クイーンズボロ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クイーンズボロ橋
Queensboro Bridge from Manhattan side.jpg
(2012)
正式名称 エド・コッチ・クイーンズボロ橋
別名 59丁目橋
橋渡対象 NY25の10車線(4車線:上り、5車線:下り)と歩行者/自転車用の1車線
交差 イースト川
所在地 ニューヨーク市 (マンハッタンクイーンズ)
運営者 ニューヨーク市交通局
形式 2層片持ち梁橋
全長 3,724 ft 6 in (1,135.2 m)
100 ft (30 m)
最大支間長 1,182 ft (360 m) (西スパン)
984 ft (300 m) (東スパン)
630 ft (192 m) (中央スパン)
桁下高 12 ft (3.7 m)(上部)
地水面高 130 ft (40 m)
開通日 1909年03月30日(105年前) (1909-03-30
通行料金 無料
平均日交通量 176,306 (2008)[1]
座標 北緯40度45分25秒 西経73度57分16秒 / 北緯40.75694度 西経73.95444度 / 40.75694; -73.95444座標: 北緯40度45分25秒 西経73度57分16秒 / 北緯40.75694度 西経73.95444度 / 40.75694; -73.95444
クイーンズボロ橋の位置(ニューヨーク内)
クイーンズボロ橋
クイーンズボロ橋
所在地: ニューヨーク市ニューヨーク郡59丁目
建設: 1909年
建築様式: 他、下路片持ち梁トラス
運営者: 地域
NRHP登録番号: 78001879[2]
NRHP指定日: 1978年12月20日
クイーンズ橋をマンハッタンからクイーンズへ見る
建造中の橋の上層、1907年頃
100周年
ブリッジマーケット
ルーズベルト島から見た夜の橋

クイーンズボロ橋英語: Queensboro Bridge)は、59丁目橋(59th Street Bridge) – 橋のマンハッタン側が、59丁目60丁目の間に位置するため – としても知られ、正式名称はエド・コッチ・クイーンズボロ橋(Ed Koch Queensboro Bridge)で、1909年に完成した、ニューヨーク市イースト川に架かる片持ち梁橋である。橋は、クイーンズ区のロングアイランド・シティ地区から、ルーズベルト島を通ってマンハッタンと結んでいる。橋はニューヨーク州道25号線となっており、州道であるのは橋の西から4つ目のスパンまでである(ニューヨーク州道25号線は、橋が西端となっており、以前はNY 24NY 25Aが走っていた)。橋の北側には、横に独立したルーズベルト島トラムウェイが走っている。

2010年12月、市は、橋がクイーンズボロ橋から、前市長エド・コッチに敬意を示して、エド・コッチ・クイーンズボロ橋に改名することを発表した[3]。改名の決定は、クイーンズの住民や財界人には喜ばれず、多くの地元住民が古い名称を使って橋を呼んでいる[4][5]

歴史[編集]

1908年頃の橋

マンハッタンへロングアイランド・シティの繋ぐ橋の重要な計画は、1838年から始まり、1867年には、民間企業による投資が初めて試みられた[要出典]。この努力は結実することはなく、この会社は1890年代に破産した[要出典]。成功した計画は、市の新しい橋部のもと、1903年から始まり、ウィリアムズバーグ橋を設計したレファート・L・ブックヘンリー・ホルンボステルが協力して、1902年に橋委員会の新しい地位に就いたグスタヴ・リンデンタールが指揮した。

建設はすぐに開始されたが、暴風の中、労働不足により不完全だったスパンが崩壊(ダイナマイトで爆破することが試みられた)し、橋が完成するまでには1909年までかかった。橋が一般に開業したのは、1909年3月30日であり[6]、約1800万$と50人のコストがかかった。セレモニーが行われたグランド・オープンは、1909年6月12日に行われた[7]。橋は、初期のルーズベルト・アイランドという名称より、ブラックウィルズ・アイランド橋として知られていた[8]。1930年から1955年にかけて、現在はルーズベルト島として知られるウェルフェア島に、自動車や歩行者を輸送する乗り物エレベーターがあった。これは、1970年に取り壊された[9]

