チャイナタウン (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイナタウン
Nycctown.jpg
チャイナタウンのキャナル・ストリートからモット・ストリート (en) を南に見た光景。
繁体字 紐約華埠
簡体字 纽约华埠
マンハッタンのチャイナタウンはニューヨーク都市圏に少なくとも9つあるチャイナタウンの中では最古の歴史を持つ。

チャイナタウン(Chinatown, 紐約華埠, ニウユエファーブー)は、ニューヨーク市マンハッタンにある中華街である。

リトルイタリーの南、ロウアー・イースト・サイド (en) の西に位置する。マンハッタンで最大の中華街であり、西半球で最大の中国人移民人口を抱える[1][2][3][4][5]。中国系移民が経営する商店が多数存在し、雑然とした町並みが多く見られ、漢字の看板が目に付くエリアである。本来のチャイナタウンであるリトルイタリー南方から、かなり周辺のエリアに拡大している。

推計90,000から100,000人の人口を抱え、中国人のアジア以外の海外集落としては最も古いうちの一つである。主に広東語およびビン語を母語とする人たちが大部分だが、近年では官話を話す人たちも住み着いてきている。ニューヨーク市で6つ、ニューヨーク都市圏で8つあるチャイナタウンにおける代表的存在で、アジア以外のチャイナタウンでは最大の約735,000人の人口を持つ[6]。他のチャイナタウンはクイーンズ(定義により2または3箇所)[7]ブルックリン(3箇所)、ナッソー郡ロングアイランド、そしてニュージャージー州エジソンなどにある[8]。さらに、このマンハッタンのチャイナタウンの東のエリア、小福州 (en) は近年、主に福建省からの中国系移民が住み着いており、マンハッタンのチャイナタウンの一部と見なされるようになってきている。しかし、これら二つのエリアでは、住人の中国における出身地がおおよそは異なっている。

この地区への最初の中国人移民は、1840年代にやって来たen:Ah Kenであると言われている。

位置[編集]

春節祭での獅子舞ワース・ストリート(en) 近くのモット・ストリートにて。

Business Improvement Districtによって地区の境界の目安が提供されているが[9]、チャイナタウンは公式には境界は定義されていない。 しかし、おおよそ以下の定義に従うと一般には見なされている:[10]

通り名の中国語表記[編集]

Baxter Street (巴士特街 Bāshìtè Jiē)
ストリート 中国語表記
Allen Street 亞倫街
Baxter Street 巴士特街
Bayard Street 擺也街
Bowery 包厘
Broadway 百老匯
Broome Street 布隆街
Canal Street 堅尼街
Catherine Street 加薩林街
Centre Street 中央街
Chambers Street 錢伯斯街
Chatham Square 且林士果
Chrystie Street 企李士提街
Delancey Street 地蘭西街
Division Street 地威臣街
Doyers Street 宰也街
East Broadway (Little Fuzhou) 東百老匯 (小福州)
Eldridge Street 愛烈治街
Elizabeth Street 伊利莎白街
Forsyth Street 科西街
Grand Street 格蘭街
Henry Street 顯利街
Hester Street 喜士打街
Madison Street 麥地遜街
Market Street 市場街
Mosco Street 莫斯科街
Mott Street (Little Hong Kong/Little Guangdong) 勿街 (小香港)/(小广东)
Mulberry Street 摩比利街
Orchard Street 柯察街
Park Row 柏路
Pell Street 披露街
Pike Street 派街
Worth Street 窩夫街[13][14]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lawrence A. McGlinn, Department of Geography SUNY-New Paltz. “BEYOND CHINATOWN: DUAL IMMIGRATION AND THE CHINESE POPULATION OF METROPOLITAN NEW YORK CITY, 2000, Page 4”. Middle States Geographer, 2002, 35: 110–119, Journal of the Middle States Division of the Association of American Geographers. 2012年12月6日閲覧。
  2. ^ Chinatown New York City Fact Sheet”. www.explorechinatown.com. 2012年12月6日閲覧。
  3. ^ Chinatown”. Indo New York. 2012年12月6日閲覧。
  4. ^ Sarah Waxman. “The History of New York's Chinatown”. Mediabridge Infosystems, Inc.. 2012年12月6日閲覧。
  5. ^ David M. Reimers. Still the golden door: the Third ... – Google Books. Books.google.com. http://books.google.com/books?id=NagJFMxtkAcC&pg=PA104&dq=Flushing+Chinatown+Little+Taiwan&hl=en&ei=tHBaTpiYAeWt0AHsrrCTCQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCkQ6AEwADgK#v=onepage&q=Flushing%20Chinatown%20Little%20Taiwan&f=false 2012年12月6日閲覧。. 
  6. ^ ACS DEMOGRAPHIC AND HOUSING ESTIMATES 2012 American Community Survey 1-Year Estimates New York-Newark-Bridgeport, NY-NJ-CT-PA CSA”. U.S. Census Bureau. 2013年10月27日閲覧。
  7. ^ Lawrence A. McGlinn, Department of Geography SUNY-New Paltz. “Beyond Chinatown: Dual immigration and the Chinese population of metropolitan New York City, 2000, p. 115”. Middle States Geographer, 2002, 35: 115, Journal of the Middle States Division of the Association of American Geographers. 2013年9月30日閲覧。
  8. ^ Lawrence A. McGlinn, Department of Geography SUNY-New Paltz. “BEYOND CHINATOWN: DUAL IMMIGRATION AND THE CHINESE POPULATION OF METROPOLITAN NEW YORK CITY, 2000, Page 6”. Middle States Geographer, 2002, 35: 110–119, Journal of the Middle States Division of the Association of American Geographers. 2012年12月2日閲覧。
  9. ^ City Council. “Chinatown BID approved despite opposition”. citylandnyc.org. 2012年9月7日閲覧。
  10. ^ Hay, Mark (2010年7月12日). “The Chinatown Question;”. Capital. 2013年9月7日閲覧。
  11. ^ A Journey through Chinatown”. RK Chin. 09-07-13閲覧。
  12. ^ Hay, Mark (2010年7月12日). “The Chinatown Question;”. Capital. 2013年9月7日閲覧。
  13. ^ Historic Pictures of Chinatown”. Ccbanyc.org. 2009年11月15日閲覧。
  14. ^ A Journey Through Chinatown”. Nychinatown.org. 2009年11月15日閲覧。

座標: 北緯40度42分53秒 西経73度59分50秒 / 北緯40.71472度 西経73.99722度 / 40.71472; -73.99722