マイティ・ソー/ダーク・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World
監督 アラン・テイラー
脚本 クリストファー・ヨスト
クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
原案 ドン・ペイン
ロバート・ロダット
原作 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 ヴィクトリア・アロンソ
ルイス・デスポジート
アラン・ファイン
ナイジェル・ゴストゥロウ
クレイグ・カイル
スタン・リー
出演者 クリス・ヘムズワース
ナタリー・ポートマン
トム・ヒドルストン
アンソニー・ホプキンス
ステラン・スカルスガルド
カット・デニングス
イドリス・エルバ
クリストファー・エクルストン
アドウェール・アキノエ=アグバエ
カット・デニングス
レイ・スティーヴンソン
ザッカリー・リーヴァイ
浅野忠信
ジェイミー・アレクサンダー
レネ・ルッソ
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 クレイマー・モーゲンソー
編集 ダン・レーベンタール
ワイアット・スミス
製作会社 マーベル・スタジオズ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 世界の旗 2013年10月30日
アメリカ合衆国の旗 2013年11月8日
日本の旗 2014年2月1日
上映時間 112分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $170,000,000[2]
興行収入 $204,569,563[3] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$632,969,563[3] 世界の旗
前作 マイティ・ソー
テンプレートを表示

マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(Thor: The Dark World)は、マーベル・コミックのキャラクターであるマイティ・ソーを主人公とし、マーベル・スタジオズが製作、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ配給するアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。2011年の『マイティ・ソー』の続編であり、マーベル・シネマティック・ユニバースを舞台とするシリーズとしては8作目である。監督はアラン・テイラー、脚本はクリストファー・ヨストクリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリー[4]であり、クリス・ヘムズワースナタリー・ポートマントム・ヒドルストンアンソニー・ホプキンスステラン・スカルスガルドカット・デニングスイドリス・エルバレネ・ルッソは前作に続いて出演する。

前作公開前の2011年4月より企画が始まり、ケヴィン・フェイグはクロスオーバー映画『アベンジャーズ』から続く物語になると発表した。7月、前作の監督のケネス・ブラナーは自身が出演もする『エージェント・ライアン』の監督を勤めるためプロジェクトから撤退した。新たな監督としてブライアン・カーク英語版パティ・ジェンキンス英語版が考慮された末、2012年1月にテイラーが雇われた。主要撮影は2012年9月にイングランドのサリーで始まり、アイスランドとロンドンでも行われ、2012年12月に完了した。ポストプロダクション時には3Dに変換された。

ワールド・プレミアは2013年10月22日にロンドンで行われた。2013年10月30日に国際市場、11月30日にアメリカ合衆国で封切られた。

ストーリー[編集]

アベンジャーズ』から1年後[5]ソーは9つの世界を守るために宇宙誕生前からの敵と戦う。復讐のために現れたマレキス英語版率いる原始種族たちは世界を闇で覆おうとしていた。オーディン英語版アスガルド英語版が倒せない敵に直面すると、ソーはジェーン・フォスターに再会し、危険な旅へと出発する[4]

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替え

ソー - クリス・ヘムズワース三宅健太
アスガルド英語版の王子。北欧神話トールに基づいている[6]
ジェーン・フォスター- ナタリー・ポートマン坂本真綾
天文物理学者でソーの恋人[7]
ロキ - トム・ヒドルストン平川大輔
ソーの義弟で宿敵。北欧神話のロキに基づいている[8]
オーディン英語版 - アンソニー・ホプキンス浦山迅
アスガルドの王で、ソーの父、ロキの養父。北欧神話のオーディンに基づいている[9]
エリック・セルヴィグ博士英語版 - ステラン・スカルスガルド金子由之
フォスターの先生で友人の科学者[10]
ヘイムダル英語版 - イドリス・エルバ斉藤次郎
ビフレストからすべてを監視するアスガルドの護衛者。北欧神話のヘイムダルに基づいている[11]
マレキス英語版 - クリストファー・エクルストン相沢まさき
スヴァルトヘイムのダークエルフ英語版の支配者[12]
アルグリム / カース英語版 - アドウェール・アキノエ=アグバエ
マルキスの腹心のダークエルフ[13]
ダーシー・ルイス - カット・デニングス田村睦心
フォスターの研究所手。『Deadline.com』はデニングスの役割はコミックリリーフサイドキックと報じている[14]
ヴォルスタッグ英語版 - レイ・スティーヴンソン咲野俊介
ソーと共に冒険を繰り広げた3人組であるウォーリアーズ・スリー英語版の1人[15]
ファンドラル英語版 - ザッカリー・リーヴァイ遠藤大智
ウォーリアーズ・スリーの1人[16]。1作目でファンドラルを演じたジョシュア・ダラスは『ワンス・アポン・ア・タイム』のために降板し、リーヴァイに代わった。もともとリーヴァイは1作目でもこの役の予定だったが、『CHUCK/チャック』があったために断念していた[17]。リーヴァイはアニメ映画『塔の上のラプンツェル』で演じたフリン・ライダーとこの役を比較した[18]
ホーガン英語版 - 浅野忠信(浅野忠信)
ウォーリアーズ・スリーの1人[19]
シフ英語版 - ジェイミー・アレクサンダー北西純子
アスガルドの戦士でソーの幼馴染。北欧神話のシヴに基づいている[20]
フリッガ英語版 - レネ・ルッソ滝沢久美子
オーディンの妻で、アスガルドの女王、ソーの継母、ロキの養母である。北欧神話のフリッグに基づいている[21]。ルッソは、自身の役割が拡大し、ロキとフリッガの関係を探求していると述べた[22]

