A列車で行こう (ジャズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

「A列車で行こう」 (Take the 'A' Train) は、ジャズのスタンダード・ナンバーの一つ。

1939年デューク・エリントンが楽団のピアニスト兼作編曲者であったビリー・ストレイホーンに作詞・作曲をオーダーして作られた作品である。1941年2月15日にエリントン楽団の演奏でレコードが発売され大ヒットした。

以来、エリントン楽団のテーマ曲として広く知られている。エラ・フィッツジェラルドとの競演でも名高い。

「A列車」とは[編集]

ニューヨーク市地下鉄Broad Channel駅に進入する「A列車」。正面に"A"の表示が見える。

曲のタイトルにある「A列車」とは、ニューヨークの、ブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶニューヨーク市地下鉄A線 (別名「8番街急行」) の名称である。蒸気機関車が驀進し客車を引く様を表現するイメージを膨らませたアレンジも存在するが、もともとの意味は地下鉄のことである。

ニューヨーク市地下鉄では同一ルートの路線に「A」(8番街急行、快速運転をしており停車駅が少ない)・「C」「E」(ともに各駅停車、運転区間・系統が異なる)などの運行系統および種別がある。各系統の電車の前面には、利用者への誤乗防止の注意喚起として「A」「C」「E」等の丸い円盤状の看板(日本でいう種別札)が掲げられており、ホームに入線してきた電車正面の表示板を見るだけで、その電車の系統と停車駅がわかる仕組みである。

この曲の題名と歌詞には、「(ジャズを楽しめる)ハーレムに行くなら、速く行ける "A"看板の電車(すなわち "A" train = 8番街急行)にお乗りなさい」という意味がこめられている。

歌詞中の「シュガーヒル」は、ハーレムの西に位置する高級住宅街である。沿線のメインストリートである125丁目には黒人音楽の聖地アポロ・シアターがある。

日本での広まり[編集]

親しみやすい軽快な曲で、世界的に演奏され、また歌われてもいる。日本においても下記のような広まりが見られる。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ A列車でいこう テレビドラマデータベース参照
  2. ^ 終点の三角駅天草市域外であり、定期航路への乗り換えを経て天草諸島方面に連絡する。

外部リンク[編集]