キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャプテン・アメリカ/
ザ・ファースト・アベンジャー
Captain America: The First Avenger
監督 ジョー・ジョンストン
脚本 クリストファー・マルクス
スティーヴン・マクフィーリー
原作 ジョー・サイモン
ジャック・カービー
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 ルイス・デスポジート
アラン・ファイン
ナイジェル・ゴステロー
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 シェリー・ジョンソン
編集 ジェフリー・フォード
ロバート・ダルヴァ
製作会社 マーベル・スタジオズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年7月22日[1]
日本の旗 2011年10月14日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $140,000,000[2][3]
興行収入 $368,608,363[3]
次作 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
テンプレートを表示

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(Captain America: The First Avenger)は、マーベル・スタジオズ製作の2011年アメリカ映画。監督はジョー・ジョンストンマーベル・シネマティック・ユニバースに属する作品であり、『アベンジャーズ』の監督のジョス・ウィードンが脚本に参加している[4]3D映画として公開された[5]

ストーリー[編集]

第二次世界大戦中の1942年3月。ナチスの将校:ヨハン・シュミットヒューゴ・ウィーヴィング)の部隊がノルウェートンスベルグを侵攻、オーディンから由来する強大なパワーを持つ「コズミック・キューブ」を奪取。ニューヨークでは強い愛国心を持つ青年スティーブ・ロジャースクリス・エヴァンス)が出身地を偽装しつつ兵士に志願していたが、ひ弱な体を理由に何度も入隊を拒否されていた。スティーブがゴロツキに殴られている所を親友のバッキー・バーンズセバスチャン・スタン)が助け、共に未来技術の展覧会を訪れたところ、そこでも兵士が募集されており、諦めきれなかった彼は今一度入隊を申し込んだ。そこで戦略科学予備軍(SSR)の科学者であるエイブラハム・アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)はスティーブの強い意志を知り、彼にSSRが行う「スーパーソルジャー計画」の被験候補者としてチェスター・フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)とイギリスのエージェントのペギー・カーターヘイリー・アトウェル)の下でテストを受けさせようとする。フィリップスは当初スティーブを使うことに反対していたが、彼の勇気を知ると、アースキンの主張に納得した。実験前夜、アースキンはかつてナチスに協力させられ、シュミットに不完全な超人血清を与えた結果、副作用を起こさせていた経緯をスティーブに明かした。

場面は変わってヨーロッパ。シュミットは部下のアーニム・ゾラ博士(トビー・ジョーンズ)にキューブを使わせ、新兵器のエネルギーにさせた。さらにシュミットはアースキンの居所を把握し、彼のもとへ暗殺者を送り込んだ。アメリカではスーパーソルジャー計画が実行に移され、スティーブには超人血清が打たれ「ヴェータ線」が浴びせられた。実験は成功し、彼の身長は伸び、筋肉質な身体となった。だがその直後、実験の立会人に混じっていたシュミットの暗殺者ハインツ・クルーガー(リチャード・アーミティッジ)によりアースキン博士は暗殺されてしまう。スティーブはすぐさま追いかけるが、逃亡劇の末にハインツは隠し持っていた青酸カリで自決。

アースキンの死により血清の製造法は失われ、スーパーソルジャー計画は凍結されてしまい、スティーブは唯一の超人兵士となってしまった。スティーブは戦場へは出ず、米国上院議員ブラント(マイケル・ブランドン)の依頼で星条旗をモチーフにした炭素繊維強化プラスチック製のコスチュームを着て「キャプテン・アメリカ」というマスコットキャラクターとして活動することとなる。国内の戦意高揚に大いに貢献するが、1943年、ショーのツアーのためにイタリアを訪れたところ、現地の兵士達からは冷笑されるのみであり、自分の存在意義を改めて見つめ直し始めたところバッキーが所属する107部隊がシュミットたちによる襲撃を受けたことを知る。バッキーの死を信じられなかったスティーブは、ペギーとハワード・スターク(ドミニク・クーパー)に敵地上空まで輸送してもらい、単身でシュミット率いるヒドラの基地へと乗り込んだ。そこでやはりバッキーやその仲間たちは生きており、共に基地を脱出する。バッキーと共に逃亡する最中、スティーブはシュミットと出会い、未完成の血清の副作用によってレッドスカルとなった彼の真の姿を目にした。