他に、クライヴ・ラッセル佐々木敏)は北欧神話のテュールに基づいたティール英語版を演じる[23]。ラッセルは、ベニチオ・デル・トロ石住昭彦)演じるコレクター英語版(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にも出演)と彼が同じ場面に出演すると述べていたが[24][25]、実際にはクレジット中の場面でデル・トロはヴォルスタッグ役のスティーヴンソン、シフ役のアレクサンダー、コレクターの側近役のオフィリア・ラヴィボンドと共演した。アリス・クリーグ寺内よりえ)はアスガルドの医者のエイア役で一場面に出演したジョナサン・ハワード佐藤せつじ)はダーシー・ルイスのインターンでコミックリリーフ的役割のイアンを演じた。トニー・カラン石田圭祐)は北欧神話の同名人物を基にしたオーディンの父のボー英語版を演じた[26][27]リチャード・ブレイクエインヘリャルの戦士を演じた[23]クリス・オダウド山岸治雄)はジェーン・フォスターの求婚者のリチャードを演じた[28]クリス・エヴァンス中村悠一)はキャプテン・アメリカに変装したロキ役でカメオ出演した[29]。また、ソーの共同原作者であるスタン・リー広瀬正志)は精神病棟の患者役でカメオ出演した[30]

製作[編集]

企画[編集]

2011年4月、『マイティ・ソー』の公開前にマーベル・スタジオズ社長のケヴィン・フェイグは、『アベンジャーズ』に続いて「ソーは新しい冒険に旅立つ」と述べた[31]

2011年6月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが『Thor 2』の公開日を2013年7月26日と予定し、クリス・ヘムズワースがソーを再演し、またブラナーが再び監督しないが、おそらく製作には関与することが報じられた[6]。『ロサンゼルス・タイムズ』は、当初ブラナーは続編に意欲があったが、視覚効果や脚本に関する制約から降板したと報じている[32]。後日、マーベルは1作目の脚本家のひとりであるペインを続編の脚本家として雇った[33]

2011年8月、ブライアン・カーク英語版が『Thor 2』の監督としてマーベル及びディズニーと交渉された。これは、HBOショウタイムBBCでテレビシリーズを手がけてきたカークにとって初めての大作映画監督となるはずであった[34]。1作目でヘイムダールを演じたイドリス・エルバは『Thor 2』でも再演する予定だと述べた[11]

2011年9月、トム・ヒドルストンは再出演を認め、『Thor 2』では「(ロキが)自分がやってたことに責任を取らなければならないだろう」と推測した[8]。カークとの交渉の際に契約の問題が発生したあと、マーベルとディズニーは『モンスター』や『THE KILLING 〜闇に眠る美少女英語版』のパイロット版の監督で知られるパティ・ジェンキンス英語版との交渉に入った[35]。同月、フェイグは続編がソーとジェーン・フォスターが別の世界を旅する物語だと説明した[36]

2011年10月、ファンドラル役のジョシュア・ダラスは『Thor 2』に続投予定であると述べた[37]。10月13日、ディズニーは『Thor 2』の公開日を2013年11月15日に変更した[38]。同日、マーベルはジェンキンスが続編を監督し、ナタリー・ポートマンが続投することを認めた[7]

プリプロダクション[編集]

