ライガーゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾイド > 大型ゾイド > ライガーゼロ

ライガーゼロ (LIGER ZERO) は、タカラトミー(旧トミー)より発売されている『ゾイド』シリーズに登場する架空の兵器。本項ではコトブキヤのHMM(ハイエンドマスターモデル)に付いても記載。

機体解説[編集]

オーガノイドシステムは採用せず、完全な野生体をベースとしたライオン型ゾイド。元はガイロス帝国(主にネオゼネバス派)がバーサークフューラーと共に開発した機体であるため、実質的には帝国製ゾイドといえる。

本機の最大の特徴はチェンジングアーマーシステム(以後、CASと表記)によって自由に装備を換装させられる事で、戦局に合わせた幅広い運用が可能である。

完全野生体ベース機[編集]

戦闘用ゾイドを作る際には一般的に、ゾイドコアをベースにそのゾイドの元の姿と同じような機械の体に組み込むこと、すなわちサイボーグ化することによって作られる。しかし、人工的な培養では生命力は本来よりも低下してしまい、オーガノイドシステムでの培養は操縦が困難になるという欠点を抱えている。野生体ベース機は野生ゾイドのコアをそのまま使用することで上記の問題を解決し、なおかつオーガノイドシステム搭載機に引けを取らない性能を持ったが、その分パイロットの感情やコンディションがダイレクトに機体に伝わるため、パイロットや状況によって能力が大きく変化。また、該当する野生ゾイドは西方大陸などごく限られた場所でしか確保できず、個体数が少ない上に捕獲が非常に困難なこと、さらにCASを採用したことでブレードライガーの3倍以上の製造コストがかかるため、ライガーゼロは量産しにくい機体となってしまった。

この作成方法は姉妹機であるバーサークフューラーや、代役機のケーニッヒウルフにも採用され、その後もゴジュラスギガセイスモサウルスと言った両軍にとって主要戦力となるゾイドは殆どがこの野生体ベースによる開発が主流になっている。また、エナジーライガーもライガーゼロと同じライオン型野生体ゾイドをベースにしている。

CAS(チェンジング・アーマー・システム)[編集]

ライガーゼロ最大の特徴がこのチェンジング・アーマー・システム、通称CASである。以前よりカスタマイズパーツやオプションパーツなどで武装を強化するゾイドは数多く存在したが、ライガーゼロはフレーム以外の外装をすべて換装する事で、機体そのもののコンセプトを180度変える事が可能となり、単機のゾイドで高速戦闘から砲撃戦闘までこなす幅広い戦略的運用が行えるシステムになっている。後にZOITEC社のゾイドブロックス技術と融合して、ブロックスゾイドそのものを交換装甲とするB-CASに発展した。しかし上記の通り、製造コストが非常に高い事と、局地戦に特化された装備の為それ以外の局面では非常に扱いづらく、また換装には相応の設備と時間を要するため、実際の現場では不都合であるとされ、現在まで正式に採用されたのはライガーゼロとバーサークフューラーのみである(しかもバーサークフューラーも開発されたCAS用アーマーは一種のみで、その後発機である凱龍輝も単体としてのCASは有していない)。

キット[編集]

キットは専用に開発された動力部を持ち、単四電池1本で稼動する。足首までの全関節を能動的に駆動するものであり、連動ギミックは下あごの開閉のみ。また、CASを設定どおり再現するために各部装甲パーツは脱着式となっており、全ての装甲パーツを排除した状態(素体)でも歩行及び連動ギミックの作動に支障はない。

素体状態での手動ギミックは、頭部コクピットハッチの開閉(前ヒンジ)、各足の爪の開閉及び尻尾の上下。キット付属のノーマル(タイプゼロ)用の装甲パーツには、頬のたてがみ(冷却器)・腰部ダウンフォーススタビライザー・背部ブースターユニットの開閉及び尾部ビームガンの俯仰の手動ギミックがある。

ちなみにFZナンバーで再発売された時はRZ版との区別と劇中再現を兼ねてか、頭部の黒塗装が無くなっており、アニメでパイロットを務めたRDのフィギュアが付属するようになった。

ブレードライガーに次ぐ新たなヒーローゾイドとして「新獣王」の異名を持つ[1]

HMM(ハイエンド・マスターモデル)シリーズ[編集]

HMM版では各関節の可動ギミックとゾイドコアブロックの追加以外は、TOMY版と同じような手動ギミックのみになっている。肩部と脚部の独立可動や脚部の伸縮機構、ディスプレイベースへの対応により幅広いポージングが可能で、素体と装甲の着脱機構も再現されている。CASバリエーションも順次商品化されているが、ライガーゼロ素体とのセットとアーマー単品の双方が発売されている。

付属したストーリーはアニメ『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』をベースにしたものが掲載されている。

HMM 022 RZ-041 ライガーゼロ
HMM CUSTOMIZE PARTS 020 CASタイプゼロアーマー パールVer.(ライガーゼロ対応)
シリーズ第22弾。2010年11月発売。ゼロアーマーが付属する。そのゼロアーマーをパールカラーにした「CASタイプゼロアーマー パールVer.」がコトブキヤショップ限定で販売された。
HMM 026 RZ-041 ライガーゼロシュナイダー
HMM 026CAS ライガーゼロ専用 シュナイダーユニット
HMM CUSTOMIZE PARTS 021 ライガーゼロシュナイダー セブン・ブレード(銀メッキ) 
シリーズ第26弾。2011年6月発売。肩部およびレーザーブレードのブースター展開ギミックが追加されている他、ブレードとシールドを全て前面に展開したセブンブレードアタックの再現も可能となっている。そのセブンブレードを銀メッキにした「ライガーゼロシュナイダー セブン・ブレード」がコトブキヤショップ限定で販売された。
HMM 030 RZ-041 ライガーゼロイエーガー
HMM 030CAS ライガーゼロ専用 イエーガーユニット
シリーズ第30弾。2012年2月発売。後脚部垂直ウイングの可動ギミックがオミットされ、新たに脚部側面の8枚のウイングが展開するようになっている。また、イオンブースター収納時の固定用アームが追加されている。
HMM 032 RZ-041 ライガーゼロパンツァー
HMM 032CAS ライガーゼロ専用 パンツァーユニット
シリーズ第32弾。2012年7月発売。頭部アンテナの可動とハイブリッドキャノンの収納・展開ギミック、後脚の固定アンカーを追加、さらに全身22箇所のミサイルハッチが全て展開し、バーニングビッグバンの完全再現が可能となっている。