救出を成功させて自軍へと帰還したスティーブは兵士達の信頼を勝ち取り仲間として認められ、その後ヒドラの基地を壊滅させるため、バッキー、ダム・ダム・デューガン(ニール・マクドノー)、ゲイブ・ジョーンズ(デレク・ルーク)、ジム・モリタ(ケネス・チョイ)、ジェームズ・モントゴメリー・ファルスワース(JJ・フィールド)、ジャック・デルニエ(ブルーノ・リッチ)を率いて部隊を結成した。さらにスティーブはスタークに依頼し、特製の戦闘服と鋼鉄よりも頑丈なヴィブラニウムでできた盾を身につけ、数多くのヒドラ基地を潰していった。部隊はさらにゾラ博士が乗った列車を攻撃するが、彼の反撃により同行していたバッキーが谷底へと落とされて死亡してしまう。フィリップス大佐は捕らえたゾラ博士からシュミットが世界の主要都市の爆撃を計画していることを聞き出した。親友を失い悲しみに暮れるスティーブだったが、世界を救うため最後のヒドラ基地へと向かう。

正面から乗り込んだスティーブは捕まってしまうが、彼を囮として部隊が強襲。一気に基地を壊滅へと追い込むが、シュミットは爆弾を載せた飛行機で脱出する。飛行機に忍び込んだスティーブはシュミットと死闘を繰り広げ、その最中にコズミック・キューブが暴走しシュミットは消滅した。しかし、飛行機を止めるすべはなく、スティーブは爆弾をアメリカに到達させないために北極に飛行機ごと沈めることを決めた。スティーブに惹かれていたペギーは彼と再会の約束をするが、途中で無線は途絶えてしまった。ハワードはスティーブの捜索の末、コズミックキューブを回収したが、遂に彼を見つけることは出来なかった。

そして70年後の現代。北極で氷漬けとなった飛行機と、その中に眠る盾が発見された。氷漬けになりながらもスティーブは生きており、S.H.I.E.L.D.の基地に運ばれ治療を受ける。目を覚ましたスティーブは、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)から新たな任務が言い渡される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
キャプテン・アメリカ クリス・エヴァンス 中村悠一
ペギー・カーター ヘイリー・アトウェル 園崎未恵
レッドスカル ヒューゴ・ウィーヴィング 山路和弘
バッキー・バーンズ セバスチャン・スタン 白石充
エイブラハム・アースキン博士 スタンリー・トゥッチ 多田野曜平
ハワード・スターク ドミニク・クーパー 野島裕史
チェスター・フィリップス大佐 トミー・リー・ジョーンズ 谷口節
ダム・ダム・デューガン ニール・マクドノー 志村知幸
ファルスワース JJ・フィールド 宮内敦士
デルニエ ブルーノ・リッチ ふくまつ進紗
ゲイブ・ジョーンズ デレク・ルーク 乃村健次
アーニム・ゾラ博士 トビー・ジョーンズ 佐々木睦
ハインツ・クルーガー リチャード・アーミティッジ 川原慶久
ジム・モリタ ケネス・チョイ 遠藤大智
タワー・キーパー デイビッド・ブラッドリー 浦山迅
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰
ロレイン二等兵 ナタリー・ドーマー 行成とあ
SHIELDエージェント アマンダ・リゲッティ 東條加那子
将軍 スタン・リー(カメオ出演)

製作[編集]

企画[編集]