サリーボーンウッド英語版に建てられた映画のセット。

2011年12月、ジェンキンスは「創造性の違い」を理由にプロジェクトを降板した[39]。彼女は、「我々は非常に良い条件で別れた。私はマーベルで働いて素晴らしい時間を過ごし、再び彼らと働くことを楽しみにしている」と述べた[40]。3日後、『ハリウッド・リポーター』誌は、マーベルはジェンキンスの代わりにアラン・テイラーダニエル・ミナハン英語版を監督候補にしていると報じた。同誌はまた、マーベルはドン・ペインの脚本の書き直しのために脚本家を雇い、それはジョン・コリー英語版ロバート・ロダットロジャー・エイヴァリーが候補だと報じた[41]。同月末、HBOのファンタジーシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のエピソードを監督したことで知られるアラン・テイラーが監督に決定した[42]

2012年1月、トム・ヒドルストンは2012年の夏にロンドンで撮影開始予定であると述べた[43]。また1月、マーベル・スタジオズが『プライベート・ライアン』の脚本家のロバート・ロダットをリライトのために雇ったことが報じられた[44]。後日、シフを演じたジェイミー・アレクサンダーは、「私は『Thor 2』についてのいくつかの議論をした。それが楽しくなるように、私は明確にその一部になるつもりだ。そして『ゲーム・オブ・スローンズ』のアラン・テイラーを監督に迎えて、私たちは興奮している。私は彼が何をもたらすかを見て興奮している」と述べた[20]

2012年4月、ヘムズワースは2012年8月よりロンドンで撮影を開始することを明かした[45][46]。同月末、レイ・スティーヴンソンの続投が報じられた[15]

2012年5月、マッツ・ミケルセンが悪役の1人を演じるために協議に入った[47]。また『Deadline Hollywood』は、1作目でオーディンを演じたアンソニー・ホプキンスが再演することを報じた[9]。同月末、ディズニーは公開日を2013年11月8日に前倒しした[48]

2012年6月、ジョシュア・ダラスはテレビシリーズ『ワンス・アポン・ア・タイム』のためにファンドラル役を降りることが発表された[49]。『ハリウッド・リポーター』は、マーベルがダラスの代役としてザッカリー・リーヴァイに注目していると報じた。リーヴァイはもともと1作目でも演じるはずであったが、『CHUCK/チャック』があったために辞退した[17]。リーヴァイは後に『The Tonight Show with Jay Leno』で関与を認めた[16]。また6月、ステラン・スカルスガルドの続投が報じられた[10]

2012年7月、マッツ・ミケルセンはインタビューで「(映画製作者たちとの)話し合いはしたが、『Hannibal』の予定があり、もう遅すぎた」と、降板を明かした[50]。同月、2012年のコミコン・インターナショナルにてタイトルが『Thor: The Dark World』と発表された[51]。同年8月、クリストファー・エクルストンがマルキス役として最終交渉に入った[12]。また、アラン・テイラーが『ゲーム・オブ・スローンズ』のときに撮影したアイスランドで本作の撮影を行うことが報じられた[52]。また、カット・デニングスがダーシー・ルイスを再演することが報じられた[14]。さらにアドウェール・アキノエ=アグバエがコース役でキャストに加わった[13]。月末、スタッフはイングランドのエイムスバレー付近のストーンヘンジにセットの建設を始めた[53]

撮影[編集]

主要撮影は2012年8月にイングランドのサリーボーンウッド英語版で開始された[54]コミカゼ・エキスポ英語版で原作者のひとりであるスタン・リーカメオ出演することが明かされた[30]。数週後クライヴ・ラッセルティーウ英語版リチャード・ブレイクエインヘリャルの戦士を演じることが明らかとなった[23]。月末、ジェイミー・アレクサンダーがロンドンでのセットで雨天時に歩いた際に滑って負傷した[55]。2012年10月、製作はアイスランドに移り、スケイザルアゥスコゥガフォスなどで撮影が行われた。『Iceland Review』ではこれまでのアイスランドで行われた中では最大規模の映画撮影と説明された[56]。10月末、ロンドンのグリニッジ旧王立海軍大学英語版での撮影が開始された[57]。また同月、ディズニーは3Dでの公開を発表した[58]。2012年12月14日、アレクサンダーは撮影の完了をツイートした[59]

ポストプロダクション[編集]

