ダニエル・フォン・バーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・フォン・バーゲン
Daniel von Bargen
生年月日 1950年6月5日(63歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗シンシナティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1974年 -

ダニエル・フォン・バーゲンDaniel von Bargen 1950年6月5日 - )は、アメリカ合衆国シンシナティ出身の俳優

パデュー大学で演劇を学んだ後、ロードアイランド州の劇場で長年舞台に立ち、テレビ、映画へと進出。悪役や警察官、軍人の役が多い。また、テレビドラマ『となりのサインフェルド』シーズン9でジョージ・コスタンザの上司クルーガーや、『マルコム in the Middle』でのエドウィン・スパングラー校長役でも知られる。

2012年2月20日、シンシナティの自宅で拳銃で自らのこめかみを撃って自殺を図るも失敗、自ら911番に緊急通報して病院に搬送された。彼は長年糖尿病を患っており、近々壊疽を起こした足の指の切断手術を受ける事になっていたが、それを苦にしての事だったという[1][2][3]

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]