1997年4月マーベル・スタジオズは、映画『キャプテン・アメリカ』製作のためにマーク・ゴードンゲイリー・レヴィンソンと交渉し、更にラリー・ウィルソンとレスリー・ボームをスクリプト執筆のために準備させていた[6]2000年5月、マーベルは映画への融資援助のためにArtisan Entertainmentと共同した[7]。しかし、『キャプテン・アメリカ』の著作権を巡ってマーベル・コミックとジョー・サイモンが訴訟を起こしたために企画は中断した。訴訟は2003年9月に決着した[8]2005年、マーベルはメリルリンチから5億2500万ドルの融資を受け、『キャプテン・アメリカ』を含む10本の映画を製作することが決まった。また、パラマウント映画が映画を配給する契約を結んだ[9][10]

プロデューサーのケヴィン・フェイグによると、企画当初、映画のおよそ半分が第二次世界大戦の時代を舞台にしたストーリーが予定されていた[11]2006年2月、プロデューサーのアヴィ・アラドは2008年公開を希望していることを明かした[12]。また、ジョン・ファヴローが本作をコメディ映画として製作する為にアラドに接近したが、結局彼は『アイアンマン』を監督することになった[13]7月、子供の頃キャプテン・アメリカのファンだった[14]というデヴィッド・セルフがスクリプト執筆の為に雇われた[15]。この他、マイケル・フランスも興味を示していた[16]

映画製作は2007年から2008年にかけての全米脚本家組合ストライキの間、一時保留されていたが、2008年1月マーベル・エンターテインメントは本作を含むプロジェクトを進行させるためにすぐに脚本家組合と協議を開始した[17]。2008年5月5日、マーベルは映画『ザ・ファースト・アベンジャー: キャプテン・アメリカ』(The First Avenger: Captain America)を2011年5月6日に公開すると発表した[18](後に同年7月22日に変更)。2008年11月、最終的に監督はジョー・ジョンストンに決定し[19]、また、クリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーがリライトの為に雇われた[20]。ケヴィン・フェイグは監督がジョンストンに決定した理由について、「『スター・ウォーズ』旧3部作の特殊効果、『ロケッティア』、『遠い空の向こうに』などの過去の仕事ぶりから彼がふさわしいと判断した」とのこと[21]

プリプロダクション[編集]

2009年12月、ジョー・ジョンストンは2010年6月クランクインを計画していると発言した[22]。ジョンストンは、レッドスカルが映画のメイン・ヴィランになり[23]、第二次世界大戦期のスーパーチームであるインベーダーズを後半で登場させたいと明かした[24]。2010年3月22日バラエティ誌はにクリス・エヴァンスがキャプテンアメリカ、ヒューゴ・ウィーヴィングがレッドスカルに決まったと報じた[25]。また、4月までにキャプテンアメリカの相棒のバッキー・バーンズにセバスチャン・スタン[26]、恋人のペギー・カーターにヘイリー・アトウェルが決まり、タイトルが『ザ・ファースト・アベンジャー: キャプテン・アメリカ』(The First Avenger: Captain America)から『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』(Captain America: The First Avenger)に変更された[27]。また後日、『アベンジャーズ』を脚本・監督するジョス・ウィードンが脚本に参加することが報じられた[4]サミュエル・L・ジャクソンはインタビューでニック・フューリーが映画に登場することを明かし[28]、また、ケヴィン・フェイグは米国陸軍レンジャーズのハウリング・コマンドーとして同キャラクターが登場すると述べた[29]5月6日、ヒート・ヴィジョン誌はアーニム・ゾラ役をトビー・ジョーンズにするために最終交渉中であると報じた。また5月、『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督はMTVのインタビューで若きハワード・スタークが本作に登場することを明かした[30]。他に、ヘイリー・アトウェルの発言からトミー・リー・ジョーンズが出演することがわかった[31]。6月7日にはダム・ダム・デューガン役でニール・マクドノー[32][33]、アースキン博士役でスタンリー・トゥッチが出演することが判明した[34]

撮影[編集]

