ロビンとマリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロビンとマリアン
Robin and Marian
監督 リチャード・レスター
脚本 ジェームズ・ゴールドマン
製作 デニス・オデル
製作総指揮 レイ・スターク
リチャード・シェファード
出演者 ショーン・コネリー
オードリー・ヘプバーン
音楽 ジョン・バリー
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 ジョン・ヴィクター・スミス
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年3月11日
日本の旗 1976年8月14日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $5,000,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

ロビンとマリアン』(原題: Robin and Marian)は1976年のアメリカイギリス合作映画である。

ロビン・フッドとその恋人マリアンの「その後」を描いている。ストーリーの原案は子供向けバラッド『ロビン・フッドの死[2]』でイギリスや英語圏では非常に良く知られた内容である。当初、タイトルも同じであったが、コロンビア映画がマーケティングを考慮して死という不吉な言葉を避け、公開前に変更になったという経緯がある[3]

また、マリアンを演じたオードリー・ヘプバーンにとっては1967年の映画『暗くなるまで待って』以来の映画復帰作である。

ストーリー[編集]

獅子心王リチャードと共に十字軍の遠征に赴いていたロビン・フッドと相棒のリトル・ジョンが、王の死に伴い、18年ぶりにシャーウッドの森に戻る。

2人は昔と変わらぬ森の仲間たちに温かく迎えられるが、人々はジョン王の悪政と18年前と変わらずに権力を握っている宿敵ノッティンガムの代官により苦しめられていた。一方、ロビンの恋人マリアンは修道院の院長になっていた。再会した2人は変わらぬ愛を交わす。

そんな中、圧政に苦しむ民衆からのロビンへの期待は高まる。ロビンは集まった人々を訓練し、来たるべき日に備える。そして遂にシャーウッドの男たちはジョン王と代官の軍勢に立ち向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
ロビン・フッド ショーン・コネリー 佐々木勝彦 近藤洋介
レディ・マリアン オードリー・ヘプバーン 池田昌子
ノッティンガムの代官 ロバート・ショウ 麦人 穂積隆信
獅子心王リチャード リチャード・ハリス 金尾哲夫 大木民夫
リトル・ジョン ニコール・ウィリアムソン 内田直哉 橋爪功
ウィル・スカーレット デンホルム・エリオット 真木恭介
サー・ラナルフ卿 ケネス・ヘイ 山内雅人
タック修道士 ロニー・バーカー 辻親八 今西正男
ジョン王(リチャード王の弟) イアン・ホルム 青山穣 玄田哲章
メルカディエ ビル・メイナード 郷里大輔
シスター・メアリー ヴェロニカ・キリガン 高島雅羅
ジャック ジョン・バレット 北村弘一
イザベラ妃(ジョン王の妃) ビクトリア・アブリル
シスター モンセラ・ジュリオ 沼波輝枝
シスター2 ヴィクトリア・ヘルナンデス・サンギーノ 山田礼子

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Robin and Marian (1976) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年7月16日閲覧。
  2. ^ Robin Hood's Death
  3. ^ The Death of Robin Hood
    p.178 Norwich, Brahm Dilemmas of Difference, Inclusion and Disability: International Perspectives and Future Directions Routledge, 2008

外部リンク[編集]