ペルーの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペルー軍
Fuerzas Armadas de Perú
Escudo de armas del Perú.svg
創設 1821年
派生組織 ペルー陸軍
ペルー海軍
ペルー空軍
本部 国軍合同司令部
指揮官
最高司令官 第44代大統領 アラン・ガルシア
国防大臣 アンテロ・フロレス・アラオス(es:Antero Flores Aráoz)
参謀長 ホセ・ウィリアム・サパタ陸軍大将(José Williams Zapata)
総人員
兵役適齢 17歳から
徴兵制度 志願制
現総人員 80,000人(2007)
予備役188,000人(2007)[1]
財政
軍費/GDP 1.3%(2003)
関連項目
歴史 ペルー独立戦争
グラン・コロンビア=ペルー戦争スペイン語版英語版
連合戦争スペイン語版英語版
ペルーとボリビアの戦争es:Guerra entre Perú y Bolivia
エクアドル・ペルー戦争 (1858年 - 1860年)スペイン語版英語版
チンチャ諸島戦争スペイン語版英語版
太平洋戦争
コロンビア・ペルー戦争
エクアドル・ペルー戦争 (1941年 - 1942年)スペイン語版英語版
ペルー内戦英語版
en:Paquisha War
セネパ紛争英語版
階級 ペルー軍の階級
テンプレートを表示

ペルー軍(ペルーぐん、西:Fuerzas Armadas de Perú)は、ペルー軍事組織。2007年時点で総員80,000人、予備役188,000人[2]ペルー大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、準軍事的組織として内務省傘下の国家警察がある。

かつて徴兵制を採用しており、成人男子は2年間服務するとされたが、現在は廃止され志願兵制となっている。

組織構成[編集]

国軍は大統領を最高司令官とし、国防省傘下の国軍合同司令部(Comando Conjunto de las Fuerzas Armadas)の下で調整運用される。

陸軍[編集]

陸軍は国内を4つの常設軍管区と1つの特設軍管区に区分し、旅団を基本戦略単位部隊とし、その他の部隊・機関から成る。フアン・ベラスコ・アルバラード政権時代にソビエト連邦製兵器が多数導入された。

海軍[編集]

海軍は6隻の潜水艦と9隻の大型水上戦闘艦を主力に44隻の艦艇を有し、国内を5つの海軍管区に区分しカヤオに主要基地を設け、内陸のアマゾン川など内水河川の防衛警備も担当している。この他にヘリコプターを主力とする海軍航空隊や約4,000人規模の海兵隊および沿岸警備隊がある。

空軍[編集]

空軍は4個の航空団とその他の部隊・機関から成る。陸軍と同様にベラスコ政権時代にはソビエト連邦製兵器が導入された。

国家警察[編集]

1988年まではグアルディア・シビルes:Guardia Civil del Perú)が準軍事組織として存在していた。これは国家警察に改編され文民警察化したが、約20年に及ぶ対テロ訓練と活動の結果、軍事的性格を帯びるようになった。管轄官庁は内務省である。

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007

参考文献[編集]

外部リンク[編集]