マンチェスターのセットの写真。

撮影は2010年6月28日より開始された[35]。同日、マーベルにより、トミー・リー・ジョーンズがチェスター・フィリップス米軍大佐役で[36]、翌日にはドミニク・クーパーが若きハワード・スターク役で出演することが発表された[37]。まず最初に『Frostbite』というワーキング・タイトルの下で、マンチェスター大学付近で撮影が行われた。このロケ地は1940年代のニューヨークマンハッタンローワー・イースト・サイドと似た場所を捜した結果選ばれた[38]。7月下旬にはロケ地をロンドンに移して行われ[39]、9月にはウェールズのカーウェントで戦争シーンが撮られる計画であった[40]

2010年7月、『ロサンゼルス・タイムズ』誌は2Dで撮影された本作が3D映画に変換される予定であることを報じた[5]

ポストプロダクション[編集]

スタンリー・トゥッチによると、2010年11月には自分のシーンの撮影が完了しており、残り3週間で全撮影を終える段階であった[41]。2011年2月、アラン・シルヴェストリが映画音楽を手掛けると報告じられた[42]。3月、CraveOnlineは4月にイギリスとロサンゼルスで再撮影が行われると報じた[43][44]。4月23日、ニューヨークのタイムズスクエアにて一場面の撮影が行われた[45]

映画では1600個近くの視覚効果が使われ、13の会社が分担して行った[46]

サウンドトラック[編集]

2011年6月、ブエナ・ビスタ・レコーズ英語版よりサウンドトラックの詳細が発表された。アルバムの映画音楽アラン・シルヴェストリが制作し、さらに主題歌の「Star Spangled Man」をアラン・メンケンが作曲、デヴィッド・ジッペル英語版が作詞した。録音はロンドンのAIRスタジオで行われ、2011年7月29日に発売された[47]

公開[編集]

ワールド・プレミアは2011年7月19日にカリフォルニア州ハリウッドエル・キャピタン・シアターで行われた[48]。同月21日にはコミコン・インターナショナルで上映された[49]。翌22日よりアメリカ合衆国とカナダで一般公開が始まった[50]

パラマウントは国際配給の際に、アメリカ色の強いタイトルを避けたい国には『ザ・ファースト・アベンジャー』の副題のみで公開できるよう選択肢を与えた。結果、ロシア、韓国、ウクライナではそのタイトルで公開されることとなった。マーベルとパラマウントはこれらの国々で変更された理由を明らかにしなかった[50][51]

マーケティング[編集]

2010年6月、マーベルは本作と『マイティ・ソー』のロゴを公開した[52]。最初のテレビ広告はフォックス放送が中継する第45回スーパーボウルで流された。伝えられるところによれば、パラマウントは30秒の広告を出すために300万ドルを支払っている[53]。予告編第一弾は2011年3月に公開された[54]

2011年2月にマーベル・コミックは映画のサイドストーリーを描いたデジタル・コミックを発表した[55]

映画とタイアップしてコンピュータゲーム作品 Captain America: Super SoldierXbox 360PlayStation 3WiiPlayStation PortableニンテンドーDSセガより発売された[56]。7月にはモバイルゲーム作品 Captain America: Sentinel of Liberty がリリースされた[57]。さらに同様に玩具も発売された[58]

ホームメディア[編集]

北米では2011年10月25日にDVDBlu-rayBlu-ray 3Dが発売[59]。日本では2012年2月24日にパラマウント ジャパンより発売された。

評価[編集]

興行収入[編集]

2011年7月22日に北米で公開され、金曜日の深夜上映のみで約400万ドル[60]、金曜日全体では2570万ドルを記録した[61]。初週末3日間では約6510万ドルと、2011年のスーパーヒーロー映画としては『マイティ・ソー』(6570万ドル)に次いで高い初動記録となった[62]。2011年10月10日時点で、北アメリカで約1億7500万ドル、世界全体で約3億6200万ドルを記録[3]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは206のレビュー中78%が支持を表明し、平均点は10点満点中6.9点となった[63]Metacriticでは36のレビューで100点満点中平均66点を獲得した[64]

