アイアンマン/XOマノワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイアンマン/XOマノワー
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーションセガサターンゲームボーイゲームギアDOS
開発元 Real Sports/Realtime Associates
発売元 アクレイム・エンタテインメント
人数 1人
メディア CD-ROM
ロムカセット
発売日
対象年齢
  • ESRB: K-A (GB, GG)
テンプレートを表示

アイアンマン/XOマノワー』(Iron Man / X-O Manowar in Heavy Metal)は、リアル・スポーツ英語版リアルタイム・アソシエーションズ英語版が開発し、アクレイム・エンタテインメントにより発売された1996年のテレビゲームである。機種はプレイステーションセガサターンゲームボーイゲームギアDOSである。

マーベル・コミックアイアンマンアクレイムコミックX-Oマノワー英語版によるクロスオーバー作品で、両ヒーローを操作して様々なヴィランを倒す横スクロール・アクションゲームである。

ストーリー[編集]

ストーリーはアニメーションではなくテキストによって表現される。

アイアンマンX-Oマノワー英語版は、コズミック・キューブ英語版を狙うスーパーヴィランのチームを阻止するために手を組む。

ゲーム性[編集]

アイアンマンとX-Oマノワーはどちらもジャンプ、パンチ、レーザー光線の発射(アイコンを取ってアップグレードできる)、飛行ができる。各ミッションの始めには画面上にクリア条件が提示される。

批評家の反応[編集]

GameSpotでは10点満点中5.2点が与えられ、「グラフィックス、音、ゲームプレイ、あらゆる面が乏しい」、「もう6カ月の開発を要したのに急造されたように感じる。良質なアクション・スクロールを探している方は他のをやるべきだ。」と評された[1]IGNはPS版に対して10点満点中3点を与え、キャラクターを「交替できる」ことを評価し、「ただ退屈である。操作性が悪く、グラフィックスは2D横スクロールとしては十分だが、32ビット規格には達していない。」と結論付けた[2]

メディア展開[編集]

このゲームを原作とした全2号のクロスオーバーコミックが発売された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]