形態[編集]

素体[編集]

ライガーゼロ 素体
所属 ヘリック共和国
分類 ライオン型
乗員人数 1名
主な搭乗者 レイ・グレック中尉(バトルストーリー
バン・フライハイト(機獣新世紀・ZOIDS)
武装 ストライクレーザークロー×4
レーザーファング

ライガーゼロから全ての装備を取り払った状態。砲撃力が失われ、アーマーを廃したことで防御力も著しく低下している。しかし、装甲を取り払い身軽になったことでイエーガーに次ぐ運動性を発揮する。

最大の特徴は、最も野生に近い状態になることにより、ゾイド自身の野生の本能を最大限に発揮できることである。

劇中での活躍
ゾイドバトルストーリー
レイ・グレック中尉がガイロス帝国のニクシー基地に侵入した際、素体状態のライガーゼロを発見するが、ヴォルフの駆る素体状態のバーサークフューラーに愛機のシールドライガーDCS-Jを破壊され部下も撃破される。レイは銃弾を掻い潜りつつも撤退のために始動状態となっていたライガーゼロの奪取に成功、フューラーと交戦した。
後にライガーゼロは共和国軍によって量産化され、数多の換装形態が生み出されることとなった。そして暗黒大陸戦争の際には、閃光師団(レイフォース)の主力ゾイドとして共和国軍上陸部隊の先陣を切る活躍を見せている。
さらに後、鉄竜騎兵団の秘密基地に向かった閃光師団のゾイド全てがグランチャーのジャミングウェーブにより操縦不能に陥った事態に、レイがライガーゼロの装備を強制排除、コンピューターを利用した操縦を諦めてゾイド自身の闘争本能と精神リンクすることによりコントロールを取り戻す。他のパイロットもそれに習い装備を強制排除、鉄竜騎兵団への反撃に移った。そして鉄竜騎兵団が繰り出したブラッディデーモンに対してはレイの機体がイエーガーの頭部パーツとブースター、シュナイダーの前脚パーツとレーザーブレード、そしてパンツァーの後脚パーツを装備してブラッディデーモンと交戦し、苦戦の末に撃破した。
機獣新世紀・ZOIDS
オルーガの力によって、重荷となったゼロアーマーを強制排除した姿。装甲を廃したことによる防御力の低下をものともせず、驚異的な機動力によってデススティンガーの撃破に成功する。また、ジーク融合時におけるストライクレーザークローの威力は、(メリッサ曰く)設計上の限界理論値を超える数値を叩き出している。
その後、ドニー・チェンの依頼でバンのテストを引き受けた海洋虹団(マーレ・アルコバレーノ)の2人が操縦するシュナイダーとイエーガーとの戦闘では、ライガー系ゾイドの弱点を突き、戦闘不能に陥れた。
物語終盤、専用装備を搭載したライガーゼロ・シーザー・ザ・キングが登場。詳細は下記の記事を参照。


タイプゼロ[編集]

ライガーゼロ
LIGER ZERO
番号 RZ-041
所属 ヘリック共和国
チーム・ブリッツ(スラッシュゼロ
チーム・マッハストーム(フューザーズ
分類 ライオン型
全長 24m
全高 8.3m
重量 85t
最高速度 307km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 レイ・グレック中尉(バトルストーリー)
ナイト・バイケルン軍曹(バトルストーリー)
ビット・クラウド(スラッシュゼロ)
バン・フライハイト(機獣新世紀・ZOIDS)
RD(フューザーズ)
武装 ストライクレーザークロー×4
レーザーファング
イオンターボブースター×2
ダウンフォーススタビライザー×2
AZ208mm2連装ショックカノン
AZ108mmハイデンシティビームガン

ライガーゼロの最も基本的な形態。カラーリングは。野生体としての能力を引き出すため、武装は必要最低限の物にとどめられているが、この形態でも量産型ブレードライガーに引けを取らない戦闘能力を誇る。

本来は帝国軍が開発した装備であり、ニクシー基地に残っていたデータから共和国軍が再現したもののため、帝国仕様機として赤いタイプゼロが存在する。ただし開発をしていたニクシー基地が陥落し、試作機も共和国に奪われたため、共和国より配備は遅れた。帝国軍はニクシー基地から回収することが出来たもう一匹の野生体を用いる事によってライガーゼロ完成に漕ぎ着けている[2]

HMMシリーズでの解説によるとその基本装甲はマダガスカル島にあるエルワト山で採掘される希少金属「エルワチウム・ゼロ」で構成されたナノサイズの空洞を持つ特殊合金製で、これにより高い機体剛性の確保と軽量化を両立させており、さらに全身には高伝導放熱ペイントが施され、本体に篭る熱を均一に放出して稼働時に掛かる機体の負担の軽減させているとされている。HMMブレードライガーミラージュの機体解説にはこれらの技法はブレードライガーミラージュにも使用されていたとある。