オーランド・センチネル英語版』のロジャー・ムーアは、「ジョーストン監督は『スター・ウォーズ』、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』への愛ある参照で、ナチスがあり、ライトでクレイバーで、バランスの良い冒険映画を提供してくれた」と肯定的なレビューを書いた[65]。『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは4つ星満点で3つ星を与えた[66]。『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは「中々楽しめた」と評した[67]

一方、『ザ・ヴィレッジ・ボイス英語版』のロング・ワース英語版は、「陳腐で感傷的な2時間に、まったく不要な後付け変換3D」と否定的なレビューを書いた[68]。『バラエティ』のPeter Debrugeは、「『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はマーベル・スタジオの『アベンジャーズ』の前日譚のようだ」と述べた[69]。『ハリウッド・リポーター』のカーク・ハニーカットは「『アイアンマン』2作品や『インクレディブル・ハルク』と同じく次夏の『アベンジャーズ』の続くマーベル映画の前日譚として、本作は少し単純すぎて、ルーチンである」と書いた[70]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
ティーン・チョイス・アワード[71] 夏の映画賞 ノミネート
夏の映画男優賞 クリス・エヴァンス ノミネート
スクリーム賞[72] アルティメット・スクリーム賞 ノミネート
SF映画賞 ノミネート
SF女優賞 ヘイリー・アトウェル ノミネート
SF男優賞 クリス・エヴァンス ノミネート
悪役賞 ヒューゴ・ウィーヴィング - レッド・スカル役 ノミネート
スーパーヒーロー賞 クリス・エヴァンス - キャプテン・アメリカ役 受賞
助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ ノミネート
ブレイクアウト女性演技賞 ヘイリー・アトウェル ノミネート
格闘シーン賞 最終決戦: キャプテン・アメリカ vs. レッド・スカル ノミネート
3D映画賞 ノミネート
コミック映画賞 ノミネート

マーベル作品とのクロスオーバー[編集]

本作は2012年公開の映画『アベンジャーズ』へと繋がると同時に他のマーベル作品とのクロスオーバーが図られている。

  • スーパーソルジャー計画は戦後再開され、超人血清の開発が進められた。しかし血清は未完成のまま人体に投与されてしまったため、映画『インクレディブル・ハルク』においてハルク、アボミネーションを生み出すことになってしまう。
  • キャプテン・アメリカのシールドやコスチュームを開発したハワード・スタークは映画『アイアンマン』、『アイアンマン2』に登場したトニー・スタークの父親である。また、キャプテン・アメリカのシールドの素材として使われている架空の元素「ヴィブラニウム」は『アイアンマン2』にてトニーが新型リアクターのコアとして生み出したものと同様である。
  • 本作のキーアイテムとなる「コズミック・キューブ」は映画『マイティ・ソー』に登場した「オーディンの宝物庫」から出たという伝説を持ち、『マイティ・ソー』のエンドクレジットの後にも特殊機関S.H.I.E.L.D.とニック・フューリーによって保管されたコズミック・キューブが登場する。また、コズミック・キューブの暴走によってレッド・スカルが消滅するシーンは『マイティ・ソー』にて登場人物が異世界へと移動するシーンとよく似ている。

続編[編集]

2011年4月、クリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーは続編の脚本を書いていると発言した[73]。2012年7月、ディズニーとマーベルがサンディエゴ・コミック・コンでタイトル『Captain America: The Winter Soldier』とそのロゴを発表した。公開予定日は2014年4月4日である。

出典[編集]