クイーンズボロ橋は、ダブル片持ち梁橋で、ルーズベルト島の両側の海峡を越える、2つの片持ち梁スパンを持っている。橋はスパンをつり下げてはおらず、各側からの片持ち梁は、スパンの中間点まで達する[10]。下記は、5つのスパンと出入り口の長さを示している。

  • マンハッタンへのルーズベルト島スパン(片持ち梁):1,182 ft (360 m)
  • ルーズベルト島スパン:630 ft (190 m)
  • ルーズベルト島へのクイーンズ・スパン(片持ち梁):984 ft (300 m)
  • サイド・スパン:469から459ft (143から140m)
  • 出入り口全体:3,724 ft (1,135 m)
  • 出入り口を含む全体:7,449 ft (2,270 m)

1917年、ケベック橋ができるまで、マンハッタンとルーズベルト島の間にあったスパンは、北アメリカで最長の片持ち梁スパンであった[11]

橋は、2層になっている。最初は、上層は歩行者を収容して、2本の高架鉄道の線路(クイーンズボロ・プラザ高架駅への2番街高架線と接続した)があり、下層は4車線の自動車道、現在の「アウター・ロードウェイ」、歩行者用のトロリーレーン2車線があった。トロリーは橋の途中で停車し、クイーンズとマンハッタンの乗客を繋いでおり、ルーズベルト島へエレベーターまたは階段で下りることができた[12]。橋で運営されたトロリーは、1957年4月7日まで運行していた[13]。鉄道は、2番街高架線と同様に、1930年代後半から1940年代前半にかけて撤去された。トロリー・レーンと橋の中間駅(階段)も、1950年代に撤去され、橋の自動車用の車線の11車線となった。

料金は、自動車が橋を通過する場合には、課されていない。

現在[編集]

橋は数年間、老朽化していたが、1987年からエド・コッチ・クイーンズボロ橋の修復が始まり、3億$以上のコストをかけて、未だ進行中である。

橋の上層には、自動車用の4車線があり、橋の片持ち梁トラス構造やニューヨークのスカイラインの素晴らしい眺めを見ることができる。下層には、自動車用の4車線を含む乗り物用の5車線と南側の自動車用のアウター・レーンがある。北側アウター・ロードウェイは、2000年9月に永久の歩行者/自転車道として変換された[14]

橋へのマンハッタン入口は、現在は、橋の下のフード・エンポリウム・ブリッジ・マーケット及びレストラン・グアスタビーノスの上品な天井となっているグアスタビーノ・タイルで支えられている。もとは、このオープンエアの散歩道はブリッジマーケットとして知られており、ホルンボステルの橋を市に快く受け入れてもらうための試みの1つでもあった[15]

2009年3月、ニューヨーク市橋百年委員会は、橋の開通から百周年を記念したイベントのスポンサーとなった[16]。橋は、この百周年の年に、米国土木学会によって、歴史的国家土木建造物に指定された[11]

エド・コッチ・クイーンズボロ橋は、ニューヨークシティマラソンの最初のマンハッタン入り地点、及び5区自転車ツアーのマンハッタンの出口地点となっている。

公共交通機関[編集]

鉄道路線
2本の都市交通の線路に加え、橋にはさらに、4本の路面電車の線路があった。次のクイーンズへの路線は橋の上で運営されていた:

1910年から1919年にかけての3番街線42丁目クロスタウン線であるワン・マンハッタン線も橋の上で運営されていた。

バス
橋では、Q32路線バスMTAニューヨーク・シティ・トランジットによって、Q60Q101ローカルがMTAバスによって運営されている。橋にはさらに、20の急行バスも東行きのみ運営されている(これらバス路線は、西行きに、クイーンズ=ミッドタウン・トンネルを使用している。これらは、MTAバスのQM1、QM2、QM3、QM4、QM5、QM6、QM7、QM8、QM10、QM12、QM15、QM16、QM17、QM18、QM20、QM21、QM24及びニューヨーク・シティ・トランジットのX63、X64、X68である。路線別の橋を通るバス路線の平日の平均利用者数は、Q32:12,217、Q60:14,427、Q101:3,416、QM1:592、QM2:1,894、QM3:129、QM4:800、QM5:2,014、QM6:1,040、QM7:757、QM8:566、QM10:356、QM12:499、QM15:1,259、QM16:382、QM17:402、QM18:235、QM20:1,104、QM21:377、QM24:1,210、X63:714、X64:396、X68:588である[17][18]

