FV432

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FV432
FV432 front q.jpg
イラクの自由作戦(イラク戦争)に参加したFV432
基礎データ
全長 5.25m
全幅 2.8m
全高 2.28m
重量 15.3t
乗員数 乗員2名及び
完全武装の兵士10名
装甲・武装
装甲 最大12.7mm
副武装 7.62mm L7 GPMG
発煙弾発射機
機動力
速度 52km/h
エンジン ロールス・ロイス K60 multi-fuel
240hp
懸架・駆動 トーションバー式
行動距離 580km
出力重量比 15.7hp/tonne
テンプレートを表示

FV432(エフブイよんさんに)は、イギリス陸軍装甲兵員輸送車。FV430シリーズの一つ。愛称のトロウジャン(Trojan)は、ギリシャ神話に登場するトロイヤ人を意味する。1960年代に導入されて以来、この装甲兵員輸送車は戦場において歩兵を輸送する最も一般的な車輌となった。1980年代、2,500台が稼動可能で、およそ1,500台が武器輸送など作戦行動を行った。

FV432は新たに開発されたウォーリア装甲戦闘車CVR(T)シリーズと交代するため段階的に運用を停止して退役するはずであったが、現在は10年後まで運用することになり延命措置とグレードアップが行われた。主にエンジン、ステアリング・ユニット、ブレーキ・システムなどを改修している。

概要[編集]

FV432はFV430シリーズの1つとして1962年GKN サンキー社が生産を開始し、生産を終える1971年までに約3,000台が製造された。

同時期のM11373式装甲車アルミ合金製であったのに対しFV432は鋼鉄製だった。シャーシは前部にエンジン、操縦席を右側に配置した従来の構造で操縦席の真後ろは車長のハッチがある。その他にも乗員室の天井部に大きく開閉できるハッチが設けられ、後部に観音開きのドアがある。乗員室は5つの座席があり、貨物の搭載を考慮してそれらの席は折り畳める構造であった。なお、イギリス軍は原則として戦闘は車両から降りて行うことになっていたため、運ばれる歩兵を支援する火器を搭載しない古いコンセプトだった。

イギリス陸軍において正規の連隊が装備するFV432はL7 GPMGを搭載した。砲兵工兵、通信隊が装備するFV432はブレン軽機関銃を搭載したものの、後にL7 GPMGに交換した。いずれも3連装発煙弾発射機を前部に2基装備している。水上走行用スクリーンが標準装備され、これを展開することで水上を約6km/hの速度で進むことができた。

イギリスにおける運用が終わったいくつかの余剰車はインドに売却された。

また、民間に払い下げられたものもあり、その中には、転輪を一組追加しエンジン配置を変更、第二次世界大戦時のドイツ国防軍突撃砲を模した外観に大改造されて『バンド・オブ・ブラザース』などの映像作品に登場している例もある。

外部リンク[編集]