ヒューゴ・ウィーヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューゴ・ウィーヴィング
Hugo Weaving
Hugo Weaving
本名 Hugo Wallace Weaving
生年月日 1960年4月4日(54歳)
出生地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
ジャンル 俳優
活動期間 1980年 -
活動内容 ドラマ、映画、舞台
主な作品
マトリックス』三部作
『ロード・オブ・ザ・リング』三部作
Vフォー・ヴェンデッタ

ヒューゴ・ウィーヴィングHugo Weaving, 1960年4月4日 - )は、オーストラリア俳優。身長188cm。

来歴・人物[編集]

イギリス人の両親(父親は地震学者)の元にナイジェリアで生まれ[1][2][3]南アフリカ共和国、イギリスなどを経て、10代半ばに家族でオーストラリアへ移住した[1]

その後ノックス・グラマー・スクールからオーストラリア国立演劇学院(NIDA)へ進学して演劇を学び、1981年同学の卒業後はシドニー・シアター・カンパニー(Sydney Theatre Company、STC)へ所属し、数多くの舞台に出演する。1984年にテレビドラマ『Bodyline』に主演し若手俳優として注目され、1983年『逆光の中の青春』で映画デビューした。1991年『Proof』に盲目の写真家役で、1998年『The Interview』に犯罪被疑者役で出演し、オーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞した。

声優としても活動しており、『ベイブ』の牧羊犬レックスの吹き替えやアニメ映画の吹き替えを担当している。

プリシラ』 、『マトリックス』三部作、『ロード・オブ・ザ・リング』三部作にて国際的な知名度を得たが、オーストラリアの低予算映画を愛し、現在もシドニーで舞台にも立っている。

Vフォー・ヴェンデッタ 』では主人公Vを仮面を装着したまま演じた。また、この状態では演じた際の音声が聞き取りづらいため、撮影後に音声を入れ直した。

日本語吹き替えは菅生隆之が声を当てる事が多い。

私生活[編集]

結婚はしていないがパートナーのカトリーナ・グリーンウッドとの間に二人の子供がいる[4]

趣味はスキーで、時折来日して、北海道のスキー場でスキーを楽しんでいる[5]

13歳の頃にてんかんを発病し、発作を抑える為に抗痙攣薬を服用している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1983 逆光の中の青春
The City's Edge
アンディ・ホワイト
1987 ライトハンド・マン/禁じられた抱擁
The Right Hand Man
ネッド・デバイン
1988 ミッドナイト・プリズナー
Dadah Is Death
ジェフリー・チェンバーズ
1989 囚われた女
Bangkok Hilton
リチャード・カーライル
1990 ウェンディの見る夢は
Wendy Cracked a Walnut
ジェイク
1991 Proof マーティン オーストラリア映画協会賞主演男優賞 受賞
1993 保険屋に気をつけろ!
Frauds
ジョナサン・ウィーツ
レックレス・ケリー/向こうみずで行こう!
Reckless Kelly
サー・ジョン
バッド・アップル/堕ちた正義
The Custodian
チャーチ
1994 プリシラ
The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert
ティック/ミッチ
1995 ベイブ
Babe
レックス 声の出演
1997 恋する2000マイル
True Love and Chaos
モリス
1998 The Interview エディ・ロドニー・フレミング オーストラリア映画協会賞主演男優賞 受賞
モントリオール世界映画祭 男優賞 受賞
ベイブ/都会へ行く
Babe: Pig in the City
レックス 声の出演
1999 マトリックス
The Matrix
エージェント・スミス
2001 ロード・オブ・ザ・リング
The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
エルロンド
2002 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
The Lord of the Rings: The Two Towers
エルロンド
2003 マトリックス・リローデッド
The Matrix Reloaded
エージェント・スミス
マトリックス・レボリューションズ
The Matrix Revolutions
エージェント・スミス
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
The Lord of the Rings: The Return of the King
エルロンド
2005 リトル・フィッシュ[6]
Little Fish
ライオネル オーストラリア映画協会賞主演男優賞 受賞
Vフォー・ヴェンデッタ
V for Vendetta
V
2006 ハッピー フィート
Happy Feet
ノア長老 声の出演
2007 トランスフォーマー
Transformers
メガトロン 声の出演
2009 トランスフォーマー: リベンジ
Transformers:Revenge of the Fallen
メガトロン 声の出演
2010 ウルフマン
The Wolfman
アバライン警部
ガフールの伝説
Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole
グリンブル(キンメフクロウ) 声の出演
オレンジと太陽
Oranges and Sunshine
ジャック オーストラリア映画協会賞助演男優賞 受賞
2011 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
Captain America: The First Avenger
ヨハン・シュミット / レッド・スカル
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Transformers: Dark of the Moon
メガトロン 声の出演
ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊
Happy Feet Two
ノア長老
2012 ホビット 思いがけない冒険
The Hobbit: An Unexpected Journey
エルロンド
クラウド アトラス
Cloud Atlas
ハスケル・ムーア/タデウシュ・ケッセルリング/ビル・スモーク/ナース・ノークス/ジョージー
2014 ホビット 決戦のゆくえ
The Hobbit: The Battle of the Five Armies
エルロンド

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Quiet achiever”. The Sydney Morning Herald. (2006年4月3日). http://www.smh.com.au/news/film/quiet-achiever/2006/04/02/1143916400860.html?page=fullpage#contentSwap2 
  2. ^ Hugo Weaving Profile: Biography, Filmography & Photos”. uk.movies.yahoo.com. 2010年8月8日閲覧。
  3. ^ Meet the listener: Anne Lennard, wartime evacuee – Life Matters”. Australia: ABC (2009年9月29日). 2010年8月8日閲覧。
  4. ^ McCauley, Mary Carole (2011年8月5日). “From 'Captain America' to 'Uncle Vanya,' Hugo Weaving stretches his acting chops”. The Morning Call. 2012年10月21日閲覧。
  5. ^ 2006年1月28日付けシドニー・モーニング・ヘラルドより
  6. ^ オーストラリア映画祭2005での題名のため、仮題

外部リンク[編集]