シュガーヒル (ニューヨーク市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュガーヒル (Sugar Hill) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区北部のハーレムの西にある地区名の通称。ハーレム随一の高級住宅街。

概要[編集]

1800年代後期に、白人中産階級、上流階級のために開発されたため、古きヨーロッパを思わせるレンガ造りの美しい街並が続く。 ハーレム・ルネサンス期の1920年代頃から、社会的に成功した黒人層が住み始めるようになった。 シュガーヒルとは、文字通りに「甘い丘」。ある意味で「成功の甘い丘」といったニュアンスでこの名が定着したとされる。 この地区の中心にあるセント・ニコラス公園の西側にはニューヨーク市立大学シティカレッジキャンパスが隣接し、その丘の頂には、壮麗なネオ・ゴシック様式の尖塔Shepard Hallが聳える。

デューク・エリントンの「A列車で行こう」にも歌われた。

1970年代のヒップホップの先駆者と言われるシュガーヒル・ギャングはこの街に由来する。