文化[編集]

文学

音楽

映画

テレビ

出典[編集]

Notes

  1. ^ New York City Bridge Traffic Volumes 2008 (PDF)”. New York City Department of Transportation. p. 63 (2010年3月). 2010年7月10日閲覧。
  2. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2010-07-09), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  3. ^ Bultman, Matthew; Fanelli, James (2010年12月9日). “Just call 59th Street Bridge the Ed Koch”. Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/ny_local/2010/12/09/2010-12-09_kochs_bridge_now_call_it_59th_st_or_queensboro_but_exmayor_sez_its_groovy.html 2010年12月9日閲覧。 
  4. ^ Lisberg, Adam (2011年2月28日). “Queensboro Bridge should not be renamed after former Mayor Ed Koch, 70% of Queens biz leaders say”. Daily News (New York). http://articles.nydailynews.com/2011-02-28/local/28656544_1_queens-landmark-queensboro-bridge-mayor-ed-koch 2011年2月28日閲覧。 
  5. ^ Hernandez, Javier C. (2011年3月23日). “Council Votes to Rename Queensboro Bridge for Koch”. New York Times (New York). http://cityroom.blogs.nytimes.com/2011/03/23/soon-you-can-take-the-koch-bridge-to-queens 2011年3月23日閲覧。 
  6. ^ “Queensboro Bridge Opens to Traffic”. The New York Times: p. 2. (1909年3月31日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9E05EFDC1131E733A25752C3A9659C946897D6CF 2010年2月20日閲覧。 
  7. ^ “300,000 See Queens Linked to Old City”. The New York Times: p. 1. (1909年6月13日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9A0DE2D6173EE033A25750C1A9609C946897D6CF 2010年2月20日閲覧。 
  8. ^ a b c Barron, James (2009年3月29日). “To Fans, Queensboro Bridge Is a Steel Swan, Not an ‘Ugly Duckling’”. The New York Times: p. A22. http://www.nytimes.com/2009/03/29/nyregion/29bridge.html 2009年3月29日閲覧。 
  9. ^ Transportation”. Roosevelt Island Operating Corporation. 2010年7月10日閲覧。
  10. ^ Project Page:2000 Biennial Bridge Inspection of the Queensboro Bridge over the East River”. HAKS Corporation. 2008年6月15日閲覧。
  11. ^ a b Queensboro Bridge”. ASCE Metropolitan Section. 2010年2月20日閲覧。
  12. ^ Roosevelt Island Tramway”. New York Correction History Society. 2010年2月20日閲覧。
  13. ^ Phillips, McCandlish (1957年4月7日). “City's Last Trolley at End of Line; Buses Will Replace 49-Year Route on Queensboro Span”. The New York Times: p. 1. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10C15FF345A137A93C5A9178FD85F438585F9 2008年8月17日閲覧。 
  14. ^ Queensboro Bridge Rehabilitation Program”. New York City Department of Transportation. 2010年3月13日閲覧。
  15. ^ Dunlap, David W. (1999年3月7日). “Bridgemarket Emerging, After 22 Years”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1999/03/07/realestate/bridgemarket-emerging-after-22-years.html 2010年2月20日閲覧。 
  16. ^ Queensboro Bridge Centennial Celebration Events and Exhibits”. NYC Bridge Centennial Commission. 2010年2月20日閲覧。
  17. ^ Average Weekday NYC Transit Bus Ridership”. MTA New York City Transit (2012年). 2012年7月4日閲覧。
  18. ^ Average Weekday MTA Bus Ridership”. MTA Bus Company (2012年). 2012年7月4日閲覧。

Bibliography

外部リンク[編集]