2013年7月、カット・デニングスは記者団に対し、映画は再撮影に向かっていることを明かした[60]。8月、再撮影の内容についてテイラーはトム・ヒドルストンとアンソニー・ホプキンスの場面であると語った[61]。また同月、IMAXコーポレーション英語版とマーベル・エンターテインメントは、映画がIMAX 3D形式にデジタルリマスタリングされ、2013年10月30日よりIMAX 3D劇場で封切られることを発表した[62]

視覚効果はダブル・ネガティブルーマ・ピクチャーズ英語版など7つの視覚効果スタジオが作成した[63]

映画のクレジット中の場面は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンが監督した[64]

音楽[編集]

2012年8月、パトリック・ドイルは今回も作曲家として続投するために監督と話し合っていることを明かした[65]。2013年4月時点ではカーター・バーウェルが起用されると報じられた[66]。しかしながら同年5月、『Deadline.com』はバウエルは創造性の違いにより降板したことを報じた[67]。2013年6月、マーベルはバウエルに代わって『アイアンマン3』のブライアン・タイラーを雇った[68]アザム・アリはこの映画音楽でヴォーカルを務めた[69]。サウンドトラックは2013年10月28日にデジタル販売された[70]

配給[編集]

ワールド・プレミアでのアラン・テイラー。

公開[編集]

ワールド・プレミアは2013年10月22日にロンドンのオデオン・レスター・スクエア英語版で行われた[71][72]。劇場公開はその8日後の10月30日にイギリスなどで始まった[73]。北米プレミアは11月5日にハリウッドエル・キャプテン・シアター英語版で行われた[74]

マーケティング[編集]

2013年のサンディエゴ・コミコン・インターナショナルに登場したロキ役のトム・ヒドルストン。

2013年3月、マーベルはクレイグ・カイル英語版クリストファー・ヨスト脚本、スコット・イートン英語版作画による全2号のプレリュード・コミックを6月に発売することを発表した[75]。2013年4月、マーベルは1本目の予告編を公開した。『フォーブス』誌は「この予告編はマーベルのブランドのためにその大きなマーケティングプッシュにうまくフィットしている。最初の映画で確認できるすべてのキャラクターを置き、アベンジャーズのチーム・イベントを連想させるようなアクションを提示し、観客からかなりの人気を誇るロキが再登場する」と述べた[76]。また『ロサンゼルス・タイムズ』は「予告編を通して明らかにアラン・テイラーの影響がある。戦闘シーンでは『ゲーム・オブ・スローンズ』の監督としての手法が見え、また『マイティ・ソー』の監督のケネス・ブラナーの下では明るく輝いていたアスガルドは続編では粗くなっていると思われる」と記述した[77]

2013年7月、コミコン・インターナショナルでトム・ヒドルストンがロキに扮して観客の前に登場し、映画のフッテージを紹介した[78]。また同月、ゲームロフトは映画の公開に併せてコンピュータゲーム『Thor the Dark World: The Official Game』を11月に発売予定であることを発表した[79]

2013年8月、マーベルはYouTubeのギーク・ウィークに2本目の予告編を公開した[80]。『フォーブス』誌は「この150秒の予告編は4月公開された予告編の拡張版なだけ」で「新しいものを紹介していない」と評した[81]。『ロサンゼルス・タイムズ』は「続編の不吉な、壮大なスケールを示唆している」、「ソーとロキのコラボレーションは特に面白いことを約束する」と評した[82]。また同月、プロデューサーのケヴィン・フェイグとキャストのトム・ヒドルストン、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンスらがディズニーのD23英語版エキスポで追加映像を発表した[83]

また2013年8月末、ディズニーはディズニーランドにプロモーション用のアトラクションを設置する計画を発表し、「観客たちはアスガルドを訪れ、マイティー・アベンジャーのソーと会うだろう」と述べた[84]。「Treasures of Asgard」と呼ばれるこのアトラクションはトゥモローランドイノベンションズ英語版内部のスタークインダ・ストリーズの展示の隣に設置され、2013年11月1日にオープンした[85]

2013年11月1日、マーベルはテレビドラマシリーズ『Agents of S.H.I.E.L.D.』の第8話「The Well」(2013年11月19日放送)が『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の後の出来事を描いた内容になることを発表した[86]

評価[編集]

興行収入[編集]

2013年11月8日時点で全世界で1億940万ドルを売り上げた[3]。33カ国で封切りが始まり、初日で合計820万ドルを売り上げてイギリスやフランスなどで初登場1位となり、前作を上回る滑り出しとなった[87][88]。公開から3日間で36カ国で4520万ドル[89]、さらに初週末5日間(水曜 - 日曜)では1億940万ドルを売り上げて北米外興行収入ランキングで1位となった[90]

