ローリン・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローリン・ヒル
LaurynHill.jpg
基本情報
出生名 Lauryn Noel Hill
出生 1975年5月25日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州
ジャンル R&Bヒップホップレゲエ
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1988年 - 現在
レーベル Ruffhouse/Columbia
公式サイト Sony Music Online Japan/

ローリン・ヒルLauryn Hill, 1975年5月25日 - )は、アメリカ合衆国の女性R&B歌手ラッパー女優フージーズ(The Fugees)のボーカル。彼女の歌には、有色人種として、また女性としてのメッセージが込められており、その人物性やファッション性も注目される。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第84位[1]

経歴[編集]

ニュージャージー州サウスオレンジに生まれ、父(Mal Hill)はコンピュータ・アナリスト、母(Valerie Hill)は英語教師、という中流家庭に育つ。幼い頃から教会で歌い、幼少期は俳優としてテレビドラマなどに出演。コロンビア大学に入学したが1年で中退した。

  • 1992年、フージーズとしてRuffhouse Recordsと契約。

12月ソープオペラ『As the World Turns』(アメリカ合衆国内で歴代2位の長さを持つソープオペラ)に出演。

  • 1994年、フージーズとして、アルバム『Blunted on Reality』でデビュー。
  • 1996年、フージーズとしてのセカンド・アルバム『The Score』が全世界で1700万枚を売り上げる。
  • 1998年、発表されたソロアルバム『The Miseducation of Lauryn Hill』は全世界で 1200万枚を売り上げる。
  • 1999年グラミー賞では11部門にノミネートされ、最優秀新人賞、最優秀アルバムなど、女性アーティスト史上最多の5部門を制した。
  • ローアン・マーリーとの間に5人の子供がいる。それぞれ1997年、1998年、2002年、2003年、2008年生まれ。

1999年グラミー賞

  • 「Album of the Year」
  • 「Best New Artist」
  • 「Best Female R&B Vocal Performance」
  • 「Best R&B Song」
  • 「Best R&B Album」

同年、サンタナの大ヒット・アルバム『スーパーナチュラル』収録曲「Do You Like The Way」にゲスト参加。

  • 2002年5月7日、「MTV Unplugged No. 2.0」リリース:世界売り上げ200万枚。

フージーズ再結成とその後の活動(2004 - 現在)[編集]

(フージーズとしての活動)

(ソロとしての活動)

  • 2011年、夫と別の男性との間に男の子を出産。
  • 2013年7月、3年間に及ぶ脱税と税の滞納を問われ、3か月の実刑判決を受け、服役。

日本公演[編集]

1月21日,22日 日本武道館、23日 東京国際フォーラムホールA、25日 大阪城ホール
  • 2002年『FIFAワールドカップ・オフィシャルコンサート』KOREA/JAPAN Day
味の素スタジアム
3月28日 横浜BLITZ、30日 Zepp Osaka(Springroove 07)、31日 幕張メッセ(Springroove 07)

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]