マリア・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Maria Hill
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場 ニューアベンジャーズ』第4号(2005年3月)
クリエイター ブライアン・マイケル・ベンディス英語版
デヴィッド・フィンチ
作中の情報
本名 Maria Hill
所属チーム S.H.I.E.L.D.
アベンジャーズ
パートナー アイアンマン
能力 鍛えられた捜査官としての能力

マリア・ヒルMaria Hill)は、マーベルコミックスのコミック作品に登場する架空の人物である。架空の諜報機関S.H.I.E.L.D.の一員して2000年代後半の「シビル・ウォー」や「シークレット・インベージョン」といった様々なストーリーに参加した。

マーベル・シネマティック・ユニバースではコビー・スマルダーズがヒルを演じており、映画『アベンジャーズ』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『The Avengers: Age of Ultron』、テレビドラマ『Agents of S.H.I.E.L.D.』に登場する[1]

出版上の歴史[編集]

マリア・ヒルはブライアン・マイケル・ベンディス英語版デヴィッド・フィンチによって創造され、『ニューアベンジャーズ』第4号(2005年3月)で初登場した。

作中での歴史[編集]

初登場[編集]

シカゴで生まれる[2]。当初はアメリカ軍に所属し、後にS.H.I.E.L.D.のエージェントとなる[3]

シークレット・ウォー英語版事件とニューヨーク壊滅の後、S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーは失踪すると、各国の指導者たちによって有能でありながらもフューリーに忠実でないエージェントであると見られたマリア・ヒルは臨時長官に任命される。この間には公然ではフューリーのライフ・モデル・デコイ英語版が使用された。ヒルは国連よりもアメリカ合衆国に忠実であると期待され、S.H.I.E.L.D.は他の国々よりもアメリカに仕えることになってゆく。長官に任命された後のある晩、ヒルはニック・フューリーに会う[4]

『シビル・ウォー』[編集]

2006-2007年のミニシリーズ『シビル・ウォー』では、ヒルはスーパーヒューマン登録法に反対するキャプテン・アメリカをはじめとするスーパーヒーローたちを逮捕しようとする[5]。法案成立後、ヒルは主要な執行者の1人を務める。彼女はワンダーマン英語版を恐喝し、登録法反対派を狩るS.H.I.E.L.D.の手伝いをさせる。またランナウェイズ英語版を捕らえるために洗脳したクリー英語版のスーパーソルジャーであるノヴァー英語版を送り出す。さらにスパイダーマンを捕らえるためにサンダーボルツ英語版に指示を出す。サンダーボルツのうち、ジェスター英語版ジャック・オーランタン英語版が送り出されるが、パニッシャーによって倒される[6]。シビル・ウォー終結後、アメリカ合衆国大統領はマリア・ヒルに代わってトニー・スタークを新たなS.H.I.E.L.D.長官に任命した[7]

副長官[編集]

ヒルはスターク率いるS.H.I.E.L.D.の副長官となり、様々なテロ組織と戦うスタークを支援する[8]。ヘリキャリアーがマンダリン英語版によるバイオ攻撃を受けた際、隊員を避難させる彼女は感染が主要な目的であると誤解した[9]。その後、スタークと対立しようとするが、ダム・ダム・デュガンに諭され、2人はスタークにもとに留まり続けることとなる[10]。スタークが国連に出頭させられて捕らえられた際にはヒルはデュガンと共に彼を逃がし、マンダリンを追跡を続行させた[11]

2008-2010年のストーリーライン[編集]

2008年のストーリーライン「シークレット・インベージョン」の際、ヘリキャリアーが地球外生命体のスクラル英語版の攻撃により使用不能になった後、ヒルはエドウィン・ジャービス英語版やS.H.I.E.L.D.のエージェントの一部がスクラルに成り代わられていたことを知る[12]。スクラルたちはヒルを承継するが、その「ヒル」はライフ・モデル・デコイ英語版による囮であった。ヒルはヘリキャリアーを墜落させるシステムを起動し、船内に侵入したスクラルを全滅させ、ジェットパックを使って脱出した[13]