劇中での活躍
ゾイドバトルストーリー
ほとんどの共和国パイロットからは、他の形態(イェーガー、シュナイダー、パンツァー)に比べて軽武装すぎると不評だが、レイ・グレックを始めとした一部のパイロットからは、特化されていない分使いやすいと好まれ、量産型デススティンガーを単機で撃破する戦闘力を見せ付けた。しかし、鉄竜騎兵団の中央大陸侵攻の際に本土防衛のために出撃した機体はダークスパイナーのジャミングウェーブによりケーニッヒウルフと同士討ちさせられていた。
ゾイド新世紀スラッシュゼロ
登場当初から既にこのアーマーを装備しており、後続の各種パーツ登場後も作中での重要な戦い(対エレファンダー二戦目、対ブレードライガー初戦)時に使用された。
また、作中での最後の大会であるロイヤルカップでは、バーサークフューラーとの対戦中に落下したジャッジ衛星をパンツァーユニットの一斉攻撃で撃破したため、最後に残ったゼロアーマーを装備しフューラーと交戦。そして、アルティメットXの学習能力を発揮したことでそれまでの戦闘を上回る戦いぶりを披露、最後の激戦に勝利を収めた。
機獣新世紀・ZOIDS
ミュールでの対デススティンガー戦において、ブレードライガー・シーザーのゾイドコアを移植され戦闘に参加する。しかし、戦線復帰を早めるあまり神経回路の生成が万全でない状態で出撃し、アーマーが重荷となり、十分な能力を発揮できなかったが…。
ゲーム
ZOIDS 〜白銀の獣機神ライガーゼロ〜』では主人公(アルスター)の機体として登場。元々はノーマルのゼロであったが、帝国軍による攻撃を受け負傷した際に古代遺跡の設計図を元に改造・修復を施された。この影響で装甲が銀色がかっており、後に発売された『ZOIDS SAGA』では『シルバーライガーゼロ』と呼称されている。


イエーガー[編集]

ライガーゼロイエーガー
LIGER ZERO JAGER
所属 ヘリック共和国
チーム・ブリッツ(スラッシュゼロ)
分類 ライオン型
全長 24.1m
全高 10.8m
重量 132t
最高速度 330km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 ウィナー・キッド少佐(バトルストーリー)
ビット・クラウド(スラッシュゼロ)
ヴィオーラ(機獣新世紀ZOIDS
武装 大型イオンブースター×2
対物ブレードセンサー×8
マルチブレードアンテナ×2
バルカンポッド×2
エアロフェアリング×4
サイドスラスター×2
フライングバルカンポッド
ストライクレーザークロー×4
レーザーファング
必殺技 ダブルストライククロー(ZOIDS VS.シリーズ
ミラージュファングクラッシュ[3]

ライガーゼロの高速戦闘形態。カラーリングは紺色。ライトニングサイクスに対抗するべく生み出されたCASで、背中の可変式大型イオンブースターは上下左右に自在に可動、単に直線スピードの速いゾイドとは比べ物にならない運動性能を誇る(現に公式ファンブック4の戦力評価表においても、運動性能S+を誇る機体はイエーガーのみである)。しかし、高速性能に追求する過程で軽量化が施されたため、防御面ではタイプゼロにすら劣る。攻撃力の面でも他の換装機に比べると著しく低い。

HMMシリーズ

シリーズ独自の設定として、背部のイオンブースターユニットは「コメート」という名称が付けられており、そして本装備にも大量の特殊軽量合金「エルワチウム・ゼロ」が組み込まれている。同時にライガーゼロ本体と最も相性の良い装備と言われ、元ライガー系のパイロットはこぞってこのイェーガーユニットを好んで使用したとされる。また、当時閃光師団所属だったウィナー・キッド少佐は高速移動時に出る余剰熱によって生まれる本機の幻影を利用して「ミラージュファングクラッシュ」という独自の技を生み出したとされている。

劇中での活躍
ゾイド新世紀スラッシュゼロ
当初は主人公のビットから地味とされてはいたが、CAS受領後の初戦でライトニングサイクスの高機動性に対抗すべく装備された。ストライクレーザークローを必殺技とし、ライトニングサイクスやシンカーなどの高速ゾイドとの戦闘の他、エレファンダーとの初戦やアイアンコングPK戦でも使用された。
作中最大の大会・ロイヤルカップにて、初戦のチームライトニング戦でライトニングサイクスと3度目の戦いを迎える。激しい高速戦闘を繰り広げた後、森林に入り込んでサイクスの意表を突き、ストライクレーザークローによる奇襲攻撃で勝利を勝ち取った。しかし、森林に突入したことでイエーガーユニットが損傷。その後はシュナイダーユニットに換装される。
機獣新世紀・ZOIDS
海洋虹団(マーレ・アルコバレーノ)のヴィオーラが搭乗し、バンをテストするためにロッソのシュナイダーと連携し交戦。その際、バンに高速移動からの方向転換の際にできる隙を指摘されている。また、シュナイダーと同じく上顎を攻撃され、運動機能が麻痺し戦闘不能に陥った。


シュナイダー[編集]

ライガーゼロシュナイダー
LIGER ZERO SCHNEIDER
所属 ヘリック共和国
チーム・ブリッツ(スラッシュゼロ)
分類 ライオン型
全長 24.1m
全高 10.1m
重量 135t
最高速度 310km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 シシリー・ヴォルタ(バトルストーリー)
ビット・クラウド(スラッシュゼロ)
ロッソ(機獣新世紀・ZOIDS)
武装 ラッシングレーザーブレード×5
レーザーブレード×2
Eシールドジェネレーター×5
マルチセンサー兼スカウターポッド
高出力イオンターボブースター×2
高機動スラスター×4
肩部高機動スラスター×2
ストライクレーザークロー×4
レーザーファング
必殺技 ファイブレード・ストーム(バトルストーリー)
バスタースラッシュ・セブンブレードアタック(スラッシュゼロ)