  1. ^ Marvel Movie Update: New Release Schedule!”. marvel.com (2009年3月12日). 2010年3月28日閲覧。
  2. ^ Ryan, Mike (2010年5月19日). “Should We Now Call Him 'Captain England'?”. Yahoo!. 2010年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c Captain America: The First Avenger”. Box Office Mojo. 2012年4月5日閲覧。
  4. ^ a b Matt Goldberg (2010年4月15日). “Joss Whedon Re-Writing CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER?”. Collider. 2010年8月18日閲覧。
  5. ^ a b Boucher, Geoff (2010年7月14日). “It's official: 'Thor' and 'Captain America' will be 3-D films”. Los Angeles Times. 2010年7月14日閲覧。
  6. ^ Fleming, Michael (1997年4月14日). “A Mania For Marvel”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117434784.html?categoryid=3&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  7. ^ Fleming, Michael (2000年5月16日). “Artisan deal a real Marvel”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117781709.html?categoryid=18&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  8. ^ Amdur, Meredith (2003年10月9日). “Marvel sees big stock gains”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117893720.html?categoryid=1350&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  9. ^ Fritz, Ben, and Dana Harris (2005年4月27日). “Paramount pacts for Marvel pix”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117921812.html?categoryid=13&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  10. ^ McClintock, Pamela (2005年6月21日). “$500 mil pic fund feeds Warner Bros.”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117924871.html?categoryid=13&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  11. ^ “Captain America is Coming”. IGN. (2007年6月14日). http://uk.movies.ign.com/articles/796/796582p1.html 2008年10月7日閲覧。 
  12. ^ Zeitchick, Steven (2006年2月23日). “Marvel stock soars on rev outlook”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117938775.html?categoryid=1056&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  13. ^ Douglas, Edward (2006年7月26日). “Exclusive: Jon Favreau on Iron Man. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news.php?id=4568 2008年3月2日閲覧。 
  14. ^ Kit, Borys (2006年4月28日). “Marvel Studios outlines slew of superhero titles”. The Hollywood Reporter. オリジナル2007年8月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20070806010152/www.hollywoodreporter.com/hr/search/article_display.jsp?vnu_content_id=1002424612 2008年10月7日閲覧。 
  15. ^ Gardner, Chris (2006年7月18日). “Where things stand on 5 stalled superheroes”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117947046.html?categoryid=2159&cs=1 2008年3月2日閲覧。 
  16. ^ Stax (2003年6月19日). “10 Questions: Mike France”. IGN. http://movies.ign.com/articles/424/424582p2.html 2008年10月7日閲覧。 
  17. ^ McNary, Dave (2008年1月24日). “Lionsgate signs as WGA talks go on”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117979610.html 2008年3月2日閲覧。 
  18. ^ Marvel Entertainment (2008年5月5日). “Marvel Studios Sets Four More Release Dates!”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/topnews.php?id=7165 2008年5月5日閲覧。 
  19. ^ Kit, Borys (2008年11月9日). “'Captain America' recruits director”. The Hollywood Reporter. オリジナル2008年11月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20081113110505/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i2a6531019c4147a66237829f7fff5112 2008年11月10日閲覧。 
  20. ^ Kit and Jay A. Fernandez, Borys (2008年11月18日). “'Captain America' enlists two scribes”. The Hollywood Reporter. オリジナル2010年3月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20100311005712/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3ia94c7ef2006ea33dd522d7c6ad91fa12 2008年11月19日閲覧。 