スクラルによる侵略事件の影響を受け、「Dark Reign」のストーリーライン中にS.H.I.E.L.D.は大統領によって解散させられ、ヒルとトニー・スタークは失職した。S.H.I.E.L.D.の代わりに新たにH.A.M.M.E.R.英語版が置かれ、その長官にはグリーン・ゴブリン英語版が任命された[14]。『アイアンマン』の月刊シリーズでは、オズボーンは窃盗の容疑でヒルを捕らえるためにH.A.M.M.E.R.を派遣した。スタークがスーパーヒューマン登録法のデータベースを盗むと、ヒルは合流し、逃亡者となる[15]。ヒルはハードドライブを手に入れる任務をトニーから任される。ヒルはフューチャーファーム社の地下で人々を誘拐して操っているコントローラー英語版と遭遇し、小競り合いの末に脱出し、トニーから頼まれたドライブも入手する。彼女はキャプテン・アメリカ(バッキー)にデータを届けるためにブラック・ウィドウに協力を求める。2人は途中でH.A.M.M.E.R.に捕らえられるが、マダム・マスクに変装したペッパー・ポッツによって救出される[16]

2010年の「Siege」のストーリーラインの際、ヒルはオズボーンがアスガルド英語版への侵攻を開始するとソーの救援に向かった[17]。「Siege」から続く「Heroic Age」のストーリーラインでは、ヒルはキャプテン・スティーブ・ロジャースにより新しいアベンジャーズ・チームで活動するように命じられる[18]

他のバージョン[編集]

MC2[編集]

MC2の世界でのマリア・ヒルはナショナル・セキュリティ・フォースのメンバーである。

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメット・マーベルの世界でのマリア・ヒルはS.H.I.E.L.D.のエージェントを辞め、NYPDで殺人課の刑事をしている。彼女はマイルズ・モラレス英語版アーロン・デイヴィス英語版の死を調べる際に初登場した[19]

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

テレビゲーム[編集]

  • Facebookゲーム『Marvel: Avengers Alliance』ではトニー・スタークとニック・フューリーとの作戦会議の場面でNPCとしてヒルが登場する。

参考文献[編集]

  1. ^ Kit, Borys (2013年10月15日). “Jackson's Fury in flurry of Marvel films”. The Hollywood Reporter. http://www.etonline.com/tv/139570_Cobie_Smulders_on_HIMYM_and_Her_Avengers_Role/ 2013年10月18日閲覧。 
  2. ^ Secret War #5
  3. ^ Iron Man: World's Most Wanted
  4. ^ The Mighty Avengers #12
  5. ^ Mark Millar (w), Dexter Vines (i). Civil War #1 (2006年7月), Marvel Comics
  6. ^ Punisher War Journal Vol.1: Civil War
  7. ^ Civil War #7
  8. ^ Iron Man, Director of S.H.I.E.L.D. #15
  9. ^ Iron Man, Director of S.H.I.E.L.D. #18
  10. ^ Iron Man #26
  11. ^ Iron Man #28
  12. ^ Secret Invasion #4
  13. ^ Secret Invasion #5
  14. ^ Secret Invasion #8
  15. ^ The Invincible Iron Man Vol 5 #10
  16. ^ Invincible Iron Man #11–18
  17. ^ Siege #3
  18. ^ Avengers vol.4 #1
  19. ^ Ultimate Comics Spider-Man vol. 2 #15
  20. ^ Goldberg, Lesley (2013年7月19日). “Cobie Smulders' Comic-Con Reveal: Secret 'Agents of SHIELD' Role”. The Hollywood Reporter. 2013年7月19日閲覧。
  21. ^ Graser, Marc (2012年10月29日). “Frank Grillo to play Crossbones in 'Captain America' sequel”. Variety. 2012年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月29日閲覧。
  22. ^ Thompson, Bob (2013年11月7日). “Vancouver’s Cobie Smulders is on a roll (with video)”. Calgary Herald. 2013年11月7日閲覧。
  23. ^ Vancouver’s Cobie Smulders is on a roll (with video)
  24. ^ http://marvel.toonzone.net/anime/ironman/technovore/reviews/featurereview.php

外部リンク[編集]