ライガーゼロの格闘戦用形態。カラーリングはオレンジ。ブレードライガーの後継機に当たる形態で、7本のレーザーブレードと5基のEシールドジェネレーターにより絶大な攻撃力と防御力を実現。これらの武装で重量は増加したものの、全身にスラスターが装備されたことで最高速度も上昇し、デスザウラーやデススティンガーを覆っているあらゆるゾイドの攻撃を寄せ付けない超重装甲をも切り裂く威力を持つ。しかし、膨大なエネルギーを消費するため稼働時間は短い。

全レーザーブレードとシールドを展開した状態でブースターを全開にし突撃する必殺技・ファイブレード・ストーム(『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』ではラッシングレーザーブレードのみを展開するバスタースラッシュ)は量産型デススティンガーを撃破できる荒技で、PSゲーム『ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国』では全ゾイド中最強クラスの威力を持つ攻撃技(但し、EN消費量も最大)にもなっている。

劇中での活躍
ゾイドバトルストーリー
量産型デススティンガーに対し、タイプゼロが関節部を狙って戦っていたのと違い、シュナイダーは正面から超重装甲を打ち破る攻撃力を見せ付けた。しかし、鉄竜騎兵団の仕掛けた罠に嵌り、グランチャーのジャミングウェーブに捕らわれた際には動きが封じられ、重いブレードも障害となって高い攻撃力を活かせぬまま、バーサークフューラーの一方的な攻撃でブレードをへし折られてしまった。
デスザウラー戦ではパンツァーの支援を受け、超重装甲すら切り裂く攻撃力で果敢に挑んだ。しかし他のデスザウラーに背後から荷電粒子砲で攻撃され、機体は蒸発してしまった。
ゾイド新世紀スラッシュゼロ
劇中ではイエーガーユニットに続く第2のCASとして登場。タイプゼロで歯が立たなかったエレファンダーや、ゼロイエーガーを圧倒したアイアンコングPKなどの重装甲ゾイドとの戦いで多用され、必殺技のバスタースラッシュで敵を葬っている。
また、作中最後にして最大の大会・ロイヤルカップでは、レオン・トロスの駆る赤いブレードライガーを全レーザーブレードとシールドを展開して突撃する大技・セブンブレードアタックによって撃破。しかし、同時にシュナイダーユニットも激しい損傷を負ったため、直後にパンツァーユニットへと換装されている。
機獣新世紀・ZOIDS
海洋虹団(マーレ・アルコバレーノ)のロッソが搭乗し、バンの腕を試すべくヴィオーラの駆るイェーガーと連携して戦闘を行った。しかし、ライガー系ゾイドを知り尽くしたバンに急所である顎を攻撃され、運動機能が麻痺。結果的に戦闘不能に追い込まれている。


パンツァー[編集]

ライガーゼロパンツァー
LIGER ZERO PANZER
所属 ヘリック共和国
チーム・ブリッツ(スラッシュゼロ)
分類 ライオン型
全長 23.3m
全高 9.7m
重量 145t
最高速度 285km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 セレス・アルドワーズ中佐
ウィナー・キッド(バトルストーリー)
ビット・クラウド(スラッシュゼロ)
武装 ハイブリッドキャノン(AZ216mmレールガン AZ108mmビームガン)×2
AZ6連装マイクロホーミングミサイルポッド×4
AZ3連装マイクロホーミングミサイルポッド×2
AZ2連装マイクロホーミングミサイルポッド×2
AZ2連装ミサイルポッド×4
バルカンポッド×2
AZ3連装グレネードランチャー
マルチブレードアンテナ×2
エアロフェアリング×4
必殺技 バーニング・ビッグバン

ライガーゼロの砲撃形態。カラーリングは濃淡2色の。砲撃戦ゾイドの火力と高速戦闘用ゾイドの機動力を両立した、革命的な機体である。ただし『ゾイド妄想戦記』や『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』では、カタログスペックは唄い文句に過ぎず、ライガー系の特性を無視した重武装から歩くこともままならない欠陥装備とされている。

全身にミサイルを満載し、背中には高速戦闘用ゾイドの常識では考えられない重砲・ハイブリッドキャノンを装備。先述した特徴から、従来の砲撃戦ゾイドのような後方支援にとどまらず、その機動力で敵の拠点に素早く接近、圧倒的火力で敵部隊を強襲することも可能。全砲門斉射による必殺技・バーニング・ビッグバンは小型ゾイドなら部隊ごと殲滅する威力を持つ。

HMMシリーズ

新規設定として、装備の各種センサーおよび火器管制システムを本体のアビオニクスとリンクさせて照準を調整する「クレアボヤンス・システム」を搭載しており、敵機の種類や数だけでなく戦場のあらゆる状況や環境さえも計算に入れてその標的にとって最も効果的となる装備を自動的に選択して攻撃する事が可能になっている。また、それぞれの装備の運用コンセプトも共和国と帝国が共同で設立した特殊部隊ガーディアンフォースのブレードライガー・ライトニングサイクスディバイソンと、特性の異なる機体による連携行動がCASの開発に大きく影響したという設定が追加された[4]。 また、上記の欠点については、外装に使用され軽量化・放熱の要である稀少金属『エルワチウム・ゼロ』が使用されていないレプリカであった為、重量増加・廃熱効率の低下が原因であると説明されている。

