69式ロケットランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
69式ロケットランチャー
DN-SD-06-16156.JPG
中国製69式ロケットランチャー
上の2挺は、同じく中国製の56-2式自動小銃
69式ロケットランチャー
種類 対戦車擲弾発射器
製造国 中華人民共和国の旗 中国
設計・製造 中国北方工業公司
仕様
種別 クルップ式無反動砲
口径 40mm(発射機の砲口)
使用弾薬 弾頭を参照
装弾数 1発
全長 910mm
重量 5.6kg
有効射程 弾頭に依存するが920m
歴史
製造期間 1970年-現在
配備期間 1970年-1990年代半ば(中国
関連戦争・紛争 カンボジア内戦
中越戦争
ソ連のアフガニスタン侵攻
スリランカ内戦
その他多くの戦争・紛争
バリエーション 69-I式
テンプレートを表示

69式40mm対戦車ロケットランチャー中国語: 69式40毫米反坦克火箭筒;以後は69式と呼称)は、中国中国北方工業公司が製造する対戦車擲弾発射器である。69式はソビエト連邦製のRPG-7を無断でコピー生産したものであり、1970年代から中国人民解放軍に配備されるとともに、輸出も広く行われている。愛称の"四零火"は、口径の40ミリとロケットを意味する"火箭"の略称。

開発[編集]

中国人民解放軍の最初の携帯対戦車兵器は、ソ連製のRPG-2ライセンス生産して1956年に制式採用された56式ロケットランチャーであった。しかし、56式(とソ連から供与されていたRPG-2)は射程が短いうえに弾道が山なりだったため命中精度も低く、中ソ国境紛争で相まみえたソ連製T-62を始めとする新世代主力戦車の正面装甲を貫通させるのは不可能であったので、人民解放軍は56式の後継となる携帯対戦車兵器を大至急必要とした。

中国1960年代初頭からRPG-7リバースエンジニアリングを進め、1964年には試作品が完成した。1970年代中盤から人民解放軍の歩兵小隊への配備が始められた。

特徴[編集]

69式はRPG-7のコピーであるため、基本的な形状や性能はほぼ同一であるが、細かいところに独自の改良が加えられている。

まず、地面や防御用遮蔽物に依託して射撃する際に弾頭の安定翼が地面や障害物に触れないように二脚が装着されており、これはのちにRPG-7V1/D2以降のロシア製RPG-7にも採用された。

また、トリガーグリップの後部に設置されていた支持用グリップを廃止し、その代わりに砲身上部にキャリングハンドルを追加して携行性を向上させている。

この他にも発射筒の全長をRPG-7の950mmから40mm短縮しており、本体重量も5.6kgにまで軽量化されている。

弾頭[編集]

69式の弾頭にはいろいろな形状と種類が存在するが、構造と形状は基本的にRPG-7のそれと同一である。

名前 種類 重量 直径 有効射程 貫徹能力(RHA換算) 対人危害半径 備考
69式 成形炸薬弾 2.2kg 85mm 300m 110mm(65º) - -
69-1式 成形炸薬弾 2.2kg 85mm 300m 150mm(65º) - -
69-2式 成形炸薬弾 2.9kg 94mm 200m 180mm(65º) - -
69-3式 成形炸薬弾 2.3kg 94mm 290m 180mm(65º) - -
84式 成形炸薬弾 1.8kg 85mm 350m 180mm(65º) - -
84-1式 多目的成形炸薬弾 2.7kg 92mm 1,800m 150mm(60º) 20m 対人/対戦車兼用弾頭
84-2式 焼夷榴弾 2.7kg 76mm 1,500m - 15m 炸裂時に、900個の鉄球と3,000個の焼夷剤ペレットをばらまく。
69-1F式 榴弾 2.1kg 75mm 1,500m - 15-20m 地面着弾後バウンドして高さ2mで起爆し、800個の鉄球をばらまく。

運用[編集]

69式は1979年中越戦争において初めて実戦投入された。主にベトナム人民軍の陣地の攻撃に使用され、中国人民解放軍兵士からは高く評価された。

このほかにも広く輸出されており、アルバニアエストニアラトビアリトアニアマルタアルジェリアグルジアイラクイランパキスタンスリランカバングラデシュミャンマーラオスカンボジア北朝鮮などに輸出されている。

また、1979年からのソ連のアフガニスタン侵攻に際しては、CIA中国から購入した69式を56式自動小銃(中国製AK-47)とともにムジャーヒディーンに供与した。

現代の戦場ではかつてほどの効果を発揮できなくなっているため、1980年代中ごろには人民解放軍向けの生産を終了し、現在では口径80mmの新型対戦車ロケットランチャーPF-89や、87式グレネードランチャーへの更新が進められている。しかし、国境付近の民兵組織には依然として配備されているほか、暗視式照準器を使用可能とするなどの改良を加えた69-I式が輸出用に生産されている。そしてソ連やその他の国で生産されたRPG-7と共に、世界中の反政府組織やテロリスト軍閥が現在もなお使用している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]