ロボコップ3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボコップ3
RoboCop 3
監督 フレッド・デッカー
脚本 フランク・ミラー
フレッド・デッカー
原案 フランク・ミラー
原作 キャラクター創造
エドワード・ニューマイヤー
マイケル・マイナー
製作 パトリック・ クロウリー
出演者 ロバート・ジョン・バーク
ナンシー・アレン
マコ岩松
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 ゲイリー・B・キッビ
編集 バート・ラヴィット
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア・トライスター映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年11月5日
日本の旗 1993年4月17日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 $10,696,210[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
前作 ロボコップ2
次作 ロボコップ (2014年の映画)
テンプレートを表示

ロボコップ3』(RoboCop 3)は、1993年公開のアメリカ合衆国の映画

映画『ロボコップ2』の続編である。監督はフレッド・デッカー

ストーリー[編集]

前作で“ロボコップ2”による大失態を犯してしまったオムニ社は、業績回復に躍起になっており、新たにデトロイト“デルタ・シティ”という都市再開発計画を進めていた。計画進行の為に邪魔になる住人はオムニ社の“私設特殊部隊リハッブ(都市再建警備隊)”で強引に追い出し、強制収容所送りにしていた。

市民の安全と自分を製作したオムニ社への絶対忠誠プログラムとの間で板挟みになるロボコップ。そんな中、住居から追い出され教会に逃げ延びていた住民達をリハッブが強引に捕らえようとし、たまたま仕事が休みで防弾チョッキを未着用であったアン・ルイス巡査は彼らを守る為にリハッブの司令官、ポール・マグダゲット本人の射撃によって生死不明の重傷を負ってしまい、ロボコップもまた大きな損傷を受けるが、廃工場に逃げ延びていた住民達に構成された市民反乱軍によって助け出される[2]

その頃、日本企業“カネミツ・コーポレーション”買収されたオムニ社では、会社を立て直す為の過酷なノルマ達成、なりふり構わなくなったオムニ社の数々の悪行による良心の呵責、そして理不尽な解雇処分に耐えられなくなり、自殺する社員が後を絶たない状態にあった。そして、カネミツからは、敵に回ったロボコップの対策として、最新鋭のアンドロイドである“オートモ”がデトロイトに送り込まれるのだった。

一方、市民反乱軍の知らせを受け、ロボコップの収容されているアジトに合流したマリー・ラザラス博士は、ロボコップの修復と同時に、市民反乱軍が偶然入手した強化フライトパーツの装着を試みようとする。しかし、ロボコップが単独でマグダゲットの逮捕に向かっている間に、金と引き換えでマグダゲットに寝返ったメンバーの密告によって、アジトの存在が知られてしまい、市民反乱軍は壊滅的ダメージを受けてしまう。組織のリーダーであったバーサも、その戦闘中に息絶えてしまいマリーはリハッブによって囚われの身となってしまった。

完全にデトロイドの支配者も同然となったマグダゲットは、デトロイト市警察にまで住民の強制退去に協力させようとするが、オムニ社やリハッブの暴挙に対し腹に据えかねていた署長を始めとする殆どの警察官達は、警察官としての誇りを守る為にも、これを拒否。自分達の警察官の証であったバッジを次々と捨ててデトロイト署を辞職する決意をする。もはや手段を選ばなくなったマグダゲットは、警察に捕まったギャング達を戦力として採用。絶望のどん底に陥る市民反乱軍は既に抵抗する気力を失っていたが、デトロイト署員であった警察官達の呼び掛けによって再起を決意。彼らと共闘して、リハッブとギャングによって構成された連合軍の襲撃に立ち向かう。

その頃 崩壊したアジトに戻っていたロボコップの前に、カネミツの命令を受けていたオートモが姿を現し、ロボコップに襲い掛かる。

キャスト[編集]

日本語吹替版[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD テレビ東京 テレビ朝日
ロボコップ ロバート・ジョン・バーク 谷口節 菅原正志 磯部勉
アン・ルイス ナンシー・アレン 小宮和枝
マリー・ラザラス博士 ジル・ヘネシー 佐々木優子 勝生真沙子 日野由利加
ニコ レミー・ライアン 小林優子 岡村明美 紗ゆり
マクダゲット隊長 ジョン・キャッスル 堀勝之祐 小林勝彦 池田勝
リード署長 ロバート・ドクィ 藤本譲
カネミツ マコ岩松 麦人 大山高男 佐々木梅治
社長 リップ・トーン 村松康雄 平野稔
バーサ CCH・パウンダー 火野カチコ 磯辺万沙子 塩田朋子
ザック スタンリー・アンダーソン 塚田正昭 小島敏彦
ドナルド・ジョンソン フェルトン・ペリー 秋元羊介
フレック ブラッドリー・ウィットフォード 田原アルノ 仲野裕
モレノ ダニエル・フォン・バーゲン 立木文彦 山野史人
クーンツ スティーヴン・ルート 西村知道 福田信昭
その他又は役不明 石森達幸
有本欽隆
横尾まり
広瀬正志
中多和宏
稲葉実
小室正幸
紗ゆり
荒川太朗
辻親八
星野充昭
古田信幸
定岡小百合
田原アルノ
宝亀克寿
叶木翔子
渡辺美佐
古田信幸
大川透
大黒和広
伊井篤史
翻訳 木原たけし 宇津木道子
演出 伊達康将 松川陸
調整 荒井孝 高久孝雄 山田太平
効果 リレーション
プロデューサー 吉岡美惠子 福吉健
奥田創史
担当 神部宗之
菊池由香
久保一郎
バブルネック涼
制作 東北新社 ムービーテレビジョンスタジオ
初回放送 1995年4月6日
木曜洋画劇場
1996年4月7日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

出演者の交代[編集]

前2作に主演していたピーター・ウェラーは『裸のランチ』出演の為スケジュールが合わず主役交代となった。 また、同じく前2作に出演していたオムニ社の会長役のダニエル・オハリヒーと会長の秘書役も本作には登場しない。

脚注[編集]

  1. ^ a b RoboCop 3”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ ルイス巡査がどうなったかについてはロボコップ プライム・ディレクティヴの概要を参照のこと。

外部リンク[編集]