  21. ^ Billington, Alex (2009年6月7日). “Profile on Marvel Studios with Big Updates from Kevin Feige”. FirstShowing.net. http://www.firstshowing.net/2009/06/07/profile-on-marvel-studios-with-big-updates-from-kevin-feige/ 2009年6月12日閲覧。 
  22. ^ Salisbury, Mark (2009年12月23日). “Terror Tidbits (Fango #290): The Wolfman: Hair Today, Gore Tomorrow”. Fangoria. http://fangoria.com/component/content/article/119-terror-tidbits/4817-terror-tidbits-fango-290-the-wolfman-hair-today-gore-tomorrow.html 2009年12月29日閲覧。 
  23. ^ “Red Skull Confirmed as Captain America Villain”. SuperHeroHype. (2010年2月6日). http://www.superherohype.com/news/captainamericanews.php?id=9051 2010年2月7日閲覧。 
  24. ^ Faraci, Devin. "Captain America's International Co-Stars: The Invaders", CHUD.com, February 7, 2010
  25. ^ Graser, Marc. "Chris Evans to play 'Captain America'", Variety, 2010-03-22. Access date 2010-03-23
  26. ^ Kit, Borys (2010年4月1日). “Captain America sidekick: Sebastian Stan (exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2010年4月5日閲覧。
  27. ^ Captain America Movie: Peggy Carter Cast”. Marvel (2010年4月14日). 2010年4月14日閲覧。
  28. ^ Wayland, Sara (2010年4月19日). “Samuel L. Jackson Talks Iron Man 2, Nick Fury, Captain America, Thor and the Avengers”. Collider. 2010年4月23日閲覧。
  29. ^ Faraci, Devin (2010年4月23日). “Exclusive: Captain America will Meet the Howling Commandos”. Chud. 2010年4月23日閲覧。
  30. ^ Howard Stark Will Appear In Captain America”. comicbookmovie.com (2010年5月24日). 2010年8月30日閲覧。
  31. ^ Tommy Lee Jones Confirmed for Captain America
  32. ^ Fleming, Michael. "Neal McDonough in 'Captain America' Chatter", Deadline.com, June 3, 2010
  33. ^ http://www.superherohype.com/news/articles/102213-neal-mcdonough-confirmed-for-captain-america
  34. ^ Fernandez, Ace. "Stanley Tucci joins 'Captain America'", The Hollywood Reporter HeatVision column, June 7, 2010
  35. ^ Captain America: The First Avenger Begins Production Today”. Comic Book Movie (2010年6月28日). 2010年6月28日閲覧。
  36. ^ Captain America Movie: Col. Phillips Cast”. Marvel (2010年6月28日). 2010年6月28日閲覧。
  37. ^ Captain America Movie: Howard Stark Cast”. Marvel Comics (2010年6月29日). 2010年6月30日閲覧。
  38. ^ First Filming Location Revealed for Captain America Movie”. Comic Book Movie (2010年6月30日). 2010年6月30日閲覧。
  39. ^ Summer in the City”. Film London (2010年7月7日). 2010年7月9日閲覧。
  40. ^ Bently, David (2010年7月7日). “Captain America to film war scenes in Wales”. Coventry Telegraph. 2010年10月21日閲覧。 WebCitation archive.
  41. ^ JimmyO (2010年11月14日). “IAR Exclusive: Stanley Tucci Talks 'Captain America”. I Am Rogue. 2011年1月23日閲覧。
  42. ^ BREAKING NEWS: Alan Silvestri to score ‘Captain America’”. Film Music Reporter (2011年2月28日). 2011年3月1日閲覧。
  43. ^ Childress, Ahmad (2011年3月21日). “Captain America Reshoots?”. CraveOnline. 2011年3月21日閲覧。
  44. ^ http://www.superherohype.com/news/articles/164467-captain-america-shooting-in-los-angeles
  45. ^ "Captain America Scene Filmed in New York on Saturday"” (英語). SuperHeroHype.com (2011年4月23日). 2011年10月10日閲覧。
  46. ^ Hogg, Trevor (2011年7月27日). “Raising the Shield: The Making of Captain America: The First Avenger”. CGSociety.org (Society of Digital Artists). 2011年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月28日閲覧。
  47. ^ 'Captain America: The First Avenger' Soundtrack Details”. FilmMusicReporter.com (2011年6月12日). 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月13日閲覧。
  48. ^ Watch the Captain America Red Carpet Premiere LIVE on Marvel.com”. Marvel Comics (2011年7月15日). 2011年7月18日閲覧。
  49. ^ See Captain America: The First Avenger Early at Comic-Con”. Marvel Comics (2011年7月18日). 2011年7月19日閲覧。