劇中での活躍
ゾイドバトルストーリー
配備はイェーガーやシュナイダーよりも遅れ、登場するのは暗黒大陸での戦いに移行してからの事で、他のタイプと共に閃光師団の主力として活躍した。後の第二次中央大陸戦争においてはウィナー・キッド操縦の機体がバディター・ロウエンの考案したゴルヘックスによるダークスパイナーのジャミングウェーブ無効化実験のサポートのためゴルヘックスの護衛を務めていた。接近してきたダークスパイナーに対し格闘戦では不利と判断し、パンツァーユニットを排除して素体で挑もうしたが、ゴルヘックスがオーバーヒートしたことでジャミングウェーブの効力が復活し行動不能になる。反撃できないまま一方的に攻撃を受けるも重装甲で耐えきり、ゴルヘックスがダークスパイナーに特攻をかけた事で窮地を脱した。この際、ダークスパイナーが大破するほどの威力のゴルヘックスの自爆に巻き込まれるも、それすらも耐える防御力を見せた。ウィナーの述懐によるとパンツァーの装甲はダークスパイナーの二倍に相当するという。
ゾイド新世紀スラッシュゼロ
重装備で機動性が激減したことやオーバーヒートによる爆発の危険性があったこと、それまでの戦いにはイエーガー&シュナイダーで十分に対応できたことから、なかなか使用される機会に恵まれなかった。
しかし物語後半、エレファンダーコマンダータイプとのバトルでシュナイダーユニットが通用しなかったことを受け、バトルで初めて装備されることとなった。それ以降、バトルでは固定砲台のように使用される機会が多い。
作中最後の大会であるロイヤルカップの最終局面にて、最後の敵であるバーサークフューラーにシャドーフォックスと共に交戦。しかし、ハイブリッドキャノンをEシールドに防がれ、接近戦に持ち込まれた結果オーバーヒートを起こしてしまうが、奇跡的に再起動する。その後は落下してくるジャッジ衛星の残骸をバーニングビッグバンで粉砕するも、活動限界を迎えユニットを強制排除したのだった。
なお、『ゾイド新世紀スラッシュゼロ』のOPでは初期デザインが登場。細部が異なるフォルムやブラウンを中心とした配色など、様々な相違点が見受けられる。『ゾイド公式ファンブック2』にて線画が掲載されている。


イクス[編集]

ライガーゼロイクス
LIGER ZERO X
番号 EZ-054
所属 ガイロス帝国(試作1号機のみ)
ネオゼネバス帝国(2号機以降)
分類 ライオン型
全長 24m
全高 9.8m
重量 115t
最高速度 315km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 ヨハン・ホルスト・シュタウフィン軍曹(バトルストーリー)
グゥ(ZOIDS惑星Zi)
マヤ・ベルケット(ZOIDS妄想戦記
武装 エレクトロンドライバー(前方展開時)×2
スタンブレード(左右展開時)×2
ドラムコンデンサー×2
対物ブレードセンサー×4
エレクトロンドライバー放熱フィン×4
アースユニット
スタスティックジェネレーター×2
カッターフェアリング×2(タテガミ部分)
光学迷彩(アクティブステルス)

共和国のライガーゼロ開発から半年後、共和国製CASのデータを基に帝国軍が完成させたCAS。「暗黒獣王」の異名を持ち、その名の通り光学迷彩によるステルス性と強力な電撃装備を搭載し、敵機を切断・ショートさせる事ができる高電磁剣のスタンブレードと、そこから撃つ電撃砲エレクトロンドライバーは同クラスのゾイドを一撃で破壊する威力を秘めている。しかし、弱点である背中のドラムコンデンサーを破壊されると機能が著しく低下してしまう。

元来、帝国の機体であるライガーゼロのある意味、真の姿であり、実戦に投入された機体は未完成状態であるものの、総合能力では最強形態(後発のブロックスによる合体を除き)だといえる。

キットは通常ゼロと色違いの同仕様の中に、イクスパーツが同梱されている。尚、ノーマル形態のアーマーは赤く、目が帝国に合わせてグリーンになっている。

元はコロコロコミック誌読者公募の入賞作品で、その際は「アルティメットエレメンタル」という名称であった。

作中での活躍
ゾイドバトルストーリー
ゼネバス出身の帝国兵であるヨハン・ホルスト・シュタウフィン軍曹が帝国摂政プロイツェンの命を受け、極秘会談で共和国陣営を訪れたカール・リヒテン・シュバルツ中佐を暗殺するために搭乗。音もなく忍び寄る脅威のステルスシステムを活かし、迎撃部隊のゾイドやトミー・パリス中尉のコマンドウルフAC、シュバルツ中佐のセイバータイガーを次々と撃破する。更には建造中のマッドサンダーをも破壊しようと画策するが、その際に生まれた隙をロブ・ハーマン中佐のケーニッヒウルフに突かれ撃破されるのだった。
その後は鉄竜騎兵団の中央大陸侵攻作戦において、シュトゥルムフューラーやダークスパイナーと共に主力機として活躍。そして共和国首都・ヘリックシティを制圧した際には、ガンタイガーを率いてルイーズ大統領とトミー・パリス大尉を乗せたセイバリオンを追撃するも、トミーから攻撃時の特徴を見切られてしまい、逆に前足を叩き斬られて逃げられた。
また、レイ・グレック達が帝国領となったヘリックシティに潜入した際には、共和国軍によって鹵獲された機体が使用された。
ZOIDS惑星Zi
グゥが搭乗していたが、中盤でフライシザースに真っ二つにされている。


フェニックス[編集]

ライガーゼロフェニックス
LIGER ZERO PHOENIX
番号 RZ-071
FZ-001(フューザーズ)
所属 ヘリック共和国
チーム・マッハストーム(フューザーズ)
分類 ライオン/フェニックス
全長 26m
全高 12.2m
重量 120t(RZ-071)[5]
106t(FZ-001)
最高速度 340km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 レイ・グレック中尉(バトルストーリー)
RD(フューザーズ)
武装 AZショックカノン×4
小型2連ビーム砲×12
コアブロック×2
AZ208mm2連装ショックカノン
レーザーファング
ストライクレーザークロー×4
チャージミサイル

