ルーズベルト島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンハッタンとクイーンズの間の細長い島がルーズベルト島
ルーズヴェルト・アイランド・トラムウェイ

ルーズベルト島Roosevelt Island)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタンに属する、細長い小島。マンハッタン島の東、クイーンズの西、イーストリバーの中に位置する。名前は、セオドア・ルーズベルト大統領に由来する。対岸を走るFDR driveはフランクリン・ルーズベルト大統領に由来している。2012年には島の南側にフランクリン D. ルーズベルト・フォー・フリーダムズ・パークがオープンした。

 島はニューヨーク市によって所有されていたが、1969年以降99年にわたってニューヨーク州都市開発公社に貸し出されている。多様な民族の人が住んでおり、他民族共生のモデル地区的な面も兼ねている。 2003年頃からルーズベルトアイランド駅周辺のメインストリートを中心に高級コンドミニアムが建設されている。マンハッタン島に比べ清潔な街並みとアッパー・イースト・サイドから公共交通機関でわずか5分の立地であるため大学や病院関係者の寮としても利用され、ルーズベルト島からマンハッタン島に通勤している人が多い。近年では、その治安と住環境の良さから家族連れの日本人駐在員も多く住んでいる。桜の名所としても有名である。

 また、島の南側に存在していた病院跡地にはニューヨーク市主導の「応用科学の能力を高め市の経済状況を転換することを目的としたプロジェクト」である「Applied Sciences NYC」が始動し、イスラエル工科大学およびコーネル大学の応用科学学科とエンジニアリング学科の新キャンパス(Cornell NYC Tech)が建設されることが決定している。その第一段階として、2017年までに、大学の新校舎、企業の共同建物、宿泊施設を伴った経営者教育センター、教職員と学生のための居住用建物が建設される。第二段階は、島の中央を通り抜ける中央歩道に沿っていくつかの関連施設が建設され2037年までに完成される予定である。現在、ルーズベルト島は先進的なシリコンアイランドへと変貌しつつある。

ルーズベルト島のコンドミニアム群

交通[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]