北米興行収入は2億ドルを超え、全世界興行収入も6億3000万ドルを突破し、前作の興行収入を上回った。マーベル・シネマティック・ユニバースでは北米歴代5位、全世界歴代3位を記録している。

批評家の反応[編集]

2013年11月8日時点でRotten Tomatoesでは131件のレビューで支持率は70%となり、「マーベル・ユニバースの映画で最高傑作ではないかもしれないが、ファンが期待したユーモアやアクションを提供している」とまとめられた[91]Metacriticでは38件のレビューで加重平均値は54/100となった[92]

ガーディアン』のベン・チャイルドは「ヒドルストンとヘムズワースの印象的な集団的カリスマのおかげで、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』はフランチャイズ・キラーとは程遠くなっている」と述べた[93]

参考文献[編集]

  1. ^ Thor: The Dark World' (12A)”. Walt Disney Studios Motion Pictures. British Board of Film Classification (2013年10月16日). 2013年10月16日閲覧。
  2. ^ Kaufman, Amy (2013年11月7日). “Will 'Thor: The Dark World' hit $100 million in box office debut?”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/cotown/la-et-ct-box-office-thor-dark-world-20131107,0,7848954.story#axzz2jynEODsa 2013年11月7日閲覧。 
  3. ^ a b c Thor: The Dark World (2013)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年11月8日閲覧。
  4. ^ a b ‘Thor: The Dark World’ Official Synopsis Released”. StitchKingdom.com (2012年10月12日). 2012年10月12日閲覧。
  5. ^ O'Hara, Helen (2013年2月1日). “New Thor: The Dark World Set Photo”. Empire. 2013年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月1日閲覧。
  6. ^ a b Fleming, Mike (2011年6月30日). “Marvel And Disney Setting 'Thor 2' For Summer 2013; Chris Hemsworth's Back But Kenneth Branagh Won't Return”. Deadline.com. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月1日閲覧。
  7. ^ a b Fleming, Mike (2011年10月13日). “TOLDJA! Patty Jenkins Confirmed as 'Thor 2' Director”. Deadline.com. 2011年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月13日閲覧。
  8. ^ a b Warner, Kara (2011年9月1日). “'Thor 2' Director Not Set Yet, Says Tom Hiddleston”. MTV News. 2011年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  9. ^ a b Fleming, Mike (2012年5月24日). “Anthony Hopkins Up For ‘Red 2′ Villain; Can ‘Thor’ Sequel Dates Work?”. Deadline.com. 2012年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月24日閲覧。
  10. ^ a b Pape, Stefan (2012年6月28日). “King of Devil’s Island Interview – Stellan Skarsgård”. HeyUGuys.co.uk. 2012年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月28日閲覧。
  11. ^ a b Ghost Rider: Spirit of Vengeance – Idris Elba Interview”. IGN (2011年8月5日). 2011年9月19日閲覧。
  12. ^ a b Fleming, Mike (2012年8月1日). “We Have A ‘Thor 2′ Villain: Christopher Eccleston To Play Malekith The Accursed”. Deadline.com. 2012年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月1日閲覧。
  13. ^ a b McNary, Dave (2012年8月22日). “Adewale Akinnuoye-Agbaje joins 'Thor: Dark World'”. Variety. 2012年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  14. ^ a b Patten, Dominic (2012年8月21日). “‘2 Broke Girls’ Kat Dennings Back In ‘Thor 2’”. Deadline.com. 2012年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月21日閲覧。
  15. ^ a b Hibberd, James (2012年4月24日). “'Dexter' scoop: Ray Stevenson joins season 7 -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月24日閲覧。
  16. ^ a b Zachary Levi on Thor 2 (7/10/12)”. The Tonight Show with Jay Leno (2012年7月10日). 2012年7月11日閲覧。
  17. ^ a b Kit, Borys (2012年6月8日). “'Thor 2' Eyes 'Chuck' Star Zachary Levi (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2012年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月9日閲覧。
  18. ^ Chuck Reunion Live from Nerd HQ 2012”. UStream (2012年7月12日). 2012年8月2日閲覧。
  19. ^ Clark, Noelene (2012年8月2日). “‘Thor: The Dark World’: Christopher Eccleston is villain Malekith”. Los Angeles Times. 2012年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  20. ^ a b Wigler, Josh (2012年1月11日). “Jamie Alexander Teases 'Thor 2' Romance, Possible 'Avengers' Appearance”. MTV News. 2012年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  21. ^ Malkin, Marc (2011年3月21日). “Thor's Chris Hemsworth: "He's Huge", Gushes Costar”. E!. 2012年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月25日閲覧。
  22. ^ Vineyard, Jennifer (2012年7月31日). “Rene Russo Wants to Brush Up on Her Comic-Book History Before Thor 2”. New York. 2012年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月2日閲覧。
