アクアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アクアマン』(Aqua man)は、DCコミックの出版するアメリカン・コミックスのタイトル[1]、及び架空のスーパーヒーローの名称。

水陸両棲の海底人であり、水棲生物とテレパシーで会話ができる。

人物[編集]

1941年11月の『モアファンコミックス』("More Fun Comics")73号に初登場[2]。原案はモート・ワイジンガー(作)とポール・ノリス(画)。アトランティスの王として設定されている[3]。アトランティスは海底に沈んでおり、住民は彼同様に海底人である。

アトランティス人としての本名はオリン、地上での名前はアーサー・カリー。地上名は養父の名前を頂いたものである。特殊能力は、水陸両棲・テレパシーの他に、時速160キロで泳げ、怪力と耐久力に秀でていることが挙げられる。また、音波による探査能力も有している。性格は短気[4]

アトランナ女王と魔術師アトランの間に誕生したオリンは、水棲生物とテレパシーで意思の疎通ができたが、それゆえに産まれてすぐに追放された。ポームというイルカに育てられた後、灯台守の地上人アーサー・カリーに拾われて地上人の言葉や文化を習った[5]

アトランティスに帰国して王位に就いたのち、ガースという少年をサイドキック(助手)に任命した。彼のコードネームはアクアラッドである[6]。彼は後にテンペストとコードネームを変えた[7]

アクアマンの妻はメラという女性だが、二人の間に生まれた赤ん坊はブラックマンタというヴィラン(悪役)に殺される。メラはアクアマンを責め、消息を絶った。

アクアマンはピラニアの群れに左手を食べられた(『アクアマン』Vol.3#2、1994年9月)後、義手として銛を装着した。その後、義手は魔法の水で作られたものに変わった[8](形や大きさは普通の手と変わらないが、治癒力など魔法の力を秘めている[9])。

ジャスティス・リーグの創立メンバーでもあった。王としての責任からアトランティスの事を優先し、リーグにはなかなか顔を出さないこともある。新人時代は不器用な面を見せていたが、ベテランになってからは遠慮のない不遜さに変わっている[10]。ジャスティス・リーグ・デトロイトというチームに再編成した時はリーダーを務めたが、戦死者も出ており、チームは長続きしなかった[11]。この後、アトランティスはコリャック(アクアマンと、イヌイットのカコの間に生まれた子供)に支配された(左手を銛にしたのもこの頃)。テンペストらの助けで、アクアマンは王位を取り返した。

第7部は、2011年9月からイワン・レイス(画)とジェフ・ジョンズ(作)により連載が開始された。

原作以外[編集]

テレビドラマ、アニメ作品にもゲストやセミレギュラーとして登場する。

テレビドラマ[編集]

ヤング・スーパーマン
複数回ゲスト出演。最初は単独でのゲストだった(シーズン5第4話。通算第92話「新たな盟友」("Aqua"))。
再登場時(シーズン6第11話。通算121話「正義の同盟」("JUSTICE"))には、オリバー・クイーン(グリーンアロー)のヒーローチームに参加していた(『ヤング~』におけるジャスティス・リーグ。ただし命名はされていない)。
以後は、チームの一員としての活動が間接的に語られるに留まっていた。
ファイナルシーズンでは考えの違いからチームを離れ、恋人と二人で活動していた。和解後にチームに復帰している(シーズン10第9話)。

アニメ[編集]

スーパーマン
第50話「海の伝説」にゲスト出演。レックス・ルーサーの研究施設に囚われていたところをロイス・レーンにより助け出される。
海底人を率いる立場であり、「海を汚染している」レックスと敵対した(レックスいわく「アクアマンは環境テロリスト」)。
ジャスティス・リーグ
リーグのメンバーではないが、「水面下の敵」(第6話・第7話)、「異世界からの驚異」(第41話・第42話)の2エピソードで主役を務めた。
「消えた英雄」(第45話・第46話)での扱いを見ると、後にリーグに参加した模様。スーパーマンの葬儀には参列していた。
前作とは顔やコスチュームが異なっている。長い金髪でヒゲを蓄えており、妻子(赤ん坊)や弟、部下も登場した。第7話で左腕を失ったため、以後は義手を装着している(鋭い刃物になっている)。
バットマン:ブレイブ&ボールド
セミレギュラー扱いで登場。上記の2作品では寡黙な方であったが、本作では著しく饒舌となっている。金髪は短いがヒゲはある。妻子も登場したが、息子は小学生程度に成長している。
ワンマンな性格で他人の言葉をロクに聴かないが、憎めない人物である。科学者であるアトムとはソリが合わないが、アクアマン自身は気が付いていない。
リーグのメンバーでもある。サイドキック(助手)のアクアラッドも登場。
ヤング・ジャスティス
リーグのメンバー。第1話以降、何度も登場したが、セリフのないこともある。
アクアラッドがヤング・ジャスティスのリーダーを務めているが、本作ではカルダーという少年である(ガースは彼の親友)。
弟は善人(ヒーロー)になっている。妻はアトランティスの魔術学校でガースたちを指導しており、第8話「陸と海」で懐妊が告げられた。

脚注[編集]

  1. ^ スコット・ビーティほか 『DCキャラクター大事典』 赤塚京子ほか訳、小学館集英社プロダクション2011年、19頁。
  2. ^ “Happy 70th Birthday”. The Aquaman Shrine. http://www.aquamanshrine.com/2011/09/happy-70th-birthday-aquaman.html 2011年10月9日閲覧。 
  3. ^ Wallace, Dan (2008). “Aquaman”. In Dougall, Alastair. The DC Comics Encyclopedia. London: Dorling Kindersley. pp. 18–19. ISBN 0-7566-4119-5. 
  4. ^ 『DCキャラクター大事典』 18頁。
  5. ^ 『DCキャラクター大事典』 18頁。
  6. ^ 『DCキャラクター大事典』 18頁。
  7. ^ 『DCキャラクター大事典』 19頁。
  8. ^ 『DCキャラクター大事典』 19頁。
  9. ^ 『DCキャラクター大事典』 18頁。
  10. ^ 『DCキャラクター大事典』 18頁。
  11. ^ 『DCキャラクター大事典』 180頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]