アポロ・シアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロ・シアター
都市 New York City
開業 1860年
www.apollotheater.org/

アポロ・シアターApollo Theater、アポロ劇場)は、ポピュラー音楽においてアメリカ合衆国で最も著名なクラブの一つであり、アフリカ系アメリカ人黒人)のミュージシャンアーティスト専用ともいえるほど関わりの深い有名なクラブである。

ニューヨーク市内の黒人居住地区「ハーレム」の125番街に位置し、毎年130万人が訪れるニューヨークの観光名所の一つとなっている。

歴史[編集]

1860年代中頃に、建築家ジョージ・M・カイザーの設計でダンスホールとして設立され、1872年劇場となった。その後閉鎖されるが「アポロ・シアター」の名前は受け継がれ、1913年に新しくアポロ・シアターが設立された。1934年に黒人のエンターテイナーを雇うニューヨークで唯一の劇場としてオープンし、黒人文化の象徴的存在となった。

1934年以来、アマチュア歌手ダンサーが出演する人気イベント「アマチュアナイト」が行われている。プロへの登竜門といわれ、エラ・フィッツジェラルドビリー・ホリデイジェームス・ブラウンダイアナ・ロスマーヴィン・ゲイジャクソン5スティーヴィー・ワンダーアレサ・フランクリンベン・E・キングローリン・ヒルサラ・ヴォーンなど多くのスターを輩出してきた。毎週水曜日に開催され、観客の拍手で優勝者が決まり、上位入賞者は1ヶ月に1度行われる「ショー・オフ」に出場、さらに上位入賞すれば3ヶ月に1度行われる「トップ・ドッグ」に出場できる。さらに勝ち抜けば年間チャンピオンを決める「スーパー・トップ・ドッグ」に出場できる。「スーパー・トップ・ドッグ」まで出場を進めたものは、この劇場版アマチュアナイトから全米放送のテレビ版アマチュアナイト「Show time at the apollo」への切符をオーディションやスカウトなしで手にすることが出来る。反対にブーイングを浴びると、で舞台から掃き出されパフォーマンス途中で強制退場させられる。

「Show time at the apollo」は昔は劇場版と同じく歌、ダンスなど全てのジャンルが同じ土俵で競っていたが、現在では歌部門とダンス部門に別れている。歌部門では連続3回勝つとシーズン最後の決勝に進む事ができ、ダンス部門では毎回勝ち抜きでシーズン最後の決勝大会で勝った者が年間優勝となる。

1975年に資金難から一時閉館したが、国や州からランドマークの資格を得て復活し、アマチュアナイトも1985年から再開された。1991年ニューヨーク州が経営を引き継ぎ、現在は非営利団体によって運営されている。

ステージから見た客席

2000年にダンス甲子園準優勝チーム『れいかんやまかんとんちんかん』のリーダー、田中傑幸がソロダンサーで出場3度連続チャンピオンを獲得する”日本人初”。

その同じ年に日本人3人組ダンスグループ、「Lina World」がアマチュアナイトに出場し、日本人初の年間準優勝者となった。

この田中傑幸とLina Worldのグローバルな活躍を皮切りに、続々と日本人ダンサーがアポロシアターに挑戦するエポックメーキングの年となった。

2001年、翌年、日本人7人組ダンスグループ、「BiTriP」が出場し、日本人初の年間優勝者となった。

2006年には「アマチュアナイト」のプロ版となるテレビ番組「Show time at the APOLLO」に、日本人ソロ・ダンサー上野隆博(TAKAHIRO)が出場。史上初の9大会連続優勝を成し遂げ、当会場の記録を塗り替えた(TAKAHIROは、2005年「アマチュアナイト」でも年間ランキング・ダンス部門1位を獲得している)。

2007年に2001年の年間優勝ダンスチーム「BiTriP」のリーダー蛯名健一が、「Showtime at the APOLLO」にソロダンスで出場し、7回連続優勝の後、2冠目となる年間優勝者となり、2年続けて日本人ソロダンサーがダンス部門の年間チャンピオンとなった。