  23. ^ a b c Patten, Dominic (2012年9月24日). “‘Thor: The Dark World’ Adds Pair To Cast”. Deadline.com. 2012年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月24日閲覧。
  24. ^ Thor: The Dark World with Clive Russell”. Flicks and the City (2013年7月17日). 2013年7月17日閲覧。
  25. ^ Marvel Studios Begins Production on Guardians of the Galaxy”. Marvel.com (2013年7月20日). 2013年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月20日閲覧。
  26. ^ Curran, Tony (2013年10月11日). “guess who's playing Odin's Father?”. Twitter. 2013年10月11日閲覧。
  27. ^ Curran, Tony (2013年10月11日). “To young indeed to play Odin's Papa but in flashback tells of days gone bye....”. Twitter. 2013年10月11日閲覧。
  28. ^ Lukenbill, Mark (2013年3月19日). “Interview: Chris O'Dowd on Shooting 'The Sapphires' in Vietnam and Taking a Role in 'Thor 2' for Fun”. IndieWire. 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。
  29. ^ Thor: The Dark World Features An Avengers Cameo”. Comicbook.com (2013年10月23日). 2013年11月7日閲覧。
  30. ^ a b NTF Scoop – Stan Lee Confirms Cameo in “Thor: The Dark World””. Nuke the Fridge (2012年9月15日). 2012年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月17日閲覧。
  31. ^ Vejvoda, Jim (2011年4月19日). “Marvel: What's Next After Avengers?”. IGN. 2012年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月19日閲覧。
  32. ^ Boucher, Geoff (2011年7月27日). “Thor 2: Chris Hemsworth sad to see Kenneth Branagh go”. Los Angeles Times. 2011年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月28日閲覧。
  33. ^ Fleming, Mike (2011年7月1日). “'Thor 2' To Be Scripted By Don Payne”. Deadline.com. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月1日閲覧。
  34. ^ Graser, Marc; Kroll, Justin (2011年8月4日). “Brian Kirk in talks to direct 'Thor 2'”. Variety. 2011年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月5日閲覧。
  35. ^ Graser, Marc; Kroll, Justin (2011年9月22日). “Jenkins in talks to helm 'Thor 2'”. Variety. 2011年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月22日閲覧。
  36. ^ Breznican, Anthony (2011年9月22日). “'Monster' director Patty Jenkins considered for 'Thor 2'”. Entertainment Weekly. 2011年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月26日閲覧。
  37. ^ Goldman, Eric (2011年10月4日). “Josh Dallas Talks Thor 2”. IGN. 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月4日閲覧。
  38. ^ Masters, Kim (2011年10月13日). “Official: Disney's 'Lone Ranger' Sets May 31, 2013 Release Date”. The Hollywood Reporter. 2011年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月13日閲覧。
  39. ^ Fleming, Mike (2011年12月6日). “Director Patty Jenkins Exits Marvel’s 'Thor 2'”. Deadline.com. 2011年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月7日閲覧。
  40. ^ Kit, Borys (2011年12月6日). “'Thor 2' Director Patty Jenkins Exits”. The Hollywood Reporter. 2011年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月7日閲覧。
  41. ^ 'Thor 2' Closing in on New Director and Writer (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2011年12月9日). 2011年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月10日閲覧。
  42. ^ Belloni, Matthew (2011年12月24日). “'Game of Thrones' Director Alan Taylor Chosen for 'Thor 2'”. The Hollywood Reporter. 2011年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月26日閲覧。
  43. ^ Gordon, Jeremy (2012年1月10日). “Loki Will Keep People Guessing In 'Thor 2', Says Tom Hiddleston”. Empire. MTV News. 2012年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  44. ^ Fleming, Mike (2012年1月10日). “Robert Rodat To Rewrite ‘Thor 2′”. Deadline.com. 2012年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  45. ^ Lussier, Germain (2012年4月13日). “Chris Hemsworth Talks The New Asgard Of ‘Thor 2′”. /Film. 2012年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月15日閲覧。
  46. ^ Weintraub, Steve (2012年4月12日). “Kevin Feige Talks 'Thor 2', 'Captain America 2', 'Iron Man 3', the 'Avengers' Sequel, 2014 and 2015 Releases, Another 'Hulk' Sequel, and a Lot More!”. Collider.com. 2012年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月24日閲覧。
