ブラック・ウィドウ (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラック・ウィドウBlack Widow)は、マーベルコミックスより出版されるコミック作品に登場する複数の架空のスーパーヒロインの名称である。キャラクターの多くはマーベルの主要なシェアード・ワールドであるマーベル・ユニバース英語版に登場する。

クレア・ヴォヤン[編集]

クレア・ヴォヤンClaire Voyant)は、コミック界において初めてコスチュームを着てスーパーパワーを持った女性主人公の1人であった。ライターのジョージ・カピタン英語版とアーティストのハリー・シャーレ英語版によって想像された彼女は『Mystic Comics』第4号(1940年8月)で初登場した。キャラクターはアンチヒーローであり、主人であるサタンに魂を捧げるために悪人を殺害するので時にはヴィランのように描写された。後のマーベルコミックス作品に登場する同名のコードネームを有するスーパーヒロイン達とは無関係である。

ナタリア・ロマノヴァ / ナターシャ・ロマノフ[編集]

ナタリア・アリアノヴナ・"ナターシャ"・ロマノヴァNatalia "Natasha" Alianovna Romanova[1])は、現代のメインストリームのマーベルコミックス作品でブラック・ウィドウというコードネームを使った最初のキャラクターである。彼女はエディター兼プロッターのスタン・リー、スクリプターのドン・リコ英語版、アーティストのドン・ヘック英語版により創造され、『Tales of Suspense』第52号(1964年4月)で初登場した。キャラクターはアベンジャーズディフェンダーズ英語版チャンピオンズ英語版S.H.I.E.L.D.サンダーボルツ英語版といったマーベル・ユニバースのスーパーヒーローチームと関連した。彼女はコミック以外のメディアでも多く登場し、映画『アイアンマン2』、『アベンジャーズ』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』ではスカーレット・ヨハンソンが演じた。

エレーナ・ベロワ[編集]

エレーナ・ベロワYelena Belova)は、現代のメインストリームのコミックでの2人目のブラック・ウィドウであり、『Inhumans』第5号(1999年3月)で小登場した。彼女の本格的な登場は1999年のマーベル・ナイツ英語版のミニシリーズ『Black Widow』であった。2001年に続けて発行された2本目の『Black Widow』ではナターシャ・ロマノフとデアデビルが登場した。翌年には大人向けのインプリントであるマーベルMAX英語版で全3号のミニシリーズ『Black Widow: Pale Little Spider』でソロで描かれた。2002年6月から8月にかけてライターのグレッグ・ルッカ英語版とアーティストのアイガー・コーディ英語版が執筆したストーリー展開では、2代目の「ブラック・ウィドウ」になる物語が回想として描かれた。

モニカ・チャン[編集]

モニカ・チャン=フューリーMonica Chang-Fury)は、アルティメット・マーベルの世界における2代目ブラック・ウィドウであり、『Ultimate Comics: Avengers』で登場した。アジア系アメリカ人であり、ニック・フューリーの元妻である。

アベンジャーズ参加時、彼女は他のメンバーと共にキャプテン・アメリカ英語版を再捕獲するミッションに参加し、その際にレッドスカルと戦った[2]。彼女はまたパニッシャーを捕らえ、チームに引き入れた[3]。彼女はチームのアクティブメンバーとしてミッションに参加した。後にニュー・アルティメッツに転属し、S.H.I.E.L.D.の秘密(これは実はグレゴリー・スタークの陰謀であった)を知るとかつてのチームメイトたちと戦った[4]。その後フューリーがS.H.I.E.L.D.の長官に復帰し、アルティメッツを再編すると、モニカはチームに加わり、彼女(とフューリー)の息子のジュリアス・チャンと共にトリスケリオンに移った[5]。さらにその後は大統領となったキャプテン・アメリカによりS.H.I.E.L.D.の長官に任命された[6]。彼女はヒドラ英語版の脅威に対抗するためにフューリーとアビゲイル・ブランド英語版に「ハウリング・コマンドーズ英語版」を再起動する許可を与えた[7]

アース616[編集]

マーベルのメインストリームであるアース616英語版では『Avengers A.I.』でモニカ・チャンが登場した[8]

モニカ・チャンはS.H.I.E.L.D.のA.I.課のチーフである。彼女はディミトリオスを阻止するためにヘンリー・ピムを呼び、彼らはドゥームボット、ヴィクター・マンチャ、 ビジョンらから成るアベンジャーズA.I.を結成した。チームの最初のミッションはアトランタの病院を攻撃したハイジャックされたS.H.I.E.L.D.の無人機の停止であった[9]。第4号にて彼女はムスリムであったことが明かされた[10]

参考文献[編集]

  1. ^ Wolverine: Origins #16 (Sep. 2007)
  2. ^ Ultimate Avengers #1-6
  3. ^ Ultimate Avengers 2 #1
  4. ^ Ultimate Avengers vs New Ultimates #1-6
  5. ^ Ultimate Comics: Ultimates #1
  6. ^ Ultimate comics: Ultimates #21
  7. ^ Ultimate comics: Ultimates #22
  8. ^ Doran, Michael (March 20, 2013). "Marvel Announces ULTRON-Spin-off AVENGERS A.I. Ongoing". Newsarama.
  9. ^ Avengers A.I. #1
  10. ^ Avengers A.I. #4