2012年11月、シンガーソングライター寺尾仁志が監修する約700名のSinger Group human note
の選抜メンバー65名が、東日本大震災への支援に対する感謝を届けに、「Thanks from Japan!」単独公演を行う。しかし、直前にハリケーン・サンディがニューヨークを直撃、被災直後のニューヨーク市民へ向け「共に頑張ろう(Go Forward together!)」のメッセージを歌に込めパフォーマンスを行う。観客からスタンディングオベーションを受け、歴史に残る公演を成功させる。

2013年11月27日、オーディションから勝ち進み、すべてのアマチュアナイトを優勝し、年間チャンピオンsuper top dog優勝したダンスチームNUMBERS No:Z。日本テレビの情報番組「スッキリ!」に大々的に取り上げられ、テリー伊藤から大絶賛を受ける。

出演した日本人[編集]

  • 劇男一世風靡(1987年10月 エイズ基金チャリティ・ショー 東洋人初単独公演)
  • Chappa Ranks(1989年・1990年、共にゲスト出演)
  • Human Soul(アマチュアナイト/グランプリ)1991年 東洋人初のグランプリ
  • 夏まゆみ(1993年)
  • コルベッツ(アマチュアナイト・ゲスト出演)
  • 小林幸恵(1999年、アマチュアナイト本選進出)
  • 田中傑幸(2000年、アポロシアターにソロダンサーで出場3度連続チャンピオン受賞 ”日本人初”)
  • 平井堅(アマチュアナイト)
  • 上野隆博(TAKAHIRO)(ソロで出演2005年アマチュアナイト「ダンス部門年間総合1位」・2006年TV版コンテストShow time at the APOLLO「グランドチャンピオン」番組最高記録9大会連続優勝 年間グランドチャンピオン)
  • 蛯名健一(アポロシアター史上初の2冠グランドチャンピオン。2001年アマチュアナイト SUPER TOP DOG ダンスチーム「BiTriP」のリーダーとして日本人初総合年間グランドチャンピオン・2007年TV版コンテストShowtime at the APOLLO 年間グランドチャンピオン)
  • 坂本龍一
  • HANDSIGN(アマチュアナイト/2009年、2010年で7回出場し2度の優勝)
  • ナオト・インティライミ
  • akiko
  • 嘉門達夫(2005年1月アマチュアナイト、強制退場&半年間出入り禁止)
  • 和田アキ子(東洋人初となる単独公演「40th Anniversary Concert "Power&Soul"」、現地時間2008年9月29日)
  • 清水翔太(アマチュアナイト/ゲストとして)
  • ZANGE 2009年6月アマチュアナイト日本人最年少優勝
  • 八月真澄[1](アマチュアナイト/歌手として 2010年6月)
  • Nao Yoshioka (New Yorkでの歌手名NOW)  2011年アマチュアナイト準優勝 ショーオフ3位 シーズンファイナル トップドッグ出場
  • Fumie (Fumie Tsuchiya) 2011年9月,10月(アマチュアナイト/歌手として2度出場)
  • NOBU//Takanobu Takayanagi 2010年,2011年3月2日,2012年9月,2013年4月10日出場決定(アマチュアナイト/歌手として4度出場)
  • Satomi. S(アマチュアナイト/歌手として 2012年2月)
  • 青野紗穂(アマチュアナイト)
  • あかつ(アマチュアナイト 2012年5月)
  • 寺尾仁志 with human note :日本人のアマチュアグループ初の単独公演を成功させ、スタンディングオベーションを受ける(2012年11月4日)
  • JunTA//Junta Masubuchi 2013年4月17日: アマチュアナイト出場が決定している
  • [2] Toshihiko Nakazawa(中澤利彦) 2013年5月15日、アマチュアナイトで優勝、2014年4月23日、ショーオフで優勝
  • NUMBERS No:Zアマチュアナイト2013年間チャンピオン! 蝦名健一以来、日本人として、12年ぶりの快挙
  • Yuza Nishikawa(西川雄三郎)2014年4月2日アマチュアナイト優勝 ショーオフ出場

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度48分36秒 西経73度57分01秒 / 北緯40.810047度 西経73.95015度 / 40.810047; -73.95015