  47. ^ Mikkelsen in talks for 'Thor 2' villain role”. Variety (2012年5月24日). 2012年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月25日閲覧。
  48. ^ McNary, Dave (2012年5月31日). “'Lone Ranger' to get July 2013 release”. Variety. 2012年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月1日閲覧。
  49. ^ Rice, Lynette (2012年6月8日). “'Thor' scoop: Josh Dallas won't reprise role as Fandral -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. 2012年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月8日閲覧。
  50. ^ Hannibal weerhoudt Mads Mikkelsen van Thor 2”. Zoomin.TV (2012年7月12日). 2012年7月12日閲覧。
  51. ^ Vejvoda, Jim (2012年7月14日). “Comic-Con: Thor 2 Title Buzz and Ant-Man Footage”. IGN. 2012年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月14日閲覧。
  52. ^ Þórarinsson, Þórarinn (2012年8月3日). “Thor 2 verður tekin upp á Íslandi” (アイスランド語). Svarthofdi. 2012年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月3日閲覧。
  53. ^ Black, Morwenna (2012年8月29日). “Film being shot at Stonehenge”. Salisbury Journal. 2012年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月4日閲覧。
  54. ^ Saunders, Louise (2012年9月10日). “Filming for Thor 2: The Dark World gets underway in Surrey... but where is Chris Hemsworth?”. Daily Mail. 2012年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。
  55. ^ Doty, Meriah (2012年9月25日). “‘Thor’ star’s scary on-set injury”. Yahoo! News. 2012年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月26日閲覧。
  56. ^ Chris Hemsworth Arrives to Shoot ‘Thor’ in Iceland”. Iceland Review (2012年10月12日). 2012年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月15日閲覧。
  57. ^ Photos from the Thor 2 filming in Greenwich”. Greenwich, England: Greenwich.co.uk (2012年10月22日). 2012年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月22日閲覧。
  58. ^ Goldberg, Matt (2012年10月15日). “ANT-MAN Set for November 6, 2015; IRON MAN 3 and THOR: THE DARK WORLD Confirmed for 3D; Disney Announces More Release Dates and Changes”. Collider. 2012年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月15日閲覧。
  59. ^ Alexander, Jaimie (2012年12月14日). “Heading back to Los Angeles after wrapping up on THOR 2 :) farewell Asgard, I will miss you xo”. Twitter. 2012年12月14日閲覧。
  60. ^ Cornet, Roth (2013年7月30日). “Kat Dennings: Thor: the Dark World Heads Into Reshoots”. IGN. 2013年7月30日閲覧。
  61. ^ Weintraub, Steve 'Frosty' (2013年8月11日). “Director Alan Taylor Talks THOR: THE DARK WORLD, How They’re Still Shooting New Scenes, Trying to Find the Right Tone, and More at D23”. Collider. 2013年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月12日閲覧。
  62. ^ ‘Thor: The Dark World’ Gets IMAX Release”. Deadline.com (2013年8月15日). 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  63. ^ Upcoming Effects Films: Thor: The Dark World”. Cinefex (2013年7月24日). 2013年8月19日閲覧。
  64. ^ Connelly, Brendon (2013年10月22日). “Alan Taylor And Kevin Feige Express Rather Different Opinions About Thor: The Dark World’s End-Credits Tease”. Bleeding Cool. 2013年10月25日閲覧。
  65. ^ ScoreKeeper Chats All Things Scottish With BRAVE Composer Patrick Doyle!!”. Ain't It Cool News (2012年8月29日). 2012年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月30日閲覧。
  66. ^ Carter Burwell to Score ‘Thor: The Dark World’”. Film Music Reporter (2013年4月19日). 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月23日閲覧。
  67. ^ Yamato, Jen (2013年5月28日). “Composer Carter Burwell Departs Marvel’s ‘Thor: The Dark World’”. Deadline.com. 2013年5月28日閲覧。
  68. ^ Brian Tyler to Score ‘Thor: The Dark World’”. Film Music Reporter (2013年6月18日). 2013年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月18日閲覧。
  69. ^ Ali, Azam (2013年9月6日). “Now that it's all done, I can officially announce that I will be the featured vocalist on the upcoming score by the hugely talented composer Brian Tyler Fan Page for the major motion picture "Thor- The Dark World" to be released in November. I saw the first one and loved it. This one is even better. I've worked with Brian over the years on several scores most notable the popular "Children of Dune", so it was great to work with him again after so many years, even though this time I recorded my vocals in Montreal and sent them to LA. It is rare that I'm super excited to see a film I've worked on. This is one of them.”. Facebook. 2013年9月7日閲覧。
