ブラックキャナリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラックキャナリー(Black Canary)は、DCコミックの出版するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒロイン(アメリカ式ではスーパーヒーローヒロイン)。アニメなどではブラックカナリーとも呼称される。

初代と2代目が存在し、両者の関係は母娘である。

人物[編集]

両者の最大の相違点は、口から発射する超音波「キャナリー・クライ」で、これは2代目しか持っていない。キャナリー・クライは大変破壊力が高く、トラックや特殊なガラスすらも破壊することが可能である。

初代のコスチュームは、黒の網タイツと革のボディスーツで、セクシー[1]な出で立ちである。金髪のカツラ(地毛は黒)を着用しているが、これは正体を隠すためである。

2代目もこれを受け継いだが、コスチュームには変遷もあり、タキシードの上着、網タイツと黒のレオタードを着用している場合もある。なお、彼女は元々金髪であり、カツラは使用していない。

初代[編集]

本名、ダイナ・ドレイク・ランス。本拠地はゴッサム・シティ、職業は生花店の経営者。初出は『フラッシュコミックス』#86(1947年8月)[2]

刑事を父に持つ彼女は婦人警官を夢見ていたが、願書を返されてしまう。さらには父を失い、彼女は独力での正義の活動を志す。乏しい遺産で生花店を開きながら、持ち前の柔道の技を携え、彼女は自警団員として活動を開始した。この他に、首に下げた魔除けには、煙幕弾や催眠ガス弾を内蔵させてある。

暗黒街へ潜入するために悪人を装っていた彼女だが、ヒーローの一人であるジョニー・サンダー(2代目)と協力する際、身の上を明かした。

彼女はジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)と共闘し、後に加盟した。まもなく引退し、私立探偵ラリー・ランスと結婚、一女を設ける。しかし、夫は宇宙線をエネルギーとするアクアリウスとの戦いで戦死、彼女もその戦いの後遺症で、放射能誘発性のガンで死亡した。

2代目[編集]

本名、ダイナ・ローレル・ランス。本拠地はゴッサム・シティ。初出は『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』#220(1983年11月)[3]

母は彼女を同じ道に歩ませたくなかったが、JSAの仲間たちの冒険談を聞いて育った娘は、ワイルドキャット(初代)からボクシングを、その他のJSAからも技を習い、母親から受け継いだ柔道のセンスを生かし、クライムファイターとして母のコスチュームを受け継いだ。

当初は一人で活動していたが、ジャスティス・リーグに加わる。また、そこで初代グリーンアロー(オリバー・クイーン)と恋に落ちた。2008年の段階では、リーグの議長を務めている[4]。リーグでは互いの意見の違いからハントレスと対立し、度々対決することもあった。

原作以外[編集]

テレビドラマ、アニメ作品にもゲストやセミレギュラーとして登場する。

テレビドラマ[編集]

ヤング・スーパーマン
複数回ゲスト出演。当初は一人で活動しており、レックス・ルーサーに雇われてクラーク・ケント(スーパーマン)らと敵対した(シーズン7。通算第143話「ブラック・カナリア」(Siren))。
誤解の解けた後はオリバー・クイーン(グリーンアロー)率いるヒーローチーム(『ヤング~』におけるジャスティス・リーグ。ただし命名はされていない)に参加している。オリバーやクロエらの会話で「黒いカナリア」といわれた。
ゴッサム・シティ・エンジェル
ダイナの母親[要出典]という設定となっている。
ARROW/アロー
オリバー・クイーン(グリーンアロー)が主役のドラマ。ブラックキャナリーとしてではなく、ローレル・ランスとして第1話からレギュラー出演。オリバーの元恋人で弁護士。
刑事の父と同居している。妹は死亡、母は別居。

アニメ[編集]

ジャスティス・リーグ』にも登場している[要出典]

バットマン・ザ・フューチャー 蘇ったジョーカー
バットガールにロビンの行方を尋ねられるシーンで登場しているが、なぜゴッサムシティにいたのかは明言されていない。
バットマン:ブレイブ&ボールド
2代目が複数回ゲスト出演、活躍している。初代(母親)はジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)に参加していたが、死亡している。
2代目はバットマンと同世代であり、彼は師匠に当たるJSAから厳しい訓練を課せられていたが、キャナリーは過保護に育てられており、彼女は不満に思っていた。
ヤング・ジャスティス
ジャスティス・リーグの一員であり、ヤングチームの教官でもあるため、出演回数が多い。

脚注[編集]

  1. ^ スコット・ビーティほか 『DCキャラクター大事典』 赤塚京子ほか訳、小学館集英社プロダクション2011年、50頁。
  2. ^ 『DCキャラクター大事典』 50頁。
  3. ^ 『DCキャラクター大事典』 50頁。
  4. ^ 『DCキャラクター大事典』 182頁。