  50. ^ a b Barnes, Brooks (2011年7月3日). “Soft-Pedal Captain America Overseas? Hollywood Says No”. The New York Times. オリジナル2011年7月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5zxObt19Z 2011年7月7日閲覧。 
  51. ^ Kit, Borys (2011年1月21日). “Captain America Gets Title Change Due to World Sensitivities”. The Hollywood Reporter. 2011年1月23日閲覧。
  52. ^ New Logos For Captain America and Thor”. The Film Stage (2010年6月9日). 2010年6月9日閲覧。
  53. ^ McClintock, Pamela (2011年1月19日). “EXCLUSIVE: Studios Set Super Bowl Ads; 'Pirates,' 'Transformers,' 'Captain America'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/studios-set-super-bowl-ads-73548 2011年1月20日閲覧。 
  54. ^ Watch the Debut Trailer for Captain America: The First Avenger”. marvel.com (2011年3月23日). 2011年3月24日閲覧。
  55. ^ Truitt, Brian (2011年2月1日). “Captain America commands attention in digital comic, film”. USA Today. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  56. ^ Rosenberg, Adam (2010年10月6日). “'Captain America' Movie Gets Video Game Tie-In: 'Captain America: Super Soldier'”. MTV News. 2010年10月6日閲覧。
  57. ^ Download Captain America: Sentinel of Liberty Now!”. Marvel.com (2011年7月14日). 2011年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月14日閲覧。
  58. ^ Tons of New THOR & CAPTAIN AMERICA Movie-Based Toy Line Images”. 2011年2月3日閲覧。
  59. ^ Bring Captain America Home on Blu-ray & DVD 10/25”. Marvel Comics (2011年9月20日). 2011年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月21日閲覧。
  60. ^ Finke, Nikki (2011年7月22日). “'Captain America' Opens To $4M Midnights”. Deadline.com. 2011年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月22日閲覧。
  61. ^ Box office update: 'Captain America' soars into first place with $25.7 million on Friday
  62. ^ Weekend Report: 'Captain America' Rockets to the Top, 'Potter's Bubble Bursts
  63. ^ Captain America: The First Avenger (2011)”. Rotten Tomatoes. 2011年10月10日閲覧。
  64. ^ Captain America: The First Avenger”. Metacritic. 2011年10月10日閲覧。
  65. ^ Moore, Roger (2011年7月20日). “Movie Review: Captain America, the First Avenger”. Orlando Sentinel. 2011年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月20日閲覧。
  66. ^ Ebert, Roger (2011年7月20日). “Captain America”. Chicago Sun-Times. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月21日閲覧。
  67. ^ Scott, A. O. (2011年7月21日). “Hey, Brooklyn, Where Did You Get Those Muscles?”. The New York Times. オリジナル2011年7月21日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/60LIgPgZ9 2011年7月21日閲覧。 
  68. ^ Longworth, Karina (2011年7月20日). “Captain America: The First Avenger: Film Review”. The Village Voice. オリジナル2011年7月20日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/60K1yC2J6 2011年7月20日閲覧。 
  69. ^ Debruge, Peter (2011年7月20日). “Captain America: The First Avenger”. Variety. オリジナル2011年7月20日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/60K7sf6G5 2011年7月20日閲覧。 
  70. ^ Honeycutt, Kirk (2011年7月20日). “Captain America: The First Avenger: Film Review”. The Hollywood Reporter. オリジナル2011年7月20日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/60K1FEuC2 2011年7月20日閲覧。 
  71. ^ Ng, Philiana (2011年7月19日). “Teen Choice Awards 2011: 'Pretty Little Liars,' Rebecca Black Added to List of Nominees”. The Hollywood Reporter. 2011年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月27日閲覧。
  72. ^ SCREAM 2011”. Spike TV. 2011年9月7日閲覧。
  73. ^ Marshall, Rick (2011年4月14日). “EXCLUSIVE: 'Captain America' Writers Talk Sequel, Post-'Avengers' Plans, And The Marvel Movie-Verse”. "Splash Page" (column) MTV.com. 2011年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]