  70. ^ ‘Thor: The Dark World’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2013年10月18日). 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月18日閲覧。
  71. ^ Mingle with the stars at the premiere of Thor: The Dark World”. The Sun (2013年10月14日). 2013年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月16日閲覧。
  72. ^ Mercedes Lara, Maria (2013年10月22日). “Natalie and Tom Make A Hot Thor 2 Pair”. PopSugar. 2013年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月22日閲覧。
  73. ^ West, Michael (2013年10月24日). “Thor 2: The Dark World Scores 83%: Where Does It Rank in Marvel's Oeuvre?”. Contactmusic.com. 2013年11月4日閲覧。
  74. ^ Milly, Jenna (2013年11月5日). “'Thor: The Dark World' premieres in Hollywood to screaming crowd”. Entertainment Weekly. http://popwatch.ew.com/2013/11/05/thor-the-dark-world-premiere/#disqus_thread 2013年11月5日閲覧。 
  75. ^ Marvel Comics Solicitations for June, 2013”. Comic Book Resources (2013年3月13日). 2013年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月13日閲覧。
  76. ^ Hughes, Mark (2013年4月23日). “'Thor: The Dark World' Trailer Released, Fuels Marvel Marketing Machine”. Forbes. 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  77. ^ Clark, Noelene (2013年4月23日). “‘Thor: The Dark World’ trailer: Marvel meets ‘Game of Thrones’”. Los Angeles Times. 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  78. ^ McIntyre, Gina (2013年7月21日). “Comic-Con: Tom Hiddleston talks ‘top-secret’ Loki Marvel panel stunt”. Los Angeles Times. 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  79. ^ Gameloft Announces the New Marvel's Thor: The Dark World - The Official Game”. Sacramento Bee (2013年7月22日). 2013年7月22日閲覧。
  80. ^ New Thor Trailer to Debut During YouTube's Geek Week”. Marvel (2013年7月30日). 2013年8月4日閲覧。
  81. ^ Mendelson, Scott (2013年8月7日). “Trailer Talk: 'Thor: The Dark World' And The Unnecessary Second Trailer”. Forbes. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。
  82. ^ McIntyre, Gina (2013年8月7日). “‘Thor: The Dark World’ trailer puts Tom Hiddleston’s Loki center stage”. Los Angeles Times. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。
  83. ^ Ford, Rebecca (2013年8月10日). “D23: Disney Brings Out Angelina Jolie for 'Maleficent,' Screens New Footage of 'Saving Mr. Banks'”. The Hollywood Reporter. 2013年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月13日閲覧。
  84. ^ Graser, Marc (2013年8月20日). “Thor Is Headed to Disneyland”. Variety. 2013年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月20日閲覧。
  85. ^ Lesnick, Silas (2013年10月25日). “CS Explores Disneyland's Thor: The Dark World Attraction, Treasures of Asgard”. ComingSoon.net. 2013年10月26日閲覧。
  86. ^ Declassifying Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.: The Well”. Marvel (2013年11月1日). 2013年11月1日閲覧。
  87. ^ Kay, Jeremy (2013年10月31日). “Thor 2 flies to $8.2m int'l start”. 2013年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月1日閲覧。
  88. ^ Finke, Nikki (2013年10月31日). “‘Thor 2′ Begins International Rollout: Stronger Starts In UK & France Than First”. Deadline.com. 2013年10月31日閲覧。
  89. ^ McClintock, Pamela (2013年11月2日). “Box Office: 'Thor: The Dark World' an Early Hit Overseas”. オリジナル2013年11月3日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6KrMBOEcx 2013年11月3日閲覧。 
  90. ^ McClintock, Pamela (2013年11月3日). “Box Office: 'Thor: The Dark World' Opens to Huge $109.4 Million Overseas”. オリジナル2013年11月3日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6KrMGzoBL 2013年11月3日閲覧。 
  91. ^ Thor: The Dark World”. Rotten Tomatoes. 2013年11月8日閲覧。
  92. ^ Thor: The Dark World”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年11月8日閲覧。
  93. ^ Child, Ben (2013年10月23日). “Thor: The Dark World – first look review”. The Guardian. 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]