こちらブルームーン探偵社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

こちらブルームーン探偵社(こちらブルームーンたんていしゃ、原題:MOONLIGHTING)は、1985年3月3日から1989年にかけてアメリカABCで製作され、1986年4月19日からNHKで全55話が放送された海外ドラマ。サスペンス・コメディ。60分番組。

第19話以降は「新こちらブルームーン探偵社」に改題。 テーマ曲「Moonlighting」はアル・ジャロウが歌っている。

概要[編集]

赤字続きの小さな探偵社を舞台にオーナー兼社長のマディ・ヘイズと、お調子者でいつもふざけている探偵デビッド・アディスンが、衝突を繰り返しながら難事件・珍事件に巻き込まれては解決していくコメディー・タッチのミステリドラマ[1]

主人公二人のマシンガントークによる口げんかと、有名映画やミステリーを換骨奪胎したパロディーなどひねりの効いた洒落たストーリーが特徴。主人公たちが、物語の枠組みを抜け出して視聴者に語りかけたり、番組自身について言及(「次の番組が始まるからあと10分で解決しなけりゃいけない」)したり、撮影スタジオを飛び出して映画スタジオ内でカーチェイスを演じたりといったメタ・ミステリ的な手法が使われた。同時代のミステリー番組はタフな探偵がシリアスなストーリーと派手なアクションを演じるものばかりであったので、逆に全く正反対の内容を目指した。

本作でデビッド・アディスンを演じたブルース・ウィリスの人気がブレイクし、一気にスターダムに駆け上った。現在でもハリウッドで映画化の企画があるが、ウィリス本人にその気がないといわれている。

キャスト[編集]

頭がよくて、足がきれいな探偵事務所の美人社長。一流モデルとしての華麗なキャリアを終えて、リタイア後は自適の生活が待っているはずだったが、会計士に資産を持ち逃げされ、残された数少ない投資物件であるブルームーン探偵社を処分しようとして、運命のいたずらで社長として采配を振る羽目に陥る。聞き上手だが、デイヴィッドの話は頭から受けつけずに跳ね飛ばす。探偵としての素養はないが、困っている人を放っておけない性格と事務所の経営重視の方針から、持ち込まれた依頼は積極的に受けようとする。元モデルとしての人脈や有名人としての顔の広さを生かして捜査を有利に進めることもある。その反面、月を見ながら馬鹿な男のことを考えるなど、ロマンティックな一面も。外見と面倒見の良さからワケ有りの男たちから惚れられる展開につながりやすい。
仕事熱心でもないし、喧嘩に強いわけでもないが、とにかくよく喋る探偵事務所の探偵。いつの間にか事件が始まり、いつの間にか終わっている展開が多いドラマだが、デイヴィッドだけはよく喋る。しかしほとんど与太話か法螺話に終始し、ふだんの勤務態度も不真面目そのもので、就業時間中も遊ぶことしか考えていないにもかかわらず、マディにはしょっちゅう給料賃上げを要求している。探偵としての自分のスキルや推理力にはある程度自信を持っている様子。突然やってきたマディに心を奪われているが、そこから踏み込んで自分を失う事も恐れている。
  • アグネス・トピスト:アリス・ビーズリー(声:松金よね子
事務所の事務員。問い合わせ電話に早口で対応するセールストークが得意。マディに愚痴を聞いてもらうのが楽しみ。マディのことは「社長」、デイヴィッドのことは「デーヴさん」「アディスンさん」と呼ぶ。
  • ハーバート・ヴァイオラ:カーティス・アームストロング(声:塩屋浩三

スタッフ[編集]

  • 監督:ピーター・ワーナー、パート・ブリンカーロフ、クリスチャン・I・ネイビー二世
  • 製作総指揮・企画:グレン・ゴードン・キャロン
  • 撮影:ジェラルド・ベリー・フィンナーマン

サブタイトル一覧[編集]

  1. ブルームーン探偵社誕生(前)
  2. ブルームーン探偵社誕生(後)
  3. 殺し屋から依頼が!
  4. 張り込みは屋根で
  5. 人気DJのスキャンダル
  6. 行方不明!ノンストップ殺人列車
  7. その金いわくあり
  8. 仮面は二度告白する
  9. 許せないあいつ
  10. 夢の中の殺人
  11. 身代金のトリック
  12. 昔の女に未練あり
  13. 虹の橋のたもとに
  14. 二枚の絵の謎
  15. 紳士と淑女の賭け
  16. まるで聖書の世界
  17. 花嫁至急募集
  18. きのうと違う日
  19. 消えた死体
  20. 両親とつきあう法
  21. 用心しながら落ちたワナ
  22. 寝言高く買います
  23. 美しすぎは命取り
  24. 詐欺師変われば時の人
  25. 過去は過去といいたいが
  26. 死んだはずだよ…
  27. ダフ屋にはご用心
  28. なぞのラブレター
  29. 声に恋する許されぬ愛
  30. 人には言えない古い傷
  31. 今宵はシェークスピア
  32. 素晴らしき哉、人生
  33. 迷探偵トピスト
  34. 強敵現る
  35. 男の闘い
  36. マディが泣いた日
  37. 男の引き際
  38. 愛の勝利
  39. 愛のためらい
  40. 遠く離れて
  41. 待てど暮らせど
  42. 二都物語
  43. 謀られて堀の中(前)
  44. 謀られて堀の中(後)
  45. 父への告白
  46. デーブの父親教室
  47. マディのご帰還
  48. 恋の清算
  49. マディの結婚式
  50. 過去を忘れて
  51. ベビーの選択
  52. 10年目の再会
  53. 仮面の美女たち
  54. 完全犯罪の結末
  55. いとこはライバル
  56. 殺し屋のセレナーデ
  57. さよならブルームーン

受賞歴[編集]

エミー賞[編集]

  • ドラマシリーズ部門・主演男優賞(1987年:ブルース・ウィリス)
  • シリーズ部門・編集賞(シングルカメラ部門)(1986年、1987年)
  • シリーズ部門・衣装デザイン賞(1987年)
  • シリーズ部門・ヘアスタイリング賞(1987年)
  • シリーズ部門・美術監督賞(1989年)

ゴールデン・グローブ賞[編集]

  • テレビシリーズ コメディー・ミュージカル部門・最優秀女優賞(1986年、1987年:シビル・シェパード)
  • テレビシリーズ コメディー・ミュージカル部門・最優秀男優賞(1987年:ブルース・ウィリス)

脚注[編集]

  1. ^ Moonlinghting”. Museum of Broadcast Communications. 2013年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]