バーレスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーレスク英語および仏語: Burlesque)とは、第一義的には、シェイクスピア等先行する文芸作品をパロディ化した茶番であり、一般的には、性的な笑い(艶笑、軽い下ネタの類い)のコントや、ヌードに至らない女性のお色気を強調した踊りを含めたショーのこと。

概要[編集]

  • アメリカでは1920年代に、ある劇場でコーラスガールのスリップの紐が切れてそれが反響を呼びバーレスクショーが始まったと言われるが、実際いつどこで始まったのか定かではない。[要検証 ]1933年のシカゴ万博では客寄せのためにバーレスクダンサーが登場した。その立役者はサリー・ランドで、彼女のファンダンス(大きなオーストリッチの扇を使ったダンス)はその後映画でも見る事が出来る。そして今ではミュージカルにもなったジプシーローズリーが登場し、徐々にバーレスクがブームになって行く。世界にただ一つのバーレスク博物館、エキゾチックワールドバーレスク博物館ではダンサーやコメディアン、ヴォードヴィリアンの資料を見る事が出来る。現在エキゾチックワールドバーレスクホールオブフェイムBurlesque hall of fameとしてはラスベガスに建設中である。
  • 日本においても、戦前の東京浅草において軽演劇浅草オペラなどが発展し、榎本健一らが無声映画に参入するとともに、バーレスクは日本映画に導入された。戦後バーレスクは、おもにヌードダンサーの事を示すようになり初期のストリップ劇場で見る事が出来た。その後、バーレスクの特徴であるチラリズムが衰退し、バーレスクはグランドキャバレー、ナイトクラブでのショー、日劇ミュージックホールのダンサーに受け継がれるようになる。しかし再びチラリズムよりもダイレクトな性表現が好まれ、ミュージックホールの閉館、グランドキャバレー衰退により、バーレスクショーも衰退してゆく。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]