共和国軍がZOITECと共に開発したブロックスゾイド・フェニックス(『フューザーズ』ではファイヤーフェニックス)と合体したライガーゼロの新形態。共和国軍「戦略技術部」が開発した凱龍輝と同じくブロックス・チェンジングアーマーシステム(以後、B-CASと表記)を有するが、分離変形による汎用性重視の凱龍輝と異なり、「武器開発部」で開発された本機のB-CASはフェニックスシステムと言う連結した2機のゾイドコアを共振させてライガーゼロ本体の基本性能を強化させるシステムとなっている(ただし、ゾイドコアに負担を極度にかけるこのシステム搭載ゾイドは大戦後にそのほとんどが死滅、またはコアの致命的損傷に至ったとされる。後の時代で使用された「Ziユニゾン」は相性の良いゾイド同士の合体と、ゾイドの持つ防衛本能がユニゾン可能時間に制限を設けている事により、このリスクを軽減している[6])。それによって機体出力は格段に向上し、短時間ではあるが低空での飛行も可能となった。また、背中に装備されたチャージミサイルにはシステムで生まれた余剰エネルギーを充填するシステムが内蔵され、最高360秒間のチャージでゴジュラスギガのゾイド核砲一門に匹敵する威力を持たせられる。ちなみに一度合体したゼロフェニックスはライガーゼロはテレストリアルモード、フェニックスはグライディングモードとして分離可能で陸上と空中の両面から作戦を展開できる。

なお、アニメ版の型式はFZでカラーリングは、バトルストーリーの型式はRZでカラーリングは薄いでタイプゼロのアーマーもそれに準拠しており、アニメ版とバトルストーリー版とでは異なるカラーリングが施されている。

作中での活躍
ゾイドバトルストーリー
ヘリック共和国軍がネオゼネバス帝国領に位置するキマイラ要塞都市の制圧作戦を行った際、懲罰部隊(旧閃光師団)の主力として投入された。ロードゲイルらキメラブロックスを撃破し要塞突入の先陣を切るも、セイスモサウルスの圧倒的な戦闘力の前に29機の内半数が撃破。残存した半数もネオゼネバスの新型ゾイド・エナジーライガーの攻撃により、ほとんどの機体が破壊されている。
また、旧共和国首都・ヘリックシティにおける決戦の際は、レイ・グレックを筆頭とする市街地潜入部隊が鹵獲したイクスで潜入。士気を鼓舞すべく前線に赴いたヴォルフ・ムーロア皇帝のエナジーライガーに対しフェニックスに換装して襲撃するも、レイの機体は装備を破壊され窮地に立たされてしまう。しかし…。
ゾイドフューザーズ
チーム・サベージハンマーのブレードが操るバスターフューラーにチーム・マッハストームが追い詰められた際、主人公・RDの駆るライガーゼロが野良ゾイド・ファイヤーフェニックスとのZiユニゾンを発動させたことで誕生。以降は彼の愛機として、様々な強敵とバトルを繰り広げた。
物語中盤、エナジーライガーへの復讐に燃えるブレードの凱龍輝と戦うが、その力に圧倒されユニゾンを解除してしまう。その後、ファイヤーフェニックスはRDとライガーゼロを救うために凱龍輝の荷電粒子砲の砲撃を浴び、大破炎上。火の鳥のような光を解き放ちつつ消滅し、劇中での出番を終えた。
アニメ作中では全身に光の膜を纏うようなEシールドを展開可能である


バリエーション[編集]
ライガーゼロブラスター
ゼロフェニックスのBLOXとの合体機能を生かしたチェンジマイズ形態。テレストリアルモードにディスペロウが合体し火力が増強されている。
ライガーゼロ ウイングドヴィクトリー
電撃ホビーマガジン2003年12月号掲載の作例。ライガーゼロフェニックスの合体形態の一つ。空中での機動性を重視したタイプで、フェニックス部はフライトユニットとして軽量化のためにパーツが最小限に減らされている。機体カラーはフェニックス部も含めて白。



ファルコン[編集]

ライガーゼロファルコン
LIGER ZERO FALCON
番号 FZ-016(フューザーズ)
所属 ヘリック共和国
チーム・マッハストーム(フューザーズ)
分類 ライオン/ハヤブサ
全長 23.4m
全高 13.7m
重量 108.8t
最高速度 560km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 レイ・グレック中尉(バトルストーリー)
RD(フューザーズ)
武装 バスタークロー(高速回転ドリル:マグネーザー AZ185mmビームキャノン マグネッサーシステム)×2
ザンスマッシャークロー×2
AZ208mm2連装ショックキャノン
AZ108mmハイデンシティビームガン
AZショックキャノン×4
レーザーファング
マグネッサージェットウイング×2

エナジーライガーに対抗するべく、ライガーゼロが新B-CASとして開発された隼型ブロックスゾイド・ジェットファルコンと合体して誕生したライガーゼロの高速戦闘形態。フェニックスシステムと同様に連結した両機体のコアの共振から来る本体性能の強化を目的とした設計で、ジェットファルコンのパーツから帝国のバーサークフューラーに搭載されていた攻防一体型万能兵器・バスタークローの可変式改良型が装着された。このバスタークローをウイング状に変形させ、そこからのマグネッサーシステムと背部のブースター(ジェットファルコンの脚部)を併用させることで、さらなる高速走行と飛行が可能となっている。そして格闘戦においては時速560km/hと言う圧倒的な機動力と速度をもってバスタークローとザンスマッシャークローを振るい巨大ゾイドすら一撃で粉砕できる程の攻撃力を発揮する。ライガーゼロの換装形態の中では最強の戦闘力を誇る。

