リック・モラニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・モラニス
Rick Moranis
Rick Moranis
(第62回アカデミー賞授賞式にて)
本名 Frederick Alan Moranis
生年月日 1953年4月18日(61歳)
出生地 カナダの旗カナダオンタリオ州
民族 ユダヤ系カナダ人
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
ディスクジョッキー
監督
活動期間 1976年-
配偶者 アン・モラニス (-1991年)
主な作品
ゴーストバスターズ
ミクロキッズ
相続王座決定戦
ブラザー・ベア
受賞
エミー賞 (1982年)

リック・モラニスRick Moranis、本名:Frederick Alan Moranis、1953年4月18日 - )は、カナダ俳優コメディアン。1970年代には数々のラジオ局でディスク・ジョッキーとして活躍。

来歴[編集]

オンタリオ州トロント出身のユダヤ系。コメディアンを目指し、ナイトクラブのスタンダップ・コメディアンやTV出演などで経験を重ね、即興劇団「セカンド・シティ」が製作するテレビショーに出演。ウディ・アレンなどのものまねで人気を博す。それがきっかけでアメリカでの知名度も上がり、1983年に同じくコメディアンであるデイヴ・トーマスと共に主演・脚本・監督した『The Adventure of Bob & Mckenzie: Strange Brew』で映画デビュー。翌年には『ストリート・オブ・ファイヤー』のマネージャー役で注目を得る。

ゴースト・バスターズ』の弱々しい会計士のルイス・タリー役により、日本でも知名度が上がる。フランク・オズ監督の『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』ではミュージカルに挑戦し、素晴らしい演技を披露。その後も『ミクロキッズ』や『ゴーストバスターズ2』などの話題作に出演し、活動を続けている。2005年には、コメディ・カントリー・アルバム『The Agoraphobic Cowboy』をリリースしている。

現在は、ニューヨークに自身のプロダクションを構え、活動を続けている。俳優活動に関しては事実上、引退している。

ちなみにかつて映画のプロモーションで来日した際には、タモリ司会の昼番組『笑っていいとも!』にゲスト出演をしている。

出演作品[編集]

担当した声優[編集]

洋画の吹き替えでは故、富山敬が声を務めることが最も多かった他。以下の人物が複数務めている。

外部リンク[編集]