グリーンアロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリーンアロー』(Green Arrow)は、DCコミックの出版するアメリカン・コミックスのタイトル[1]、及び架空のスーパーヒーローの名称。

緑のコスチュームに身を包み、弓矢を武器とするが、スーパーパワーは持っていない。初代と2代目が存在するが、本項では特に断らない限り、初代について説明する。また、彼のサイドキック(助手)であったロイ・ハーパー(初代スピーディ、アーセナル、レッドアロー)についても説明する。

人物[編集]

グリーンアロー
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 『モアファンコミックス』#73(1941年11月)
クリエイター モート・ウェイシンガー
ジョージ・パップ
作中の情報
本名 オリバー・ジョナス・クイーン
種族 人間
出身地 スターシティ
所属チーム クイーン・インダストリーズ
ジャスティス・リーグ
アウトサイダー
勝利の七兵士
パートナー スピーディ
グリーンランタン
ブラックキャナリー
能力 弓術、格闘術

本名、オリバー・ジョナス・クイーン。本拠地はスターシティ。初出は『モアファンコミックス』#73(1941年11月)。弓術の名人であり、また格闘技の訓練も積んでおり、常人以上の腕力や耐久力を有している[2]

グリーンアローとなるまで
元の彼は、大富豪でプレイボーイだった。南海への船旅で、ビジネスパートナーに裏切られた彼は海へ落とされ、孤島へ辿り着く。その島には麻薬の密売組織が存在していたが、彼は急造の弓矢でこれと戦い、壊滅させた。
故郷への帰還が叶った彼は、社交界のコスチューム・パーティにロビン・フッドの仮装で参加する。そのイベントを強盗が襲ったが、彼は仮装のまま撃退した。この時、仮装の人物にグリーンアローの名前がつけられた。

この時期のコスチュームの頭部は帽子だったが、後にフードになった(前者はテレビアニメ『バットマン:ブレイブ&ボールド』に登場したコスチュームであり、後者はテレビアニメ『ヤング・ジャスティス』、テレビドラマ『ヤング・スーパーマン』及び『ARROW/アロー』で見られる)。

グリーンアローとなった彼は、自警団員として犯罪者との戦いを開始する。2代目グリーンランタン(ハル・ジョーダン)と出会ったベトナムへの旅の後、オリバーは犯罪の遠因である自社の兵器製造部門を売却した。慈善事業にも意欲的に関わりはじめ、自身もロイ・ハーパーという少年を養子にする。ロイはサイドキック(助手)となり、スピーディと名づけられた。彼はグリーンアローに似た装備を身に付けているが、色は赤を基調としていた。

この頃、彼はまだジャスティス・リーグに加入していなかったが、匿名で資金を提供していた。また、アロープレーン、アローカー、アローケイブなどの装備や施設を建造・保有していたが、それらはバットマンへのリスペクトと考えられている[3]

この後、正式にリーグに加盟したものの、かなり若いブラックキャナリー(2代目)と恋に落ちた。やや後に、以前のパートナーであるジョン・デレオンに騙され、財産を奪い取られてしまう。オリバーは挫けず、グリーンランタン(ハル・ジョーダン)と共にアメリカ再発見の旅に出発し、人種差別、狂信者、環境破壊などの問題に直面する。ブラックキャナリーを伴う場合もあった。

オリバーの不在で、ロイは「指導者に見放された」と思い込み、ヘロイン中毒に陥ってしまう。養母に等しい関係のブラックキャナリーが更正に手を貸し、誘惑を経つことができた。ロイは中央諜報局(CBI)に所属する。一方、オリバーはリーグの方針に疑問を持ち、脱退した。

『ブレイブ&ボールド』#85(1969年8月)「上院議員暗殺事件」においてコスチュームを変える。また、口ひげを生やしはじめ、態度は反抗的になった[4]

メトロポリス上空で飛行機が爆破され、死亡したことがある。この時は、長年の親友であるパララックスことハル・ジョーダンにより復活した。死亡中はコナー・ホークがグリーンアローの名を継いでいた。2代目スピーディが登場したのは復活後である。

グリーンアロー(2代目)
本名、コナー・ホーク。本拠地はスターシティ。初出は『グリーンアロー』Vol.2#0(1994年10月)[5]
オリバーとサンドラ・ムーンデイ・ホークの息子。父親に会うことなく、仏教徒によって僧侶になるべく育てられた。全世界でベスト5に入る武術の達人だが、世間知らず。また惚れっぽい性格でもある。
父が僧院を再び訪れた際、息子とは名乗らずに彼と同行し、旅に出る。その後、彼に息子だと告げた。
父の死亡後、コナーは、2代目グリーンアローとなり、跡を継いだ。父の生還後は、共にスターシティを守っている[6]
スピーディ(2代目)
本名、ミア・ディアデン。
幼い頃に暴力的な家庭から家出し、ホームレスとなった。売春婦として生活費を稼いでいたが、オリバーに引き取られ、青少年更正センターに預けられた。
ミアはコナーとともに訓練を受けて弓術や格闘技を上達させ、新しいスピーディとなった[7]
過去の稼業のため、エイズに感染している[8]