キットでは本機とエナジーライガーのエアポンプを付属のチューブでつなげる事で、バスタークローの稼動ギミックが起動する。

作中での活躍
ゾイドバトルストーリー
ヘリックシティでの決戦においてレイ・グレックのライガーゼロは、ヴォルフ・ムーロアのエナジーライガーによってフェニックスを破壊され絶体絶命の危機に陥っていた。すると、ディメトロプテラが破ったネオゼネバス軍の防空網を潜り抜け、ジェットファルコンが飛来。そしてレイの機体はゼロファルコンへの合体を果たすと、そのままヴォルフのエナジーライガーのゾイドコアを貫き勝利した。
しかし、それが原因となってエナジーチャージャーが暴走し、ゾイドコアの崩壊を誘発させることとなってしまった。ゾイドコアの崩壊によるヘリックシティ壊滅の危機を察知したレイとヴォルフは、互いに協力してエナジーチャージャーのケーブルをジェットファルコンに接続すると、ファルコンのバスタークローを用いて余剰エネルギーを上空へと放出。この敵味方の垣根を超えた2人の活躍により、ヘリックシティ壊滅の危機は回避された。
ゾイドフューザーズ
凱龍輝との戦いのショックから立ち直れずにいたRDが、ウルカの森で出会った少女・フェニスと仲間達の協力を得て、遺跡から復活したゾイド・ジェットファルコンとのユニゾンにより完成させた、ライガーゼロの新たなる姿。空中戦の際には天を駆けるように飛行し、バスタークローからは必殺技である巨大なエネルギー槍・ストライクレーザーランスを繰り出すことが可能になった。
そしてリヒタースケールとの最終決戦では、キメラブロックスとのユニゾンを遂げたセイスモサウルスの圧倒的な戦力に傷ついたゾイド達と共振現象を起こし、限界以上の能力を発現。セイスモの放ったゼネバス砲の砲撃を切り裂き、リヒタースケールの野望をセイスモもろとも打ち砕くのだった。
RDはこの際、ゼロファルコンこそ自分と父が追い求めていた伝説のゾイドであると確信。これからは自身とゼロで新たな伝説を紡ぐことを決意する。


ライガーゼロ・シーザー・ザ・キング[編集]

漫画『機獣新世紀・ZOIDS』の終盤で登場した主人公・バンが操縦する特別仕様のライガーゼロ。劇中の描写から超近距離格闘戦仕様の機体で火器は装備していないと思われる。ジークとの融合状態での戦闘を主眼に改修が施されたためCASを省略されており、機体色はジークと同じ白銀となっている。また、背中にはブレードライガーと同じように2本の実体ブレードが配備されているが、このブレードは近接戦において敵機を斬るためだけではなく、Eシールドの展開、および翼状に展開するフライングユニットとしても機能する。なお、この機体のフレーム自体は新造されたものだが、コア自体はバンが以前から搭乗していたブレードライガー・シーザーから移植された物である。非公式ではあるが、この機体の名付け親はゾイドジェネシスの主人公ルージ・ファミロンと言うことになっている。

ライガーゼロ・マリナー[編集]

ライガーゼロの強化案として開発された、水中用CAS。水中用に再設計された大型イオンブースターを装備しており、水中を60ノットで航行する。ウオディックとも互角に戦える性能をもっているが、コスト等の問題により正式採用は見送られている。

元々は月刊コロコロコミック誌上の読者改造アイデア公募の採用作品。ウオディック・CP-20 イエーガーユニットCP-02 アサルトユニットのパーツを流用し、各部に取り付けている。

ライガーブルー・ソウガ(蒼牙)[編集]

ライガーブルー・ソウガ
LIGER BLUE SOUGA
番号 ZGe-001
所属 ジン遊撃隊
分類 ライオン型
全長 22m
全高 7.6m
重量 81.5t
最高速度 307km/h
乗員人数 1名
主な搭乗者 ミドリ
武装 ストライクレーザークロー×4
レーザーファング
イオンターボブースター×2
ダウンフォーススタビライザー×2
AZ208mm2連装ショックカノン
AZ108mmハイデンシティビームガン

ゾイドジェネレイションズ -ZOIDS GENERATIONS-』の主人公・ミドリの乗る、同型機に比べ一回り小さいサイズの青いフレームのライガーゼロ。フレームの色から「ライガーブルー」と呼ばれているが、正式な名称はライガーゼロである(ソウガはミドリの付けた愛称)。小型ながらも優れた機動性によりその戦闘能力は高い。しかし、その気性の激しさは種随一で長い間乗り手を決めることを拒んでいたが、家族同然に育ったミドリのみにその心を開いている。従来のライガーゼロと同様、CAS機構を持つが、現存する装備は鍛冶師の村のマサクニによって保管されていた具足「明光」のみ。しかし、操縦者であるミドリやソウガ自身もあまり余計な装備を好まないため、なんら問題となっていない。得意なポーズはお座りで、バイオゾイド・死神との戦いで傷を負い、その傷は額に残っている。後にバイオゾイドを封印する役目を持つ当代の「輝く獣」であることが判明する。

具足「明光」[編集]

鍛冶師の村に保管されていた、日本の甲冑に酷似した四足歩行ゾイド用の追加装甲。村に伝わる口伝によると、先代の「輝く獣」の纏った具足とされているが真偽は確かではない。当代のマサクニの手により、ソウガの身体に合うように鍛え直され、ミドリの紋を刻んだ保管用の櫃と共に彼女に託された(ソウガが身に着けないでいた間は、その櫃に納められていた)。使用されている金属は通常の鋼や鉄、メタルZiとも異なるものだが、決して現在の技術で製造不可能なものではない。鍛え方によっては様々に色合いが変化し、その色彩を演出するのもまた鍛冶師の腕の見せ所だそうだ。この金属に名称は与えられておらず、従来の金属に比べて高い装甲効果を得られるが、何らかの超常的な力は確認されていない。 劇中では数々のバイオゾイドを葬るが、進化したバイオゾイド・死神との再戦で破壊されている。

