ウィルソン・ピケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルソン・ピケット
基本情報
出生名 The "Wicked" Wilson Pickett
出生 1941年3月18日
米国オートーガ郡 (アラバマ州)
死没 2006年1月19日(満64歳没)
米国レストン (バージニア州)
ジャンル リズム・アンド・ブルースロックンロールソウルミュージック
職業 シンガーソングライター
活動期間 1959年 - 2006年
レーベル アトランティック・レコードスタックス・レコードRCAレコードモータウン
共同作業者 ファルコンズ

ウィルソン・ピケットWilson Pickett, 1941年3月18日 - 2006年1月19日)はアメリカソウルR&B歌手。センセーショナル・ナイチンゲイルズのジュリアス・チークス直系の激情型シャウター。男性サザン・ソウル・シンガーの代表的存在だった。

アラバマ州プラットヴィル生まれ。幼い頃からゴスペルを歌い。1950年代末にゴスペル歌手としてデビューする。のちにソウルに転向し、ファルコンズのメンバーとなる。なおファルコンズには、エディー・フロイド、ジョー・スタッブス、マック・ライスらが在籍したこともある。1964年アトランティック・レコードに移籍し、「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」(In The Midnight Hour)、「ダンス天国」(Land of 1000 Dances)といった、現在でもR&Bのスタンダードとなるヒット曲を放った。

1970年代以降も意欲的な作品を発表し続ける。2006年1月19日にバージニア州レストンの病院で心臓発作のため死去。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位[1]。また、1991年ロックの殿堂入りを果たしている[2]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • イン・ザ・ミッドナイト・アワー (1965年)
  • エキサイティング・ウィルソン・ピケット (1966年)
  • ウィッキド・ピケット (1966年)
  • アイム・イン・ラブ (1967年)
  • ザ・ミッドナイト・ムーバー (1968年)
  • ヘイ・ジュード (1969年)
  • ライト・オン (1970年)
  • イン・フィラデルフィア (1970年)
  • ドント・ノック・マイ・ラブ (1971年)
  • ミスター・マジック・マン (1973年)
  • ミズ・レナズ・ボーイ (1973年)
  • ピケット・イン・ザ・ポケット (1974年)
  • ライブ・イン・ジャパン (1974年)
  • ジョイン・ミー・アンド・レッツ・ビー・フリー (1975年)
  • ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ウィルソン・ピケット (2006年)

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Wilson Pickett”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Rock&Roll hall of Fame: Wilson Pickett”. 2014年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]