キャリコM100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャリコM100
M105calico4143.jpg
キャリコM105
概要
種類 自動小銃短機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 キャリコ
性能
口径 .22inch(5.59mm)or 9mm
銃身長 536mm
ライフリング 10条右回り
使用弾薬 .22LR
9mmパラベラム弾
装弾数 50・100発
作動方式 ディレイドブローバック
全長 757mm(909mm)
重量 1900g
銃口初速 427 m/s
有効射程 90m

キャリコM100は1986年にアメリカのキャリコ社(Calico Light Weapons)が開発した民生用小型自動小銃カービン)。.22LR弾を使用する他、9mmパラベラム弾を使用するモデルや、フルオート射撃可能な公用向けの短機関銃型がある。

概要[編集]

元々は拳銃弾を使用する民間向けのセミオートライフルとして開発された。作動方式はディレイドブローバックだが、9mmパラベラム弾を使用するM900シリーズでは、H&K G3に近いローラーロッキング方式に変更している。

最大の特徴は「ヘリカルマガジン」と呼ばれる弾倉である。これは円筒状のケースの中で弾薬を螺旋状に配置するというもので、コンパクトな見た目とは裏腹に100発という多弾数を実現した。また、一般的な銃器ではマガジンをグリップの前方や内部に差し込むのに対し、M100はグリップより後部、丁度ストックの真上にマガジンを配置したブルパップ方式を採用している。ちなみに、トリガー前方にあるのはイジェクションポートである。

非常に独特なシステムで知られるキャリコM100だったが、1994年に施行されたアサルトウェポン規制法によって、民間用の銃器では11発以上の装弾数を持つマガジンを使用出来なくなり、マガジン容量という最大のセールスポイントを失ってしまった。また、軍用、警察用としては既にH&K MP5などの優秀な短機関銃が採用されており、信頼性が低いとして採用されなかった。そのため、独特過ぎるデザインも相まって商業的には成功せず、キャリコ社は一度倒産している。

バリエーション[編集]

M100は口径や用途に応じて多数のバリエーションがある。型式番号は発売順に付けられている。

M960
22LR弾モデル
  • M100
基本モデル。分類としては民生用ピストルカービンに当る。
  • M100 Tactical
ハンドガードがピカティニー・レールになっている。
  • M100S
M100を木製のハンドガードとグリップと一体型のサムホールストックに換装したモデル。
  • M-100FS Tactical
ハンドガードがピカティニー・レールになっている。
  • M100FS
M100のストックをプラスチック製の固定式に換装したモデル。ハンドガードとグリップは特に変更していない。
  • M105
M100Sのストックをピストルグリップに変更したモデル。
  • M100P/M110
M100のバレルを201mm(6.1インチ)まで短縮し、ストックを省略してマガジンを50連に変更したピストルモデル。
9mmx19モデル
  • M900/Liberty I
M100の9mmパラベラム弾仕様。スライドストックを標準装備し、ハンドガードの形状が変更された他、バレルも延長されている。
  • Liberty I Tactical
ハンドガードがピカティニー・レールになっている。
  • M900S/Liberty II
M900に固定ストックを装備したモデル。以下、Sが付くモデルは同じ形状のストックを装備。
  • Liberty II Tactical
ハンドガードがピカティニー・レールになっている。
  • M900A
軍、警察向けのフルオート射撃可能な短機関銃モデル。以下、Aが付くモデルはフルオート射撃可能。
  • M950/Liberty III
M900のバレルを短縮し、スライドを省略したピストルモデル。通常は50連マガジンを使用する事で全長を短縮している。
  • Liberty III Tactical
ハンドガードがピカティニー・レールになっている。
  • M951
M900をベースにマズルコンペンセイターとフォアグリップを装備したタクティカルカービン。
  • M955
M951のショートカービン。
  • M960
M950にスライドストックを装備したモデル。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

「Calico M950」という名称で登場。ゲーム内兵種「ポイントマン」の主武器として使用可。9mmパラベラム弾を使用するサブマシンガンとして登場している。
クレア編の序盤でM100Pを入手可能。威力は低いが今作で導入された二挺拳銃で使用する。
2日目のドライフィールドで一定条件を満たした場合、ダグラスからM950を譲ってもらえる。

小説[編集]

衛宮切嗣と久宇舞弥がM950をサイドアームとして使用。
同シリーズの「組織報復」でガルツェが使用。

漫画[編集]

殺し屋ナポレオンのメインアーム。マガジンを300連発にカスタマイズした事もある。
「キャリコP」として登場。
衛宮切嗣と久宇舞弥がM950をサイドアームとして使用。

アニメ[編集]

衛宮切嗣と久宇舞弥がM950をサイドアームとして使用。

映画、ドラマ[編集]

第三シーズンの「エネミー・ライン」でイギリス陸軍駐屯地にいたSAS隊員に一丁だけ配布されたがその後の任務で使用されなかった。
第2シーズン、凶悪覆面強盗団にて犯人が使用
血液凝固剤入り弾薬の発射機として登場。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]