M36ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M36ジャクソン GMC
M36-GMC-Danbury.0004zx4t.jpg
性能諸元
全長 7.46m(砲身含む)
車体長 5.97m
全幅 3.04m
全高 2.71m
重量 28.1t
懸架方式 垂直渦巻きスプリング・ボギー式
(VVSS)
速度 48km/h
行動距離 320km
主砲 50口径90mm M3(47発)
副武装 12.7mm重機関銃M2×1(1,000発)
装甲 砲塔
防盾76mm、側面32mm、後面44.5mm
車体
前面38mm、側面25.4mm 後面19mm
エンジン フォードGAA
水冷V型8気筒ガソリン
500馬力
乗員 5名
テンプレートを表示

M36ジャクソン GMC(ガン・モーター・キャリッジ)は、第二次世界大戦中に生産・使用されたアメリカ合衆国対戦車自走砲戦車駆逐車)である。名前は南北戦争中にアメリカ連合国の将軍であったストーンウォール・ジャクソンに由来する。

概要[編集]

戦車駆逐大隊が運用する自走砲としてM7 3インチ砲を搭載したM10 GMC及びM1 76mm砲搭載のM18 GMC[1]は、それなりの活躍を見せたものの、パンター中戦車ティーガーといったドイツ軍重戦車を正面から撃破するには力不足であった。また、それ以前からより強力な対戦車向けの火砲の戦車への搭載が検討されており、M1 90mm高射砲を原型としたT7戦車砲が開発された。

開発[編集]

T7(後にM3)はT1E1重戦車やM10の試作型に搭載するなどの実験が行われた。90mm砲の威力は十分であったが、前方に向けて絞り込まれた形状のM10砲塔ではスペースが足りないため、より大型の砲塔が必要であることがわかった。

1942年12月、即応弾薬庫とカウンターウエイトを兼ねる鋳造製の後方張り出し部を付けた新型砲塔を、M10A1に載せたT71とM10に載せた71E1の二つの試作車が完成。前者が90mm砲搭載自走砲 M36ジャクソンとして採用された。

本車はM10系からの改造や新規生産で、各型合計2,324輌が生産された。

武装[編集]

M36-GMC-Danbury.00050krh.jpg

M36の主砲である90mm T7戦車砲は、敵である8.8 cm FlaK 18/36/37高射砲ティーガー戦車の主砲に匹敵する威力を持っていた。この砲は後に、砲口にシングルバッフル型のマズルブレーキが追加された。

戦後、フランス軍の装備車輌のようにダブルバッフル型のマズルブレーキに変更したものや、土浦陸上自衛隊の保有車輌のように主砲にエバキュレーターが増設されたM3A1に変更され、車体前方機銃が追加された物もある。これは朝鮮戦争にも現れているため、日本赤羽にあったデポで改造された仕様ではないかと言われている。

バリエーション[編集]

M36
M10A1から改造された1944年10月からの量産型。90mm砲榴弾の威力も大きかったため、歩兵の直接火力支援にも多用された。しかしM10同様に砲塔上部が開放されており、防御力が劣っていたため、現地改造で開放部前半をカバーする装甲を取り付けた例もある。これは後に正式な改修キットが作られたが、大戦中にはほとんど間に合っていない。
M36B1
M10A1からの改造だけでは需要を満たしきれないため、M4A3戦車の車体にM36の砲塔を載せたもの。シャーマンの車体そのままなので車高は上がったが、前方機銃もそのままで装甲は戦車駆逐車用車体よりも厚い。フィッシャー社で187輌が生産された。
M36B2
T71E1の量産型。試作車に付いていた対空機銃のリングマウントは廃止され、他の量産型同様のシンプルな銃架に載せられている。1944年いっぱいで生産が終了していたM36であったが、バルジの戦いでの苦戦などから強力な90mm砲を持つ本車の需要が増大、アメリカン・ロコモーティブ社で672輌が生産された他、モントリオール・ロコモーティブ社で52輌のM10からの改造が行われた。しかし、大戦末期の登場であったため実戦には間に合わず、戦後多くが同盟国に供与されている。砲塔上部開放部分前半をカバーする装甲キットは、当初から標準的に導入されている。

第二次大戦後の実戦参加[編集]

M36系列は大戦後、西側同盟国ユーゴスラビア連邦に供与された。

朝鮮戦争では日本を経由して投入され、また、フランス軍もM36B2を受領、インドシナでの戦争で使用した。

パキスタン軍にはM36B2が供与され、印パ戦争に用いられた。

ずっと後のユーゴの各共和国による連邦離脱を巡る内戦では、連邦とクロアチア双方でM36B1とB2が、T-55M-84に混じって実戦で使用された。これらはエンジンをT-55用のディーゼルエンジンに換装していたという。

注釈[編集]

  1. ^ どちらも口径は76.2mmだが、薬莢が異なり補給の混乱を防ぐため、口径をインチとミリメートルで呼び分けている

関連項目[編集]