マンハッタンのコミュニティ・ボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マンハッタンのコミュニティ・ボード (Community Boards of Manhattan) はニューヨーク市マンハッタン区内で組織されている地方自治体コミュニティ・ボード (en) )である。ニューヨーク市のコミュニティ・ボード (en) も参照のこと。マンハッタン区は12のコミュニティ・ボードからなり、それぞれのコミュニティ・ボードは50人の無給のメンバーで構成されている。メンバーは区長 (en) または市議会議員によって任命される。彼らは施政権を持たないが、市の行政局に対してコミュニティの住民を代表して要望を提示することができる。彼らはまたこのボードが契約上の義務(例えば就業時間の制限など)に同意する前に、関係政党に対して肯定的な投票をすることを条件として依頼を行うことができる。 しかしながら法律の施行はどのタイミングでも変更させることは可能である。市によって彼らの要求が承認される保証はないが、実際上は妥当な問題であればほとんどは市によって解決のための処置がなされる。

各ボードはさらに小さいエリア、いわゆるネイバーフッドによって構成されている。ネイバーフッドによっては(例えばマーレイ・ヒル (en) など)、複数のコミュニティ・ボードに所属している。ネイバーフッドは行政単位ではなく、ニューヨーク市の文化の歴史の中で形成されてきた慣習的な区分けである。そのため各ネイバーフッドの名前や境界、人口でさえも確定的ではなく人々の定義によって異なる。不動産会社やデベロッパーなどは自社の物件の宣伝のためにネイバーフッドの区分けや命名に大きく関与しようとする。

ただし、ニューヨーク市都市計画局 (en) はネイバーフッドの名前と境界を定めた自身の地図を作成している。これらの名前と境界は住民の見解とおおよそ一致しており、この物議をかもす問題を整理するのによい指針となりうる。各コミュニティ地区 (Community District) を記述する以下の節には市のデータへのリンクを掲載している。

大都市特有の現象として、マンハッタンの各ネイバーフッドはそれぞれが特徴のあるエリアを形成している。

コミュニティ地区1[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区2[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区3[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区4[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区5[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区6[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区7[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区8[編集]

構成地区:

イースト川の島と同名のネイバーフッドもこの地区の管轄である:

ソース:

コミュニティ地区9[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区10[編集]

構成地区:

ソース:

コミュニティ地区11[編集]

構成地区:

イースト川の島と同名のネイバーフッドもこの地区の管轄である:

ソース:

コミュニティ地区12[編集]

構成地区:

ソース:

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レキシントン・アベニューの西(マディソン・アベニューの西、東40丁目から東34丁目の間)
  2. ^ レキシントン・アベニューの西
  3. ^ レキシントン・アベニューの東(マディソン・アベニューの東、東40丁目から東34丁目の間)
  4. ^ レキシントン・アベニューの東

外部リンク[編集]