冬物語 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冬物語』(ふゆものがたり)は、原秀則の漫画。1987年から1990年まで『少年ビッグコミック』およびその後継誌『ヤングサンデー』にて連載された。第33回小学館漫画賞を受賞している。

連載中に映画化され、1989年に公開された。

あらすじ[編集]

森川光日東駒専レベルを含む5つの私大を受験したものの、偏差値が最低レベルといわれる八千代商科大まで全て不合格となり、浪人生になる。予備校へ通うため、受付で順番を待っていた際、前列に居た雨宮しおりに一目惚れをし、雨宮と同じコースを選択することを決める。そこが東大専科コースとは知らずに…。

登場人物[編集]

森川光(もりかわ ひかる)
主人公。5つの大学を受験するも全て落ち、当時付き合っていた彼女にまで捨てられた末、浪人生活に突入する。性格は典型的な優柔不断であり、場の雰囲気に流されやすいタイプ。予備校で偶然出会った雨宮しおりに一目惚れ以来、東大専科コースを選択していたが、私大文系コースに移る。一浪の末、前年度に不合格となった八千代商科大学に合格し、不本意ながらも入学する。日東駒専に対する未練があり、八千代商科大学を休学、実質的に二浪の末、専修大学に補欠合格して入学する。
雨宮しおり(あまみや しおり)
ヒロイン。おとなしめで思いやりのある性格。北海道より上京。東大を目指してひたすら勉強していたが、浪人する。全国模試において連続1位をとれるほどの秀才。光とは友達以上恋人未満の間柄。二浪の末、東大へ入学する。
倉橋奈緒子(くらはし なおこ)
もう1人のヒロイン。勝気な性格で、情が深い。私立文系コースを受講。慶應大を目指してはいるものの、仲間と毎日遊んでばかりの日々を過ごす。ひょんなことから光と出会い、だんだんと意識していく。二浪の末、慶大医学部医学科に合格するものの、入学することはなかった。光やしおりより1歳上。
高山淳(たかやま あつし)
奈緒子と同じアルバイト先で働く高校生。早慶クラスの大学へ現役合格する事を約束に、奈緒子に近づこうとする。傲慢な性格だが秀才。慶大に現役合格を果たすものの入学せず、後期日程にて合格した東大に入学する。
田代圭一(たしろ けいいち)
しおりの彼氏にして、東大生。しおりとは高校が同じ。

作品中に登場する大学について[編集]

主人公が目標とする日東駒専や、ヒロインが目標とする東大慶大などについては作品中で実名で登場するが、偏差値が最低レベルと嘲笑された大学は架空の名称にされている。

映画[編集]

冬物語
監督 倉内均
脚本 前田順之介
原作 原秀則
製作 伊藤伴雄
富山省吾
出演者 山本陽一
宮崎萬純
水野真紀
音楽 原田末秋
撮影 林淳一郎
編集 飯塚勝
製作会社 東宝映画
フィルムフェイス
配給 東宝
公開 日本の旗 1989年4月15日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1989年4月15日公開で東宝にて映画化された。

キャスト
スタッフ
同時上映

外部リンク[編集]