オリバーはプレイボーイの習慣が改まらず、浮き名を流している。

ダイナ・ローレル・ランス
リーグの一員でスーパーヒロインのブラックキャナリー(2代目)。後に結婚[9]
シャドウ
東洋人の女性暗殺者で、長弓の使い手。ロバートという息子を産む[10]
日本人の友永というヤクザの娘。父は任務に失敗したため切腹して果てた。彼女は父の敵である元アメリカ軍人を暗殺するために渡米した。左肩から左腕にかけて、赤い龍の刺青をしている[11]
サンドラ・ムーンデイ・ホーク
コナー・ホークの母[12]

ロイ・ハーパー[編集]

ロイ・ハーパーはスピーディ(初代)としてサイドキックとなり、やがて独立し、アーセナル、レッドアローへと名を改めた。

彼は、幼い頃に山火事で父を亡くした。父は森林レンジャーであり、ナハボ族のまじない師であるブレイブ・ボウを救うために命を落としたのだった。ブレイブ・ボウは感謝の証として、孤児になったロイを引き取り、育てた。ロイは成長すると、弓矢の名手となり、同時に長距離ランナーとしても目覚しい進歩を遂げていた。グリーンアローの大ファンでもあるロイは、彼が町を訪れた際、手際よく強盗を捕らえ、そのために「スピーディ」と名づけられた。

ブレイブ・ボウの死亡後、ロイはオリバーに引き取られる。グリーンアローはジャスティス・リーグに、スピーディはティーン・タイタンズに加盟し、活躍した。

アローがグリーンランタン(2代目)と共にアメリカ再発見の旅に出た際は「見捨てられた」と絶望し、ヘロイン中毒に陥る。この危機はブラックキャナリーの助けで乗り越えることができた。

ロイは中央諜報局(CBI)に参加し、日本での任務に携わる。この時、チェシャーという美女と深い仲になるが、彼女は暗殺者であった。後に彼女はリアンという娘を産むが投獄され、ロイが引き取ることになる。

チェックメイトという組織に所属した折、ロイはスピーディからアーセナルへ名前を変えた。以後、タイタンズ、アウトサイダーズのリーダーを務め、レッドアローに改名しリーグに加わった[13]

原作以外[編集]

テレビドラマ、アニメ作品にもゲストやセミレギュラー、あるいは主役として登場する。

テレビドラマ[編集]

これら2作品では、ボイスチェンジャーを使用している(正体を隠す一環)。

ヤング・スーパーマン
クラーク・ケントがスーパーマンになるまでを描いた作品。第112話(シーズン6第2話)「新しい能力」(Sneeze)でオリバー・クイーンが初登場。クラークより年長だが、20代後半(もしくは30代前半)程度であり、まだ若い。
クイーン産業の代表であり、大富豪。当初からグリーンアローとして活動していた。レックス・ルーサーとは寄宿舎学校時代からの縁だが、当時のレックスはイジメの対象であった(オリバーのグループがイジメていた)。
レギュラーとしてシーズン10(ファイナル・シーズン)まで参加しており、ヒーローチーム(ジャスティス・リーグに相当するが、命名されていない)のリーダーも務めていることから、準主役の扱いである(ジミー・オルセン死亡後は、クラーク以外で唯一の男性レギュラー)。
本作ではロイス・レーンとの交際を経て、クロエ・サリバン(本作オリジナルキャラクター)と結婚した。回想シーンではテス・マーサとの恋も描かれている。
ARROW/アロー
オリバー・クイーン(グリーンアロー)が主役のドラマ。現代風に設定を一新している。
デッドショットなどのヴィラン(悪役)の他、ローレル・ランス(原作での2代目ブラックキャナリー)、ハントレス、ロイ・ハーパーなども登場している。

アニメ[編集]

バットマン:ブレイブ&ボールド
セミレギュラーに近い。バットマンとはライバル関係にあるが、信頼も深い。
サイドキック(助手)のスピーディも登場した。
ヤング・ジャスティス
ジャスティスリーグの一員。姪のアルテミスをヤング・ジャスティスに加入させた。
第1話から登場しているが、セリフのないこともある。サイドキックのスピーディ(ロイ・ハーパー)には第1話で離反された。彼は第6話以降、レッドアローと名乗り、第25話でリーグ入りを認められている。

関連項目[編集]

  • ホークアイ - 本作の出版元であるDCコミックとは長い歴史に渡りライバル関係にある競合出版社「マーベルコミックス」が持つコンテンツの一つ。本作主人公と同じく、弓矢の名手である生身の人間(男性)が主役となっている。単作での映像化はされていないが、映画「アベンジャーズ」にて同出版社の他ヒーローとのコラボレート(映画題名はチーム名から引用・命名)という形で実現している。

脚注[編集]

  1. ^ スコット・ビーティほか 『DCキャラクター大事典』 赤塚京子ほか訳、小学館集英社プロダクション2011年、142頁。
  2. ^ 『DCキャラクター大事典』 142頁。
  3. ^ 『DCキャラクター大事典』 142頁。
  4. ^ 『DCキャラクター大事典』 143頁。
  5. ^ 『DCキャラクター大事典』 142頁。
  6. ^ 『DCキャラクター大事典』 143頁。
  7. ^ 『DCキャラクター大事典』 143頁。
  8. ^ 『DCキャラクター大事典』 314頁。
  9. ^ 『DCキャラクター大事典』 142-143頁。
  10. ^ 『DCキャラクター大事典』 142-143頁。
  11. ^ 『DCキャラクター大事典』 304頁。
  12. ^ 『DCキャラクター大事典』 143頁。
  13. ^ 『DCキャラクター大事典』 26頁。