィットし、大きくサイドスリッドの入ったかなり露出度の高いドレスを着用して、ハイヒールを履いた姿。髪型は、映画版と違ってポニーテール。
ジョンやケイト抹殺の任務は映画版と同じ。
プラズマ砲を発射させたりするなどの、映画版同様の武器に加え、腕を巨大な刃物の形に変形させたり、スカイネットに連絡を取り、任務の是非を伝えたりと、映画版にはなかった要素が登場している。

その他[編集]

ターミネーター4』には登場していない。『T4』の監督を務めたマックGによると、「T-1000との対戦もあり得る」とのことだったが、時代設定(舞台である2018年はT-800が開発されたばかりであり、T-XだけでなくT-1000の開発も不可)のためか実現はしなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 小説版に記載
  2. ^ T-850は「破壊は不可能」と言っている。
  3. ^ 小説版に記載