白装束[編集]

当代の「輝く獣」ソウガが、封印の刀に形を変えた「煌く獣」ブライトホークと共に「地の底より這いいでしもの」と対峙した際に発現した白く輝く鎧。この白装束は、一部のゾイドに見られる短時間の変形状態の類の可能性もあるが、ソウガも戦いの後には装束を纏っていなかったことから、ある種のエネルギーフィールドが形成されていると考えられている。伝承の中では「白く輝く装束を身に纏った」としか記されておらず、先代の「輝く獣」については定かではない。

形状は具足に酷似しているが、ソウガ自体はメタルZiの刀を持たない為、左肩にある抜刀システムの代わりに右肩と同じ大袖が付けられた左右対称のものとなっている。「地の底より這いいでしもの」の熱線をも容易に突破したことから、高い防御効果を持つことがわかる。明らかに物理的な限界を超えた力であることからも、何らかの超常的な力が働いているものと思われる。

キットは05年のキャラクター&ホビーショー05にて限定発売された。その名の通りフレームの色はブルーに変えられているが、設定と違ってキット自体は従来のライガーゼロと同サイズ。専用CASの具足は別売りでミドリのフィギュアとともにガレージキットとして販売された。

ライガーレッド・ヒオウ(緋桜)[編集]

ライガーレッド・ヒオウ
LIGER RED HIOU
番号 ZGe-004
所属 ナカト国
分類 ライオン型
全長 20m
全高 7m
重量 72.5t
最高速度 288km/h
乗員人数 1名
武装 ストライクレーザークロー×4
レーザーファング
イオンターボブースター×2
ダウンフォーススタビライザー×2
AZ208mm2連装ショックカノン
AZ108mmハイデンシティビームガン

その名が示すように赤いフレームを持つライガーゼロ。ライガーブルーの兄弟機(双子の妹)で、ライガーブルーよりもさらに小柄。性格は極めて穏やかで、パワーもオリジナル種より劣るとされているが、ナカトの国では古くより守護神として崇められていて、幼い頃よりセキのみに心を開いていた。

キットは07年の電撃ホビー館にて限定発売された。ライガーブルー・ソウガと同じくライガーゼロの仕様変更品となっている。キットは外装がクリアーピンクになっており、設定では原種以下の生命力しか持たない核とアーマーの兼ね合いにより装甲の一部が透けてしまったとされる。

巫女装束「舞衣」
ライガーブルーの具足にあたる装備。メタルZiの刃を持つ薙刀を可動アームの先端に装備している。この大薙刀を振るうその姿は、この世のものとは思えないほど光と音を放つ神々しさであると語り伝えられている。



バーニングライガーゼロ[編集]

漫画『ゾイドバトラー雷牙』、『ゾイドバトルカードゲーム』で登場した改造ライガーゼロ。全身に赤いマーキングが施されているのが特徴で、雷牙剣の二台目の愛機として様々なカスタマイズが施され、ともに戦う。 後にICチップ『アダム』が組み込まれ、自我を持つゾイドとなる。

バスターライガー[編集]

電撃ホビーマガジン2002年3月号に掲載された改造ライガーゼロ。元ネタは同名のライガー系ゾイドデザイン没案で、作例はこれをライガーゼロ用のCAS・バスターユニットとしてリファインする形で製作されている。背部にビームキャノン、Eシールドを兼用する複合兵装バスターソードを持つ。

ライガーゼロB[編集]

電撃ホビーマガジン2002年9月号「SMACK ZOIDS」に掲載された改造作例。完全野生体を使用するゆえに存在した量産性・操縦性の難点を解消すべく完全野生体の遺伝子情報を組み込んだ人工コアを搭載した実験機。基本スペックはオリジナルのコアには劣るものの、ブロックス対応型に改修されているためコアブロックを補助ゾイドコアとして装備し出力を補う事が出来る。大口径荷電粒子砲やEシールドを搭載可能なほか、ブロックスゾイドのキャリアーとしても運用可能。

後に2003年12月号「SMACK ZOIDS」ではライガーゼロフェニックスの開発母体としてフェニックスとの合体試験に使用されている。この形態はライガーゼロBフェニックスと呼ばれる。この中にはバスターイーグルの羽根を流用した機体も存在し、コードネーム「ロックバード」と呼称されたという。

Liger Zero Midnight shield[編集]

ハズブロから発売された完成品ゾイドトイ「Supreme Electronic Action Figure」のカラーバリエーション。黒色の装甲と白色のフレームを持ち、ゴムキャップ(サーボモーター)が青色を基調としたものになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トミー「CP-17 シュナイダーユニット」「CP-20 イエーガーユニット」「RZ-041 ライガーゼロ」パッケージ裏バトルストーリー、月刊コロコロコミック誌より
  2. ^ 店頭小冊子「ゾイドグラフィックスvol.01」より
  3. ^ 「可動王 ライガーゼロ」商品パッケージより
  4. ^ しかし、共和国・帝国の戦時中に、両陣営合同の特殊部隊であるガーディアンフォースが存在するといった矛盾が発生している
  5. ^ 説明書の記述では120tとの記載だが、RZ版箱横記載、公式ファンブック4巻では106tと二通りの記述が存在する。
  6. ^ 電撃ホビーマガジン2004年12月号「ZOIDS X」より